Outlook メール メッセージの画像および添付ファイルのサイズを小さくする

Outlook メール メッセージの画像および添付ファイルのサイズを小さくする

写真やその他の種類の添付ファイルには、さまざまなサイズがあります。Gmail、Yahoo、Exchange などの多くのメール システムでは、送信できるメール メッセージのサイズを制限しています。メール メッセージのサイズが心配な場合、またはお使いのメール システムでは送信できない非常に大きいサイズのメッセージを受信した場合は、いくつかの手順を実行することで添付された画像やその他のドキュメントのサイズを小さくすることができます。 

メール システムの中には、個々のメッセージのサイズを制限するだけでなく、メールボックスの合計サイズに上限を設定しているものもあります。送信済みの各メッセージは [送信済みアイテム] フォルダーに保存されるため、添付ファイルのサイズを小さくすることは、メールボックスのサイズを小さくすることにも役立ちます。 

実行する操作を指定してください。

画像を挿入する

メール メッセージの本文に画像を挿入するには、メール メッセージの本文にカーソルを置き、[挿入] メニューを選び、リボンの [] グループから [画像] を選びます。 

画像が大きすぎる (または小さすぎる) 場合は、サイズ変更ハンドルを使用して画像のサイズを変更できます。 

画像のサイズを変更する

ファイル サイズや画像の解像度を変更せずに、画像の表示可能サイズ (たとえば、画面に占める画像の割合) を変更することができます。ただし、このサイズを変更しても、送信するメール メッセージの合計サイズは縮小されません。 

  1. 画像をクリックまたはタップして、画像の四隅に小さい円形のサイズ変更ハンドルを表示します。

    画像は現在メッセージに挿入されています。
  2. いずれかのハンドルをクリックして (または押しながら)、サイズ変更ハンドルを、画像を縮小する場合は中心に向かってドラッグし、サイズを拡大する場合は中心から外側へ向かってドラッグします。

ヒント: 画像の各辺の中央には、別のサイズ変更ハンドルがあります。画像の縦横比を維持する場合は、四隅のサイズ変更ハンドルのみを使用します。各辺の中央のハンドルを使用すると、画像が変形します。

画像を正確な寸法にサイズ変更する

  1. サイズ変更する画像をクリックします。

  2. [書式] タブの [サイズ] グループで、高さを指定します。幅は、高さに対して縦横比を維持するように自動的に調整されます。

    高さと幅の設定を表示したスクリーンショット

高さと幅を別々に変更する場合は、[縦横比の固定] チェック ボックスをオフにしてから、手順 2 で必要な高さまたは幅を変更します。

画像を圧縮してファイル サイズを小さくする

画像を圧縮すると、画像の高さと幅は維持されますが、解像度が低下します。解像度が低くなるほど画像のファイル サイズは小さくなります。

  1. 縮小する画像を選択します (複数可)。

  2. [書式] タブの [図ツール] で、[調整] グループから [図の圧縮] 画像を圧縮する を選びます。画面の解像度によっては、[図の圧縮] アイコンしか表示されない場合があります。

  3. 圧縮と解像度のオプションを選び、[OK] を選びます。印刷しない画像の場合、[Web (150 ppi)] が最も一般的な解像度です。

重要: 画像を圧縮してファイル サイズを小さくすると、元の画像で保持されている画像の細部が変わります。 つまり、圧縮後は画像の外観が異なります。

画像をファイルとして添付すると、その画像はメール メッセージの本文には直接表示されません。代わりに、メッセージの件名の下に画像のアイコンが表示されます。画像ファイルの場合、ファイルの名前とサイズとともに画像の小さいプレビューも表示されます。 

画像のサムネイルを表示する

画像の添付ファイルが大きすぎる場合は、メッセージの送信時に画像のサイズを自動的に変更するように Outlook に指示することができます。 

  1. [ファイル] を選びます。

  2. 画像のサイズが大きい場合は、次のメッセージが表示されます。画像添付ファイルが原因で、一部の宛先がこのメッセージを受信できない可能性があります。大きな画像のサイズを変更すると、メッセージが全員に配信されるようになります。画像の大きさは、最大で 1024x768 ピクセルです。 

  3. [このメッセージを送信するときに大きな画像のサイズを変更する] を選びます。

  4. 画面の左上隅にある左矢印を選び、メッセージに戻ります。メッセージを作成し、[送信] を選ぶと、すべての画像の添付ファイルが自動的にサイズ変更されます。 

注:  メッセージ本文内に画像を埋め込む場合 (つまり、メッセージに画像を表示する場合) に、[] グループの [] コマンドを使うと、添付画像のサイズ変更機能は使用できません。

ドキュメント、スプレッドシート、PDF ファイル、およびその他の種類のファイルには、さまざまなサイズがあります。これらのファイルを送信する際に、メール メッセージと添付ファイルのサイズを小さくするために使用できるいくつかの方法があります。

注: 画像ファイルを縮小するためのより詳しい情報については、「メール メッセージの本文に画像を挿入してサイズを変更する」セクションを参照してください。

ファイルへのリンクを送信する

  1. メール メッセージで、リボンから [ファイルの添付] を選びます。

  2. ファイルを選択します。

  3. ファイルが OneDrive、OneDrive for Business、または SharePoint サイトに保存されている場合は、[リンクの送信] を選びます。これによりファイルそのものではなく、ファイルへのショートカットがメール メッセージに添付されます。受信者は、ショートカットを開いて、ファイルを開くまたはダウンロードすることができます。

別のクラウド ストレージ サービスから共有リンクをコピーする

Dropbox、Google Drive などのほとんどのクラウド ストレージ ソリューションでは、ファイルへの共有可能なリンクを取得できます。共有リンクの取得方法の詳細については、それぞれのヘルプ ファイルを参照してください。共有リンクを取得したら、それをメール メッセージの本文に貼り付けます。

送信前にファイルを圧縮する

ほとんどのファイルは zip ファイルに圧縮してサイズを縮小できます。Windows では、追加のソフトウェアなしで zip ファイルを作成したり開くことができます。 

  1. 送信するファイルが含まれているフォルダーに移動します。

  2. ファイルを選びます。複数のファイルを選ぶには、Ctrl キーを押しながら各ファイルをクリックします。

  3. 選択したファイルを右クリックし、[送信]、[圧縮 (zip 形式) フォルダー] の順に選びます。

  4. これにより、手順 2 で選択したファイルを含む新しい zip ファイルが作成されます。zip ファイルの名前は、元のファイルの名前から自動的に選択されます。 

  5. メール メッセージに戻ってリボンから [ファイルの添付] を選ぶか、または新しい zip ファイルを右クリックして [送信]、[メール受信者] を選んで、既にファイルが添付された新しいメール メッセージを開きます。 

実行する操作を指定してください。

画像を挿入する

メール メッセージの本文に画像を挿入するには、メール メッセージの本文にカーソルを置き、[挿入] メニューを選び、リボンの [] グループから [画像] を選びます。 

画像が大きすぎる (または小さすぎる) 場合は、サイズ変更ハンドルを使用して画像のサイズを変更できます。 

画像のサイズを変更する

ファイル サイズや画像の解像度を変更せずに、画像の表示可能サイズ (画面に占める画像の割合) を変更することができます。ただし、これにより送信するメール メッセージの合計サイズは縮小されません。 

  1. 画像をクリックまたはタップして、画像の四隅に小さい円形のサイズ変更ハンドルを表示します。

    画像は現在メッセージに挿入されています。
  2. いずれかのハンドルをクリックして (または押しながら)、サイズ変更ハンドルを、画像を縮小する場合は中心に向かってドラッグし、サイズを拡大する場合は中心から外側へ向かってドラッグします。

ヒント: 画像の各辺の中央には、別のサイズ変更ハンドルがあります。画像の縦横比を維持する場合は、四隅のサイズ変更ハンドルのみを使用します。各辺の中央のハンドルを使用すると、画像が変形します。

画像を正確な寸法にサイズ変更する

  1. サイズ変更する画像をクリックします。

  2. [書式] タブの [サイズ] グループで、高さを指定します。幅は、高さに対して縦横比を維持するように自動的に調整されます。

    高さと幅の設定を表示したスクリーンショット

高さと幅を別々に変更する場合は、[縦横比の固定] チェック ボックスをオフにしてから、手順 2 で必要な高さまたは幅を変更します。

画像を圧縮してファイル サイズを小さくする

画像を圧縮すると、画像の高さと幅は維持されますが、解像度が低下します。解像度が低くなるほど画像のファイル サイズは小さくなります。

  1. 縮小する画像を選択します (複数可)。

  2. [書式] タブの [図ツール] で、[調整] グループから [図の圧縮] を選びます。画面の解像度によっては、[図の圧縮] アイコンしか表示されない場合があります。

  3. 圧縮と解像度のオプションを選び、[OK] を選びます。印刷しない画像の場合、[Web (150 ppi)] が最も一般的な解像度です。

重要: 画像を圧縮してファイル サイズを小さくすると、元の画像で保持されている画像の細部が変わります。 つまり、圧縮後は画像の外観が異なります。

画像をファイルとして添付すると、その画像はメール メッセージの本文には直接表示されません。代わりに、メッセージの件名の下に画像のアイコンが表示されます。

画像の添付ファイルが大きすぎる場合は、メッセージの送信時に画像のサイズを自動的に変更するように Outlook に指示することができます。 

  1. [ファイル] を選びます。

  2. 画像のサイズが大きい場合は、次のメッセージが表示されます。画像添付ファイルが原因で、一部の宛先がこのメッセージを受信できない可能性があります。大きな画像のサイズを変更すると、メッセージが全員に配信されるようになります。画像の大きさは、最大で 1024x768 ピクセルです。 

  3. [このメッセージを送信するときに大きな画像のサイズを変更する] を選びます。

  4. 画面の左上隅にある左矢印を選び、メッセージに戻ります。メッセージを作成し、[送信] を選ぶと、すべての画像の添付ファイルが自動的にサイズ変更されます。 

注:  メッセージ本文内に画像を埋め込む場合 (つまり、メッセージに画像を表示する場合) に、[] グループの [] コマンドを使うと、添付画像のサイズ変更機能は使用できません。

ドキュメント、スプレッドシート、PDF ファイル、およびその他の種類のファイルには、さまざまなサイズがあります。これらのファイルを送信する際に、メール メッセージと添付ファイルのサイズを小さくするために使用できるいくつかの方法があります。

クラウド ストレージ サービスから共有リンクをコピーする

OneDrive、OneDrive for Business、Dropbox、Google Drive などのほとんどのクラウド ストレージ ソリューションでは、ファイルへの共有可能なリンクを取得できます。

OneDrive や OneDrive for Business については、「OneDrive のファイルとフォルダーの共有」をご覧ください。その他のクラウド ストレージ ソリューションについては、共有リンクを取得する方法の詳細については、サービスのヘルプ ファイルをご覧ください。共有リンクを取得したら、それをメール メッセージの本文に貼り付けます。

送信前にファイルを圧縮する

ほとんどのファイルは zip ファイルに圧縮してサイズを縮小できます。Windows では、追加のソフトウェアなしで zip ファイルを作成したり開くことができます。 

  1. 送信するファイルが含まれているフォルダーに移動します。

  2. ファイルを選びます。複数のファイルを選ぶには、Ctrl キーを押しながら各ファイルをクリックします。

  3. 選択したファイルを右クリックし、[送信]、[圧縮 (zip 形式) フォルダー] の順に選びます。

  4. これにより、手順 2 で選択したファイルを含む新しい zip ファイルが作成されます。zip ファイルの名前は、元のファイルの名前から自動的に選択されます。 

  5. メール メッセージに戻ってリボンから [ファイルの添付] を選ぶか、または新しい zip ファイルを右クリックして [送信]、[メール受信者] を選んで、既にファイルが添付された新しいメール メッセージを開きます。 

実行する操作を指定してください。

画像を選び、自動的にサイズを小さくし、電子メール メッセージに添付ファイルとして含める方法は 2 とおり (Microsoft Office Outlook と Windows エクスプローラー) あります。

注: 元の画像は変更されません。送信される画像コピーのサイズのみが小さくなります。

  1. Outlook で新しい電子メール メッセージを作成します。

  2. [挿入] タブの [挿入] グループで [ファイルの添付] をクリックします。

    ヒント: Windows エクスプローラーから画像をドラッグ アンド ドロップすることもできます。画像ファイルは電子メール メッセージに添付されます。

  3. [挿入] タブで、[挿入] ダイアログ ボックス起動ツール ボタンの画像 をクリックします。

  4. [添付ファイルのオプション] ウィンドウの [画像のオプション] にある [画像のサイズの選択] ドロップダウン リストで、挿入する画像のサイズをクリックします。

    [添付ファイルのオプション] ウィンドウ

    注: [] グループの [] コマンドを使ってメッセージ本文内に画像を埋め込む場合は、画像の自動サイズ変更機能は使用できません。

  5. 電子メール メッセージの作成が終了したら、[送信] をクリックします。

  1. [スタート] をクリックし、[マイ コンピューター] をダブルクリックして Windows エクスプローラーを開きます。

    ショートカット キーの使用  Windows エクスプローラーを開くには、Windows ロゴ キーを押しながら E キーを押します。

  2. 送信する画像が含まれているフォルダーに移動します。

  3. 画像を選びます。複数のファイルを選ぶには、Ctrl キーを押しながら各ファイルをクリックします。

  4. 選んだファイルを右クリックし、[送る] をポイントして、[メール受信者] をクリックします。

    [電子メール経由でのイメージの送信] ダイアログ ボックスが表示されます。

  5. [イメージをすべて小さくする] をクリックし、[OK] をクリックします。

    [電子メール経由でのイメージの送信] ダイアログ ボックス

    注: 画像の正確なサイズを指定するには、[その他のオプションを表示] をクリックし、好きなサイズをクリックします。

    新しい Outlook メッセージ ウィンドウが表示され、添付画像が示されます。

  6. 宛先、CC、および BCC ボックスに受信者の情報を入力します。

  7. 必要に応じて、[件名] ボックスの件名情報を変更します。

  8. 必要に応じて、メッセージ本文に含める情報を変更するか入力します。

  9. [送信] をクリックします。

画像または添付ファイルを送信する場合に使用するベスト プラクティスのリストを以下に示します。

  • サイズの大きな添付ファイルを投稿または公開する    - クラウド内、または組織のネットワーク上の格納場所を共有する他のユーザーに添付ファイルまたは画像を送信する場合は、その場所へのリンクを電子メール メッセージに含めることができます。

  • 添付ファイルのサイズを制限する    - これは一般的なガイドラインであり、低速接続 (モバイル デバイスなど) の場合は、かなり小さいサイズ (250 KB など) を使う必要があります。大きい添付ファイルを送信する必要がある場合は、送信できる最大メッセージ サイズを確認してください。これは、メール サーバー管理者、または電子メール サービスを提供する組織に確認します。同様に、受信者に上限を確認します。最後に、受信者のインターネット接続速度についても考慮します。モバイル インターネット接続で大きなサイズの添付ファイルをダウンロードすると、かなり時間がかかることがあります。

  • 複数の添付ファイルを複数の電子メール メッセージで送信する    - 大きいサイズの 1 つのメッセージよりも、小さいサイズの複数のメッセージの方が、配信される可能性が高まります。この方法を使用すると、メッセージ 1 件あたりの制限は回避できますが、受信者のメールボックスが制限を超える可能性は依然としてあります。メールボックスの記憶域の制限に達した後で受信されたメッセージは拒否されることがあります。

  • 圧縮グラフィック ファイル形式を使う    - グラフィック ファイルの形式は多数あるため、ここにはすべてをリストしませんが、最も一般的に使われている、電子メールの画像ファイル形式として最も適しているのは、.jpg、.png、および .gif です。最もサイズの大きいグラフィック ファイル形式は、.tif や .bmp (Windows ペイントの既定のファイル形式) などの圧縮されずに保存されるファイル形式です。

  • サイズが小さい元のファイルを使う    - 一般に、携帯電話やデジタル カメラで撮影した写真は、.jpg などの圧縮ファイル形式で保存した場合でも、サイズが大きくなります。1 枚の写真のサイズが数メガバイトになることも珍しくありません。インターネット上で送信されるときは、メール メッセージのサイズが 3 分の 1 ほど大きくなることを忘れないでください。デジタル写真を撮影するときは、カメラの解像度を低く設定してください。ファイル形式は、.jpg などの圧縮ファイル形式を使います。グラフィック プログラムで、写真をトリミングして重要な部分だけを残します。

  • ファイル圧縮ユーティリティを使う    - サード パーティのユーティリティに加えて、Windows には、.zip 圧縮ファイル形式を使うファイル圧縮ユーティリティがあります。多くの添付ファイルの形式では、圧縮ユーティリティを使うと、サイズを小さくできます。既に圧縮形式で保存されているファイルの場合は、圧縮してもサイズはあまり小さくなりません。たとえば、メモ帳のテキスト ファイル (.txt) のサイズはかなり小さくなりますが、.jpg 画像はあまり変わりません。.jpg 形式のファイルは既に圧縮されています。

  • [送信済みアイテム] フォルダーを確認する    - 既定では、各メッセージのコピーが [送信済みアイテム] フォルダーに保存されます。したがって、Outlook データ ファイル (.pst) のサイズが大きくなり、アカウントによっては、メール サーバーに送信済みアイテムが保存されるため、メールボックスのサイズ制限を圧迫することがあります。

重要: 画像を圧縮してファイルのサイズを小さくすると、ソース画像に保持されている詳細情報の量が変わります。つまり、圧縮後は画像の外観が異なります。このため、アート効果を適用する前に、画像を圧縮する必要があります。

スキルを磨く
トレーニングの探索
新機能を最初に入手
Office Insider に参加する

この情報は役に立ちましたか?

ご意見をいただきありがとうございます。

フィードバックをお寄せいただき、ありがとうございます。Office サポートの担当者におつなぎいたします。

×