Outlook データ ファイル (.pst および .ost) のサイズを小さくする

Outlook データ ファイル (.pst および .ost) のサイズを小さくする

Microsoft Outlook のメールボックスは、アイテムの作成や受信を行っているうちにサイズが大きくなっていきます。アイテムを削除しても、削除したデータ量に比例して Outlook データ ファイル (.pst と .ost) のサイズが小さくならない場合があります。メールボックスを管理してデータ ファイルのサイズを小さくするには、いくつかの方法があります。

[メールボックスの整理] ツールを使用すると、メールボックスや各フォルダーのサイズを表示できます。さらに、古いアイテムを Outlook データ ファイル (.pst) にアーカイブしたり、[削除済みアイテム] フォルダーを空にしたりもできます。

  1. [ファイル] タブをクリックします。

  2. [ツール]、[メールボックスの整理] の順にクリックします。

  3. 次のいずれかの操作を行います。

    • メールボックスとそこに含まれる各フォルダーのサイズを表示するには、[メールボックスのサイズを表示] をクリックします。

    • 古いアイテムを探すには、[次の日付より古いアイテムを検索する] をクリックし、日付を 1 ~ 999 のいずれかに設定して [検索] をクリックします。

    • サイズの大きなアイテムを探すには、[次のサイズより大きいアイテムを検索する] をクリックし、サイズを 1 ~ 9999 のいずれかに設定して、[検索] をクリックします。

    • メールボックス内の古いアイテムをアーカイブの Outlook データ ファイル (.pst) に移動するには、[古いアイテムの整理] をクリックします。

      Outlook データ ファイル (.pst) は、コンピューターの "ドキュメント¥Outlook Files" フォルダーに保存されます。Windows XP を使用している場合、.pst ファイルは "マイ ドキュメント¥Outlook Files" フォルダーに保存されます。

    • "削除済みアイテム" フォルダーのサイズを調べるには、[削除済みアイテムのサイズを表示] をクリックします。

    • "削除済みアイテム" フォルダーを空にするには、[空にする] をクリックします。

    • "競合" フォルダーのサイズを調べるには、[競合アイテムのサイズを表示] をクリックします。

    • "競合" フォルダーのアイテムを削除するには、[削除] をクリックします。

Outlook データ ファイル (.pst) からアイテムを削除すると、個人用フォルダー ファイルは Outlook が起動していてコンピューターが使用されていないときにバックグラウンドで自動的に圧縮されます。個人用フォルダー ファイルのサイズを直ちに小さくする必要がある場合は、手動でも圧縮できます。データ ファイルの圧縮には数分かかる場合があります。

  1. 不要なアイテムを削除します。

  2. [フォルダー一覧] ビューを開きます。ナビゲーション ウィンドウの下部にある [フォルダー一覧] アイコンをクリックするか、Ctrl キーを押しながら 6 キーを押します。

  3. ナビゲーション ウィンドウで、削除済みアイテム フォルダーを右クリックして、[削除済みアイテム フォルダーを空にする] をクリックします。

  4. [ファイル] タブをクリックします。

  5. [アカウント設定] をクリックし、[アカウント設定] をクリックします。

  6. [データ ファイル] タブで、圧縮するデータ ファイルをクリックし、[設定] をクリックします。

  7. [詳細設定] タブ、[Outlook データ ファイルの設定] の順にクリックします。

  8. [Outlook データ ファイルの設定] ダイアログ ボックスで、[今すぐ圧縮] をクリックし、[OK] をクリックします。

注: Outlook データ ファイル (.pst) ファイルを圧縮した後で、Outlook を終了する必要はありません。

オフライン Outlook データ ファイル (.ost) は、Microsoft Exchange Server アカウント専用のファイルです。 オフライン Outlook データ ファイル (.ost) のサイズを小さくすると、削除済みのアイテム数が多い場合のパフォーマンスが向上する場合があります。 ファイルのサイズを小さくしても、Microsoft Exchange Server を実行しているコンピューター上に保存されたアイテムが削除されることはありません。

  1. 不要なアイテムを削除します。

  2. [フォルダー一覧] ビューを開きます。ナビゲーション ウィンドウの下部にある [フォルダー一覧] アイコンをクリックするか、Ctrl キーを押しながら 6 キーを押します。

  3. ナビゲーション ウィンドウで、削除済みアイテム フォルダーを右クリックして、[削除済みアイテム フォルダーを空にする] をクリックします。

  4. [ファイル] タブをクリックします。

  5. [アカウント設定] をクリックし、[アカウント設定] をクリックします。

  6. [データ ファイル] タブで、圧縮するデータ ファイルをクリックし、[設定] をクリックします。

  7. [詳細設定] タブ、[Outlook データ ファイルの設定] の順にクリックします。

  8. [Outlook データ ファイルの設定] ダイアログ ボックスで、[今すぐ圧縮] をクリックし、[OK] をクリックします。

注: Outlook データ ファイル (.ost) ファイルを圧縮した後で、Outlook を終了する必要はありません。

  • オンラインおよびオフラインの両方のフォルダーからアイテムを削除するには、アイテムを選択して、Del キーを押します。

  • Exchange アカウントを Exchange キャッシュ モードで使用している場合、選択されているフォルダーのみがオフライン Outlook データ ファイル (.ost) から削除されます。サーバー上のアイテムは、Exchange Server 電子メール アカウントの [送受信設定] の [フォルダー オプション] でフォルダーが選択されていると、次の同期時に .ost ファイルに再度ダウンロードされます。

  • Exchange キャッシュ モードを使っている場合、既定では、パブリック フォルダーのお気に入りは同期されません。パブリック フォルダーの同期を選ぶと、オフライン Outlook データ ファイル (.ost) のサイズが大幅に増加することがあります。

[メールボックスの整理] ツールを使用すると、メールボックスや各フォルダーのサイズを表示できます。さらに、古いアイテムを Outlook データ ファイル (.pst) にアーカイブしたり、[削除済みアイテム] フォルダーを空にしたりもできます。

  1. [ファイル] タブをクリックします。

  2. [クリーンアップ ツール] をクリックします。

  3. [メールボックスの整理] をクリックします。

  4. 次のいずれかの操作を行います。

    • メールボックスとそこに含まれる各フォルダーのサイズを表示するには、[メールボックスのサイズを表示] をクリックします。

    • 古いアイテムを探すには、[次の日付より古いアイテムを検索する] をクリックし、日付を 1 ~ 999 のいずれかに設定して [検索] をクリックします。

    • サイズの大きなアイテムを探すには、[次のサイズより大きいアイテムを検索する] をクリックし、サイズを 1 ~ 9999 のいずれかに設定して、[検索] をクリックします。

    • メールボックス内の古いアイテムをアーカイブの Outlook データ ファイル (.pst) に移動するには、[古いアイテムの整理] をクリックします。

      Outlook データ ファイル (.pst) は、コンピューターの "ドキュメント¥Outlook Files" フォルダーに保存されます。Windows XP を使用している場合、.pst ファイルは "マイ ドキュメント¥Outlook Files" フォルダーに保存されます。

    • "削除済みアイテム" フォルダーのサイズを調べるには、[削除済みアイテムのサイズを表示] をクリックします。

    • "削除済みアイテム" フォルダーを空にするには、[空にする] をクリックします。

    • "競合" フォルダーのサイズを調べるには、[競合アイテムのサイズを表示] をクリックします。

    • "競合" フォルダーのアイテムを削除するには、[削除] をクリックします。

Outlook データ ファイル (.pst) からアイテムを削除すると、個人用フォルダー ファイルは Outlook が起動していてコンピューターが使用されていないときにバックグラウンドで自動的に圧縮されます。個人用フォルダー ファイルのサイズを直ちに小さくする必要がある場合は、手動でも圧縮できます。データ ファイルの圧縮には数分かかる場合があります。

  1. 不要なアイテムを削除します。

  2. [フォルダー一覧] ビューを開きます。ナビゲーション ウィンドウの下部にある [フォルダー一覧] アイコンをクリックするか、Ctrl キーを押しながら 6 キーを押します。

  3. ナビゲーション ウィンドウで、削除済みアイテム フォルダーを右クリックして、[削除済みアイテム フォルダーを空にする] をクリックします。

  4. [ファイル] タブをクリックします。

  5. [アカウント設定] をクリックし、[アカウント設定] をクリックします。

  6. [データ ファイル] タブで、圧縮するデータ ファイルをクリックし、[設定] をクリックします。

  7. [今すぐ圧縮] をクリックします。

注: Outlook データ ファイル (.pst) ファイルを圧縮した後で、Outlook を終了する必要はありません。

オフライン Outlook データ ファイル (.ost) は、Microsoft Exchange Server アカウント専用のファイルです。 オフライン Outlook データ ファイル (.ost) のサイズを小さくすると、削除済みのアイテム数が多い場合のパフォーマンスが向上する場合があります。 ファイルのサイズを小さくしても、Microsoft Exchange Server を実行しているコンピューター上に保存されたアイテムが削除されることはありません。

  1. 不要なアイテムを削除します。

  2. [フォルダー一覧] ビューを開きます。ナビゲーション ウィンドウの下部にある [フォルダー一覧] アイコンをクリックするか、Ctrl キーを押しながら 6 キーを押します。

  3. ナビゲーション ウィンドウで、削除済みアイテム フォルダーを右クリックして、[削除済みアイテム フォルダーを空にする] をクリックします。

  4. [ファイル] タブをクリックします。

  5. [アカウント設定] をクリックし、[アカウント設定] をクリックします。

  6. [データ ファイル] タブで、圧縮するデータ ファイルをクリックし、[設定] をクリックします。

  7. [今すぐ圧縮] をクリックします。

注: Outlook データ ファイル (.ost) ファイルを圧縮した後で、Outlook を終了する必要はありません。

  • オンラインおよびオフラインの両方のフォルダーからアイテムを削除するには、アイテムを選択して、Del キーを押します。

  • Exchange アカウントを Exchange キャッシュ モードで使用している場合、選択されているフォルダーのみがオフライン Outlook データ ファイル (.ost) から削除されます。サーバー上のアイテムは、Exchange Server 電子メール アカウントの [送受信設定] の [フォルダー オプション] でフォルダーが選択されていると、次の同期時に .ost ファイルに再度ダウンロードされます。

  • Exchange キャッシュ モードを使っている場合、既定では、パブリック フォルダーのお気に入りは同期されません。パブリック フォルダーの同期を選ぶと、オフライン Outlook データ ファイル (.ost) のサイズが大幅に増加することがあります。

[メールボックスの整理] ツールを使用すると、メールボックスと個々のフォルダのサイズを調べることができます。さらに、古いアイテムを個人用フォルダ ファイル (.pst) にアーカイブすることや、[削除済みアイテム] フォルダを空にすることもできます。

  1. [ツール] メニューの [メールボックスの整理] をクリックします。

  2. 次のいずれかの操作を行います。

    • メールボックスとその中の個々のフォルダのサイズを調べるには、[メールボックスのサイズを表示] をクリックします。

    • 古いアイテムを探すには、[次の日付より古いアイテムを検索する] をクリックし、日付を 1 ~ 999 のいずれかに設定して [検索] をクリックします。

    • サイズの大きなアイテムを探すには、[次のサイズより大きいアイテムを検索する] をクリックし、サイズを 1 ~ 9999 のいずれかに設定して、[検索] をクリックします。

    • メールボックス内の古いアイテムをアーカイブの個人用フォルダ ファイル (.pst) に移動するには、[古いアイテムの整理] をクリックします。アーカイブの .pst ファイルの既定のフォルダは c:\Documents and Settings\<ユーザー名>\Local Settings\ Application Data\Microsoft\Outlook です。

    • "削除済みアイテム" フォルダーのサイズを調べるには、[削除済みアイテムのサイズを表示] をクリックします。

    • "削除済みアイテム" フォルダーを空にするには、[空にする] をクリックします。

    • "競合" フォルダーのサイズを調べるには、[競合アイテムのサイズを表示] をクリックします。

    • "競合" フォルダーのアイテムを削除するには、[削除] をクリックします。

ページの先頭へ

個人用フォルダ ファイル (.pst) からアイテムを削除すると、個人用フォルダ ファイルは Outlook が起動していてコンピューターが使用されていないときにバックグラウンドで自動的に圧縮されます。個人用フォルダ ファイルのサイズを直ちに小さくする必要がある場合は、手動でも圧縮できます。データ ファイルの圧縮には数分かかる場合があります。

  1. [ファイル] メニューの [データ ファイルの管理] をクリックします。

  2. 圧縮するデータ ファイルをクリックし、[設定] をクリックします。

  3. [今すぐ圧縮] をクリックします。

注: .pst ファイルを圧縮した後で、Outlook を終了する必要はありません。

ページの先頭へ

大量のアイテムを削除してオフライン フォルダー ファイル (.ost) のサイズを小さくすると、パフォーマンスが向上することがあります。この手順では、サーバーに保存されているアイテムは削除されません。

  1. 不要なアイテムを削除し、[削除済みアイテム] フォルダを空にします。

  2. [ツール] メニューの [アカウント設定] をクリックします。

    [アカウント設定] コマンドが見つからない。

    [アカウント設定] コマンドは、Microsoft Office Outlook 2007 の [ツール] メニューに表示されます。それ以前のバージョンの Outlook を使用している場合は、以下の説明は当てはまりません。使用している製品のヘルプを参照してください。使用しているアプリケーションのタイトル バーに "Outlook Express" と表示されている場合、Outlook とは異なるアプリケーションを使用しています。詳細については、Outlook Express のヘルプを参照してください。

  3. 一覧で、[Microsoft Exchange サーバー] をクリックし、[修正] をクリックします。

  4. [詳細設定] をクリックします。

  5. [高度な検索] タブをクリックし、[オフライン フォルダ ファイルの設定] をクリックします。

  6. [今すぐ圧縮] をクリックします。

注: .ost ファイルを圧縮した後で、Outlook を終了する必要はありません。

  • オンラインおよびオフラインの両方のフォルダーからアイテムを削除するには、アイテムを選択して、Del キーを押します。

  • Exchange アカウントを Exchange キャッシュ モードで使用している場合、選択されているフォルダのみがローカルの .ost ファイルから削除されます。サーバー上のアイテムは、Exchange Server 電子メール アカウントの [送受信設定] の [フォルダ オプション] でフォルダが選択されていると、次の同期時に .ost ファイルに再度ダウンロードされます。

  • Exchange キャッシュ モードを使用している場合、既定では、パブリック フォルダのお気に入りは同期されません。パブリック フォルダの同期を選択すると、オフライン フォルダ ファイル (.ost) のサイズが大幅に増加する可能性があります。

ページの先頭へ

スキルを磨く
トレーニングの探索
新機能を最初に入手
Office Insider に参加する

この情報は役に立ちましたか?

ご意見をいただきありがとうございます。

フィードバックをお寄せいただき、ありがとうございます。Office サポートの担当者におつなぎいたします。

×