Outlook 2016 for Mac ですべての送信メッセージに自動的に署名を追加する

重要:  この記事は機械翻訳されています。機械翻訳についての「免責事項」をお読みください。この記事の英語版を参照するには、ここをクリックしてください。

メールを作成するたびに自分の連絡先情報を入力するのは、面倒ではありませんか? Outlook for Mac 2016 では、送信するすべてのメッセージに署名を自動で挿入できます。手順は簡単です。まず、署名を作成し、それを既定として設定するだけです。

注: Windows 版の Outlook を使っている場合は、「Windows の Outlook でメール署名を作成する」を参照してください。

  1. [Outlook] メニューで [環境設定] をクリックします。

    [Outlook] メニューの [ユーザー設定]

  2. [メール] で [署名] をクリックします。

    [電子メール] で [署名] をクリックします。

  3. [署名名] で [署名を追加します] アカウントを追加する をクリックします。

  4. [名称未設定] をダブルクリックして、新しい署名の名前を入力します。 署名に付けた名前は参照用です。 メッセージの署名には表示されません。

  5. [既定の署名の選択] で、新しいメッセージ、返信、転送の既定の署名として使用する署名を選びます。

    既定の署名を設定する

    注記: 

    • Word 2016 for Mac または旧バージョンの Word を使っている場合は、Word を使ってテキストの書式を設定したり、画像やリンクを挿入したりできます。書式を設定したら、新しい署名を Outlook の [署名] ウィンドウにコピーします。

    • 新規メッセージ、返信メッセージ、転送メッセージにそれぞれ異なる署名を作成できます。右側の [署名] ボックスで既定を設定するだけです。また、Outlook のすべてのメール アカウントの既定の署名を作成することもできます。

関連トピック

Windows 2013 の Outlook でメール署名を作成する

すべてのメッセージに自動的に署名を追加する

注: 機械翻訳についての免責事項: この記事の翻訳はコンピューター システムによって行われており、人間の手は加えられていません。マイクロソフトでは、英語を話さないユーザーがマイクロソフトの製品、サービス、テクノロジに関するコンテンツを理解するのに役立てるため、こうした機械翻訳を提供しています。記事は機械翻訳されているため、用語、構文、文法などに誤りがある場合があります。

スキルを磨く
トレーニングの探索
新機能を最初に入手
Office Insider に参加する

この情報は役に立ちましたか?

ご意見をいただきありがとうございます。

フィードバックをお寄せいただき、ありがとうございます。Office サポートの担当者におつなぎいたします。

×