Outlook データ ファイル (.pst および .ost) を修復する

Microsoft Outlook データ ファイル (.pst および .ost) が開かない場合やファイルの破損が疑われる場合は、受信トレイ修復ツール (SCANPST.EXE) を使ってデータ ファイル内のエラーの診断と修復を行います。受信トレイ修復ツールは、コンピューター上の Outlook データ ファイルが良好な状態かどうかを調べます。

Microsoft Exchange アカウントをお使いの場合は、オフライン Outlook データ ファイル (.ost) のアイテムが見つからないときに、ファイルを削除しても問題ありません。次回 Outlook を開いたときに、自動的にファイルが再作成されます。

注: 受信トレイ修復ツールは、Exchange メールボックスに格納されているデータを接続したり解析したりすることはありません。このツールの目的はエラー (破損) を探すことだけであり、エラーがある場合は自動的に修復するかどうかをユーザーが指定できます。

.pst ファイルの修復

  1. Outlook を終了して次のいずれかを行います。

    • C:\Program Files に移動します。

      または

    • C:\Program Files (x86) に移動します。

  2. [検索] ボックスに SCANPST.EXE と入力します。

    注記: SCANPST.EXE が一方のフォルダーで見つからない場合は、手順 1 に示したもう 1 つのフォルダーで検索してみてください。Outlook のバージョンに応じて、次に示すフォルダーの場所に移動します。

    • Outlook 2016:C:\Program Files (x86)\Microsoft Office\root\Office16

    • Outlook 2013:C:\Program Files (x86)\Microsoft Office\Office15

    • Outlook 2010:C:\Program Files (x86)\Microsoft Office\Office14

    • Outlook 2007:C:\Program Files (x86)\Microsoft Office\Office12

  3. SCANPST.EXE を開きます。

  4. [スキャンするファイル名] ボックスに、ツールによってチェックする .pst ファイルの名前を入力するか、[参照] を選択してこのファイルを選びます。

    注: 既定では、新しいログ ファイルがスキャン時に作成されます。ログを作成したくない場合や、結果を既存のログ ファイルの末尾に追加したい場合は、[オプション] を選択してそのように設定できます。

  5. [開始] を選択してスキャンを開始します。

  6. スキャンによりエラーが検出された場合は、[修復] を選択してそれらを修正するためのプロセスを開始します。

    Microsoft の受信トレイ修復ツール SCANPST.EXE を使って Outlook .pst データ ファイルをスキャンした結果が表示されています。

    注: 修復中にバックアップ ファイルが作成されます。このバックアップ ファイルの既定の名前や保存場所を変更するには、[バックアップ ファイル名] ボックスに新しい名前を入力するか、[参照] を選択して使用するファイルを選びます。

  7. 修復が完了したら、Outlook を起動し、修復した Outlook データ ファイルに関連付けられているプロファイルを指定します。

その他の Outlook フォルダー

フォルダー ウィンドウ に、回復した個人用フォルダーという名前のフォルダーが存在することがあります。このフォルダーの内容は、ユーザーの既定の Outlook フォルダーまたは保存先不明という名前のフォルダーです。修復を実行すると一部のフォルダーが再作成されますが、その内容が空のこともあります。保存先不明というフォルダーの内容は、Outlook の修復ツールで復元されたものの、元の構造内に配置できなかったフォルダーとアイテムです。

新しいデータ ファイルを作成する

新しい Outlook データ ファイルを作成して、[保存先不明] フォルダー内のアイテムを新しいデータ ファイルにドラッグすることができます。すべてのアイテムの移動が完了したら、回復した個人用フォルダー (.pst) ファイルを削除してもかまいません。この中に [保存先不明] フォルダーもあります。

アイテムをバックアップ (.bak) ファイルから復元する

元の Outlook データ ファイルを開くことができる場合は、さらにアイテムを回復できる可能性があります。受信トレイ修復ツールを実行するとバックアップ ファイルが作成されますが、名前は元のファイルと同じで拡張子が .bak となり、同じフォルダーに保存されます。受信トレイ修復ツールで回復できなかったアイテムを、このバックアップ ファイルから回復できる可能性があります。

  1. エクスプローラーで .pst ファイルが保存されているフォルダーを開くと、受信トレイ修復ツールで作成された .bak ファイルがあります (たとえば kerimills01@outlook.com.bak)。

  2. この .bak ファイルのコピーを作成して、拡張子を bak.pst に変更します。たとえば、kerimills01@outlook.com.bak.pst です。

  3. この bak.pst ファイルを Outlook にインポートし、インポート/エクスポート ウィザードを使って、追加で回復されたアイテムを新しい .pst ファイルにインポートします。

    注: .pst ファイルをインポートする方法については、「Outlook .pst ファイルからメール、連絡先、予定表をインポートする」をご覧ください。

ページの先頭へ

オフライン Outlook データ ファイル (.ost) を再作成する

アカウントの種類によっては、Microsoft Exchange Server のように、オフライン Outlook データ ファイル (.ost) を使うものがあります。この種類のデータ ファイルは、メール サーバーに保存されている情報のコピーです。オフライン Outlook データ ファイル (.ost) の問題が発生した場合は、このファイルを削除して再作成することができます (再作成するには、アイテムのコピーをもう一度ダウンロードします)。オフラインの Outlook データ ファイルの修復はお勧めしません。そのため、オフラインのデータ ファイルが使用不可能になった場合は、再作成してください。

  1. Outlook を終了します。

  2. コントロール パネルを開き、[コントロール パネルの検索] ボックスに「Mail」と入力し、[Mail] を選びます。

  3. [メール設定] ダイアログ ボックスで [電子メール アカウント] を選択します。

    注: [メール設定] ダイアログ ボックスのタイトル バーに、現在のプロファイルの名前が表示されることがあります。別の既存プロファイルを選ぶには、[プロファイルの表示] を選択してプロファイル名を選んでから [プロパティ] を選択します。

  4. [データ ファイル] タブで Exchange アカウントを選んでから、ミニ ツール バーの [ファイルの場所を開く] を選択します。

    注: ファイル エクスプローラー ウィンドウが開き、Exchange アカウントのデータ ファイルの場所が表示されます。[アカウント設定] と [メール設定] のダイアログ ボックスは、ファイル エクスプローラー ウィンドウの背後で開いたままになります。

  5. [アカウント設定] と [メール設定] のダイアログ ボックスを閉じてから、ファイル エクスプローラー ウィンドウに戻ります。

    重要: ファイルを削除する前に、この 2 つのダイアログ ボックスを閉じたことを確認してください。閉じていない場合は、競合についてのエラー メッセージが表示されることがあります。

  6. ファイル エクスプローラー ウィンドウで、Exchange のデータ ファイルを右クリックして [削除] を選びます。

    注: 次回 Outlook を起動したときに、このアカウントの新しい .ost ファイルが作成されます。

この情報は役に立ちましたか?

ありがとうございます。その他のフィードバックはありませんか?

改善内容をお聞かせください

ご意見をいただきありがとうございます。

×