Outlook 2010、2013、および 2016 のメール ヒント オプション

Microsoft Outlook 2010、2013、2016 には、メール ヒントが含まれています。これにより、修正に費用がかかったり、手間がかかったりする可能性がある一般的なミスを避けることができます。大勢の受信者が指定されているメールに対して [全員に返信] をクリックしたり、機密情報を組織外部のユーザーに送信したり、または外出中の人物にメッセージを送ったりすると、メール ヒントがトリガーされます。

メールヒント警告

注:  この機能を使用するには、Microsoft Exchange Server アカウントが必要です。詳細については、「アカウントが接続する Microsoft Exchange Server のバージョンを確認する」を参照してください。

メール ヒントのオプションを変更する、またはオンとオフを切り替える

既定では、メール ヒントはオンになっています。オンやオフを切り替えたり、オプションを変更したりするには、次の操作を行います。

  1. Outlook を開き、[ ファイル]、[オプション]、[メール] の順に選択します。

  2. [メール ヒント] の下にある [メール ヒントのオプション] をクリックします。

  3. 注: 使用中のアカウントでメール ヒントを利用できない場合は、[メール ヒント] セクションは表示されません。

  4. Outlook プロファイルに複数の Exchange Server アカウントがある場合は、[このアカウントに適用] のアカウントをクリックします。

  5. [表示するメール ヒントの選択] で、目的のオプションのチェック ボックスをオンまたはオフにします。

  6. [メール ヒント バーの表示オプション] で、メール ヒントを表示する方法を選びます。たとえば、メール ヒントをオフにする場合は、[メール ヒントを表示しない] を選択します。

    Outlook のメール ヒントのオプション

スキルを磨く
トレーニングの探索
新機能を最初に入手
Office Insider に参加する

この情報は役に立ちましたか?

ご意見をいただきありがとうございます。

フィードバックをお寄せいただき、ありがとうございます。Office サポートの担当者におつなぎいたします。

×