Outlook 2010 の配色パターンを変更する

Microsoft Office 2010 の既定の配色パターンは銀色です。他に、 青と黒の 2 色が利用できます。配色パターンを変更すると、Outlook プログラム ウィンドウのユーザー インターフェイスの背景色と、ナビゲーション ウィンドウ、To Do バー、リボン、メッセージ ヘッダー、連絡先とタスクのフォームなどのプログラム要素の背景色が変わります。

注:  配色パターンの変更は、Microsoft Office 2010 に含まれているすべてのプログラムに適用されます。

  1. [ファイル] タブをクリックします。

  2. [オプション] をクリックします。

  3. [ユーザー インターフェイスのオプション] の [配色パターン] ボックスで、[]、[] または [] をクリックします。

[Backstage オプション] ダイアログ ボックスの配色パターン セレクション

ページの先頭へ

スキルを磨く
トレーニングの探索
新機能を最初に入手
Office Insider に参加する

この情報は役に立ちましたか?

ご意見をいただきありがとうございます。

フィードバックをお寄せいただき、ありがとうございます。Office サポートの担当者におつなぎいたします。

×