Outlook で InfoPath 電子メール フォーム データを結合する

重要:  この記事は機械翻訳されています。機械翻訳についての「免責事項」をお読みください。この記事の英語版を参照するには、ここをクリックしてください。

既にを毎週、進捗レポートを送信するなどの Microsoft Office InfoPath フォームを使用すると、InfoPath 電子メール フォームをサポートするMicrosoft Office Outlook 2007を使用して電子メール メッセージを管理する場合は、共同作業を行うし、データを共有するために使用プロセスを合理化します。開く、記入し、および InfoPath を開かずにOffice Outlook 2007、内から InfoPath フォームを送信するためです。InfoPath 電子メール フォームが表示された場合に返信、転送、 Office Outlook 2007で他のすべてのアイテムがあると同様に保存する. しできます。

InfoPath フォーム テンプレートのフォーム結合を有効にすると、ユーザーは、InfoPath Forms のフォルダーなどの Office Outlook 2007 フォルダ内に格納されている InfoPath 電子メール フォームを結合できるようになります。フォームを結合することで、多数の異なるフォームのデータを 1 つのフォームにまとめることができます。この機能は、複数の関連するフォームのデータを比較または要約する場合に便利です。たとえば、ある業務グループが複数の週次報告書フォームを記入している場合、そのグループのリーダーは、これらのフォームのデータを 1 つのサマリ レポートにまとめて上司に報告できます。

注記: 

  • 結合したデータは InfoPath フォームとしてのみ保存できます。Office Outlook 2007 で InfoPath 電子メール フォームとしてデータを保存することはできません。

  • InfoPath 電子メール フォームを結合すると、新しいフォームが作成されます。この新しいフォームは、結合した InfoPath 電子メール フォームと同じフォーム テンプレートを基準とします。

InfoPath 電子メール フォームを結合する

  1. Office Outlook 2007 のフォルダ ビューで、結合するフォームを選択します。

    ヒント: 複数のアイテムを選ぶには、ctrl キーを押しながら個々 のアイテムを選択または shift キーを押しし、項目の範囲を選択します。

  2. 選択したフォームを右クリックし、ショートカット メニューの [InfoPath のアクション] をポイントし、[フォームの結合] をクリックします。

    InfoPath が開き、結合したデータを含む新しいフォームが表示されます。この新しいフォームは、選択した InfoPath 電子メール フォームと同じフォーム テンプレートに基づいています。

    注: ユーザーが InfoPath 電子メール フォームを結合するとき、繰り返しコントロールを基に結合されたデータには空白行が含まれる場合があります。たとえば、3 つの経費報告書フォームを結合する場合に、それぞれの繰り返しテーブル内に費用の行が 1 つ含まれているとします。これらの 3 つの経費報告書フォームをユーザーが結合すると、結合したデータを含む InfoPath 電子メール フォームの繰り返しテーブルには空白行が含まれている場合があり、その後に他の InfoPath 電子メール フォームそれぞれのデータ行が 3 つ続くことになります。

  3. 結合したデータを含むフォームを保存するには、[ファイル] メニューの [名前を付けて保存] をクリックし、フォームの保存先になる場所を指定して、[保存] をクリックします。

ヒント: InfoPath 電子メール フォームのデータをエクスポートして、フォーム データを分析することもできます。1 つまたは複数の InfoPath 電子メール フォームのフォーム データを Microsoft Office Excel 2007 ブックにエクスポートできます。InfoPath 電子メール フォームは個別の XML ファイルとしてエクスポートでき、この XML ファイルは、後で InfoPath を使用して保存したり開いたりできます。また、単一の InfoPath 電子メール フォームのフォーム データを、サポートされているその他のファイル形式にエクスポートすることもできます。InfoPath 電子メール フォームのエクスポートの詳細については、「参照」セクションを参照してください。

注: 機械翻訳についての免責事項: この記事の翻訳はコンピューター システムによって行われており、人間の手は加えられていません。マイクロソフトでは、英語を話さないユーザーがマイクロソフトの製品、サービス、テクノロジに関するコンテンツを理解するのに役立てるため、こうした機械翻訳を提供しています。記事は機械翻訳されているため、用語、構文、文法などに誤りがある場合があります。

スキルを磨く
トレーニングの探索
新機能を最初に入手
Office Insider に参加する

この情報は役に立ちましたか?

ご意見をいただきありがとうございます。

フィードバックをお寄せいただき、ありがとうございます。Office サポートの担当者におつなぎいたします。

×