Outlook で Google カレンダーを参照する

Google カレンダーのスナップショットを Outlook にインポートすると、Google カレンダーを他のカレンダーと共に Outlook の予定表ビューで参照することができます。インポートしたカレンダーを最新に保つには、Outlook で Google カレンダーを購読します。購読しない場合にカレンダーを更新する唯一の方法は、別の、より最近のスナップショットをインポートすることです。

ヒント: 今後は Google カレンダーを使用する予定はないが、イベントを保持したい場合は、すべての連絡先が Outlook の 1 つの予定表ビューに統合されるように、Google カレンダーを Outlook にインポートすることができます。

Google カレンダーを購読する

インターネット予定表 (iCalendar) の購読により、Outlook の Google カレンダーのコピーを最新の状態に保つことができます。

  1. Google カレンダーのアカウントにログインします。

  2. 左側の列の [個人の予定表] をクリックして展開し、購読するインターネット予定表として Outlook に追加したいカレンダーの横にある矢印をクリックし、[カレンダー設定] をクリックします。

    Google の [カレンダー設定]

  3. [カレンダーのアドレス] で、[ICAL] をクリックします。

    Google カレンダー - 個人用 iCal を作成

  4. 表示された Web アドレスを右クリックし、ショートカット メニューの [ショートカットのコピー] をクリックします。

    注: リンクはクリックしないでください。リンクをクリックすると、カレンダーは Outlook で予定表スナップショットとして開かれ、更新されません。

    Google カレンダー - リンクをコピー

  5. Outlook で、[ファイル]、[アカウント設定]、[アカウント設定] の順にクリックします。

  6. [インターネット予定表] タブで、[新規] をクリックします。

    新規のインターネット予定表

  7. 手順 4. でコピーしたアドレスを、Ctrl キーを押しながら V キーを押して貼り付け、[追加] をクリックします。

    インターネット予定表の購読

  8. [フォルダー名] ボックスで、Outlook で表示させるカレンダー名を入力し、[OK] をクリックします。

    インターネット予定表の購読のオプション

Outlook を起動すると、Google カレンダーの更新がチェックされ、変更がダウンロードされます。Outlook を開いたままにしていても、定期的に更新がチェックされ、ダウンロードされます (Google カレンダーによって Outlook が更新をチェックする頻度が決まります)。

注: Outlook 内での変更点は、Google カレンダーには送信されません。Google カレンダーを更新するには、ブラウザーで Google カレンダーを開きます。

Google カレンダーからカレンダーをインポートする

  1. Google カレンダーのアカウントにログインします。

  2. 左側の列の [マイカレンダー] をクリックして展開し、Outlook にインポートしたいカレンダーの横にある矢印をクリックし、[カレンダー設定] をクリックします。

    Google の [カレンダー設定]

  3. [カレンダーのアドレス] で、[ICAL] をクリックします。

    Google カレンダー - 個人用 iCal を作成

  4. [カレンダーのアドレス] ダイアログ ボックスで、カレンダーの Web アドレスをクリックします。

    Google カレンダーの [カレンダーのアドレス] ダイアログ ボックス

  5. 確認のメッセージが表示されたら、[開く] をクリックして Outlook にカレンダーをインポートします。

Google カレンダー - Internet Explorer からカレンダーを開く

カレンダーは Outlook 予定表に並列表示で開きます。また、予定表ビューのナビゲーション ウィンドウの [他の予定表] にも追加されます。

Outlook で並列表示されるインポートされた Google カレンダー

注: インポートされたカレンダーは静的スナップショットです。更新するには購読するか、またはこの手順を繰り返して Google カレンダー内のカレンダーの最新のコピーをインポートする必要があります。

次のステップ

Outlook のセットアップでは、次のことを行うこともできます。

Office 365 の使い方の詳細については、Office 365 ラーニング センターを参照してください。

スキルを磨く
トレーニングの探索
新機能を最初に入手
Office Insider に参加する

この情報は役に立ちましたか?

ご意見をいただきありがとうございます。

フィードバックをお寄せいただき、ありがとうございます。Office サポートの担当者におつなぎいたします。

×