Outlook のフォームの概要

重要:  この記事は機械翻訳されています。機械翻訳についての「免責事項」をお読みください。この記事の英語版を参照するには、ここをクリックしてください。

フォームには、配布を電子的に情報を収集する方法が用意されています。たとえば、注文フォームを使用したり、 パブリック フォルダーに情報を投稿できます。Microsoft Office Outlook 2007には、連絡先の情報を入力するメッセージの作成にメッセージ フォームや、連絡先などの組み込みのフォームが用意されています。予定を作成するには、フォームを使用して電子メール メッセージを送信した場合。すべての Outlook アイテムは、フォームに基づいています。

さまざまな状況に応じてフォームをカスタマイズ

Office Outlook 2007には、開発や、組織とリソースによって異なる方法で使用できるフォームをカスタマイズするための 3 つの方法が用意されています。次のとおりです。

カスタム フォーム ページ

これらのフォームは、Office Outlook 2007 およびそれ以前のバージョンで有効です。Outlook には、カスタム フォームを作成するための Outlook フォーム デザイン環境が用意されています。組み込みのフォームを使用すると、Outlook アイテムに関連付けられている機能を活用できます。たとえば、自動的に宛先を確認する機能をカスタム フォームに組み込むには、電子メール メッセージを基にしたフォームからその機能を作成できます。フォーム テンプレートを変更するには、フィールド、コントロール、オプション、およびフォーム ページを追加または削除します。フォーム ページでカスタマイズして作成したフォームは、テンプレートとして使用するためにファイルとして保存したり、他のユーザーが利用できるようにフォーム ライブラリに保存したりできます。

開発者は、Microsoft ActiveX コントロールでフォームを拡張し、Web ブラウザのコントロールを使用してフォームに Web ページを配置できます。Microsoft Visual Basic Scripting Edition (VBScript) を使用すると、標準 Outlook フォームのカスタマイズをプログラミングできます。

Outlook フォーム領域

Outlook フォーム領域は Office Outlook 2007 の新機能であり、カスタム フォームの操作性を向上できます。フォーム領域は Outlook のフォーム デザイナを使用してデザインし、標準 Outlook フォームに追加することもできます。

フォーム ページのカスタマイズには多くの制限がありますが、フォーム領域のカスタマイズにはこのような制限はありません。たとえば、フォーム領域は、先頭のフォーム ページなど、Outlook のフォーム テンプレートやカスタム フォームの任意の部分より優先させることができます。

開発者は、フォーム領域を使用して ActiveX コントロールで Outlook フォームを拡張し、Web ブラウザのコントロールを使用してフォームに Web ページを配置できます。フォーム領域が組み込まれたフォームは個別の Outlook Form Storage (.ofs) ファイルとしてデザインされ、そのそれぞれに 1 つのフォーム領域が組み込まれます。複数の .ofs ファイルを同じメッセージ クラスに追加し、複数のフォーム ページを備えた完全なフォームを作成できます。

注: Outlook フォームと異なり、フォーム領域が組み込まれたフォームは、そのフォームを使用する送信者と受信者両方のコンピュータにインストールする必要があります。

フォーム領域には、この他に次の利点があります。

  • フォーム領域を使用すると、Microsoft Windows XP およびプログラムのユーザー インターフェイスの一部のようにフォームに表示できます。

  • フォーム領域を使用してデザインしたフォームは、Office Outlook 2007 のメイン ウィンドウと閲覧ウィンドウの両方に表示できます。

  • フォーム領域はアドインを使用して Outlook に展開され、Exchange パブリック フォルダは使用しません。

Office Outlook 2007 に統合された Microsoft Office InfoPath フォーム

業務報告書を毎週送信するような作業に InfoPath フォームを既に使用していて、Office Outlook 2007 で電子メール メッセージを管理する場合、InfoPath の電子メール フォームを使用してこれらの処理を統合すると、共同作業およびデータの共有を行うことができます。これにより、InfoPath を起動しなくても、Office Outlook 2007 から InfoPath フォームを開いて入力し、そのフォームを送信できます。InfoPath 電子メール フォームを受信した場合、Office Outlook 2007 の他のアイテムと同じように、そのフォームへの返信、フォームの転送、およびフォームの保存を行うことができます。

注: 機械翻訳についての免責事項: この記事の翻訳はコンピューター システムによって行われており、人間の手は加えられていません。マイクロソフトでは、英語を話さないユーザーがマイクロソフトの製品、サービス、テクノロジに関するコンテンツを理解するのに役立てるため、こうした機械翻訳を提供しています。記事は機械翻訳されているため、用語、構文、文法などに誤りがある場合があります。

スキルを磨く
トレーニングの探索
新機能を最初に入手
Office Insider に参加する

この情報は役に立ちましたか?

ご意見をいただきありがとうございます。

フィードバックをお寄せいただき、ありがとうございます。Office サポートの担当者におつなぎいたします。

×