Outlook のオプション (詳細設定)

Outlook の操作に関する詳細オプションを表示するには、[ファイル]、[オプション]、[詳細設定] の順にクリックします。

この記事の内容

Outlook ウィンドウ

Outlook の開始と終了

古いアイテムの整理

アラーム

エクスポート

RSS フィード

送受信

開発

表示

その他

Outlook ウィンドウ

Outlook ウィンドウをカスタマイズする    

  • [ナビゲーション] をクリックして、Outlook ウィンドウの下部にあるナビゲーション バーに表示されるアイテムの数を選択します。ナビゲーション ウィンドウ内のアイテムの表示順序を変更するには、[表示する順番] でアイテムをクリックして、[上へ] または [下へ] をクリックします。

  • [閲覧ウィンドウ] をクリックして、新しいメール アイテムをいつ開封済みにするかを指定します。詳細については、「メッセージを開封済みまたは未読にする」を参照してください。

ページの先頭へ

Outlook の開始と終了

[Outlook の起動後に表示するフォルダー]     [参照] をクリックして、Outlook を起動したときに開くフォルダーを選択します。

[Outlook の終了時に、削除済みアイテム フォルダーを空にする]   Outlook を終了するときに、削除済みアイテム フォルダーを自動的に空にするには、このオプションを選択します。

注意: 削除済みアイテム フォルダーを空にすると、そのフォルダー内のすべてのアイテムが完全に削除されます。

ページの先頭へ

古いアイテムの整理

[古いアイテムを削除したり、保存用データ ファイルに移動して、メールボックスのサイズを小さくします]     [自動整理の設定] をクリックして、自動整理の設定をカスタマイズします。詳細については、「古いアイテムを自動的に整理する」を参照してください。

ページの先頭へ

アラーム

[アラームを表示する]   Outlook での会議または予定のアラームを有効または無効にするには、このオプションをオンまたはオフにします。

[音を鳴らす]   アラーム音を有効または無効にするには、このオプションをオンまたはオフにします。[参照] をクリックして、既定のアラーム音 (reminder.wav) をコンピューター上のユーザー定義のサウンド ファイルに置き換えることができます。

ページの先頭へ

エクスポート

[別のプログラムで使用するために Outlook の情報をファイルにエクスポートします]     [エクスポート] をクリックするとインポート/エクスポート ウィザードが開きます。このウィザードでは、メッセージ、予定表、タスク、または連絡先を別のコンピューター上の Outlook に転送したり、Outlook データ ファイル (.pst) 形式でバックアップを作成したりできます。詳細については、「メール、連絡先、予定表を Outlook の .pst ファイルにエクスポートまたはバックアップする」を参照してください。

ページの先頭へ

RSS フィード

[RSS フィード アイテムを新着アイテムとして表示する]   RSS フィードからのアイテムが更新されるたびに新着アイテムとしてマークするには、このオプションを選択します。

[RSS フィードを Windows の共通フィード リスト (CFL) として同期させる]   Internet Explorer と Outlook の両方で同じ RSS フィード購読リストを維持するには、このオプションを選択します。詳細については、「Internet Explorer と Outlook で同じ RSS フィードを表示する」を参照してください。

ページの先頭へ

送受信

[受信アイテムと送信アイテムの送受信について設定します]     [送受信] をクリックして、送受信グループを作成、編集、または削除します。詳細については、「送受信グループを使用する理由」を参照してください。

[接続したら直ちに送信する]   オフライン作業中に作成したメッセージをオンラインに戻ったときに Outlook が直ちに送信するようにするには、このオプションを選択します。

ページの先頭へ

開発

[高度なユーザー設定フォームのオプションを構成します]     [ユーザー設定フォーム] をクリックして、ユーザー設定フォームの詳細オプションを設定します。詳細については、「Outlook フォームのカスタマイズ」を参照してください。

[アドイン ユーザー インターフェイスのエラーを表示する]   既定では、アドインが Outlook ユーザー インターフェイスを操作しようとして失敗した場合、Outlook ではエラー メッセージが表示されません。 このオプションを選択すると、ユーザー インターフェイスに関連するアドイン エラー メッセージを Outlook で表示できます。

ページの先頭へ

表示

[ハードウェア グラフィック アクセラレータを無効にする]    3 次元の図形、図形の効果、およびテキストの効果をレンダリングするために、コンピューターのグラフィック カードの使用を停止するには、このオプションを選択します。

ページの先頭へ

その他

[クイック クリック分類項目の設定]   [クイック クリック] をクリックして、分類項目列をクリックしたときに割り当てられる既定のカテゴリを設定します。

[削除前に確認メッセージを表示する]   アイテムを完全に削除する前に Outlook によって確認メッセージが表示されるようにするには、このオプションを選択します。

[送信メールを分析して、頻繁に電子メールを送信する宛先やよく使用する件名を特定し、この情報を既定の SharePoint サーバーにアップロードする]   仕事仲間とキーワードの候補を提示するために Outlook でのアクティビティを分析するかどうかを管理するには、このオプションをオンまたはオフにします (この機能を使用すると、組織内の同僚や情報により迅速にアクセスできます)。

[トラブルシューティングを記録する (Outlook の再起動が必要)]   特定の Outlook 機能に関するログを有効にして、問題を解決するサポート担当者にとって役立つログを作成するには、このオプションを選択します。詳細については、「[動作履歴を記録する (トラブルシューティング)] オプションの概要」を参照してください。

[以前のバージョンの Microsoft Outlook からグループ スケジュールを移行]   別のバージョンの Outlook からグループ スケジュールを移行するときに、[フォルダーの選択] をクリックしてフォルダーを選択します。

[スレッドおよびグループを展開するときにアニメーションを使用する]   既定では、Outlook には、メッセージの会話またはグループの展開中に簡単なアニメーションが表示されます。このアニメーション効果をオフにするには、このオプションをオフにします。

ページの先頭へ

スキルを磨く
トレーニングの探索
新機能を最初に入手
Office Insider に参加する

この情報は役に立ちましたか?

ご意見をいただきありがとうございます。

フィードバックをお寄せいただき、ありがとうございます。Office サポートの担当者におつなぎいたします。

×