Outlook の予定表の表示方法を変更する

重要:  この記事は機械翻訳されています。機械翻訳についての「免責事項」をお読みください。この記事の英語版を参照するには、ここをクリックしてください。

その他

今後の予定行のアイテムを表示したままにする

今後の予定と会議を表示したまま、メールの右側で、予定表プレビューを開きます。

今後の予定行のアイテムを表示したままにする
  • ナビゲーション バーで [予定表] を右クリックし、[プレビューの固定] をクリックします。

    プレビューの固定

予定表、予定、会議を常にビューに表示する詳細については、こちらを参照してください。

ページの先頭へ

月曜日開始の月ビューに切り替えて、米国の祝日を表示する

一目で予定がわかるように、月単位で予定表を表示します。予定表を表示する一般的な方法は、稼働日を月曜日始まりに設定し、米国の祝日を表示することです。

月曜始まりで米国の祝日
  1. [予定表] をクリックします。

  2. [ホーム]、[配置]、[] の順にクリックします。

    月ビュー
  3. [ファイル] タブをクリックします。

  4. [オプション] をクリックし、[予定表] をクリックします。

  5. [週の最初の曜日] の [稼働時間] で、[月曜日] を選びます。

    月曜日
  6. [予定表オプション] の [予定表に祝日を追加] で [祝日の追加] をクリックします。

    予定表に祝日を追加
  7. [米国] をクリックし、[OK] をクリックします。

    米国の祝日

予定表に祝日を追加する詳細については、こちらを参照してください。

ページの先頭へ

稼働日ビューを日曜日から火曜日の 12 時間単位に変更する (非従来型の稼働日)

非従来型の勤務スケジュールを使用している場合、[稼働日] を自分の稼働時間だけを表示するように設定できます。たとえば、看護師の場合、病院での自分のシフト (日曜日から火曜日の 12 時間シフト) だけを表示することができます。

従来と異なる稼働日
  1. [予定表] をクリックします。

  2. [ホーム]、[配置]、[稼働日] の順にクリックします。

    稼働日ビュー
  3. [ファイル] タブをクリックします。

  4. [オプション] をクリックし、[予定表] をクリックします。

  5. [稼働時間] の [開始時刻] で [午前 6:00] を選びます。

  6. [稼働時間] の [終了時刻] で [午後 6:00] を選びます。

  7. [稼働日] で []、[]、[] を選び、その他のチェック ボックスをオフします。

  8. [週の最初の曜日] で [日曜日] を選びます。

    作業時間
  9. [OK] をクリックします。

ヒント: 稼働日ビューで長時間シフトの時間をすべて表示するには、予定表の右下隅にある [ズーム] を使用して縮小します。

予定表の拡大縮小

ページの先頭へ

週ビューで 2 つのタイム ゾーンを表示する

タイム ゾーンが異なるパートナーと仕事をする場合に、両方のタイム ゾーンをビューに表示すると便利です。たとえば、ニューヨークのオフィス (東部標準のタイム ゾーン) から会議をスケジュールする際に、オーストラリア (ブリスベン タイム ゾーン) の同僚のスケジュールを表示して、同僚の稼働時間外に予定を入れないようにすることができます。

週ビューの 2 つのタイム ゾーン
  1. [予定表] をクリックします。

  2. [ホーム]、[配置]、[] の順にクリックします。

    週ビュー
  3. タイム バーの上部にある空白の領域を右クリックし、ショートカット メニューで [タイム ゾーンの変更] をクリックします。

    タイム ゾーンの変更
  4. [タイム ゾーン] の [ラベル] ボックスに、「東部標準時」と入力します。

  5. [タイム ゾーン] の一覧で [(UTC-05:00) 東部標準時 (米国およびカナダ)] をクリックします。

    東部のタイム ゾーン
  6. [予定表に別のタイム ゾーンを追加表示する] を選びます。

  7. [ラベル] ボックスに「ブリスベン」と入力します。

  8. [タイム ゾーン] の一覧で [(UTC+ 10:00) ブリスベン] をクリックします。

    ブリスベンのタイム ゾーン
  9. [OK] をクリックします。

タイム ゾーンの正規化のしくみの詳細については、こちらを参照してください。

ページの先頭へ

その他

予定表アイテムのフィルター処理やフィールドの変更方法を理解すると、簡単にカスタム ビューを作成して、常に必要な情報を入手できます。

  1. [表示] をクリックします。

  2. [現在のビュー] グループで、[ビューの変更] をクリックし、[ビューの管理] をクリックします。

  3. [新規作成] をクリックします。

  4. [新しいビュー名] ボックスに、ビューの名前を入力します。

  5. [ビューの種類] ボックスで、ビューの種類を選択します。

  6. ビューが使用可能な場所を変更するには、[使用条件] の下でオプションを選択し、[OK] をクリックします。

  7. [ビューの詳細設定: 新しいビュー ] ダイアログ ボックスで、使用するオプションを選択します。

  8. オプションの設定が完了したら、[OK] をクリックします。

  9. ビューをすぐに使用するには、[ビューの適用] をクリックします。

ビューの変更またはカスタマイズについては、こちらを参照してください。

ページの先頭へ

注: 機械翻訳についての免責事項: この記事の翻訳はコンピューター システムによって行われており、人間の手は加えられていません。マイクロソフトでは、英語を話さないユーザーがマイクロソフトの製品、サービス、テクノロジに関するコンテンツを理解するのに役立てるため、こうした機械翻訳を提供しています。記事は機械翻訳されているため、用語、構文、文法などに誤りがある場合があります。

スキルを磨く
トレーニングの探索
新機能を最初に入手
Office Insider に参加する

この情報は役に立ちましたか?

ご意見をいただきありがとうございます。

フィードバックをお寄せいただき、ありがとうございます。Office サポートの担当者におつなぎいたします。

×