Outlook メール メッセージにファイルを添付または画像を挿入する

Outlook メール メッセージにファイルを添付または画像を挿入する

重要:  この記事は機械翻訳されています。機械翻訳についての「免責事項」をお読みください。この記事の英語版を参照するには、ここをクリックしてください。

画像、ファイル、連絡先、メールおよびその他多くのアイテムを Outlook メッセージに簡単に添付できます。Outlook は、最近作業したドキュメントを追跡します。ドキュメントがコンピューターに格納されているか、OneDrive (クラウドのみ) に保存されているかは関係ありません。格納場所に関係なく、Outlook では、従来の添付ファイルとしてドキュメントを送信するか、OneDrive にアップロードしてファイルへのリンクを共有するかをすばやく選択できます。また、メッセージの受信者が表示および編集、または他のユーザーと共有できるアクセス許可を OneDrive から送信されるファイルに設定することもできます。

ファイルの添付に関する問題を解決する場合は、「添付ファイルに関する問題を解決する」を参照してください。

実行する操作を指定してください。

Outlook は、最近作業したファイルを追跡し、電子メール メッセージにファイルを添付することを決定すると、それらを提示します。ファイルの種類によっては、送受信がブロックされます。詳細な一覧については、「Outlook でブロックされる添付ファイル」を参照してください。

  1. 新しいメッセージ、返信、または転送されたメッセージ、メッセージのリボンから添付ファイルを選択します。

  2. 次のいずれかの場所から、ファイルを選びます。

    • 最近使ったアイテム
      ここには、最近作業した 12 のファイルが表示されます。これらのファイルは、コンピューター、OneDrive、SharePoint、または別のオンライン ドキュメント ライブラリにある場合があります。ファイルを選び、メールに添付します。

    • Web 上の場所を参照
      場所には、OneDriveSharePoint サイト、または以前にアクセスしたグループのドキュメント ライブラリなどの他の場所が含まれます。いずれかの場所を選び、新しいウィンドウを開いてから添付ファイルを選びます。

    • この PC を参照
      エクスプローラー ウィンドウを開いて、コンピューターからファイルを選ぶことができます。

  3. ローカル コンピューターまたはグループのドキュメント ライブラリでファイルを選んだ場合は、そのファイルのコピーがメールに添付されます。ただし、OneDrive または SharePoint のファイルを選ぶと、追加のアクセス許可オプションと情報が提供されます。

  4. リンクを送信するか、コピーを送信します。OneDrive または SharePoint のファイルへのリンクを送信すると、メール メッセージのサイズを小さく維持できます。ファイルのコピーを送信する場合、コンピューター上のファイルを選んだ場合と同じように、ファイル全体がメールに添付されます。ファイルへのリンクを送信する場合は、ファイルにアクセス許可を設定することもできます。

  5. ビジネス環境を使用している場合、既定で組織内のすべてのユーザーがリンクされたファイルを編集できます。これらのアクセス許可を変更するには、添付ファイル名の右にある矢印を選び、さまざまなアクセス許可オプションを含むドロップダウン メニューを表示します。

    • [組織は編集可]: 組織のすべてのユーザーがファイルを変更できるようにする場合。

    • [組織は表示可]: 組織のすべてのユーザーがファイルを読み取れるようにする場合 (ただし、ファイルの変更はできない)。

    • [受信者が編集可能]: メールの受信者のみがファイルを変更できるようにする場合。

    • [受信者が表示可能]: メールの受信者のみがファイルを読み取れるようにする場合 (ただし、ファイルの変更はできない)。

      [権限の変更] オプションには、[受信者が編集可能] と [受信者が表示可能] がある

  6. Outlook で受信者がファイルを表示できないことが検出されると (ファイルが送信者しかアクセスできない SharePoint サイトに格納されている場合など)、ファイルのアイコンと名前のすぐ下に警告メッセージが表示されます。添付ファイルをリンクされたファイルからファイルのコピーに変更するには、[コピーの添付] を選びます。

    注: コピーとしてファイルを添付する場合、受信者が行うすべての変更は、OneDrive または SharePoint のファイルのバージョンと同期されません。

オンラインの場所ではなく、コンピューターに保存されているドキュメントを添付する場合は、メールを送信する前に OneDrive にドキュメントをアップロードすることも選択できます。添付ファイルをアップロードすると、共同作業が容易になります。誰もがファイルの同じ (および最新) バージョンで共同作業していることを確信できます。

  1. リボンで、[ファイルの​​添付]、[この PC を参照] の順にクリックし、添付するファイルを選びます。

  2. 電子メール メッセージで、添付ファイルの下矢印を選びます。

  3. [OneDrive にアップロード] を選び、ファイルを保存する場所を選びます。

    [OneDrive にアップロード] オプションには、OneDrive とグループのドキュメント ライブラリが含まれる

    注: 職場のアカウントの OneDrive の場所、個人用アカウントの OneDrive の場所、所属するさまざまなグループのドキュメント ライブラリなどの選択肢が表示される場合があります。

  4. 電子メール メッセージで、添付ファイルの下矢印をもう一度選びます。

  5. [アクセス許可の変更] を選び、次のいずれかを選びます。

    • [組織は編集可]: 組織のすべてのユーザーがファイルを変更できるようにする場合。

    • [組織は表示可]: 組織のすべてのユーザーがファイルを読み取れるようにする場合 (ただし、ファイルの変更はできない)。

    • [受信者が編集可能]: メールの受信者だけがファイルを変更できるようにする場合。

    • [受信者が表示可能]: メールの受信者のみがファイルを読み取れるようにする場合 (ただし、ファイルの変更はできない)。

    [権限の変更] オプションには、[受信者が編集可能] と [受信者が表示可能] がある

画像を送信する際に、メール メッセージに画像を添付することも、メッセージ本文に画像を挿入することもできます。メール メッセージの本文に表示する画像を挿入するには、次の手順に従います。

  1. メッセージで画像を表示する場所にカーソルを置きます。

  2. [挿入]、[画像] の順に選択します。

  3. コンピューターまたはオンライン ファイルの場所で挿入する画像を参照します。画像を選択してから [挿入] を選択します。

  4. 画像のサイズを変更するには、四隅のいずれかのハンドルを画像の中心に向けてドラッグするか、中心から外側に向けてドラッグします。

    注: Outlook での画像のサイズ変更の詳細については、「Outlook メール メッセージの画像および添付ファイルのサイズを小さくする」を参照してください。

  1. 新しいメッセージで、[アイテムの​​添付] を選択します。

  2. 次のいずれかのオプションを選びます。

    • 名刺
      連絡先リストから電子名刺を選びます。

    • 予定表
      必要に応じて、[期間]、[詳細情報]、およびその他のオプションを選びます。

    • Outlook アイテム
      いずれかのメール フォルダーから 1 つ以上のメール メッセージを選びます。

  3. 添付するアイテムを選択してから、[挿入] を選択します。

実行する操作を指定してください。

Outlook では、ファイルの種類によっては送受信がブロックされます。詳細な一覧については、「Outlook でブロックされる添付ファイル」を参照してください。

  1. 新しいメッセージで、リボンから [ファイルの添付] を選びます。

  2. 添付するファイルを選択してから、[挿入] を選択します。

画像を送信する際に、メール メッセージに画像を添付することも、メッセージ本文に画像を挿入することもできます。メール メッセージの本文に表示する画像を挿入するには、次の手順に従います。

  1. メッセージで画像を表示する場所にカーソルを置きます。

  2. [挿入]、[画像] の順に選択します。

  3. コンピューターまたはオンライン ファイルの場所で挿入する画像を参照します。画像を選択してから [挿入] を選択します。

  4. 画像のサイズを変更するには、四隅のいずれかのハンドルを画像の中心に向けてドラッグするか、中心から外側に向けてドラッグします。

    注: Outlook での画像のサイズ変更の詳細については、「Outlook メール メッセージの画像および添付ファイルのサイズを小さくする」を参照してください。

  1. 新しいメッセージで、[アイテムの​​添付] を選択します。

  2. 次のいずれかのオプションを選びます。

    • 名刺
      連絡先リストから電子名刺を選びます。

    • 予定表
      必要に応じて、[期間]、[詳細情報]、およびその他のオプションを選びます。

    • Outlook アイテム
      いずれかのメール フォルダーから 1 つ以上のメール メッセージを選びます。

  3. 添付するアイテムを選択してから、[挿入] を選択します。

実行する操作を指定してください。

  1. 作成したメッセージまたは既存のメッセージで、[返信]、[全員に返信]、または [転送] をクリックします。

  2. メッセージ ウィンドウの [メッセージ] タブにある [挿入] で、[ファイルの添付] をクリックします。

    リボンの [ファイルの添付] コマンド

  3. 添付するファイルを探してクリックし、[挿入] をクリックします。

注: メッセージの作成時には、[包含] の [挿入] タブのコマンドを使用してファイルを添付することも、コンピューターのフォルダーでファイルをドラッグしてメッセージ ウィンドウにドロップすることもできます。

画像を送信する際に、メール メッセージに画像を添付することも、メッセージ本文に画像を挿入することもできます。メール メッセージの本文に表示する画像を挿入するには、次の手順に従います。

  1. メッセージで画像を表示する場所にカーソルを置きます。

  2. [挿入]、[画像] の順に選択します。

  3. コンピューターまたはオンライン ファイルの場所で挿入する画像を参照します。画像を選択してから [挿入] を選択します。

  4. 画像のサイズを変更するには、四隅のいずれかのハンドルを画像の中心に向けてドラッグするか、中心から外側に向けてドラッグします。

    注: Outlook での画像のサイズ変更の詳細については、「Outlook メール メッセージの画像および添付ファイルのサイズを小さくする」を参照してください。

他のメール メッセージ、タスク、連絡先、予定表などの Outlook アイテムをメッセージに添付することができます。これは、複数のアイテムまたはメッセージを転送するのに最も簡単な方法です。

  1. 作成したメッセージまたは既存のメッセージで、[返信]、[全員に返信]、または [転送] をクリックします。

  2. メッセージ ウィンドウの [メッセージ] タブにある [挿入] グループで、[アイテムの添付] をクリックします。

    リボンの [アイテムの添付] コマンド

  3. 次のいずれかの操作を行います。

    • [名刺] をポイントし、[その他の​​名刺] をクリックします。連絡先をクリックし、[OK] をクリックします。複数の連絡先を選択するには、Ctrl キーを押しながら各連絡先をクリックします。

    • [予定表] をクリックします。含める予定表、期間、および詳細を選びます。[詳細] オプションの [表示] をクリックします。[OK] をクリックして、メッセージに予定表を追加します。

    • [Outlook アイテム] をクリックします。フォルダー一覧を参照して、添付するアイテムが含まれているフォルダーを探します。[アイテム] でアイテムをクリックし、[OK] をクリックします。

      リボンの [Outlook アイテムの添付] コマンド

注: メッセージの作成時には、[挿入] タブの [挿入] グループにあるコマンドを使ってファイルを添付することもできます。または、ドラッグ アンド ドロップ操作を使って、コンピューターのフォルダーからファイルをメッセージ ウィンドウに移動します。

実行する操作を指定してください。

  1. [ファイル] メニューの [新規]、[メール メッセージ] の順にクリックします。

  2. [メッセージ] タブの [挿入] グループで [ファイルの添付] をクリックします。

    ファイルの添付

  3. [ファイルの挿入] ダイアログ ボックスで、添付するファイルを探して選び、[挿入] をクリックします。

    危険な添付ファイルの警告

詳細情報

  • 該当のフォルダーに必要なファイルが見つからない場合、[ファイルの種類] ボックスで [すべてのファイル (*. *)] が選択されており、Windows エクスプローラーがファイル名の拡張子を表示するよう構成されていることを確認します。

  • 新しいメッセージの [挿入] タブでファイルを添付することもできます。

  • 既定では、Outlook は、ウイルスが含まれている可能性がある、安全ではない添付ファイル (.bat、.exe、.vbs、.js ファイルなど) をブロックします。そのようなファイルを電子メール メッセージに添付すると、安全でない可能性のある添付ファイルを送信するかどうかを確認するメッセージが表示されます。[はい] と答えると、Outlook は添付ファイルを送信します。[いいえ] と答えると、安全でない可能性のある添付ファイルを削除できます。

  • コンピューター上のフォルダーから複数のファイルを選び、Outlook で開いているメッセージにドラッグすると、同時に複数のファイルを添付できます。

画像を送信する際に、メール メッセージに画像を添付することも、メッセージ本文に画像を挿入することもできます。メール メッセージの本文に表示する画像を挿入するには、次の手順に従います。

  1. メッセージで画像を表示する場所にカーソルを置きます。

  2. [挿入]、[画像] の順に選択します。

  3. コンピューターまたはオンライン ファイルの場所で挿入する画像を参照します。画像を選択してから [挿入] を選択します。

  4. 画像のサイズを変更するには、四隅のいずれかのハンドルを画像の中心に向けてドラッグするか、中心から外側に向けてドラッグします。

    注: Outlook での画像のサイズ変更の詳細については、「Outlook メール メッセージの画像および添付ファイルのサイズを小さくする」を参照してください。

  1. [ファイル] メニューの [新規]、[メール メッセージ] の順にクリックします。

  2. [メッセージ] タブの [挿入] グループで [アイテムの添付] をクリックします。

    画像

  3. [検索対象] リストで、添付するアイテムが含まれているフォルダーをクリックします。

  4. 目的のアイテムをクリックし、[OK] をクリックします。

注: 新しいメッセージの [挿入] タブでアイテムを添付することもできます。

メッセージの添付ファイルの表示位置は、メッセージを作成した形式によって異なります。

  • メッセージ形式が HTML またはテキスト形式の場合、添付ファイルは [件名] 行の下の添付ファイル ボックスに表示されます。

    添付ファイル行

  • メッセージ形式がリッチ テキスト形式 (RTF) の場合、添付ファイルはメッセージの本文に表示されます。ファイルはメッセージに組み込まれているように見えますが、実際は引き続き別個の添付ファイルです。

    メッセージ本文内の添付ファイル

メッセージの作成形式は、メッセージ上部のタイトル バーに示されます。

メッセージ​​

Outlook では、添付ファイルのサイズに制限はありません。ただし、ほとんどの電子メール サーバー管理者とインターネット サービス プロバイダー (ISP) は全体のメッセージ サイズに制限を設定しています。このサイズは、すべての添付ファイルとメッセージ自体のコンテンツのサイズを合計したものです。通常、プレミアム レベルのサービスではより多くの電子メール ファイル記憶域が提供され、標準レベルのサービスより大きいサイズのメッセージが許可されます。メッセージの最大許容サイズの詳細については、ISP または組織内の電子メール サーバー管理者にお問い合わせください。

とても大きなファイルを添付する場合は、まず、zip プログラムを使ってファイルを圧縮する必要があります。ファイル拡張子が .docx、.dotx、.xlsx、.xltx、.pptx、.potx、.ppsx の既定の Open XML Formats で保存されている Outlook ファイルは自動的に zip 圧縮されます。

添付ファイルが予期せず zip 圧縮された場合は、COM アドインとして Outlook に .zip ユーティリティがインストールされているかどうかをご確認ください。この種のアドインは次のようにして無効にすることができます。

  1. [ツール] メニューで、[セキュリティ センター]、[アドイン] の順にクリックします。

  2. [管理] ボックスの一覧の [COM アドイン] をクリックし、[設定] をクリックします。

  3. [COM アドイン] ダイアログ ボックスで、アドイン名の横のチェック ボックスをオフにして [OK] をクリックします。

答えを探すか、Microsoft Office コミュニティで質問します。

  1. ファイルを添付できないのはなぜですか。Outlook でファイルが安全ではないことが示されます。Outlook では、コンピューター ウイルスを拡散させる可能性のあるさまざまな種類のファイルをブロックします。Outlook で安全ではないと識別されたファイルを送信するには、まず、ファイルを圧縮し、zip ファイルを添付します。ファイルを圧縮するには、コンピューター上、またはファイルを含むクラウド内のフォルダーに移動し、ファイルを右クリックして、[送る]、[圧縮フォルダー (zip 形式)] の順に選択します。これで zip ファイルを送信できます。詳細については、「Outlook でブロックされる添付ファイル」を参照してください。

  2. 件名行の下ではなく、メッセージ本文に添付ファイルが表示されるのはなぜですか。Outlook では、3 つの形式 (HTML、テキスト形式、およびリッチ テキスト) でメール メッセージを送信することができます。リッチ テキスト形式 (RTF) を使用する場合、添付するすべてのファイルがメッセージ本文に表示されます。メッセージの形式を HTML またはテキスト形式に切り替える方法の手順については、「メッセージ形式を HTML、リッチ テキスト形式、またはテキストに変更する」を参照してください。メッセージの形式は、メッセージのタイトル バーで確認できます。

    リッチ テキスト形式でメッセージを送信することができます
  3. [挿入]、[画像] オプションが灰色表示されます。リボンの [挿入] タブから画像を選択できない場合、メッセージはテキスト形式である可能性があります。画像を挿入するには、メッセージ形式を HTML またはリッチ テキストに変更します。メッセージの形式は、メッセージのタイトル バーで確認できます。

    テキスト形式でメッセージを送信することができます

関連トピック

Outlook on the web でメールおよび予定表のイベントにファイルを添付する

注: 機械翻訳についての免責事項: この記事の翻訳はコンピューター システムによって行われており、人間の手は加えられていません。マイクロソフトでは、英語を話さないユーザーがマイクロソフトの製品、サービス、テクノロジに関するコンテンツを理解するのに役立てるため、こうした機械翻訳を提供しています。記事は機械翻訳されているため、用語、構文、文法などに誤りがある場合があります。

スキルを磨く
トレーニングの探索
新機能を最初に入手
Office Insider に参加する

この情報は役に立ちましたか?

ご意見をいただきありがとうございます。

フィードバックをお寄せいただき、ありがとうございます。Office サポートの担当者におつなぎいたします。

×