Outlook 予定表の概要

Microsoft Outlook 2010 の予定表は、Outlook 2010 の予定表およびスケジュール作成用のコンポーネントで、メール、連絡先、その他の機能と完全に統合されています。予定表を使って次のことができます。

  • 予定やイベントを作成する   

    手帳に記入しているのと同じように、いつでも、Outlook 予定表のマス目をクリックして入力を始められます。予定、会議、イベントなどに、サウンドやメッセージのアラームを設定したり、すぐに見分けがつくようにアイテムを色分けしたりできます。

    詳細については、「予定を設定する」および「終日イベントを作成する」を参照してください。

  • 会議を開催する   

予定表の時間を選んで、会議出席依頼を作成し、招待者を選びます。Outlook では招待者全員が空いている最も早い時間を検索できます。メールで会議出席依頼を送信すると、招待者の受信トレイに会議出席依頼が届きます。招待者は会議出席依頼を開き、1 つのボタンをクリックするだけで、会議を承諾、仮承諾、または辞退できます。会議出席依頼が招待者の予定表のアイテムと重複している場合は、Outlook で通知が表示されます。会議の開催者が許可した場合、招待者は別の会議日時を提案できます。開催者は、会議出席依頼に対してだれが承諾または辞退したか、別の会議日時を提案しているかを追跡できます。

詳細については、「他のユーザーとの会議の予定を立てる」を参照してください。

  • グループのスケジュールを表示する   

    予定表を作成して、グループのメンバーまたはリソースのスケジュールを表示できます。たとえば、部署の全員のスケジュール、または建物内の会議室などのリソースすべてのスケジュールを表示できます。これによって、会議の予定をすばやく立てることができます。

  • 予定表を並べて表示する   

    自分が作成した複数の予定表や、他の Outlook ユーザーと共有している予定表を並べて表示できます。たとえば、個人的な予定を管理する予定表を別に作成して、仕事用と個人用の両方の予定表を並べて表示できます。

    詳細については、「予定表を並べて表示する、または重ねて表示する」を参照してください。

    また、表示されている予定表間で予定をコピーしたり移動したりできます。ナビゲーション ウィンドウを使用して、すばやく個人用の予定表を共有したり、他の共有の予定表を開くことができます。予定表の所有者から付与される権限に応じて、共有の予定表に予定を作成することができます。

    詳細については、他のユーザーと Outlook の予定表を共有し、他のユーザーのメールと予定表アイテムを管理するを参照してください。

  • 予定表を重ねて表示する   

    自分が作成した複数の予定表や、他の Outlook ユーザーと共有している予定表を重ねて表示することができます。たとえば、個人的な予定を管理する予定表を別に作成して、仕事用と個人用の両方の予定表を重ねて表示し、予定が重複している時間や空いている時間をすばやく確認できます。

    詳細については、「予定表を並べて表示する、または重ねて表示する」を参照してください。

  • Microsoft SharePoint サイトの予定表へのリンク   

    SharePoint サイトへのアクセス権を持っている場合は、自分の Outlook の予定表に、SharePoint サイトからイベントのリストを表示できます。オフラインで作業している場合でも、Outlook でそのリストを変更できます。その変更は、インターネットに再接続したときに、自動的に同期されます。また、SharePoint の予定表と他の個人用または共有の予定表を並べて表示することもできます。

    詳細については、「SharePoint の予定表を表示および更新する」を参照してください。

  • 予定表をメールで送信する   

自分の予定表をインターネット予定表としてメール受信者に送信し、どの情報を共有するかを制御できます。予定表の情報は、添付ファイル (インターネット予定表) としてメール メッセージの本文に表示され、受信者はこれを Outlook で開くことができます。

詳細については、「他のユーザーと Outlook 予定表を共有する」を参照してください。

  • 予定表を Microsoft Office.com に公開する   

    予定表を Office.com の Web サイトに公開して、表示できるユーザーを制御することができます。

    詳細については、「Office.com で予定表を公開して共有する」を参照してください。

  • インターネット予定表を購読する   

    インターネット予定表購読はインターネット予定表と似ていますが、ダウンロードされた予定表がインターネット予定表と定期的に同期されて更新される点が異なります。

  • 別のユーザーの予定表を管理する   

    代理人アクセス権機能によって、あるユーザーが自分の Outlook を使用して、他のユーザーの予定表を簡単に管理することができます。たとえば、管理アシスタントが上司の予定表を管理する場合があります。上司がアシスタントを代理人として指定すると、アシスタントは上司に代わって予定を作成、移動、削除したり、会議を開催したりできます。

    詳細については、「他のユーザーのメールおよび予定表のアイテムを管理する」を参照してください。

ページの先頭へ

注記: 

  • 機械翻訳についての免責事項: この記事の翻訳はコンピューター システムによって行われており、人間の手は加えられていません。マイクロソフトでは、英語を話さないユーザーがマイクロソフトの製品、サービス、テクノロジに関するコンテンツを理解するのに役立てるため、こうした機械翻訳を提供しています。記事は機械翻訳されているため、用語、構文、文法などに誤りがある場合があります。

  • この記事の英語版を参照するには、ここ をクリックしてください。Microsoft コミュニティの他のメンバーと一緒に、Community Translation Framework (CTF) を使ったこの記事の改善にご協力ください。記事内の文章にマウス ポインターを合わせて、CTF ウィジェットの [翻訳を改善します] をクリックしてください。CTF の詳細については、ここ をクリックしてください。CTF を使用すると弊社の サービス利用規約 に同意したことになります。

スキルを磨く
トレーニングの探索
新機能を最初に入手
Office Insider に参加する

この情報は役に立ちましたか?

ご意見をいただきありがとうございます。

フィードバックをお寄せいただき、ありがとうございます。Office サポートの担当者におつなぎいたします。

×