Outlook 2016 でブラインド カーボン コピー (Bcc) を使用して受信者の名前を非表示にします。

重要:  この記事は機械翻訳されています。機械翻訳についての「免責事項」をお読みください。この記事の英語版を参照するには、ここをクリックしてください。

BCC (ブラインド カーボン コピー) を使用して、メール メッセージで受信者の名前とアドレスを非表示にすることができます。BCC を使うと、複数の受信者それぞれの ID を開示せずに、情報を共有できます。メール メッセージを送信すると、受信者は、[宛先] と [CC] フィールドのアドレスを表示できますが、[BCC] フィールドの内容は表示できません。

検索し、[Bcc] フィールドに受信者を追加

  1. メール メッセージを開き、[オプション] タブをクリックし、[ Bcc] をクリックします。

    PC 版

    [オプション] タブの [Bcc] ボタンを検索します。

    Mac 用

    [オプション] タブの [bcc] を検索します。
  2. [BCC] フィールドに、受信者の名前またはメール アドレスを入力します。

注: "Bcc"フィールドは、会議出席依頼は現在サポートされていません。表示する機能ですが、この場合、フィードバックを送信するOutlook の候補] ボックスを参照してください。Outlookチームが、このフォーラムを監視します。

関連情報

Outlook 2016 for Mac で署名を作成して挿入する

表示、非表示にする、およびブラインド カーボン コピー (Bcc) フィールドを表示します。

注: 機械翻訳についての免責事項: この記事の翻訳はコンピューター システムによって行われており、人間の手は加えられていません。マイクロソフトでは、英語を話さないユーザーがマイクロソフトの製品、サービス、テクノロジに関するコンテンツを理解するのに役立てるため、こうした機械翻訳を提供しています。記事は機械翻訳されているため、用語、構文、文法などに誤りがある場合があります。

スキルを磨く
トレーニングの探索
新機能を最初に入手
Office Insider に参加する

この情報は役に立ちましたか?

ご意見をいただきありがとうございます。

フィードバックをお寄せいただき、ありがとうございます。Office サポートの担当者におつなぎいたします。

×