Outlook 2013 で廃止、変更された機能

Microsoft Outlook 2010 や以前のバージョンの Microsoft Outlook を使い慣れている場合、Microsoft Outlook 2013 で廃止または変更された機能については、次の一覧を参照してください。

  • Office.com に公開する予定表の    には、Office.com の機能とサービスを使用して、公開、期限が切れている 2014 年 4 月 5 日にします。その日付以降後公開予定表は Office.com で使用できません。おは、Office.com で予定表をオフにしているにも関わらず、予定表をオンラインに発行するには、他の方法があります。2014 年 4 月 5 日前に別の方法を使用した予定表を発行することをお勧めします。Exchange Server に接続された Outlook を使っている場合は、他のユーザーと Outlook の予定表を共有するを参照してくださいし、Microsoft Exchange Server アカウントを使って予定表を共有する手順を実行します。Outlook でインターネット メール アカウントを使っている場合は、 Outlook.com で Outlook の予定表の共有を参照してください。

  • Exchange から Outlook データ ファイル (.pst) への配信   Outlook 2013 へアップグレードすると、Exchange Server のアカウント アイテムを Outlook データ ファイル (.pst) に配信するように設定されているプロファイルでは、引き続きファイルはナビゲーション ウィンドウ内に表示されます。しかし、新しいアイテムはすべてオフライン Outlook データ ファイル (.ost) に配信され、Exchange アカウントで Exchange キャッシュ モードが有効になります。

  • アプリケーションからのインポート/エクスポート   インターネット メール アカウントの設定をインポートするオプションと、インターネット メールやアドレスをインポートするオプションは廃止されました。Outlook 2013 のデータをファイルにエクスポートするときに、タブ区切り値、Microsoft Access、Microsoft Excel はサポートされません。Excel にエクスポートする場合は、CSV (カンマ区切り値) ファイルにデータをエクスポートし、その CSV ファイルを Excel にインポートすることをお勧めします。

  • 履歴   履歴は新しいナビゲーション バーのリボンには表示されません。履歴のための既定の特別なフォルダーは、現在も存在しており、フォルダー ウィンドウの [フォルダー] ビューから選択できます。既存の [履歴] フォルダーは、フォルダー ウィンドウの [フォルダー一覧] ビュー内に表示されます。[Outlook のオプション] では、[メモと履歴] が削除されました。[履歴オプション] と、関連ダイアログ ボックスは使用できなくなりました。履歴機能は常に無効です。

  • メモ   メモはリボンまたは新しいナビゲーション バーには表示されません。メモのための既定の特別なフォルダーは、現在も存在しており、フォルダー ウィンドウの [フォルダー] ビューから選択できます。既存の [メモ] フォルダーは、フォルダー ウィンドウの [フォルダー一覧] ビュー内に表示されます。[Outlook のオプション] では、[メモと履歴] が削除されました。新しいメモの既定の色は黄色で、既定のサイズは中、既定のフォントは 11 ポイント Calibri で、メモが最後に変更された日時が表示されます。これらのオプションは読み込まれないため、ユーザー設定やレジストリ キーから変更することはできません。

  • ANSI PST の作成   Outlook データ ファイルの作成時に、Outlook 97-2002 データ ファイル (*.pst) オプションは使用できません。この変更は、アジア言語のための代替表示名をサポートするために使用される ANSI オフライン Outlook データ ファイル (.ost) の自動作成には影響しません。

  • 送受信グループ   [メール] の [送受信] タブの [送受信] グループで、[送受信グループ] は [送受信] と置き換わります。[アドレス帳のダウンロード] は、以前は [送受信グループ] リストにありましたが、現在はリボンの [サーバー] グループ内にあります。以前にカスタマイズした送受信グループは、以前に [すべてのアカウント] と呼ばれていた、単一のグループに変換されます。[すべてのアカウント] 送受信グループについて、ユーザー設定のサーバー接続間隔が設定されている場合、その設定は Outlook 2013 について引き続き有効です。

  • ダイヤルアップ ネットワークのサポート   ダイヤルアップ ネットワークを Windows で設定する必要があります。Outlook 2013 にアップグレードした後では、既定の (LAN) 接続設定が適用されます。[送受信] タブの [ユーザー設定] グループで、[ダイヤルアップ接続] は削除されました。[Outlook] オプションの [詳細] で、[ダイヤルアップ接続] セクションは削除されました。Exchange Server のアカウントを変更する場合、[設定の詳細表示] により [Microsoft Exchange] ダイアログ ボックスが開きます。[接続] タブは削除されました。[接続] タブでアクセスできた [外出先で Outlook を使う] 設定は、[全般] タブに表示されるようになりました。

  • Exchange Server ヘッダーに続いてアイテムを完全にダウンロード   この機能は廃止されました。Outlook 2013 にアップグレードした後でこのオプションを選ぶと、自動的に [アイテムを完全にダウンロード] に変更されます。

  • Exchange Server クラシック オフライン モード   この機能は廃止されました。Exchange Server アカウントは、オンラインで使用するか、または Exchange キャッシュ モードで使用できます。

  • パブリック フォルダーのオフライン アドレス帳のダウンロード    この機能は廃止されました。 ローカル オフライン アドレス帳のダウンロードは引き続きサポートされています。

ページの先頭へ

注記: 

  • 機械翻訳についての免責事項: この記事の翻訳はコンピューター システムによって行われており、人間の手は加えられていません。マイクロソフトでは、英語を話さないユーザーがマイクロソフトの製品、サービス、テクノロジに関するコンテンツを理解するのに役立てるため、こうした機械翻訳を提供しています。記事は機械翻訳されているため、用語、構文、文法などに誤りがある場合があります。

  • この記事の英語版を参照するには、ここ をクリックしてください。Microsoft コミュニティの他のメンバーと一緒に、Community Translation Framework (CTF) を使ったこの記事の改善にご協力ください。記事内の文章にマウス ポインターを合わせて、CTF ウィジェットの [翻訳を改善します] をクリックしてください。CTF の詳細については、ここ をクリックしてください。CTF を使用すると弊社の サービス利用規約 に同意したことになります。

スキルを磨く
トレーニングの探索
新機能を最初に入手
Office Insider に参加する

この情報は役に立ちましたか?

ご意見をいただきありがとうございます。

フィードバックをお寄せいただき、ありがとうございます。Office サポートの担当者におつなぎいたします。

×