Outlook の .pst ファイルを使用したメールなどのデータ移行

Outlook の .pst ファイルを使用したメールなどのデータ移行

Outlook アプリ (Outlook 2016 など) がコンピューターにインストールされている場合、そのアプリを使用して、メール、連絡先、予定表のアイテムを 1 つのメール アカウントから別のメール アカウントに移動することができます。

たとえば、Office 365 メールボックスと Gmail アカウントがあるとします。Outlook 2016 にそれらの両方を追加できます。次に、Outlook 2016 を使用して Gmail アカウントからアイテムをエクスポートし、Office 365 メールボックスにインポートできます。

アイテムは、ユーザーのメッセージやその他の Outlook のアイテムを含む、Outlook のデータ ファイルである .pst ファイルを作成してエクスポートし、お使いのコンピューターに保存します。エクスポート後にアイテムをインポートする方法については、「Outlook .pst ファイルからメール、連絡先、予定表をインポートする」をご覧ください。

Outlook から .pst ファイルにメール、連絡先、予定表をエクスポートする方法

エクスポート手順を次のリストから選びます。

Outlook 2016 または 2013 などの Outlook アプリに Office 365 メール アカウントを追加します。次に、Outlook を使用して、メール、連絡先、予定表のアイテムを Office 365 メールボックスに移動します。手順は次のとおりです。

  1. "ソース" のメール アカウントを Outlook に追加します。たとえば、Gmail アカウントを Outlook 2016 に追加する場合があります。すべてのメールと連絡先が表示されるまで少し待ちます。

  2. Office 365 メール アカウントを Outlook に追加します。この操作を行った後、Outlook は Office 365 と自動的に同期されます。Office 365 メールボックスの内容が、Outlook に表示されます。

  3. エクスポートの手順から、ソース アカウントのメールを .pst ファイルにエクスポートする手順を選びます。

    たとえば、Outlook 2010 を使っている場合は、"Outlook 2010: Outlook アイテムを .pst ファイルにエクスポートする" を選びます。

  4. この記事のインポート手順 (後述) から、メールの .pst へのエクスポート手順を選びます。

    たとえば、Outlook 2016 を使っている場合は、「Outlook 2013 および Outlook 2016: .pst ファイルから Outlook アイテムをエクスポートする」を選びます。

    メール データを .pst にエクスポートすれば、他に移植可能となります。他のメール アカウントにインポートすることができます。Outlook を使用してこれを実行するには、「Outlook .pst ファイルからメール、連絡先、予定表をインポートする」を参照してください。

  1. Outlook リボンの上部で、[ファイル] を選びます。

    リボンの左上隅に [ファイル] オプションが表示されていない場合は、「使用している Outlook のバージョンを確認する方法」を参照して、お使いの Outlook のバージョンと、適切なエクスポート手順をご確認ください。

    Outlook 2016 のリボンの外観。
  2. [開く/エクスポート]、[インポート/エクスポート] の順に選びます。

    [開く/エクスポート] を選び、[インポート/エクスポート] を選びます。

  3. [ファイルにエクスポート] を選択します。

    [ファイルにエクスポート] を選びます。

  4. [Outlook データ ファイル (.pst)] をクリックし、[次へ] をクリックします。

  5. 次の図のように、エクスポートするメール アカウント名を選択します。情報は、一度に 1 つのアカウントからしかエクスポートできません。

    [サブフォルダーを含む] チェック ボックスがオンになっていることを確認します。この方法で、アカウントのすべての内容をエクスポートできます (予定表、連絡先、受信トレイ)。[次へ] を選びます。

    エクスポートするメール アカウントを選びます。

  6. [参照] をクリックして、Outlook データ ファイル (.pst) の保存先を選びます。 ファイル名を入力して、[OK]をクリックします。

    注: 以前にエクスポートしたことがある場合は、そのときのフォルダーの場所とファイル名が表示されます。別のファイル名を入力して、[OK]をクリックします。

  7. 既存の Outlook データ ファイル (.pst) にエクスポートする場合は、[オプション] で、ファイルに既に存在しているアイテムをエクスポートするときの処理を指定します。

  8. [完了] をクリックします。

  9. Outlook でエクスポートがすぐに開始されます。ただし、新しい Outlook データ ファイル (.pst) を作成する場合、またはパスワードで保護されたファイルを使用する場合を除きます。

    • Outlook データ ファイル (.pst) を作成する場合は、必要に応じてパスワードを指定してファイルを保護できます。[Outlook データ ファイルの作成] ダイアログ ボックスが表示されたら、[パスワード]ボックスと [パスワードの確認] ボックスにパスワードを入力して、[OK] をクリックします。[Outlook データ ファイルのパスワード] ダイアログボックスで、パスワードを入力して [OK] をクリックします。

    • パスワードで保護された既存の Outlook データ ファイル (.pst) にエクスポートする場合は、[Outlook データ ファイルのパスワード] ダイアログボックスで、パスワードを入力して [OK] をクリックします。

これで Outlook データが移植可能な .pst ファイルに入ります。たとえば、.pst ファイルを OneDrive に保存して、それを新しいコンピューターにダウンロードできます。または、USB フラッシュ ドライブに保存し、ドライブを新しいコンピューターに接続して、Outlook にメール、連絡先、および予定表をインポートできます。

  1. Outlook リボンの先頭で、[ファイル] を選びます。

    リボンの左上隅に [ファイル] オプションが表示されていない場合は、「使用している Outlook のバージョンを確認する方法」を参照して、お使いの Outlook のバージョンと、適切なエクスポート手順をご確認ください。

    Outlook 2010 では、[ファイル] タブを選びます。

  2. [オプション] を選びます。

    [オプション] を選びます。

  3. [Outlook のオプション] ボックスで、[詳細設定] を選択します。

    [詳細設定​​] を選びます。

  4. [エクスポート] セクションで、[エクスポート] を選択します。

    [詳細設定​​] のページで、[エクスポート] を選ぶ

  5. [ファイルへエクスポート] を選んで、[次へ] をクリックします。

  6. [Outlook データ ファイル (.pst)] をクリックし、[次へ] をクリックします。

  7. 次の図のように、エクスポートするメール アカウント名を選択します。情報は、一度に 1 つのアカウントからしかエクスポートできません。

    [サブフォルダーを含む] チェック ボックスがオンになっていることを確認します。この方法で、アカウントのすべての内容をエクスポートできます (予定表、連絡先、受信トレイ)。[次へ] を選びます。

    エクスポートするメール アカウントを選びます。

  8. [参照] をクリックして Outlook データ ファイル (.pst) の保存場所を選択し、ファイル名を入力します。[OK] をクリックして続行してください。

    注:  エクスポート機能を以前に利用している場合、以前に選択したフォルダーの場所とファイルの名前が表示されます。既存ファイルを使用する代わりに新しいファイルを作成する場合、必ずファイル名を変更してください。

  9. 既存の Outlook データ ファイル (.pst) にエクスポートする場合は、[オプション] で、ファイルに既に存在しているアイテムをエクスポートするときの処理を指定します。

  10. [完了] をクリックします。

  11. エクスポートがすぐに開始されます。ただし、新しい Outlook データ ファイル (.pst) を作成する場合と、パスワード保護されている既存ファイルにエクスポートする場合を除きます。

    • 新しい Outlook データ ファイル (.pst) を作成する場合は、必要に応じてパスワードを指定してファイルを保護できます。[Outlook データ ファイルの作成] ダイアログ ボックスが表示されたら、[パスワード] ボックスと [パスワードの確認] ボックスにパスワードを入力し、[OK] をクリックします。[Outlook データ ファイルのパスワード] ダイアログ ボックスで、パスワードを入力し、[OK] をクリックします。

    • パスワードで保護された既存の Outlook データ ファイル (.pst) にエクスポートする場合は、[Outlook データ ファイルのパスワード] ダイアログ ボックスで、パスワードを入力し、[OK] をクリックします。

これで Outlook データが移植可能な .pst ファイルに入ります。たとえば、.pst ファイルを OneDrive に保存して、それを新しいコンピューターにダウンロードできます。または、USB フラッシュ ドライブに保存し、ドライブを新しいコンピューターに接続して、Outlook にメール、連絡先、および予定表をインポートできます。

  1. Outlook 2007 で、リボンの上部にある [ファイル] を選択します。

    リボンの左上隅に [ファイル] オプションが表示されていない場合は、「使用している Outlook のバージョンを確認する方法」を参照して、お使いの Outlook のバージョンと、適切なエクスポート手順をご確認ください。

    Outlook 2007 では、[ファイル] タブを選びます。

  2. [インポートとエクスポート] を選びます。

    [インポートとエクスポート] を選びます。

  3. [ファイルにエクスポート] を選択し、[次へ] をクリックします。

    [ファイルのエクスポート] を選んで、[次へ] を選びます。

  4. [個人用フォルダー ファイル (.pst)]、[次へ] を順にクリックします。

  5. 次の図のように、エクスポートするメール アカウント名を選択します。情報は、一度に 1 つのアカウントからしかエクスポートできません。

    [サブフォルダーを含む] チェック ボックスがオンになっていることを確認します。この方法で、アカウントのすべての内容をエクスポートできます (予定表、連絡先、受信トレイ)。[次へ] を選びます。

    エクスポートするメール アカウントを選びます。

  6. [参照] をクリックして Outlook データ ファイル (.pst) の保存場所を選択し、ファイル名を入力します。[OK] をクリックして続行してください。

    注:  エクスポート機能を以前に利用している場合、以前に選択したフォルダーの場所とファイルの名前が表示されます。既存ファイルを使用する代わりに新しいファイルを作成する場合、必ずファイル名を変更してください。

  7. 既存の Outlook データ ファイル (.pst) にエクスポートする場合は、[オプション] で、ファイルに既に存在しているアイテムをエクスポートするときの処理を指定します。

  8. [完了] をクリックします。

  9. エクスポートがすぐに開始されます。ただし、新しい Outlook データ ファイル (.pst) を作成する場合と、パスワード保護されている既存ファイルにエクスポートする場合を除きます。そのような場合、エクスポートがすぐに開始せず、次のようなダイアログ ボックスが表示されます。

    .pst ファイルをパスワード保護しない場合、[OK] をクリックします。

    ファイルをパスワード保護しない場合、[OK] を選択します。パスワード保護する場合:

    • .pst ファイルをパスワード保護する場合: [パスワード] ボックスと [パスワードの確認] ボックスにパスワードを入力し、[OK] をクリックします。[Outlook データ ファイルのパスワード] ダイアログ ボックスにパスワードを入力し、[OK] をクリックします。

    • パスワードで保護された既存の個人用フォルダー (.pst) にエクスポートする場合、[Outlook データ ファイルのパスワード] ダイアログ ボックスで、パスワードを入力し、[OK] をクリックします。

これで Outlook データが移植可能な .pst ファイルに入ります。たとえば、.pst ファイルを OneDrive に保存して、それを新しいコンピューターにダウンロードできます。または、USB フラッシュ ドライブに保存し、ドライブを新しいコンピューターに接続して、Outlook にメール、連絡先、および予定表をインポートできます。

どのようなデータがエクスポートされますか。

  • Outlook からメール、連絡先、予定表を .pst にエクスポートすると、情報のコピーが作成されます。Outlook からはデータは削除されません。エクスポート後も、Outlook でメール、連絡先、予定表を表示し、アクセスすることができます。

  • Outlook がメールをエクスポートするとき、メールの添付ファイルもエクスポートされます。

  • Outlook では、フォルダーのプロパティ (ビュー、アクセス許可、古いアイテムの整理設定)、メッセージ ルール、受信拒否リストなどのメタデータはエクスポートされません。

.pst ファイルはいつエクスポート (バックアップ) またはインポートすればよいですか。

  • あるメール アカウントから別のメール アカウントにメールを移動する場合

    たとえば、jakobsol77@yahoo.com という古い Yahoo メール アカウントがあるとします。移動先の新しい Office 365 メール アカウントは jakobsol78@contoso.com です。

    デスクトップ版 Outlook を利用し、両方のアカウントを Outlook に追加できます。すべての電子メールが表示されるまで少しお待ちください (大量の電子メールがある場合、時間がかかることがあります)。その後、Outlook を利用し、Yahoo アカウントから .pst ファイルに電子メールをエクスポートします。最後に、.pst ファイルを Office 365 アカウントにインポートします。

  • PC 間で移動する場合:Outlook がインストールされている 1 台のコンピューターから、Outlook がインストールされている別のコンピューターにメールを移動します。

    たとえば、古いコンピューターに Outlook 2007 がインストールされており、Outlook 2016 がインストールされている新しいコンピューターを入手した場合などです。(この記事の説明に従って) Outlook 2007 からメール データをエクスポートし、Outlook 2016 にインポートします。

  • PC から Mac に移動する場合:たとえば、PC の Outlook からメールを移動し、Mac の Outlook 2016 にインポートする場合などです。

  • 定期的にバックアップする:すべてのメール、連絡先、および予定表を安全な場所に定期的にバックアップすることができます。.pst ファイルを作成したら、USB フラッシュ ドライブ、別のハード ドライブ、OneDrive や Dropbox などのクラウド ストレージなどの安全な場所に、それをコピーします。

    (新旧の) すべてのアイテムを定期的に自動でバックアップする方法はありません。自動アーカイブでは、古いアイテムのみがバックアップされます。コピーされるのではなく、移動されます。

  • 連絡先のみをバックアップする場合、「Outlook から連絡先をエクスポートする」を参照してください。ここには、連絡先を .csv ファイルにコピーする方法が説明されています。

関連項目

Outlook のメール、連絡先、予定表をインポートおよびエクスポートする

スキルを磨く
トレーニングの探索
新機能を最初に入手
Office Insider に参加する

この情報は役に立ちましたか?

ご意見をいただきありがとうございます。

フィードバックをお寄せいただき、ありがとうございます。Office サポートの担当者におつなぎいたします。

×