Outlook で配布リストを Office 365 グループにアップグレードする

重要:  この記事は機械翻訳されています。機械翻訳についての「免責事項」をお読みください。この記事の英語版を参照するには、ここをクリックしてください。

投稿者: Diane Faigel
最終更新日: 6 年 9 月、2017年

簡単配布リストを Outlook で Office 365 のグループにアップグレードすることができます。これは、すべての機能と Office 365 のグループの機能は、組織の配布リストを提供する優れた方法です。Outlook でのグループに配布リストをアップグレードする必要がある理由

配布リストの 1 つずつ、または同時にいくつかアップグレードできます。

Outlook で 1 つまたは複数の配布リストを Office 365 グループにアップグレードする

  1. https://aka.ms/admincenter

    https://portal.office.de/adminportal/home#/homepage で、Office 365 管理者アカウントを使用してサインインします。

    21Vianet が運営する Office 365 にサインインします

  2. [管理センター]、[Exchange] の順に移動します。

  3. Exchange 管理センターで、[受信者]、[グループ] の順に選択します。

    Office 365 グループにアップグレードする対象である配布リスト (配布グループとも呼ばれる) があることを示す通知が表示されます。

    [はじめに] をクリックします。

  4. グループ ページから 1 つまたは複数の配布リスト (配布グループとも呼ばれる) を選択します。

    グループ ページから配布グループを選択する
  5. アップグレード アイコンを選びます。

    Office 365 グループへのアップグレード アイコンをクリックまたはタップする
  6. [情報] ダイアログで、[はい] を選んでアップグレードを確認します。プロセスがすぐに開始されます。アップグレードする配布リストのサイズや数に応じて、処理には数分または数時間かかることがあります。

    配布リストをアップグレードできない場合は、それを示すダイアログが表示されます。「アップグレードできる配布リスト」を参照してください。

  7. 複数の配布リストをアップグレードする場合は、ドロップダウンを使用して、アップグレードされている配布リストをフィルター処理します。リストが完了していない場合は、しばらく待って、[更新] を選び、アップグレードの状況を確認します。

    選択した配布リストのすべてのアップグレード プロセスが完了しても、通知は表示されません。[アップグレード可能] または [アップグレードされた配布リスト] に一覧された内容を確認して、これを把握することができます。

  8. アップグレードする配布リストを選択しても、ページ上に [アップグレード可能] と表示され続ける場合は、アップグレードに失敗しています。「アップグレードが機能しない場合の対処方法」を参照してください。

注: グループのダイジェスト メールを受け取っている場合は、下部に通知が表示され、所有者になっている対象の配布リストをアップグレードできるように示されることがあります。ダイジェスト メールの詳細については、「Have a group conversation in Outlook」 (Outlook でグループ会話を使用する) を参照してください。

Outlook on the web で 1 つの配布リストを Office 365 グループにアップグレードする

注: この新機能は、世界に段階的に公開されます。[アップグレード] オプションが表示されない場合は、まだ公開されていません。しばらくしてから、ご確認ください。

Outlook on the web で、配布リストの所有者には、左側のナビゲーション ウィンドウの [グループ] セクションにある対象の配布リストの一覧が表示されます。配布リストをアップグレードするには、配布リストをクリックして、表示されたダイアログ ボックスの [アップグレード] をクリックするだけです。

グループにアップグレードする配布リストをクリックする ナビゲーション ウィンドウで配布リストをクリックし、[アップグレード] を選びます。

このオプションは、Office 365 グループを作成する権限を持つ、配布リストの所有者だけが使用できます。

どの配布リストが対象かわからない場合「アップグレードできる配布リスト」を参照してください。

アップグレードが機能しない場合の対処方法

アップグレードに失敗した配布リストは、変更されないまま保持されます。

1 つ以上の対象の配布リストがアップグレードに失敗した場合は、サポート チケットを開きます。問題を解決するために、この問題をグループ エンジニアリング チームにエスカレーションする必要があります。

サービスが停止しているため、配布リストがアップグレードされなかった可能性もありますが、この可能性は低いです。必要な場合は、しばらく待ってから、もう一度配布リストをアップグレードします。

PowerShell を使用して複数の配布リストを同時にアップグレードする方法

PowerShell を使用したことがある場合は、UI を使用する代わりに、この手順を行う可能性があります。一括で配布リストをアップグレードするのに役立つ、スクリプトのセットを用意しています。これらのスクリプトでは、配布リストがアップグレードの対象であるかどうかを確認し、アップグレードに役立てることができます。

注: New-UnifiedGroup PowerShell コマンドレットを使用して、1 つの配布リストを Office 365 グループにアップグレードすることもできます。

  • Microsoft ダウンロード センター」からスクリプト ファイルをダウンロードします。

  • PowerShell 3.0 を使用していることを確認します。

  • ディレクトリ パスに出力するには、PowerShell で $env:PSModulePath.Split(";")[0] コマンドを実行します。モジュール DlMigrationModule.psm1 と文字列ファイル DlMigration.strings.psd1 をディレクトリの場所にコピーします。

アップグレード スクリプトと実行される内容の一覧

  • Get-DlEligibilityList.ps1 - このスクリプトは組織内のすべての配布リストを確認して、詳細な対象ファイル (DlEligibilityList.txt) を出力し、更新対象の配布リストを一覧表示します。ファイルには、配布リストに関する次の情報、ExternalDirectoryObjectId、PrimarySmtpAddress、エイリアス、名前、表示名、対象、理由、メンバー数、MemberSmtpList、OwnersDistinguishedName が含まれます。

    詳細については、「アップグレードできる配布リスト」を参照してください。

  • Convert-DistributionGroupToUnifiedGroup.ps1 - このスクリプトは、DlEligibilityList.txt ファイルで選択されている配布リストの変換と移行を実行し、その結果を MigrationOutput.txt ファイルに書き込みます。

    MigrationOutput.txt ファイルには、配布リストに関する次の情報も含まれます。DL-ExternalDirectoryObjectId、DL-PrimarySmtpAddress、UG-ExternalDirectoryObjectId、UG-PrimarySmtpAddress、MigrationStatus、エラー メッセージ

  • DlMigrationModule.psm1 - このモジュールには、Get-EligibilityList と Convert-DistributionGroupToUnifiedGroup スクリプトによって使用される、対象と移行のロジックが含まれます。

  • DlMigration.strings.psd1 - ブラウザーの言語設定に基づいて、移行スクリプトによって表示されるローカライズされたメッセージです。

アップグレード スクリプトの実行方法

アップグレードが数日間にわたる場合は、アップグレードを開始する前に、必ず最新のスクリプトをダウンロードしてください。

  1. Exchange PowerShell に接続します

  2. Get-DlEligibilityList.ps1 スクリプトを実行します。結果は、作業ディレクトリ内の DlEligibilityList.txt ファイルに保存されます。

    Get-DlEligibilityList.ps1 –WorkingDir “C:\Users\Administrator\Desktop\Migration” 
    
  3. DlEligibilityList.txt ファイルのコピーを作成して、アップグレードしない行を削除すると、次の手順でこの DlEligibilityList.txt ファイルを使用できます。.txt ファイルのファイル形式を変更しないでください。

  4. Convert-DistributionGroupToUnifiedGroup.ps1 スクリプトを実行します。結果は、作業ディレクトリ内の MigrationOutput.txt ファイルに保存されます。

    Convert-DistributionGroupToUnifiedGroup.ps1 -WorkingDir “C:\Users\Administrator\Desktop\Migration” –DlEligibilityListPath “C:\Users\Administrator\Desktop\Migration\DlEligibilityList.txt”
  5. MigrationOutput.txt ファイルを確認して、移行が機能したことを確認します。

  6. Office 365 管理センターを確認して、新しい Office 365 グループが組織内で作成されていることを確認します。

    管理センター プレビューで Office 365 グループを表示する

    配布リストの SMTP アドレスエイリアスの名前が変更され、配布リストはアドレス一覧で非表示になります。

移行の状態を確認する

  • MigrationOutput.txt - このファイルには、移行の状態が示されます。ファイルに表示される状態は、次のとおりです。

    • Success – 移行が正常に完了しました。

    • Failure – 移行が失敗して、エラー メッセージの列に詳細が示されます。

    • NotEligible – 配布リストは対象条件を満たしていません。

    • SuccessActionRequired – 配布リストは、すべてのメンバーとプロパティにアップグレードされましたが、SMTP の再利用または配布リストの削除にいくつかの問題があります。エラー メッセージには、操作を行うために必要な情報が含まれています。

    • FailureActionRequired - 移行が失敗しました。未使用のグループのクリーンアップとして、管理者に必要な操作がいくつかあります。

    • UnknownError – 詳細については、エラー メッセージの列を確認します。

Outlook での配布リストの Office 365 グループへのアップグレードに関する FAQ

アップグレードできる配布リスト

クラウド管理されている、単純で入れ子になっていない配布リストのみをアップグレードできます。次の表は、アップグレードできない配布リストを一覧しています。

プロパティ

対象

オンプレミスで管理される配布リスト

いいえ

入れ子になった配布リスト子グループがあるか、または別のグループのメンバーである配布リスト

いいえ

UserMailbox、SharedMailbox、TeamMailbox、MailUser 以外の RecipientTypeDetails のメンバーを含む配布リスト

いいえ

100 を超えるの所有者には、配布リスト

いいえ

メンバーのみで、所有者を含まない配布リスト

いいえ

特殊文字を含むエイリアスがある配布リスト

いいえ

配布リストが共有メールボックスの転送アドレスになるように構成されている場合

いいえ

配布リストが別の配布リストの送信者制限の一部である場合

いいえ

セキュリティ グループ

いいえ

動的配布リスト

いいえ

RoomLists に変換された配布リスト

いいえ

Get-DlEligibilityList.ps1 スクリプトは、組織内のすべての配布リストを確認し、アップグレードされる対象の配布リストを一覧する対象ファイルを出力します。メンバーと所有者の詳細情報を使用して、アップグレード通知を送信したり、アップグレードに必要な時間を決定したりすることができます。

スクリプト内の対象の定義を次に示します。

  • 対象 - 配布リストは、Office 365 グループのすべての機能を使用して、Office 365 にアップグレードすることができます。

  • 情報 - 配布リストは、Office 365 グループにアップグレードできますが、グループの機能について追加の情報を提供する必要があります。

  • 警告 - 配布リストは、ほとんどの機能を使用して、Office 365 にアップグレードすることができます。重要ではないもののうち、いくつかが動作しない可能性があります。スクリプト内のパラメーターを使用して、配布リストをアップグレードすることを選択できます。

  • 対象外 - これらの配布リストは、Office 365 グループにアップグレードできません。

どのユーザーがアップグレード スクリプトを実行できますか?

New-UnifiedGroup コマンドレットを実行するアクセス許可があるすべての管理者が、スクリプトを実行できます。

スクリプトの実行の所要時間は? 制限はありますか?

単一の接続の場合、Get-DlEligibilityList.ps1 で約 300 個の配布リストの対象を確認するには、約 25 分かかります。Convert-DistributionGroupToUnifiedGroup.ps1 の実行にかかる時間は、アップグレードされる配布リストのメンバー数によって異なります。250 のメンバーごとに約 1 分かかります。-NoOfConnections パラメーターを 2 または 3 に設定すると、スクリプトを早く処理することができます。

組織の配布リストの数が 5000 を超える場合、または対象リストが動作を停止しているように見えて、何時間も PowerShell コンソールに出力が表示されない場合は、-CustomFilterOnAlias パラメーターを使用して Get-DlEligibilityList.ps1 スクリプトに含まれる配布リストを分割し、セットごとに移行手順を実行します。たとえば、-CustomFilterOnAlias @("a*","b*") が入力として渡される場合、対象スクリプトは、a または b で始まるエイリアスを持つ配布リストのみを確認します。

MigrationOutput.txt ファイルの状態 ‘Running’ にはどのような意味がありますか?

この配布リストは移行用に取得されましたが、最終状態が有効でないことを意味します。これは、処理中に Ctrl + C キーを押したか、スクリプトを停止しようとした場合や、ネットワークまたはシステムに問題があるため、セッションの接続が解除された場合に発生します。

この場合、–DeleteDlAfterMigration が true に設定されていなければ、配布リストの ExternalDirectoryObjectId (MigrationOutput.txt 内) を使用して、Get-DistributionGroup を実行し、配布リストの状態を確認することができます。配布リストがアップグレードされた場合、配布リストの SMTP には Office 365 グループの GUID が含まれます。Get-UnifiedGroup <GUID> は、グループの詳細情報を返します。グループの SMTP アドレスが期待どおりかどうかを確認します。

–DeleteDlAfterMigration パラメーターが true に設定された場合は、配布リストの ExternalDirectoryObjectId を使用して、Get-DistributionGroup を実行し、配布リストの状態を確認することができます。結果が存在しない場合、配布リストが正常にアップグレードされたことを意味します。配布リストが存在して、SMTP アドレスが変更されていない場合は、グループの作成に失敗しています。配布リストに GUID を含む名前の変更された SMTP がある場合、Get-UnifiedGroup <GUID> を実行し、グループの詳細情報を確認します。また、配布リストの SMTP アドレスと Office 365 グループも確認します。

FailureActionRequired の場合に Azure AD で作成したグループをどのように削除しますか?

エラー メッセージに示されている Office グループ ID を渡して、Azure Active Directory で Remove-MsolGroup コマンドレットを実行します。

Remove-MsolGroup –ObjectId GUID

Azure Active Directory コマンドレットを確認します。

バッチでスクリプトを実行できますか?

バッチ サイズを入力として指定するオプションがあります。たとえば、バッチ サイズを 100 に指定すると、100 * n [接続数] の配布リストを処理するごとに、処理数と成功数が PowerShell コンソールに表示されます。Convert-DistributionGroupToUnifiedGroup.ps1 スクリプトの場合、バッチごとにダイアログが表示され、続行するかどうかを確認します。

各バッチを実行するおおよその見積時間に基づいて、バッチ サイズを選択するため、必要に応じて、スクリプトを停止することができます。 Convert-DistributionGroupToUnifiedGroup.ps1 スクリプトの実行中に Ctrl + C キーを押すか、閉じた場合、アップグレードされている現在の配布リストの状態を確認することはできません。たとえば、10 個の配布リストがバッチ処理でアップグレードされいて、7 番目の配布リストがアップグレードされるときに Ctrl + C キーを押した場合、状態は最初の 6 個の配布リストに対して有効になります。7 番目の配布リストの状態は失われます。

既にアップグレードされているのに、削除されていない組織内の配布リストをすべて一覧表示する方法は?

$migratedDls = Get-DistributionGroup -Filter { Alias -Like 'MigratedDl-*' } | ForEach-Object { $guid = $_.Alias.Replace("MigratedDl-",""); $group = Get-UnifiedGroup $guid; if($group -ne $null) { Echo $_ } }

システムがシャットダウンされるか、PowerShell を誤って終了した場合、どのように対処しますか?

Get-DlEligibilityList.ps1 を実行しているときにシステムがシャットダウンされる場合、-ContinueFromPrevious スイッチを使用してスクリプトを再実行します。

Convert-DistributionGroupToUnifiedGroup.ps1 スクリプトを実行しているときにシステムがシャットダウンされる場合、もう一度 Convert-DistributionGroupToUnifiedGroup.ps1 スクリプトを実行します。Get-DlEligibilityList.ps1 スクリプトを再実行する必要はありません。MigrationOutput.txt ファイルの最新のアーカイブを確認して、"Running" の状態の配布リストを確認します。

SMTP アドレスが再利用されない場合や、SMTP アドレスが一意の場合、どのように対処しますか?

Get-Recipient <SMTP> または Get-UnifiedGroup コマンドレットを使用して、同じ SMTP アドレスを使用する受信者を特定します。配布リスト/グループ/受信者のいずれかで、この SMTP を持つオブジェクトを呼び出します。Set-UnifiedGroup または Set-DistributionGroup で –EmailAddresses パラメーターを使用して、これらのオブジェクトのアドレスを更新します。

DlEligibilityList.txt ファイルから Convert-DistributionGroupToUnifiedGroup.ps1 スクリプトに出力をパイプ処理できますか?

DlEligibilityList.txt ファイルから Convert-DistributionGroupToUnifiedGroup.ps1 スクリプトに出力をパイプ処理できます。この場合は、対象の配布リストとそのデータのすべてがアップグレードされます。対象外の配布リストはアップグレードされません。DlEligibilityList.txt ファイルに対象外の配布リストがある場合は、もう一度対象を確認するため、スクリプトを実行するために長い時間がかかります。

連絡先カードに依然として配布リストが表示されるのはなぜでしょうか。アップグレードした配布リストが自動提案リストに表示されないようにするにはどうすればよいでしょうか。

  • Outlook の場合

    • 誰かが Outlook で電子メールを送信するために移行後に Office 365 グループ名を入力すると、受信者は Office 365 グループではなく配布リストとして解決されます。受信者の連絡先カードは配布リストの連絡先カードとなります。これは Outlook の受信者キャッシュまたはニックネーム キャッシュに起因します。電子メールは Office 365 グループに正常に送信されますが、送信者は混乱することがあります。

      Outlook のオートコンプリートの一覧についての情報」というトピックにある手順を実行してキャッシュをリセットすると、この問題は解消されます。

  • Outlook on the web の場合

新しいグループのメンバーは、受信トレイでウェルカム メッセージを受け取りますか?

いいえ。ウェルカム メッセージを有効にする設定は、既定で false に設定されています。この設定は、既存のグループ メンバーにも、移行が完了した後に参加する可能性がある新しいグループ メンバーにも影響します。グループの所有者が後でゲスト ユーザーを許可した場合、ゲスト ユーザーは受信トレイでウェルカム メールを受け取ることはありません。ゲスト メンバーはグループで継続して作業を行うことができます。

EAC からのアップグレードに失敗した場合、配布リストはどうなりますか?

呼び出しがサーバーに送信された場合にのみ、アップグレードが発生します。アップグレードが失敗した場合、配布リストはそのまま保持されます。配布リストは、以前のように動作します。

よく使うパラメーター

  • ConvertClosedDlToPrivateGroup - 既定では、閉じられた配布リストはプライベート グループに変換されます。閉じられた配布リストをプライベート グループに変換しない場合は、ConvertClosedDlToPrivateGroup パラメーターを $false に設定します。

  • DeleteDlAfterMigration - Convert-DistributionGroupToUnifiedGroup.ps1 の実行中に、このパラメーターが $true に設定されると、移行が成功した場合、配布リストは削除されます。

  • NoOfConnections - 移行に使用できる並列接続の数。範囲は 1 から 3 です。既定値は 1 です。3 つ使用することを選択した場合、スクリプトが完了するまで、新しい Exchange PowerShell セッションを開くことはできません。

  • Credential - NoOfConnections が指定された場合に、新しいセッションを開くための管理者ログイン資格情報。

  • WorkingDir - スクリプトのログと出力ファイルが保存される場所。既定値:現在の作業ディレクトリ。

  • ContinueFromPrevious - このパラメーターを true に設定した場合、スクリプトは作業ディレクトリの前回に実行した出力ファイルを確認して、停止されたポイントから続行しようとします。この操作を行うには、渡された WorkingDir と管理者が実行を続行する場所を同じにする必要があります。Exchange が、前回の実行に関する状態を保存することはありません。状態は WorkingDir のファイルに保存されます。このパラメーターは、Get-DlEligibilityList.ps1 スクリプトでのみ利用できます。

  • Convert-DistributionGroupToUnifiedGroup.ps1 スクリプトを実行するごとに、前回の移行の実行からの MigrationOutput.txt ファイルは、MigrationOutput_yyyyMMddHHmmss.txt としてアーカイブされ、新しい出力ファイルが作成されます。同じ入力ファイルを複数の実行で使用する場合は、完了した行を削除して、もう一度実行します。スクリプトは前回の出力を記憶しないため、処理済みの配布リストをもう一度アップグレードしようとして、余分なオーバーヘッド時間が必要になる可能性があります。配布リストが既にアップグレードされている場合、出力には配布リストが無効であることが示されます。それ以外の場合は、再試行されます。

LinkedIn ラーニングのショート アイコンです。 Office 365 を初めてお使いの場合は
、LinkedIn ラーニングによって提供された Office 365 管理者および IT プロフェッショナル向けの無料のビデオコースをご覧ください。

注: 機械翻訳についての免責事項: この記事の翻訳はコンピューター システムによって行われており、人間の手は加えられていません。マイクロソフトでは、英語を話さないユーザーがマイクロソフトの製品、サービス、テクノロジに関するコンテンツを理解するのに役立てるため、こうした機械翻訳を提供しています。記事は機械翻訳されているため、用語、構文、文法などに誤りがある場合があります。

スキルを磨く
トレーニングの探索
新機能を最初に入手
Office Insider に参加する

この情報は役に立ちましたか?

ご意見をいただきありがとうございます。

フィードバックをお寄せいただき、ありがとうございます。Office サポートの担当者におつなぎいたします。

×