Outlook 2007 のクイック パーツ

重要:  この記事は機械翻訳されています。機械翻訳についての「免責事項」をお読みください。この記事の英語版を参照するには、ここをクリックしてください。

クイック パーツを使うと、コンテンツの再利用可能な部分や、他の文書のヘッダー、フッター、表などの部分を作成できます。 その後、これらの部分 (文書パーツ) にいつでもアクセスして、メール メッセージに再利用できます。

再利用できるコンテンツを作成する

  1. 再利用できるコンテンツとして保存する、テキストの部分や表などを選びます。

    エントリと共に段落の書式設定 (インデント、配置、行間、改ページなど) を保存する場合は、段落記号 ( 段落記号 ) を選択範囲に含めます。

    注:  段落記号を表示するには、[ホーム] タブの [段落] グループで [表示/非表示] をクリックします。

  2. [挿入] タブの [テキスト] グループで [クイック パーツ] をクリックして、[選択範囲をクイック パーツ ギャラリーに保存] をクリックします。または、Alt キーを押しながら F3 キーを押します。

    Outlook 2007 のクイック パーツ

  3. [新しい文書パーツの作成] ダイアログ ボックスに次の情報を入力します。

    • 名前    文書パーツの一意の名前を入力します。

    • ギャラリー    文書パーツを表示させるギャラリーを選びます。

    • カテゴリ     [全般] または [組み込み] などのカテゴリを選ぶか、新しいカテゴリを作成します。

    • 説明    文書パーツの説明を入力します。

    • 保存先    ドロップ ダウン リストでテンプレートの名前をクリックします。

      テンプレートがテンプレート名の一覧に表示されるようにするには、そのテンプレートが開かれている必要があります。

    • オプション    次のいずれかのオプションを選びます。

    • 文書パーツの前後に改ページを含めて、文書パーツが独立したページとして挿入されるようにするには、[内容をページのまま挿入] を選びます。

    • 内容が段落として作成されるようにする (ユーザーのカーソルが段落の途中にある場合も含む) には、[内容を段落のまま挿入] をクリックします。

    • それ以外の場合は、[内容のみ挿入] をクリックします。

再利用できるコンテンツを検索して利用する

  1. 文書内の文書パーツを挿入する位置をクリックします。

  2. [挿入] タブの [テキスト] グループで、[クイック パーツ] をクリックします。

  3. 表示されるウィンドウの上部に、作成した再利用できるコンテンツが表示されます。 そのコンテンツをクリックするだけで挿入できます。

  4. 再利用できるコンテンツを編集または削除する場合は、目的のコンテンツを右クリックして、[整理と削除] を選びます。

    Outlook 2007 のクイック パーツの編集

  5. その後、作成したコンテンツを選んで、必要に応じて編集または削除します。

ヒント: 文書パーツのテキストを変更する場合は、目的の文書パーツをメッセージに挿入して必要な変更を行い、更新された文書パーツを元の名前で保存します。

注: 機械翻訳についての免責事項: この記事の翻訳はコンピューター システムによって行われており、人間の手は加えられていません。マイクロソフトでは、英語を話さないユーザーがマイクロソフトの製品、サービス、テクノロジに関するコンテンツを理解するのに役立てるため、こうした機械翻訳を提供しています。記事は機械翻訳されているため、用語、構文、文法などに誤りがある場合があります。

スキルを磨く
トレーニングの探索
新機能を最初に入手
Office Insider に参加する

この情報は役に立ちましたか?

ご意見をいただきありがとうございます。

フィードバックをお寄せいただき、ありがとうございます。Office サポートの担当者におつなぎいたします。

×