Outlook 電子メール プロファイルの概要

電子メール プロファイルは、電子メール アカウント、データ ファイル、および電子メール保存場所に関する情報で構成されています。

電子メール プロファイルとは何ですか。

電子メール プロファイルは、Outlook で使用する電子メール アカウントと各アカウントのデータが保存されている場所を記憶するために使用されます。各プロファイルは、次の情報を Outlook に提供します。

  • 使用するアカウント情報   。この情報には、ユーザー名、表示名、メール サーバー名、インターネット サービス プロバイダー (ISP) アカウントのパスワードが含まれます。

  • 電子メール データが配信および保存されている場所   。Outlook では、データは、電子メール サーバーまたは自分のコンピューター上の .pst ファイルに配信および保存されます。このデータには、ルール、メッセージ、連絡先、予定表、メモ、タスク、仕訳、検索フォルダー、およびその他の設定が含まれます。

Outlook 電子メール プロファイルは、Windows レジストリに格納されます。Outlook は、起動されるとレジストリからプロファイル情報を取得します。

注: コントロール パネルの [メール] アイコンを使用して、Outlook 電子メール プロファイルの設定のオプションにアクセスします。Outlook がインストールされていて、少なくとも一度は実行されていないと、[メール] アイコンは表示されません。

初めて Outlook を実行すると、スタートアップ ウィザードで、新しいプロファイルを作成するプロセスが示されます。作成されたプロファイルは、Outlook を起動するたびに実行されます。ほとんどのユーザーは 1 つのプロファイルのみを保持しますが、複数のプロファイルを使用すると便利な場合があります。たとえば、仕事用のメールと個人用のメールに別々のプロファイルを使用する必要のある場合があります。また、他のユーザーが自分と同じコンピューターを使用する場合、それらのアカウントと設定を異なる名前を持つ別のプロファイルに保存することもできます。

パスワードを使用して、Outlook プロファイルを保護することはできません。他のユーザーによる侵入から Outlook のデータを保護するには、パスワードで保護された Windows ユーザー アカウントを使う必要があります。

重要: Outlook の実行中に 1 つのメール プロファイルから別のプロファイルに切り替えることはできません。

基本的なプロファイルは、1 つまたは複数のメール アカウントと記憶域ファイルで構成されます。個人で POP3 アカウントなどのインターネット メール アカウントを持っている可能性がありますが、それと同時に、企業の従業員が Microsoft Exchange アカウントを持っている場合があります。他の種類のアカウント (IMAP4 や HTTP アカウントを含む) をプロファイルに追加することができるため、さらに記憶域ファイル (以前のメッセージを保持するための Archive.pst ファイルなど) を追加することもできます。同様に、FAX やアドレス帳のディレクトリなどのサービスも追加で含めることができます。

注: プロファイルには、複数のインターネットタイプのアカウントを含めることができますが、含めることができる Exchange アカウントは 1 つだけです。

ほとんどのユーザーに必要なプロファイルは 1 つのみです。Outlook を初めて実行したときには、最初のプロファイルが自動的に作成され、"Outlook" という名前が付けられます。Outlook を起動するたびに、この既定のプロファイルが自動的に実行されます。電子メール アカウントを追加または変更した場合、または使用する追加の .pst ファイルを含める場合、自分のプロファイルを変更します。いつでも、自分のプロファイルを変更できますが、最初に作成した後にプロファイルの名前を変更することはできません。

  1. Windows のアイコンを選択し、検索ボックスに「コントロール パネル」と入力します。

  2. コントロール パネルで、[メール] を検索して選択します。

  3. Outlook がインストールされていて、少なくとも一度は実行されていないと、[メール] アイコンは表示されません。

    [メール セットアップ] ダイアログ ボックスが開きます。

    コントロール パネルの [メール] ダイアログ ボックス

  4. 次のいずれかの操作を実行します。

    • 別のメール アカウントを追加するには、[電子メール アカウント] をクリックします。

    • Outlook のデータ保存オプションを変更するには、[データ ファイル] をクリックします。

    • 現在所有しているプロファイルの一覧を表示するには、[プロファイルの表示] をクリックします。

次のいずれかの状況では、複数のプロファイルが必要になる場合があります。

  • 信頼できるその他のユーザーと共有している 1 台のコンピューター上で Outlook を使用している場合   
    たとえば、自分と配偶者が別の電子メール アカウントを使用し、それぞれが別のプロファイルを使用して、適切なアカウントおよび設定を使用している場合があります。

  • 複数の Exchange アカウントを管理している場合    

複数のプロファイルが必要な場合は、いつでも、追加のプロファイルを作成して、目的のアカウントと設定を追加できます。1 つのプロファイルから別のプロファイルに切り替える際に、Outlook のセッションで使用可能な電子メール アカウントと設定を変更します。

  1. Windows のアイコンを選択し、検索ボックスに「コントロール パネル」と入力します。

  2. コントロール パネルで、[メール] を検索して選択します。

  3. Outlook がインストールされていて、少なくとも一度は実行されていないと、[メール] アイコンは表示されません。

    [メール セットアップ] ダイアログ ボックスが開きます。

    コントロール パネルの [メール] ダイアログ ボックス

  4. [プロファイルの表示] をクリックします。

  5. [追加] をクリックします。

  6. プロファイルの名前を入力し、[OK] をクリックします。

    [新しいプロファイル] ダイアログ ボックス

  7. 画面に表示された指示に従って、そのプロファイルで使用する電子メール アカウントを追加します。

  1. Windows のアイコンを選択し、検索ボックスに「コントロール パネル」と入力します。

  2. コントロール パネルで、[メール] を検索して選択します。

  3. Outlook がインストールされていて、少なくとも一度は実行されていないと、[メール] アイコンは表示されません。

    [メール セットアップ] ダイアログ ボックスが開きます。

    コントロール パネルの [メール] ダイアログ ボックス

  4. [プロファイルの表示] をクリックします。

  5. [Microsoft Office Outlook の起動時に使用するプロファイル] をクリックして、[常に使用するプロファイル] をクリックし、一覧で使用するプロファイルをクリックします。

    [常に使用する] が選択された [アカウント] ダイアログ ボックス

  1. Windows のアイコンを選択し、検索ボックスに「コントロール パネル」と入力します。

  2. コントロール パネルで、[メール] を検索して選択します。

  3. [メール セットアップ] ダイアログ ボックスが開きます。

    コントロール パネルの [メール] ダイアログ ボックス

  4. [プロファイルの表示] をクリックします。

  5. [Microsoft Outlook の起動時に使用するプロファイル] で、[使用するプロファイルを選択する] をクリックします。

    [アカウント プロファイル] ダイアログ ボックス

  6. Outlook の起動時に、使用するプロファイルを [プロファイル名] ボックスの一覧でクリックします。

    [プロファイルの選択] ダイアログ ボックス

複数のプロファイルを使用する場合、通常は、最も頻繁に使用するプロファイルがあります。[使用するプロファイルを選択する] オプションを使用して、[プロファイル名] ボックスで常にそのプロファイルを選択するように Outlook を構成することができます。そのプロファイルを使用するために必要なのは、[OK] をクリックすることだけです。

  1. [プロファイルの選択] ダイアログ ボックスの [プロファイル名] ボックスの一覧で、自動的に選択されるようにするプロファイルをクリックします。

  2. [オプション] をクリックし、[オプション] の [既定のプロファイルとして設定] チェック ボックスをオンにします。

スキルを磨く
トレーニングの探索
新機能を最初に入手
Office Insider に参加する

この情報は役に立ちましたか?

ご意見をいただきありがとうございます。

フィードバックをお寄せいただき、ありがとうございます。Office サポートの担当者におつなぎいたします。

×