Outlook メールの移動をスクリーン リーダーを使用します。

Outlook メールの移動をスクリーン リーダーを使用します。

注: 最新のヘルプ コンテンツをできるだけ早く、お客様がお使いの言語で提供したいと考えております。 このページは、自動翻訳によって翻訳されているため、文章校正のエラーや不正確な情報が含まれている可能性があります。 私たちの目的は、このコンテンツがお客様の役に立つようにすることです。 お客様にとって役立つ情報であったかどうかを、このページの下部でお知らせください。 簡単に参照できるように、こちらに英語の記事があります。

[スクリーン リーダー コンテンツ] というラベルが表示された、読み上げの記号。 このトピックでは、Office でスクリーン リーダーを使用する方法について説明します。

この記事は、Office アクセシビリティ コンテンツ セットの一部であり、Office 製品でスクリーン リーダー プログラムを使用する、視覚に障碍のある方を対象としています。 一般的なヘルプについては、Office サポート ホームをご覧ください。

Outlookで、[キーボードとスクリーン リーダーを使って、それぞれのビューに移動. 間を移動します。 ナレーターと JAWS、テストされていますが、一般的なアクセシビリティ標準や手法をフォローする限り、その他のスクリーン リーダーと連動可能性があります。

注: 

  • 新しい Office 365 の機能は Office 365 サブスクリプションをご利用の方に段階的にリリースされるため、ご使用のアプリではこれらの機能をまだ使用できない可能性があります。 より早く新機能を入手するための方法については、Office Insider プログラムにご参加ください

  • スクリーン リーダーの詳細については、「Microsoft Office でのスクリーン リーダーの機能」を参照してください。

  • 最適なユーザー エクスペリエンスの閲覧ウィンドウをオフにすると、メッセージとスレッドではなく、メールの表示とお勧めします。

この記事の内容

メインのビュー内を移動します。

メインのビュー内の要素を切り替える

F6 キーを押します (転送または shift キーを押しながら f6 キーを押します (下位) 次の順序で要素を順番に表示します。

  • リボン

  • フォルダー ウィンドウ

  • メッセージ一覧

  • ステータス バー

リボンのタブに移動します。

リボンのタブには、送信、メールを受信、メッセージ、タグ付け、メール フォルダーを管理するためのメインOutlookツールが含まれています。

  • リボンのタブを移動するには、alt キーを押します。 「リボン タブ、」後で、現在選択されているタブが聞こえます。

  • リボンのタブ間を移動するには、左または右方向キーを押し、enter キーを押してタブを選択します。

フォルダー ウィンドウを移動します。

フォルダー ウィンドウには、使用可能なメール フォルダーが含まれています。 最もよく使うフォルダーは、 [お気に入り]フォルダーに格納されます。 各電子メール アカウントには、独自のサブフォルダーもあります。 このウィンドウにフォーカスが変更されたら、ナレーターは、現在作業中のフォルダーの名前を入力します。

  • フォルダー ウィンドウを移動するには、[方向キーを押してまたは下向き矢印キーします。 ナレーターが強調表示された、フォルダー名を表示します。

  • "お気に入り"およびアカウントのフォルダーにもナレーターは、フォルダーを折りたたむか展開するかどうか。 フォルダーを折りたたむには、左方向キーを押します。 フォルダーを展開するには、右矢印キーを押します。

  • 強調表示されているフォルダーを開くには、Enter キーを押します。 フォルダーの内容は、メッセージの一覧に表示されます。

  • メッセージ一覧に移動するには、タブの [キーを押します。

メッセージの一覧を移動します。

メッセージ一覧には、現在作業中のフォルダーの内容が含まれています。 メッセージは、日付をグループ化されます。 メッセージの一覧にフォーカスが変更されたら、ナレーターは、送信者、件名、日付、および現在選択されているメッセージの内容の簡単なプレビューします。

  • メッセージの一覧を移動するには、[方向キーを押してまたは下向き矢印キーします。 ナレーターは、送信者、件名、日付、現在選択されているメッセージの内容の簡単なプレビューします。

  • 選んだメッセージを開くには、Enter キーを押します。

メッセージ ウィンドウを移動します。

メッセージ ウィンドウには、完全なテキストと、電子メール メッセージの他の情報が含まれています。 メッセージ ウィンドウが独自のリボン タブでは、ウィンドウには、その下にあるには、メッセージのヘッダー、すべての添付ファイル、およびメッセージの本文が含まれています。 メッセージ ウィンドウにフォーカスが変更されたら、ナレーターは、メッセージの件名と書式設定を発表します。 メッセージの本文の先頭には、フォーカスが配置されます。

  • リボンのタブを移動するには、alt キーを押します。 「リボン タブ、」後で、現在選択されているタブが聞こえます。

  • リボンのタブ間を移動するには、左または右矢印キーを押して、enter キーを押してタブを選択します。

  • 必要なヘッダー フィールドが聞こえるまでは、メッセージのヘッダー情報を閲覧するには、ctrl キーを押しながら Tab キーを押します。

  • メッセージに添付ファイルにアクセスするにし、添付ファイルのコンテキスト メニューを開く alt キーを押しながら下方向キーを押して、目的の添付ファイルの名前が聞こえるまで ctrl キーを押しながら Tab キーを押します。 上矢印または ↓ キー、コンテキスト メニューを参照し、enter キーを押してオプションを選択します。

  • メッセージ ウィンドウを閉じるし、メッセージの一覧に戻る、alt キーを押しながら F4 キーを押します。

ステータス バーに移動する

ステータス バーには、現在のOutlook状態で視覚的な情報が含まれています。 ステータス バーにフォーカスが変更されたら、ナレーターは、「ステータス バーで、」後で、現在作業中のOutlookビューを発表します。

  • 表示オプションを切り替えるには、上向きを押すか、↓ キーします。 ナレーターは、現在選択されているオプション。 Enter キーを押して、[表示] オプションを選択します。

詳細受信トレイを使う

  1. メッセージ一覧で、受信トレイを表示したときより詳細受信トレイは既定で開きます。

  2. "をその他のボタン"聞くし、Enter キーを押してするまでに他の受信トレイを開くには、ctrl キーを押しながら Tab キーを押します。

  3. 詳細受信トレイへ移動] より詳細] ボタン、"無効"聞くし、Enter キーを押してになるまで ctrl キーを押しながら Tab キーを押します。

ビューを切り替える

[ファイル] メニューを移動します。

[ファイル] メニューで新しいメール アカウントを設定する、自動応答を設定する、メッセージを印刷したりOfficeアカウント情報にアクセスできます。

  1. Alt + F キーを押して [ファイル] メニューを開きます。

  2. メニューの [タブ間を移動するには、上向きを押すか、し、タブ内のアイテムを順番に表示] タブの [キーを押し、1 つが聞こえるまで、下向き矢印キーします。

  3. [ファイル] メニューを閉じて、メインのビューに戻り、Esc キーを押します。

Outlook のオプションを移動します。

Outlookオプション ウィンドウで、メッセージの書式設定、メッセージの受信通知、自動保存のメッセージ、メッセージ追跡オプションなどのメール設定を変更できます。

  1. Alt キーを押しながら F、Tオプション] ウィンドウを開くキーを押します。

  2. 項目のオプション間を移動するには、上向きを押すか、下向き方向キーのいずれかを選択] タブの [キーを押しますが聞こえるまでします。 Tab キーをカテゴリ別のオプション間を移動して、現在選択されているオプションを切り替えるには、Space キーを押してキーを押します。

  3. オプションウィンドウを閉じ、メインのビューに戻り、Enter キーを押します。

Outlook メールと予定表間を移動します。

  • Outlook メールに移動するには、ctrl キーを押しながら 1 を押します。

  • Outlook の予定表に移動するには、ctrl キーを押しながら 2 を押します。

関連項目

Outlook でスクリーン リーダーを使用してメールのテキストの書式設定を行う

Outlook のキーボード ショートカット

Outlook のメールでスクリーン リーダーを利用する基本的な作業

Outlook の予定表でスクリーン リーダーを利用する基本的な作業

Office 365 のアクセシビリティ機能を使用するためのデバイスのセットアップ

アクセシビリティの高い Outlook メールを作成する

キーボードと VoiceOver、組み込みの Mac OS のスクリーン リーダーを使ってOutlook for Macを使用して、調査、それぞれのビューに移動し間を移動します。

注: 

  • メール関連の手順は、[閲覧ウィンドウ] をオフにして記載されています。

  • 新しい Office 365 の機能は Office 365 サブスクリプションをご利用の方に段階的にリリースされるため、ご使用のアプリではこれらの機能をまだ使用できない可能性があります。 より早く新機能を入手するための方法については、Office Insider プログラムにご参加ください

  • キーボード ショートカットについては、「Outlook 2016 for Mac のキーボード ショートカット」をご覧ください。

  • このトピックでは、組み込みの macOS スクリーン リーダーである VoiceOver を使っていることを前提としています。 VoiceOver の使用の詳細については、「VoiceOver スタートアップガイド」をご覧ください。

この記事の内容

メインの表示と画面の要素を移動します。

Outlook for Macを開いたときに、受信トレイフォルダーの最新のメールでメッセージの一覧が表示されているメールのメイン ビューが表示されます。

メイン ビュー内を移動し、画面の構成要素。

  • 画面の要素間でフォーカスを移動する] タブの [キーを押します。

  • メインの画面の領域のみ (メニュー リボン、ナビゲーション ウィンドウ、メッセージ一覧の表示、およびクイック アクセス バー) を切り替えるには、f6 キーを押します。

  • ボタンの選択可能な要素にフォーカスがあるときにコントロール + オプション + space キーを押して操作を実行するか、要素を選択します。

メインのビューには、次の地域が含まれています: 上、右下にあるメニューのリボン、フォルダー ウィンドウ、中央の画面のほとんどは、左側のメッセージ一覧ビューでクイック アクセス バーと、一番下にあるステータス バー。

クイック アクセス バー

クイック アクセス バーでは、画面の上部にあります。 検索フィールドが含まれているし、コマンドが簡単にアクセスできる、印刷などがあります固定します。 リボンにフォーカスを移動するには既定では、「印刷」最初の固定されたコマンドの名前が聞こえるまで F6 キーを押します。 クイック アクセス バー内を移動するには、コマンド + オプション + 右または左方向キー、キーを押すし、コマンドとオプション + space キーを選択します。

リボンのメニュー

メニューのリボンには、 Outlook for Macでほとんどのコマンドが含まれています。 Home整理、およびツールなど、いくつかのタブに分かれています。 リボンにフォーカスを移動、現在のタブのなど「ホーム] タブ」の名前が聞こえるまでに f6 キーを押す リボン タブ間を移動する] をコマンド + オプション + 右または左方向キー、キーを押すし、契約している現在のタブを開く] コマンド + オプション + Space キーを押してください。 リボンのタブを開くには、Tab キーまたは Shift + tab キーを使用して、そのコマンドとオプション] とコマンドとオプション + space キーを選びます。

フォルダー ウィンドウ

フォルダー ウィンドウでは、自分のメール フォルダーの一覧が表示されます。 ウィンドウの下部にある、メール予定表連絡先タスク、およびノートのクイック アクセス ボタンが表示されます。

フォルダー ウィンドウが開いていることを確認、キーを押しますコントロール + オプション + M 任意の場所の Mac OS のメニュー バーにフォーカスを移動するOutlook for Macでが聞こえるまでコントロール + オプション + 右方向キーを押して:「表示」にします。 コントロール + オプション + Space キーを押して [表示] メニューを開くしが聞こえるまで下方向矢印キーを押します"チェック マーク、サイドバー。"。 「サイドバー」サウンドのみが場合は、[フォルダー] ウィンドウを開くには、コントロール + オプション + Space キーを押します。 「サイドバー] オンにして、」を聞くし、 Outlook for Macにフォーカスを返します。

フォルダー ウィンドウにフォーカスを移動する、すべての未読メ ッ セージのメッセージの数が続くし、コントロール + オプション + shift キーを押しながら下方向キーを押します「テーブル、受信トレイでは、」が聞こえるまで f6 キーを押します。 フォルダーの一覧を移動するには、下向き矢印を押すか、[方向キーをセットアップします。 VoiceOver は、各フォルダーと、受信トレイ、未読メ ッ セージの数の場合は、名前を読み込みます。 フォルダー間で移動すると、選択したフォルダーにメッセージを表示するメッセージの一覧の表示の内容を変更します。 フォルダー ウィンドウを終了するには、コントロール + オプション + shift キーを押しながら上方向キーを押します。

メッセージ一覧の表示

メッセージ一覧の表示には、リスト上部にある最新の 1 つで、現在選択されているフォルダーにメールにはが含まれています。 閲覧およびメッセージのリスト ビューでメッセージを作成することができます。

  • メッセージの一覧を参照するには、f6 キーを押しますが聞こえるまで「メッセージ リストのアウトライン表示、テーブル、」の下方向キーを押してまたはテストをメールを見つけるには、↑ キーです。 VoiceOver は、各電子メールの詳細を読み込みます。 現在選択されているメールを開いてに戻るキーを押します。 メールの画面で、メッセージの一覧と VoiceOver は、メールのタイトルを読み取る。

  • 開いているメールの内容を読み、コントロール + オプション + shift キーを押しながら下方向キーを押します。 メッセージの次の行を聞くに下方向キーを押します。 メール ウィンドウを閉じるには、コマンド キーを押しながら W キーを押します。

  • 新しいメールを作成するときに起動するには、[コマンド + N キーを押します。 メール作成ツールには、画面にメッセージの一覧が置き換えられます。 メッセージ フィールド間を移動するには、Shift + Tab または Tab キーを押します。 完了したら、メールを送信するには、コマンド Return キーを押します。

  • メッセージを送信せずに、メールの作成ツールを閉じると、コマンド キーを押しながら W キーを押します。 メッセージの作成を開始した場合、破棄する場合、書き込みを続行またはメッセージを下書きとして保存するOutlook for Macが求められます。 Tab キーまたはのオプション間を移動するには、Shift + Tab キーを押すし、して、Return キーを押します。

    ヒント: 下書きとして保存したメッセージの作成を続行するには、フォルダー ウィンドウを使用して、[フォルダー ウィンドウで、指示に従って、 [下書き]フォルダーに移動し、メッセージ一覧ビューの下書きを開きます。

ステータス バー

ステータス バーに通知するかどうかは、メール フォルダー最新の状態、たとえば状態のメッセージが含まれています。

ビューを切り替える

メールから予定表連絡先タスク、またはノートに移動し、[メール] に戻るには、次のショートカット キーを使用します。

  • メールビューに移動するコマンド + 1 キーを押します。

  • 予定表ビューに移動するコマンド + 2 キーを押します。

  • Peopleビューに移動するコマンド + 3 キーを押します。

  • タスクビューに移動するコマンド + 4 キーを押します。

  • メモビューに移動するコマンド + 1 キーを押します。

Outlook の設定を移動します。

  1. Command + カンマ キー (,) を押します。 [設定] ダイアログを開きます。

  2. ダイアログ ボックスを移動し、[逆方向に移動するには、転送または shift キーを押しながら] タブの [移動] タブの [キーを押してコントロール + オプション + Space キーを押して選択します。

  3. [設定] ダイアログ ボックスを閉じるには、コマンド キーを押しながら W キーを押します。

関連項目

Outlook でスクリーン リーダーを使用してメールのテキストの書式設定を行う

Outlook for Mac のキーボード ショートカット

Outlook のメールでスクリーン リーダーを利用する基本的な作業

Outlook の予定表でスクリーン リーダーを利用する基本的な作業

Office 365 のアクセシビリティ機能を使用するためのデバイスのセットアップ

アクセシビリティの高い Outlook メールを作成する

iOS 版 Outlook voiceover を利用、組み込みの iOS スクリーン リーダーを使って、それぞれのビューに移動. 間を移動します。

注: 

  • 新しい Office 365 の機能は Office 365 サブスクリプションをご利用の方に段階的にリリースされるため、ご使用のアプリではこれらの機能をまだ使用できない可能性があります。 より早く新機能を入手するための方法については、Office Insider プログラムにご参加ください

  • このトピックでは、組み込みの iOS スクリーン リーダーである VoiceOver を使っていることを前提としています。 VoiceOver の使用の詳細については、「Apple accessibility」 (Apple のアクセシビリティ) をご覧ください。

  • このトピックでは、iPhone を使っていることを前提としています。 一部のナビゲーションとジェスチャは、iPad では異なる場合があります。

この記事の内容

メインのビュー内を移動します。

Outlookを開くと、メインのビューには、受信トレイが表示されます。 メインのビューの上端からは、ナビゲーション ウィンドウの表示] ボタン、メールボックスの名前と新しいメッセージを作成するためには、[作成] をクリックします。 詳細その他のボタンはのすぐ下、受信トレイの内容をフィルター処理するための [フィルター ] ボタンを続けます。

ボタンの下には、最新のメッセージを最初に表示、メッセージの一覧です。 画面の下部には、メール検索および予定表のタブ、メインOutlookビュー間を移動します。

メインのビューを操作するには、画面上で 1 本の指をスライドします。 移動すると、VoiceOver でアイテムが読み上げられます。

ヒント: VoiceOver ローターを使用して、メインのビューに移動することもできます。 たとえば、見出しの間を移動するに有効にする、ローター「見出し」を聞くまで上または見出し間を移動するまで下にスワイプします。

メッセージ一覧内を移動します。

  1. メッセージの一覧を参照するには、右にスワイプします。 VoiceOver は、メッセージの送信者、件名、日付、およびメッセージの内容の簡単なプレビューの名前を読み込みます。

  2. 別のウィンドウで、現在選択されているメッセージを開いて、画面を 2 回タップします。

詳細受信トレイを使う

  1. 受信トレイを表示すると、メインのビューより詳細受信トレイが既定でアクティブにします。 他の受信トレイ、左または「その他] ボタン、」を聞くと、画面を 2 回タップしになるまで右へスワイプに切り替えます。

  2. 詳細受信トレイに戻って、スワイプして左またはが聞こえるまで右「重点を置いた] ボタン、」し、画面を 2 回タップします。

ビューを切り替える

メール フォルダーに移動します。

ナビゲーション ウィンドウでは、 Outlookに追加されたすべてのメール アカウントの一覧が表示されます。 ナビゲーション ウィンドウでも、新しいメール アカウントを追加し、設定にアクセスできます。 さらに、リストの上部に表示される [お気に入りのメール フォルダーの一覧を編集することができます。

  1. 左または右の「ナビゲーション ウィンドウのボタンを表示」と画面を 2 回タップが聞こえるまでにスワイプして、ナビゲーション ウィンドウを開きます。

  2. 複数のアカウントを追加した場合まで右へスワイプ正しいを聞くとして選び、画面を 2 回タップします。

  3. ナビゲーション ウィンドウを閉じて、メインのビューで選択したを開き、画面を 2 回タップし、フォルダーが聞こえるまで右へスワイプします。

Outlook 設定内を移動します。

  1. 左または右の「ナビゲーション ウィンドウのボタンを表示」と画面を 2 回タップが聞こえるまでにスワイプして、ナビゲーション ウィンドウを開きます。

  2. 「[設定] ボタン、」と、2 回タップが聞こえるまで右にスワイプして、画面の設定] ウィンドウを開きます。

  3. 1 つが聞こえるまで、さまざまな設定、左右にスワイプして間を移動するには、して選択して画面を 2 回タップします。 一部の設定は、別のウィンドウで開きます。 必要な場合は、「[戻る] ボタン、」と画面をダブルタップが聞こえるまで左にスワイプする [設定] ウィンドウに戻ることができます。

  4. [設定] ウィンドウを閉じて、メインのビューに戻る、「を閉じる] を」と画面を 2 回タップが聞こえるまでのままにスワイプします。

Outlook メールと予定表間を移動します。

  • 予定表にアクセスするには、「] タブの [予定表の」と画面を 2 回タップが聞こえるまでメイン ビューに直接をスワイプします。

  • メールにアクセスするには、「メールで送信] タブの [」と画面を 2 回タップが聞こえるまでメイン ビューに直接をスワイプします。

関連項目

Outlook でスクリーン リーダーを使用してメールのテキストの書式設定を行う

Outlook のメールでスクリーン リーダーを利用する基本的な作業

Outlook の予定表でスクリーン リーダーを利用する基本的な作業

Office 365 のアクセシビリティ機能を使用するためのデバイスのセットアップ

アクセシビリティの高い Outlook メールを作成する

使ってAndroid 版 Outlook TalkBack、組み込みの Android スクリーン リーダーを調査し、それぞれのビューを移動し、間を移動します。

注: 

  • 新しい Office 365 の機能は Office 365 サブスクリプションをご利用の方に段階的にリリースされるため、ご使用のアプリではこれらの機能をまだ使用できない可能性があります。 より早く新機能を入手するための方法については、Office Insider プログラムにご参加ください

  • このトピックでは、Android の組み込みのスクリーン リーダーである、TalkBack を使用していることを前提としています。 TalkBack の使用の詳細については、「Android accessibility」 (Android のアクセシビリティ) をご覧ください。

  • このトピックでは、Android スマートフォンでこのアプリを使っていることを前提としています。 一部のナビゲーションとジェスチャは、Android タブレットでは異なる場合があります。

この記事の内容

メインの表示と画面の要素を移動します。

Android 版 Outlookを開いたときに、最新の電子メールが表示されている受信トレイビューが表示されます。 メインの表示と画面要素内を移動するには。

  • 右または左にスワイプ画面要素間でフォーカスを移動します。

  • メイン画面の領域のみ (ナビゲーション引き出し] ボタン、フィルター ] ボタン、 [新規作成] ボタン、およびなど、アカウントにサインイン] ダイアログ ボックスを開くことのある、ポップアップ ダイアログ) を切り替えるには、上にスワイプして 1 回します。 サウンドが:"を"制御します。 右または左にスワイプ メインの領域を順番に表示します。 ナビゲーションの既定の設定に戻すには、1 回だけ下方向にスワイプします。

    注: TalkBack Android 版 Outlookを開いたときに、アカウントにサインインするように指示する場合は、上記の説明に従ってポップアップ ダイアログ ボックスに移動します。 サウンドが:「ボタンでサインインします」。 画面を 2 回タップし、自分のアカウントへのサインイン画面の指示に従います。

  • ボタンの選択可能な要素にフォーカスがあるときに 2 回タップの操作を実行するし、要素を選択します。

受信トレイには、次の地域が含まれています: 上部、中央、および下部にあるナビゲーション バーでのメッセージ一覧の表示] メニューの [領域です。

メニュー領域

メニュー領域では、画面の上部にあります。 メール アカウント、フォルダー、およびAndroid 版 Outlook設定にジャンプすることができますが、左上の隅の [ナビゲーションの引き出し] ボタンが含まれています。

[メニュー] の領域の下にあるより詳細その他の受信トレイを切り替えることができます。

[より詳細とその他の受信トレイの間を移動します。

  1. 詳細受信トレイから他の受信トレイに切り替えるにスワイプして右または左が聞こえるまで"切り替え、その他のメールに切り替えるには、"と画面を 2 回タップします。 サウンドが:「受信トレイのより詳細は、その他のメールを表示します」。

  2. 詳細受信トレイに戻す場合は、スワイプして右または左が聞こえるまで"トグルより詳細受信トレイ] に切り替えるには、"と画面を 2 回タップします。

メール フォルダーとアカウントに移動します。

  1. ナビゲーションの引き出しを開くには、スワイプして右または左が聞こえるまで「開くナビゲーション引き出し、ボタン、」と画面を 2 回タップします。 「] メニューの [」後で表示するアイテムの数が聞こえます。

  2. ナビゲーションの引き出しは、メール アカウントと各アカウントでのフォルダー間を移動するには、開く、スワイプして右または左がします。

  3. ナビゲーションの引き出しを終了し、 [受信トレイ]に戻り、下、左にスワイプします。

設定に移動します。

  1. [設定] メニューを開くにスワイプして右または左が聞こえるまで「開くナビゲーション引き出し、ボタン、」と画面を 2 回タップします。

  2. 「の設定、」を聞くと、画面を 2 回タップになるまで右へスワイプします。

  3. [設定] メニューを閉じて、受信トレイに戻る、下、左にスワイプします。

メッセージ一覧の表示

メッセージ一覧の表示は、電子メールを一覧表示します。 リスト内の現在表示されているメッセージを参照するには、右または左にスワイプします。 多くのメッセージを表示するメッセージの一覧をスクロールするには、2 本の指で上または下にスワイプします。 メッセージ一覧の表示には、リスト内の現在表示されているメッセージの後にある [作成] ボタンも含まれます。

確認して、メッセージのリスト ビューでメッセージを作成することができます。

  • 現在選択されているメールを開くには、2 回タップ画面。 メッセージ一覧の代わりにメールが表示されます。 一度に電子メール、1 つの見出しまたは段落の内容を聞くに右へスワイプします。 受信トレイに戻って、下、左にスワイプします。

  • 新しいメールを作成するには、スワイプして右または左まで「] ボタンを作成する」し、画面を 2 回タップしを鳴らします。 メール作成ツールには、画面にメッセージの一覧が置き換えられます。 受信トレイに戻って、下、左にスワイプします。

ナビゲーション バー

ナビゲーション バーでは、画面の下部にあります。 メール検索、および予定表のクイック アクセス ボタンが含まれています。

ビューを切り替える

メール検索または予定表の移動のメール右へスワイプまたは「メール、」「検索」が聞こえるまで左または「予定表」戻ると、画面を 2 回タップします。 応答には、現在のビューが発表します。 サウンドが:「選択している、」ビューの名前を続けます。

関連項目

Outlook でスクリーン リーダーを使用してメールのテキストの書式設定を行う

Outlook のメールでスクリーン リーダーを利用する基本的な作業

Outlook の予定表でスクリーン リーダーを利用する基本的な作業

Office 365 のアクセシビリティ機能を使用するためのデバイスのセットアップ

アクセシビリティの高い Outlook メールを作成する

ナレーターは、組み込みの Windows スクリーン リーダーの調査とそれぞれのビューを移動し、それらの間を移動するOutlook メールを使用します。

注: 

この記事の内容

メインの表示と画面の要素を移動します。

Outlook メールを開くと、受信トレイのビューは、最新の電子メールが表示されている、または会議出席依頼に表示されます。 メインの表示と画面要素内を移動するには。

  • 「項目」を聞くし、し、画面の要素間でフォーカスを移動する右または左にスワイプするまでにスワイプします。

  • ボタンの選択可能な要素にフォーカスがあるときに 2 回タップの操作を実行するし、要素を選択します。

受信トレイには、次の地域が含まれています: 上部、中央、および下部にあるナビゲーション バーでのメッセージ一覧の表示] メニューの [領域です。

メニュー領域

メニュー領域では、画面の上部にあります。 メール アカウント、およびフォルダーに移動することができますが、左上の隅の [ナビゲーション] ボタンが含まれています。

メール フォルダーとアカウントに移動します。

  1. ナビゲーション ウィンドウを開くには、スワイプ左が聞こえるまで"ナビゲーション] ボタンが折りたたまれている"と画面を 2 回タップします。 サウンドが:"ナビゲーション] ボタンを展開します"。

  2. ナビゲーション ウィンドウは、メール アカウントと各アカウントでのフォルダー間を移動するには、開く、スワイプして右または左がします。 選択したアカウントとして発表:「選択している、」後に、メール アカウント名と未読メ ッ セージの数。 選択したフォルダーは、選択したフォルダーや、未読メ ッ セージの数を発表します。

  3. ナビゲーション ウィンドウを終了し、 [受信トレイ]に戻り、スワイプ左が聞こえるまで"ナビゲーション] ボタンを展開すると、"と画面を 2 回タップします。

メッセージ一覧の表示

メッセージ一覧の表示、電子メールを表示するか、会議出席依頼します。 リスト内の現在表示されている項目を参照するには、右または左にスワイプします。 多くのメッセージを表示するメッセージの一覧をスクロールするには、2 本の指で上または下にスワイプします。

メッセージのリスト ビューでメッセージを閲覧することができます。 現在選択されているメールを開くには、2 回タップ画面。 メッセージ一覧の代わりにメールが表示されます。 一度に電子メール、1 つの見出しまたは段落の内容を聞くに右へスワイプします。 戻って、受信トレイ「元に戻す] ボタンが折りたたまれている」が聞こえるまで右へスワイプし、画面を 2 回タップします。

ナビゲーション バー

ナビゲーション バーでは、画面の下部にあります。 ナビゲーション バーからできる、たとえば、新しいメールを作成、電子メール、またはその他のオプション] メニューのアクセスを検索します。 [その他のオプション] メニューからOutlook メール設定にアクセスできます。

設定に移動します。

  1. [設定] メニューを開くにスワイプして右または左が聞こえるまで"その他のオプション] ボタンが折りたたまれている"と画面を 2 回タップします。 "その他のオプション、メニュー" と読み上げられます。

  2. 聞こえるまで右にスワイプして「設定] ボタン、」と画面を 2 回タップします。

  3. [設定] メニューを閉じると、受信トレイ、「元に戻す] ボタンが折りたたまれている」が聞こえるまで右へスワイプに戻ると、画面を 2 回タップし。

Outlook メールと Outlook 予定表アプリ間を移動します。

  1. Outlook メール、ホーム画面に移動するまで右へスワイプは、「開始] ボタンが折りたたまれている」と画面を 2 回タップしを鳴らします。

  2. 聞こえるまで右にスワイプして「すべてのアプリ、ボタン、」と画面を 2 回タップします。 アプリの一覧を開きます。

  3. "Outlook の予定表] と [を 2 回タップが聞こえるまで右にスワイプする画面です。 Outlook カレンダーを開きます。

  4. 聞こえるまで右へスワイプOutlook メール、 Outlook カレンダー、内に移動する"を起動する] が折りたたまれているボタン] を 2 回タップ] 画面で、右へスワイプ「Outlook メール]」と、2 回タップが聞こえるまで画面。

関連項目

Outlook でスクリーン リーダーを使用してメールのテキストの書式設定を行う

スクリーン リーダーを使用して、Outlook でメールに画像や写真を挿入します。

Outlook のメールでスクリーン リーダーを利用する基本的な作業

Outlook の予定表でスクリーン リーダーを利用する基本的な作業

アクセシビリティの高い Outlook メールを作成する

キーボードとスクリーン リーダーを調査し、それぞれのビューを移動し、間を移動するOutlook Web Appを使用します。 、ナレーターのテストされていますが、一般的なアクセシビリティ標準や手法をフォローする限り、その他のスクリーン リーダーと連動可能性があります。

注: 

  • 新しい Office 365 の機能は Office 365 サブスクリプションをご利用の方に段階的にリリースされるため、ご使用のアプリではこれらの機能をまだ使用できない可能性があります。 より早く新機能を入手するための方法については、Office Insider プログラムにご参加ください

  • スクリーン リーダーの詳細については、「Microsoft Office でのスクリーン リーダーの機能」を参照してください。

  • Outlook Web App を使う場合は、Web ブラウザーとして Microsoft Edge を使うことをお勧めします。 詳細については、「Microsoft Edge のヘルプ」を参照してください。 Outlook Web App は Web ブラウザーで実行されるため、キーボード ショートカットは、デスクトップ プログラムのキーボード ショートカットとは異なります。 たとえば、コマンドの外部から内部へ、および内部から外部へ移動するには、F6 キーではなく Ctrl + F6 を使用します。 また、一般的なショートカット気に F1 (ヘルプ) Outlook Web Appいない - web ブラウザーに CTRL + O (開く) を適用するとします。

  • Outlook Web Appのレイアウトは、アクセシビリティの高いキーボード ナビゲーションに関する最新の国際ガイドラインに準拠します。 スクリーン リーダーに固有の特定のキーボード ショートカットを使用している場合は、ページで ARIA マークアップを利用できます。

  • 操作性を高めるには、[閲覧ウィンドウ] をオフにし、メールを [スレッド] ではなく [メッセージ] として表示することをお勧めします。

  • 現在、Outlook.office.com (Outlook on the Web) を更新中です。 一部のユーザーは既に新しい Outlook を使用していますが、それ以外のユーザーは更新が完了するまで従来のバージョンが既定の操作環境として表示されます。 詳細については、「新しい Outlook on the web に関するサポートを受ける」を参照してください。 このトピックの手順は新しい環境に適用されるため、従来の環境から新しい Outlook に切り替えることをお勧めします。 新しい Outlook に切り替えるには、「コマンド、新しい Outlook を試してみる」と読み上げられるまで Ctrl キーを押しながら F6 キーを押し、続けて Enter キーを押します。 「コマンド、新しい Outlook を試してみる」の代わりに「コマンド ツール バー」と読み上げられる場合は、新しい Outlook を既に使用しています。

この記事の内容

メインの表示と画面の要素を移動します。

Outlook Web Appでメールを開くと、メインのビューが表示されます。 最新のメール メッセージの一覧には、フォーカスがあります。 メインの表示と画面要素内を移動するには。

  • 画面の要素間でフォーカスを移動する] タブの [キーを押します。

  • 画面をのみ ([アプリ起動ツールのツール バー、ナビゲーション ウィンドウ、コマンド ツールバー、およびメッセージの一覧の検索フィールド) のメイン領域に切り替える、ctrl キーを押しながら f6 キーに移動し、shift キーを押しながら Ctrl + F6 後ろに移動するキーを押します。

  • ボタンの選択可能な要素にフォーカスがあるアクションを実行するし、要素を選んで Enter キーを押します。

メインのビューには、次の地域が含まれています: 右側の上部にある横方向のナビゲーション バー、左側、またはメッセージの一覧で、ナビゲーション ウィンドウを表示します。

水平方向のナビゲーション バー

水平ナビゲーション バーは、画面の上部、URL アドレス フィールドの下にあります。 アプリ起動ツールをクリックし、左側、または右側の上で通知の設定] などの一般的な情報へのアクセスに固定されたアプリが含まれています。

通知などの一般的な情報にアクセスする場合は、メッセージのリスト ビューの右側にある別のウィンドウが開きます。

ナビゲーション ウィンドウ

ナビゲーション ウィンドウには、[トップ]、およびメール フォルダーとその下にあるグループの一覧での検索フィールドが含まれています。 ウィンドウの下部にある、メール予定表連絡先、およびタスクのクイック アクセス ボタンが表示されます。

フォルダーとグループ間をジャンプするには、タブの [キーを押します。 フォルダーまたはグループの領域内を移動するには、方向キーを押してまたは下向き矢印キーです。 など、メールの下書きを開くには、キーを押して ctrl キーを押しながら f6 キーまたは shift キーを押しながら ctrl キーを押しながら f6 キーを押して「ナビゲーション ウィンドウで、」が聞こえるまで Tab キーを押し、方向キーを押して、か、「下書き」を聞くし、し、Enter キーを押してになるまで、下向き矢印キーする最初のメール フォルダーの名前が聞こえるまでです。

メッセージ一覧の表示

メッセージ一覧の表示は、電子メールを一覧表示します。 リスト内のメッセージを参照するには、下向き矢印キーを押します。

メッセージ一覧の上より詳細その他のおよびすべてのタブ表示の情報と、次のスケジュール済みイベントと、今後の議題基本的な受信トレイ コンテンツを選択し、一覧に表示されるメッセージをフィルター処理することができます。 受信トレイのコンテンツ] タブの間を移動するには、SR キー + 左または右方向キーを押します。

メッセージ リスト ビューの上部にある、(メッセージ一覧、受信したメール、またはメールの作成ツール) は、現在表示されているコンテンツに関連する最も一般的なタスクを表示] コマンドのツールバーがあります。 キーを押して ctrl キーを押しながら f6 キーまたは shift キーを押しながら ctrl キーを押しながら f6 キーを押してが「コマンド」を聞き、ツールバーの項目間を移動し、アイテムを選択して Enter キーを押して左または右方向キーを押します。

確認して、メッセージのリスト ビューでメッセージを作成することができます。

  • メールを開くには、ctrl キーを押しながら f6 キーを押しますが聞こえるまでし、Enter キーを押して、目的のメールが見つかるまで、下方向キーを押して「メッセージのリストで、」します。 メッセージ一覧の代わりにメールが表示されます。

  • スキャン モードを入力して、開いているメールの移動、SR キー + Space キーを押します。 上矢印または ↓ キーでメールをスクロールします。 スキャン モードを終了するには、もう一度 SR キー + space キーを押します。 メッセージの一覧に戻るには、esc キーを押します。

  • 新しい電子メールの作成を開始するには、ctrl キーを押しながら N キーを押します。 メール作成ツールには、画面にメッセージの一覧が置き換えられます。

ビューを切り替える

メールから予定表連絡先、またはタスクに移動するにキーを押して、ctrl キーを押しながら f6 キーまたは shift キーを押しながら ctrl キーを押しながら f6 キーを押してが「ナビゲーション ウィンドウで、」を聞くビューの名前が聞こえるまで Tab キーを押しします。 Enter キーを押して、目的のビューの名前が聞こえるまで左または右方向キーを押します。

設定] ウィンドウを開くには、キーを押して] タブの [サウンドが「設定] ボタン、」し、Enter キーを押します。 Tab キーを使用して、目的の設定に移動し、Enter キーを押します。

関連項目

Outlook でスクリーン リーダーを使用してメールのテキストの書式設定を行う

スクリーン リーダーを使用して、Outlook でメールに画像や写真を挿入します。

Outlook on the web および Outlook.com のショートカット キー

Outlook のメールでスクリーン リーダーを利用する基本的な作業

Outlook の予定表でスクリーン リーダーを利用する基本的な作業

Outlook メールに障碍のあるユーザーにアクセスできるように

障碍のある方向けのテクニカル サポート

Microsoft は、すべてのお客様に最適な操作性を提供することを目指しています。 障碍のある方、およびアクセシビリティに関してご質問がある方が技術サポートをご希望の場合は、Microsoft Disability Answer Desk までご連絡ください。 Disability Answer Desk サポート チームは、一般的なユーザー補助技術を駆使するトレーニングを受けており、英語、スペイン語、フランス語、および米語の手話でサポートを提供することができます。 お住まいの地域での連絡先の詳細については、Microsoft Disability Answer Desk サイトを参照してください。

政府機関、商用、または法人ユーザーの場合は、法人向け Disability Answer Desk までお問い合わせください。

サポートを受ける
お問い合わせ
Office のスキルを磨く
トレーニングの探索

この情報は役に立ちましたか?

ご意見をいただきありがとうございます。

フィードバックをお寄せいただき、ありがとうございます。Office サポートの担当者におつなぎいたします。

×