Outlook 2010 の基本的な作業

Office 2010 の使用を開始する ここでは、Microsoft Outlook 2010 で実行できる基本的な作業について説明します。

お探しの内容がここに記載されていない場合は、上の検索ボックスを使用してください。

この記事の内容

Outlook とは

電子メール アカウントを追加する

新しい電子メール メッセージを作成する

電子メール メッセージを転送する、またはメッセージに返信する

電子メール メッセージに添付ファイルを追加する

電子メール メッセージの添付ファイルを開く、または保存する

添付ファイルを開く

添付ファイルを保存する

メッセージに電子メール署名を追加する

署名を作成する

署名を追加する

予定表の予定を作成する

他のユーザーとの会議の予定を設定する

アラームを設定する

予定または会議

電子メール メッセージ、連絡先、およびタスク

連絡先を作成する

タスクを作成する

メモを作成する

電子メール メッセージ、連絡先、予定表アイテム、またはタスクを印刷する

Outlook とは

Microsoft Outlook 2010 は、ビジネスにもプライベートにも適した、優れた電子メール管理ツールであり、全世界で 5 億人を超える Microsoft Office ユーザーに利用されています。Outlook 2010 のリリースにより、職場、自宅、および学校でのコミュニケーション ニーズに対応する、より充実した一連のエクスペリエンスを体感できます。

洗練された外観から高度な電子メールの構成、検索、通信、およびソーシャル ネットワーキング機能に至るまで、Outlook 2010 は、生産性を損なわずにプライベートとビジネスの両方のネットワークと連携した、世界水準のエクスペリエンスを提供します。

ページの先頭へ

電子メール アカウントを追加する

Microsoft Outlook 2010 を使用して電子メール メッセージを送受信するには、電子メール アカウントを追加して設定する必要があります。Outlook 2010 をインストールしたものと同じコンピューターで以前のバージョンの Microsoft Outlook を使用している場合、アカウント設定は自動的にインポートされます。

Microsoft Outlook を初めて使う場合、または Outlook 2010 を新しいコンピューターにインストールする場合は、自動アカウント セットアップ機能が自動的に起動され、電子メール アカウントのアカウント設定を構成できます。このセットアップで必要となるのは、名前、電子メール アドレス、およびパスワードのみです。電子メール アカウントを自動的に設定できない場合は、必要な追加情報を手動で入力する必要があります。

  1. [ファイル] タブをクリックします。

  2. [アカウント情報] で、[アカウントの追加] をクリックします。

Backstage ビューと [アカウントの追加] コマンド

詳細については、「電子メール アカウントを追加または削除する」を参照してください。

  Windows Live Hotmail のアカウントを追加する場合は、「Outlook で Windows Live Hotmail アカウントを使用する」を参照してください。

ページの先頭へ

新しい電子メール メッセージを作成する

Outlook 2010 では、1 人または複数の受信者との連絡に、豊富な機能やカスタマイズを活用できます。

  • [メール] の [ホーム] タブの [新規作成] で [新しい電子メール] をクリックします。

New E-mail command on the ribbon

ショートカット キーの使用    電子メール メッセージを作成するには、Ctrl+Shift+M キーを押します。

詳細については、「電子メール メッセージを作成する」を参照してください。

ページの先頭へ

電子メール メッセージを転送する、またはメッセージに返信する

  • [ホーム] タブまたは [メッセージ] タブの [返信] で、[返信]、[全員に返信]、または [転送] をクリックします。

Respond group on the ribbon

   タブの名前は、メッセージ一覧のメッセージが選択されているのか、または独自のウィンドウでメッセージが開かれているのかによって異なります。

[宛先] 行と [CC] 行から名前を削除するには、削除する名前をクリックし、Delete キーを押します。受信者を追加するには、[宛先]、[CC]、または [BCC] ボックスをクリックし、受信者を入力します。

詳細については、「電子メール メッセージに返信する、またはメッセージを転送する」を参照してください。

ページの先頭へ

電子メール メッセージに添付ファイルを追加する

電子メール メッセージには、ファイルを添付できます。また、メッセージ、連絡先、タスクなどの Outlook アイテムを送信メッセージに含めることもできます。

  1. 作成したメッセージまたは既存のメッセージで、[返信]、[全員に返信]、または [転送] をクリックします。

  2. メッセージ ウィンドウの [メッセージ] タブにある [挿入] で、[ファイルの添付] をクリックします。

Attach File command on the ribbon

詳細については、「電子メール メッセージにファイルまたはアイテムを添付する」を参照してください。

ページの先頭へ

電子メール メッセージの添付ファイルを開く、または保存する

添付ファイルは、閲覧ウィンドウから、または開いているメッセージから開くことができます。添付ファイルを開いて表示した後は、そのファイルをディスク ドライブに保存できます。メッセージに複数の添付ファイルが含まれている場合は、これらのファイルをグループとして一度に保存できます。

添付ファイルを開く

  • 添付ファイルをダブルクリックします。

添付ファイルを保存する

  1. 閲覧ウィンドウまたは開いているメッセージで添付ファイルをクリックします。

  2. [添付ファイル] タブの [アクション] で [名前を付けて保存] をクリックします。添付ファイルを右クリックし、[名前を付けて保存] をクリックすることでも同じ操作を実行できます。

Save As command on the ribbon

詳細については、「添付ファイルを開く、または保存する」を参照してください。

ページの先頭へ

メッセージに電子メール署名を追加する

テキスト、画像、電子名刺、ロゴ、さらには手書きの署名の画像を含む、個人用の署名を電子メール メッセージ用に作成できます。

署名を作成する

  1. 新しいメッセージを開きます。[メッセージ] タブの [挿入] で [署名] をクリックし、[署名] をクリックします。

Signatures command on the ribbon

  1. [署名] タブの [作成] をクリックします。

署名を追加する

  • 新しいメッセージで、[メッセージ] タブの [挿入] で [署名] をクリックし、挿入する署名をクリックします。

Signatures command on the ribbon

詳細については、「メッセージの署名を作成して追加する」を参照してください。

ページの先頭へ

予定表の予定を作成する

予定は、予定表に設定する活動の中で、他のユーザーへの出席依頼やリソースの予約を伴わない活動です。

  • [予定表] の [ホーム] タブの [新規作成] で、[新しい予定] をクリックします。また、予定表のグリッドでタイム ブロックを右クリックし、[新しい予定] をクリックすることでも同じ操作を実行できます。

New Appointment command on the ribbon

ショートカット キーの使用    予定を作成するには、Ctrl+Shift+A キーを押します。

詳細については、「予定を設定する」を参照してください。

ページの先頭へ

他のユーザーとの会議の予定を設定する

会議は、他のユーザーを含めた予定であり、会議室などのリソースを含めることもできます。会議出席依頼への返信は、[受信トレイ] に表示されます。

  • [予定表] の [ホーム] タブの [新規作成] で、[新しい会議] をクリックします。

New Meeting command on the ribbon

ショートカット キーの使用    Outlook の任意のフォルダーから新しい会議出席依頼を作成するには、Ctrl+Shift+Q キーを押します。

詳細については、「他のユーザーとの会議の予定を立てる」を参照してください。

ページの先頭へ

アラームを設定する

電子メール メッセージ、予定、連絡先などのさまざまなアイテムに対するアラームを設定または解除できます。

予定または会議

アイテムを開き、[予定] タブまたは [会議] タブの [オプション] で、予定または会議のどれくらい前にアラームを表示するかを [アラーム] ボックスで指定します。アラームを解除するには、[なし] をクリックします。

電子メール メッセージ、連絡先、およびタスク

  • [ホーム] タブの [タグ] で [フラグの設定] をクリックし、[アラームの追加] をクリックします。

    Add a reminder command on the ribbon

    ヒント    アラームを使用することによって、簡単に電子メール メッセージに To Do アイテムとしてのフラグを設定できます。メッセージの一覧の [フラグの状態] 列を右クリックします。または、メッセージを開いている場合は、[メッセージ] タブの [履歴管理] で、[フラグの設定] をクリックし、[アラームの追加] をクリックします。

詳細については、「アラームを設定または削除する」を参照してください。

ページの先頭へ

連絡先を作成する

連絡先は、氏名と電子メール アドレスのみの簡単なものにすることも、詳細情報 (住所、複数の電話番号、写真、誕生日、連絡先に関するその他の情報など) を含むものにすることもできます。

  • [連絡先] の [ホーム] タブの [新規作成] で、[新しい連絡先] をクリックします。

New Contact command on the ribbon

ショートカット キーの使用    Outlook の任意のフォルダーから連絡先を作成するには、Ctrl+Shift+C キーを押します。

詳細については、「連絡先を作成、追加する」を参照してください。

ページの先頭へ

タスクを作成する

 多くの人が、紙やスプレッドシート、または電子的な方法と紙を使った方法とを組み合わせて使用して、やらなければならないことをリストにしています。  Outlook では、さまざまなリストを組み合わせて 1 つのリストにできるうえ、アラームを表示したり、タスクの進捗状況を確認したりできます。

  • [ホーム] タブの [タスク] で [新規作成] をクリックし、[新しいタスク] をクリックします。

New Task command on the ribbon

ショートカット キーの使用    新しいタスクを作成するには、Ctrl+Shift+K キーを押します。

詳細については、「タスクと To Do アイテムを作成する」を参照してください。

ページの先頭へ

メモを作成する

メモは、付せんの電子版のようなツールです。疑問、アイディア、アラートなどを、紙に書き留める感覚でお使いいただけます。

  • [メモ] の [新規作成] で [新しいメモ] をクリックします。

New Note command on the ribbon

ショートカット キーの使用    メモを作成するには、Ctrl+Shift+N キーを押します。

詳細については、「メモを作成する」を参照してください。

ページの先頭へ

電子メール メッセージ、連絡先、予定表アイテム、またはタスクを印刷する

電子メール メッセージや連絡先などの個々のアイテム、予定表アイテム、予定表やアドレス帳などの拡大ビュー、メール フォルダーのコンテンツ一覧を印刷できます。

印刷の手順は、Microsoft Outlook のメール、予定表、またはその他のフォルダーの場合と同じです。印刷の設定と機能は、すべて Backstage ビューにあります。  [ファイル] タブをクリックして Backstage ビューを開きます。

  1. 印刷する Outlook のアイテムまたはフォルダーをクリックします。

  2. [ファイル] タブをクリックします。

  3. [印刷] をクリックします。

詳細については、「Outlook で印刷する」を参照してください。

ページの先頭へ

適用対象: Outlook 2010



この情報は役に立ちましたか?

はい いいえ

どのようにしたら改善できるでしょうか?

255 残りの文字数

お客様のプライバシーを保護するため、フィードバックには連絡先情報を含めないでください。 レビューしてください プライバシー ポリシー

ご意見をいただきありがとうございます。

サポート リソース

言語の変更