Outlook データ ファイルを開く、変更する、または閉じる

Outlook を初めて実行すると、必要なデータ ファイルが自動的に作成されます。ただし、追加のデータ ファイルが必要になる場合もあります。たとえば、アーカイブしたアイテムを別の Outlook データ ファイル (.pst) に保存したり、プロジェクト別に関連情報を独自の Outlook データ ファイル (.pst) に保存する場合があります。

注: 通常、Microsoft Exchange Server アカウントでは、Outlook データ ファイル (.pst) を使用しません。ユーザーの情報は Exchange を実行しているサーバーに保存されますが、ユーザーが作成したアーカイブには、コンピューターに保存されている Outlook データ ファイル (.pst) が使用されます。

Microsoft Exchange Server アカウントを持っているかどうかを調べる方法

[ファイル] タブをクリックします。 [アカウント設定] をクリックし、[アカウント設定] をクリックします。 [電子メール] タブのアカウントの一覧に、各アカウントの種類が示されます。

[アカウント設定] ダイアログ ボックスの [Exchange アカウント] の例

Outlook データ ファイル (.pst) を開く

ナビゲーション ウィンドウに表示されない Outlook データ ファイル (.pst) がある場合は、それを追加してデータ ファイル内のアイテムを操作することができます。

  1. [ファイル] タブをクリックします。

  2. [アカウント設定] をクリックし、[アカウント設定] をクリックします。
    Backstage ビューの [アカウント設定]

  3. [データ ファイル] タブの [追加] をクリックします。

  4. 開く Outlook データ ファイル (.pst) をクリックして、[OK] をクリックします。

データ ファイルの場所

Microsoft Outlook 2010 を使用して作成した Outlook データ ファイル (.pst) は、ユーザーのコンピューターの "ドキュメント¥Outlook Files" フォルダーに保存されます。Windows XP を使用している場合、これらのファイルは "マイ ドキュメント¥Outlook Files" フォルダーに作成されます。

以前のバージョンの Outlook で作成されたファイルは、隠しフォルダー内の別の場所に保存されます。

  • Windows 7 と Windows Vista の場合     <ドライブ>:¥Users¥<ユーザー名>¥AppData¥Local¥Microsoft¥Outlook

  • Windows XP の場合     <ドライブ>:¥Documents and Settings¥<ユーザー名>¥Local Settings¥Application Data¥Microsoft¥Outlook

ヒント: Windows の隠しフォルダーの詳細については、Windows のヘルプとサポートを参照してください。

Outlook データ ファイル (.pst) の表示名を変更する

Outlook データ ファイル (.pst) に指定したファイル名は、ナビゲーション ウィンドウに表示されます。Outlook 2010 より前のバージョンでは、Outlook データ ファイル (.pst) の既定の表示名は "個人用フォルダー" でした。以前のバージョンの Outlook で作成された複数の Outlook データ ファイル (.pst) を使用している場合、この名前は混乱を招く可能性があります。Outlook データ ファイル (.pst) ごとにわかりやすい表示名を使用することをお勧めします。

  1. [ファイル] タブをクリックします。

  2. [アカウント設定] をクリックし、[アカウント設定] をクリックします。

  3. [データ ファイル] タブで、Outlook データ ファイル (.pst) をクリックし、[設定] をクリックします。

  4. [名前] ボックスに、Outlook データ ファイル (.pst) のわかりやすい名前を入力します。

    [Outlook データ ファイル] ダイアログ ボックス

    注:  表示名を変更しても、ファイル名は変更されません。ナビゲーション ウィンドウに表示される名前だけが変更されます。

ページの先頭へ

Outlook データ ファイル (.pst) を閉じる

Outlook データ ファイル (.pst) に頻繁にアクセスする必要がなくなった場合、ファイルを閉じることができます。閉じたファイルはナビゲーション ウィンドウには表示されませんが、コンピューターからは削除されません。

  • ナビゲーション ウィンドウから消去する Outlook データ ファイル (.pst) の名前を右クリックし、[<ファイル名> を閉じる] をクリックします。

    Outlook データ ファイル (.pst) を閉じるコマンド

[閉じる] が使用できない場合は、新しいメッセージを保存するための既定の Outlook データ ファイル (.pst) を削除しようとしています。削除すると、新しいメッセージの保存先がなくなります。

ページの先頭へ

この情報は役に立ちましたか?

どのようにしたら改善できるでしょうか?

どのようにしたら改善できるでしょうか?

お客様のプライバシーを保護するため、フィードバックには連絡先情報を含めないでください。 レビューしてください プライバシー ポリシー

ご意見をいただきありがとうございます。