Outlook の予定表と Apple iPhone または iPod touch のカレンダーを同期させる

Outlook と Apple iPhone または iPod touch の間で予定表を同期するには、Apple iTunes が必要です。1 回限りの設定プロセスで同期する項目を構成できます。

初回の設定後、iPhone または iPod touch をコンピューターに接続するたびに、コンピューターまたはデバイスで行われた変更が同期されます。

注: 最良の慣行として、コンピューターと Apple デバイスのソフトウェアを最新の状態に維持してください。万一に備えて、始める前に Outlook データをバックアップすることもできます。

iOS デバイスと Outlook カレンダーを同期する

  1. デバイスに付属のケーブルで iPhone または iPod touch とコンピューターを接続します。あるいは、Apple Universal Dock に iPhone または iPod touch を置きます。

    コンピューターに接続されると、iTunes が自動的に開きます。

  2. iTunes のソース リストの [デバイス] で、iPhone または iPod touch のエントリをクリックします。

  3. [情報] タブをクリックします。

  4. [カレンダー] で [カレンダーの同期元] をクリックし、[Outlook] をクリックします。

  5. 次のいずれかの操作を行います。

    • すべてのカレンダーを同期するには、[すべてのカレンダー] を選択します。

    • 同期されるカレンダーを制限するには、[選択されているカレンダー] をクリックし、同期するカレンダーをクリックします。

      注: 複数のカレンダーを選択するには、Ctrl キーを押しながら各カレンダー名をクリックします。

  6. [適用] をクリックします。

iPhone、iPod touch、iTunes の Outlook 同期サポートは、Apple サポートが提供します。

Outlook データをバックアップする

Outlook データをバックアップすると、POP3 と IMAP メール アカウントに使用される Outlook データ ファイル (.pst) が作成されます (エクスポートされます)。

  1. [ファイル] タブで、[開く/エクスポート]、[インポート/エクスポート] の順に選択します。

    [開く/エクスポート] を選び、[インポート/エクスポート] を選びます。

  2. インポート/エクスポート ウィザードで、[ファイルのエクスポート]、[次へ] の順に選択します。

    [ファイルにエクスポート] を選びます。

  3. [エクスポートするファイルの種類を選択してください] で [Outlook データ ファイル (.pst)]、[次へ] の順に選択します。

  4. [エクスポートするフォルダーを選択してください] で、エクスポートするフォルダーを選択します。そのフォルダー内の情報だけがエクスポートされます。

    エクスポートするメール アカウントを選びます。

  5. アカウント内のすべての項目 (カレンダー、連絡先、受信トレイ) がエクスポートされるように [サブフォルダーを含む] チェック ボックスを選択し、[次へ] を選択します。

  6. [エクスポート先のファイル名] で [参照] をクリックして Outlook データ ファイル (.pst) を保存する場所を選びます。ファイル名を入力して [OK] をクリックし、操作を続行します。

    注: 以前にエクスポートしたことがある場合は、そのときのフォルダーの場所とファイル名が表示されます。別のファイル名を入力して、[OK] をクリックします。

  7. 既存の Outlook データ ファイル (.pst) にエクスポートする場合は、[オプション] で、ファイルに既に存在しているアイテムをエクスポートするときの処理を指定します。

  8. [完了] をクリックします。

Outlook でエクスポートがすぐに開始されます。ただし、新しい Outlook データ ファイル (.pst) を作成する場合、またはパスワードで保護されたファイルを使用する場合を除きます。

  • Outlook データ ファイル (.pst) を作成する場合は、必要に応じてパスワードを指定してファイルを保護できます。[Outlook データ ファイルの作成] ダイアログ ボックスが表示されたら、[パスワード]ボックスと [パスワードの確認] ボックスにパスワードを入力して、[OK] をクリックします。[Outlook データ ファイルのパスワード] ダイアログボックスで、パスワードを入力して [OK] をクリックします。

  • パスワードで保護された既存の Outlook データ ファイル (.pst) にエクスポートする場合は、[Outlook データ ファイルのパスワード] ダイアログボックスで、パスワードを入力して [OK] をクリックします。

これで Outlook データがエクスポート可能な .pst ファイルに入ります。.pst ファイルを OneDrive や USB ストレージなどに保存し、別のコンピューターや別のデバイスを選択してそこにダウンロードできます。詳細については、「import your email, contacts, and calendar to Outlook」 (Outlook にメール、連絡先、カレンダーをインポートする) を参照してください。

  1. [ファイル] タブで、[オプション]、[詳細設定] の順に選びます。

    [詳細設定​​] を選びます。

  2. [エクスポート] セクションで、[エクスポート] を選択します。

    [詳細設定​​] のページで、[エクスポート] を選ぶ

  3. [ファイルにエクスポートする]、[次へ] の順にクリックします。

  4. [Outlook データ ファイル (.pst)]、[次へ] の順にクリックします。

  5. [エクスポートするフォルダーを選択してください] で、エクスポートするフォルダーを選択します。そのフォルダー内の情報だけがエクスポートされます。

    エクスポートするメール アカウントを選びます。

  6. アカウント内のすべての項目 (カレンダー、連絡先、受信トレイ) がエクスポートされるように [サブフォルダーを含む] チェック ボックスを選択し、[次へ] を選択します。

  7. [参照] をクリックして Outlook データ ファイル (.pst) の保存場所を選択し、ファイル名を入力します。[OK] をクリックして続行してください。

    注:  エクスポート機能を以前に利用している場合、以前に選択したフォルダーの場所とファイルの名前が表示されます。既存ファイルを使用する代わりに新しいファイルを作成する場合、必ずファイル名を変更してください。

  8. 既存の Outlook データ ファイル (.pst) にエクスポートする場合は、[オプション] で、ファイルに既に存在しているアイテムをエクスポートするときの処理を指定します。

  9. [完了] をクリックします。

エクスポートがすぐに開始されます。ただし、新しい Outlook データ ファイル (.pst) を作成する場合と、パスワード保護されている既存ファイルにエクスポートする場合を除きます。

  • 新しい Outlook データ ファイル (.pst) を作成する場合は、必要に応じてパスワードを指定してファイルを保護できます。[Outlook データ ファイルの作成] ダイアログ ボックスが表示されたら、[パスワード] ボックスと [パスワードの確認] ボックスにパスワードを入力し、[OK] をクリックします。[Outlook データ ファイルのパスワード] ダイアログ ボックスで、パスワードを入力し、[OK] をクリックします。

  • パスワードで保護された既存の Outlook データ ファイル (.pst) にエクスポートする場合は、[Outlook データ ファイルのパスワード] ダイアログ ボックスで、パスワードを入力し、[OK] をクリックします。

これで Outlook データがエクスポート可能な .pst ファイルに入ります。.pst ファイルを OneDrive や USB ストレージなどに保存し、別のコンピューターや別のデバイスを選択してそこにダウンロードできます。詳細については、「import your email, contacts, and calendar to Outlook」 (Outlook にメール、連絡先、カレンダーをインポートする) を参照してください。

  1. [ファイル] タブの [インポート/エクスポート] を選択します。

    [インポートとエクスポート] を選びます。

  2. [実行するアクションを選択してください] で [ファイルのエクスポート]、[次へ] を選択します。

    [ファイルのエクスポート] を選んで、[次へ] を選びます。

  3. [個人用フォルダー (.pst)]、[次へ] の順にクリックします。

  4. エクスポートするフォルダーを選択します。そのフォルダー内の情報だけがエクスポートされます。

    エクスポートするメール アカウントを選びます。

  5. アカウント内のすべての項目 (カレンダー、連絡先、受信トレイ) がエクスポートされるように [サブフォルダーを含む] チェック ボックスを選択し、[次へ] を選択します。

  6. [参照] をクリックして Outlook データ ファイル (.pst) の保存場所を選択し、ファイル名を入力します。[OK] をクリックして続行してください。

    注:  エクスポート機能を以前に利用している場合、以前に選択したフォルダーの場所とファイルの名前が表示されます。既存ファイルを使用する代わりに新しいファイルを作成する場合、必ずファイル名を変更してください。

  7. 既存の Outlook データ ファイル (.pst) にエクスポートする場合は、[オプション] で、ファイルに既に存在しているアイテムをエクスポートするときの処理を指定します。

  8. [完了] をクリックします。

エクスポートがすぐに開始されます。ただし、新しい Outlook データ ファイル (.pst) を作成する場合と、パスワード保護されている既存ファイルにエクスポートする場合を除きます。そのような場合、エクスポートがすぐに開始せず、次のようなダイアログ ボックスが表示されます。

.pst ファイルをパスワード保護しない場合、[OK] をクリックします。

ファイルをパスワード保護しない場合、[OK] を選択します。パスワード保護する場合:

  • .pst ファイルをパスワード保護する場合: [パスワード] ボックスと [パスワードの確認] ボックスにパスワードを入力し、[OK] をクリックします。[Outlook データ ファイルのパスワード] ダイアログ ボックスにパスワードを入力し、[OK] をクリックします。

  • パスワードで保護された既存の個人用フォルダー (.pst) にエクスポートする場合、[Outlook データ ファイルのパスワード] ダイアログ ボックスで、パスワードを入力し、[OK] をクリックします。

スキルを磨く
トレーニングの探索
新機能を最初に入手
Office Insider に参加する

この情報は役に立ちましたか?

ご意見をいただきありがとうございます。

フィードバックをお寄せいただき、ありがとうございます。Office サポートの担当者におつなぎいたします。

×