Outlook で予定表を共有するためのユーザー エクスペリエンスの変更

注: 最新のヘルプ コンテンツをできるだけ早く、お客様がお使いの言語で提供したいと考えております。 このページは、自動翻訳によって翻訳されているため、文章校正のエラーや不正確な情報が含まれている可能性があります。 私たちの目的は、このコンテンツがお客様の役に立つようにすることです。 お客様にとって役立つ情報であったかどうかを、このページの下部でお知らせください。 簡単に参照できるように、こちらに英語の記事があります。

Outlook for Office O365 の毎月のチャンネル ビルドで (バージョン 1805 以降)、Office 365 アカウントまたは Outlook.com アカウントを使っている場合は、予定表を共有しているときに発生くらい簡単なユーザーが表示されます。

新しいエクスペリエンスの共有にアクセス許可レベルと関連するその他のオプションをわかりやすさと理解しやすい統合されています。 Outlook for Windows、Mac、Outlook.com、および web 版 Outlook での Outlook を含めて、最近のすべての Outlook クライアントの間で同じオプションと権限レベルが表示されます。

このシンプルでは、Outlook の環境の外観をいくつかの変更が必要です。 また、不要になったサポートされている 2 つの共有のシナリオがあります。

  • 予定表の共有メールボックスへのフル アクセス権限がある場合

  • メールボックスに作成者の権限がある場合は、予定表を共有

予定表の共有メールボックスへのフル アクセス権限がある場合

予定表のプロパティ] ダイアログ ボックスを開く権限を選択すると、メールボックスのフル アクセス権限がある場合は、メッセージが表示されますが一部のアクセス許可を表示することはできません

アクセス許可を表示することはできません。

詳細については、管理者は、Fiddler でサーバーの応答を表示することができます。 エラー メッセージは、次の 400 メッセージようになります。

{"エラー"という: {「コード」:"ErrorIncorrectRoutingHint"、「メッセージ」:「x アンカー メールボックス 'PUID:MailboxPUID' と一致しない要求の対象です」}}。

メールボックスに作成者の権限がある場合は、予定表を共有

メールボックスに作成者の権限がある場合は、予定表を共有は、現在サポートされていません。 今後の更新プログラムでは、この機能を復元する必要があります。

回避策

Office 365 のユーザーをブロック解除するためのレジストリ キーを設定します。

警告: ここでは、レジストリに手動で変更する必要があるために、管理者向け想定しています。 さらに、組織には、グループ ポリシーを実装してユーザーが自分のレジストリを変更できないようにする場合があります。 このセクションの手順には慎重に従ってください。 深刻な問題は、レジストリを正しく編集する場合に発生することができます。 前に問題が発生した場合に、復元するため、レジストリをバックアップする、変更を加えます。

従来の予定表共有の UI に戻すためのレジストリ キーが導入されています。 このレジストリ キーは、毎月のチャンネル 1903 以降のバージョンでサポートされます。 前の年 2019年 4 月生産に毎月チャンネル 1903 のバージョンがリリースされました。 管理者は、次のレジストリ サブキーを作成する必要があります。

レジストリ サブキー

Type

HKCU\Software\Microsoft\Office\16.0\Outlook\Options\Calendar\ShowLegacySharingUX

REG_DWORD

1

レジストリ サブキーを追加します。

関連トピック

Office 365 での予定表の共有

Office のスキルを磨く
トレーニングの探索
新機能を最初に入手
Office Insider に参加する

この情報は役に立ちましたか?

ご意見をいただきありがとうございます。

フィードバックをお寄せいただき、ありがとうございます。Office サポートの担当者におつなぎいたします。

×