Outlook 2016 クイック スタート

Outlook を PC、Mac、またはモバイル デバイスにインストールすると、次の作業を行うことができます。

  • 重要なメッセージに注目できるようにメールを整理する。

  • 予定表を管理して、会議や予定を簡単にスケジュールする。

  • クラウドでファイルを共有し、受信者が常に最新バージョンを使用できるようにする。

  • どこにいても常に接続して、生産性を維持する。

お使いのブラウザーではビデオがサポートされていません。 Microsoft Silverlight、Adobe Flash Player、Internet Explorer 9 のいずれかをインストールしてください。

メール アカウントを追加する

  1. Outlook を開きます。以前に Outlook を起動したことがない場合は、[ようこそ] 画面が表示されます。または、[ファイル]、[アカウントの追加] の順に選択します。

  2. メール アドレスを入力して [接続] を選択するか、画面が異なる場合は、名前、メール アドレス、およびパスワードを入力して [次へ] を選択します。

  3. メッセージが表示されたら、パスワードを入力し、[OK] を選択します。

  4. 手順は以上です。[完了] を選択して、Outlook 2016 の使用を開始します。

注: メールの設定で問題がある場合、または手動のセットアップ手順が必要な場合は、「Outlook メールのセットアップのトラブルシューティング」を参照してください。

Outlook へようこそ

メールを作成、送信する

  1. [新しい電子メール] を選んで新しいメッセージの作成を開始します。

  2. [宛先...]、[CC]、または [BCC] フィールドに名前またはメール アドレスを入力します。

    ヒント: [BCC] が表示されない場合は、「[BCC] ボックスの表示、非表示、および参照」を参照してください。

  3. [件名] に、メール メッセージの件名を入力します。

  4. カーソルをメール メッセージの本文に位置づけ、入力を開始します。

  5. メッセージの入力が完了したら、[送信] を選びます。

メールを作成して送信する

@メンションを使用してユーザーの注意を引く

  1. メール メッセージまたは会議出席依頼の本文に、@ 記号に続けて連絡先の名または姓の最初の数文字を入力します。

  2. Outlook が 1 つ以上の連絡先を提示したら、注意を引きたい連絡先を選びます。

    既定では、フル ネームが挿入されますが、メンションの一部 (たとえば、相手の名以外のすべて) を削除できます。

  3. メンションを付けた連絡先は、メールまたは会議の招待状の [宛先] 行に追加されます。

Outlook の @メンション機能

優先受信トレイ

優先受信トレイには、ユーザーにとって重要なメールが表示されます。受信トレイは [優先] と [その他] という 2 つのタブに分かれています。

メッセージの整理方法を変更する場合、メッセージを別のタブに移動することができます。また、その送信者から今後送信されるすべてのメッセージを振り分けるタブを指定することもできます。

  1. 受信トレイで [優先] タブまたは [その他] タブを選び、移動するメッセージを右クリックします。

  2. [優先] から [その他] に移動する場合、選んだメッセージのみを移動するには、[[その他] に移動する] を選びます。その送信者から今後送信されるすべてのメッセージを [その他] タブに振り分けるには、[常に [その他] に移動する] を選びます。

    [その他] から [優先] に移動する場合、選んだメッセージのみを移動するには、[[優先] に移動する] を選びます。その送信者から今後送信されるすべてのメッセージを [優先] タブに振り分けるには、[常に [優先] に移動する] を選びます。

Outlook の優先受信トレイ

予定を設定する

  1. [予定表] で、[新しい予定] を選択します。

  2. [件名] ボックスに、説明を入力します。

  3. [場所] ボックスに、場所を入力します。

  4. 開始時刻と終了時刻を入力します。

  5. [会議出席依頼] を選んで、予定を会議に変えます。

  6. [保存して閉じる] を選んで終了するか、会議の場合は [送信] を選びます。

Outlook で予定を設定する

スケジュール アシスタントを使用する

[スケジュール アシスタント] ツールは会議を作成した後に表示されます。これを使用すると、受信者と会議リソース (会議室など) がいつ空いているかを分析して、会議に最適な日時を見つけることができます。

  • 新しい会議出席依頼から、[スケジュール アシスタント] を選択します。  

  • 網かけ部分の周囲の縦線は、現在の時刻の会議を表します。線をドラッグして、会議の時刻を調整することができます。 

  • グリッドには、出席者の空き時間情報が表示されます。会議出席依頼の右側には、Outlook によって会議に最適な時間の候補が、出席者の予定の競合数と共に表示されます。

スケジュール アシスタント ツール

連絡先を追加する

  1. [ユーザー] を選びます。

  2. [ホーム] を選んで、[新しい連絡先] を選ぶか、Ctrl + N キーを押します。

  3. 連絡先に登録する名前などの情報を入力します。

  4. 別の連絡先を作成する場合は [保存して新規作成] を選びます。終了する場合は、[保存して閉じる] を選びます。

Outlook で連絡先を追加する

添付ファイルでファイルを共有して共同作業する

  1. メッセージを作成するか、既存のメッセージで [返信]、[全員に返信] または [転送] を選びます。

  2. [ファイルの添付] を選びます。

  3. 最近使ったファイルの一覧からファイルを選びます。

  4. ファイルに小さな雲のアイコンが表示されている場合、ファイルはオンラインで保存されており、共有されます。

    ファイルに雲が表示されない場合は、小さな矢印を選んで、[OneDrive にアップロード] を選びます。

    注: 共有ファイルのアクセス許可を変更するには、「メールに添付されたアイテムを管理する」を参照してください。

ファイルを添付ファイルとして共有する

Skype と OneNote を使用したスマートな会議

Outlook は他のユーザーとの会議のスケジュールに便利ですが、会議出席依頼を送信する前にオンライン会議を作成して、会議のメモのための共有スペースをセットアップすることもできます。

出席者を会議に追加したら、リボンの [Skype 会議] ボタンを選択します。オンライン会議が自動的に作成され、会議出席依頼にリンクが挿入されます。

共有ノートで、[会議のメモ] ボタンを選択します。新しい OneNote ノートブックを作成するか、既存のノートブックを選択することができます。ノートブックへのリンクが、会議出席依頼に表示されます。

Skype と OneNote で共同作業する

外出先でも接続を維持する

お使いのモバイル デバイスを選択すると、適切な Office アプリのインストール方法が示されます。

スキルを磨く
トレーニングの探索
新機能を最初に入手
Office Insider に参加する

この情報は役に立ちましたか?

ご意見をいただきありがとうございます。

フィードバックをお寄せいただき、ありがとうございます。Office サポートの担当者におつなぎいたします。

×