Outlook データ ファイル (.pst および .ost) の概要

注: 最新のヘルプ コンテンツをできるだけ早く、お客様がお使いの言語で提供したいと考えております。このページは、自動翻訳によって翻訳されているため、文章校正のエラーや不正確な情報が含まれている可能性があります。私たちの目的は、このコンテンツがお客様の役に立つようにすることです。お客様にとって役立つ情報であったかどうかを、このページの下部でお知らせください。簡単に参照できるように、こちらに英語の記事があります。

Outlook にメールアカウントを追加すると、情報のローカルコピーがコンピューターに保存されます。この機能を使うと、インターネットに接続されていなくても、以前にダウンロードまたは同期したメールメッセージ、予定表情報、連絡先、タスクにアクセスすることができます。

POP アカウントなど、特定の種類のアカウントでは、Outlook データファイル (.pst ファイル) に情報を保存します。outlook 365 アカウント、Exchange アカウント、IMAP アカウント、および Outlook.com アカウントは、その情報をオフラインの outlook データファイル (.ost ファイル) に保存します。

Outlook データ ファイル (.pst)

Outlook データファイル (.pst) には、メッセージやその他のOutlookアイテムが含まれており、コンピューターに保存されています。POP アカウント: Xfinity や at&t や Cox などのインターネットサービスプロバイダー (ISP) から電子メールアカウントを追加するときに作成できる一般的なアカウントです。メールサーバーからすべてのメールメッセージをダウンロードして、コンピューターに保存します。

: outlook 2013 以前のバージョンでは、IMAP アカウントにも outlook データファイル (.pst) が使用されていました。outlook 2016 および outlook for Office 365 では、IMAP アカウントはオフラインの outlook データファイル (.ost) を使用します。

Outlook データファイル (.pst) を使用して、任意の種類のメールアカウントからアイテムをバックアップまたはエクスポートすることもできます。メールメッセージ、予定表、連絡先、タスクのデータをバックアップする方法の詳細については、「メール、連絡先、予定表を Outlook .pst ファイルにエクスポートまたはバックアップする」を参照してください。メールメッセージ、予定表、連絡先、タスクのデータを別の Outlook データファイル (.pst) からインポートすることもできます。アイテムのインポートの詳細については、「 Outlook .pst ファイルからメール、連絡先、予定表をインポートする」を参照してください。

: オフラインの Outlook データファイル (.ost) ファイルからはインポートできません。

これらのファイルはローカル コンピューター上に保存されるので、メール サーバー上のメールボックスのサイズ制限の対象にはなりません。ローカル コンピューター上の Outlook データ ファイル (.pst) にアイテムを移動すると、メール サーバー上のメールボックスの記憶域を解放できます。

Outlook データ ファイル (.pst) に保存されたメッセージまたはその他の Outlook アイテムは、そのファイルが保存されているコンピューター上でのみ使用できます。

オフライン Outlook データ ファイル (.ost)

他のほとんどのアカウントの種類 (IMAP アカウント、Office 365 アカウント、Exchange アカウント、Outlook.com アカウントなど) では、オフラインの Outlook データファイル (.ost) ファイルを使用して、メールボックス情報の同期されたコピーをローカルコンピューターに保存します。メールサーバーへの接続が中断されている場合 (たとえば、無線 lan を使用していない飛行機の場合、またはインターネット接続が切断されている場合)、以前にダウンロードしたすべてのメール、予定表データ、連絡先、タスクに引き続きアクセスできます。メッセージの読み書き、予定の作成、連絡先の追加を行うことができます。ただし、メールメッセージは送信されず、インターネット接続が復元されるまで新しいメッセージはダウンロードされません。

接続が復元されると、変更が自動的に同期され、サーバーとコンピューター上のフォルダーとアイテムは再び同じになります。

ファイルの場所

Outlook データファイル (.pst および .ost) が保存されているフォルダーを開く最も簡単な方法は、次の操作を実行することです。

  1. Outlook で、[ファイル] タブをクリックします。

  2. 右側のウィンドウで [アカウント設定] をクリックし、[アカウント設定] をクリックします。

    アカウント設定

  3. [データ ファイル] タブで、エントリをクリックし、[フォルダーの場所を開く] をクリックします。

Outlook 2013またはOutlook 2016を使用して作成された Outlook データファイル (.pst) は、通常、コンピューター上の"ドキュメント \outlook filesフォルダーに保存されます。Microsoft Office Outlook 2007以前に作成されたデータファイルが既に存在していたコンピューターで Outlook にアップグレードした場合、これらのファイルは、ドライブにある隠しフォルダー内の別の場所に保存されます。 \ \users\ \appdata\local\microsoft\outlook

オフライン Outlook データ ファイル (.ost) も、ドライブ名:\Users\user\AppData\Local\Microsoft\Outlook に保存されます。多くのデータはサーバー上に保持されますが、ローカルに保存されたアイテムのバックアップは必要です。たとえば、予定表、連絡先、タスク、および [ローカルのみ] というマークがあるすべてのフォルダーは、バックアップしてください。

ヒント: Windows の隠しフォルダーの詳細については、Windows のヘルプとサポートを参照してください。

関連トピック

情報を保存する Outlook データ ファイル (.pst) を作成する
Outlook .pst ファイルからのデータ移行バックアップ インポート
Outlook データ ファイル (.pst および .ost) を修復する

サポートを受ける
お問い合わせ
Office のスキルを磨く
トレーニングの探索

この情報は役に立ちましたか?

ご意見をいただきありがとうございます。

フィードバックをお寄せいただき、ありがとうございます。Office サポートの担当者におつなぎいたします。

×