Outlook でスクリーン リーダーを使用してメールのテキストの書式設定を行う

Outlook でスクリーン リーダーを使用してメールのテキストの書式設定を行う

ラベルのスクリーン リーダー コンテンツ付きの読み上げシンボル。このトピックでは、Office でスクリーン リーダーを使用する方法について説明します。

この記事は、Office アクセシビリティ コンテンツ セットの一部であり、Office 製品でスクリーン リーダー プログラムを使うユーザーを対象としています。一般的なヘルプについては、Office サポート ホームをご覧ください。

Outlook 2016 ではキーボードとナレーター (Windows の組み込みスクリーン リーダー) を使って、メール メッセージ内のテキストを追加または変更できます。たとえば、フォントを変更したり、別の書式設定オプションを適用したり、メッセージの読みやすさを向上させたりできます。

注記: 

  • Office 365 の新しい機能は Office 365 サブスクライバーに段階的にリリースされるため、お使いのアプリではこれらの機能をまだ使用できない可能性があります。より早く新機能を入手するための方法については、「Office 2016 for Office 365 の最新機能を入手できる時期」を参照してください。

  • キーボード ショートカットについては、「Outlook のキーボード ショートカット」を参照してください。

  • このトピックでは、組み込みの Windows スクリーン リーダーであるナレーターを使っていることを前提としています。ナレーターの使用の詳細については、「ナレーターの概要」をご覧ください。

  • このトピックでは、PC でこのアプリを使っていることを前提としています。一部のナビゲーションとジェスチャは、Windows Phone またはタブレットでは異なる場合があります。

  • このトピックでは、JAWS の機能についても説明します。JAWS for Windows の詳細については、「JAWS for Windows クイック スタート ガイド」をご覧ください。

この記事の内容

テキストを追加または編集する

  1. メール メッセージを作成しているときに、必要に応じて、Tab キーを繰り返し押し、メッセージ本文に移動します。フォーカスがメッセージ本文に移動すると、ナレーターによって "<メッセージのタイトル> メッセージ、編集" と読み上げられます。JAWS では、"メッセージ、編集" と読み上げられます。

  2. 新しいメッセージを作成する場合は、入力を開始します。

    変更する、または作成を続けるテキストがある場合、方向キーを使用してメッセージ テキスト内を移動し、Shift キーを押しながら方向キーを押し、テキストを選択します。テキストを追加するか、置き換えます。

フォントを変更する

  1. メール メッセージを作成しているときに、変更するテキストの一部を選択するか、メッセージ本文にフォーカスを移動します (テキストがない場合)。

  2. Alt キーを押しながら H キーを押し、F キー、F キーを押します。フォーカスがフォント フィールドに移動します。

  3. 下方向キーを押して、フォント オプション間を移動します。移動するたびに、スクリーン リーダーによってフォントが読み上げられます。使用するフォントで Enter キーを押します。選択されているフォントが適用されます。

フォントのサイズを変更する

  1. メール メッセージを作成しているときに、サイズを変更するテキストを選択するか、メッセージ本文にフォーカスを移動します (テキストがない場合)。

  2. Alt キーを押しながら H キーを押し、F キー、S キーを押します。フォーカスがフォント サイズ フィールドに移動します。

  3. 使用する新しいフォント サイズを入力し、Enter キーを押します。新しいサイズが適用されます。

テーマのフォントを使用する

  1. メール メッセージを作成しているときに、Alt キーを押しながら P キーを押し、T キー、F キーを押します。テーマのフォントの一覧が開きます。

  2. 下方向キーまたは上方向キーを押して、フォント オプション間を移動します。移動するたびに、スクリーン リーダーによってフォント オプションが読み上げられます。

  3. 目的のオプションで Enter キーを押します。

太字、斜体、下線の書式を適用する

  1. メール メッセージを作成しているときに、書式設定するテキストの一部を選択します。

  2. 書式設定オプションを選択します。

    操作内容

    キー

    太字の設定を適用する。

    Ctrl + B

    斜体の書式を適用する。

    Ctrl + I

    下線の書式を適用する。

    Ctrl + U

見出しを追加する

  1. メール メッセージを作成しているときに、見出しにするテキストの一部を選択するか、見出しを挿入する場所にフォーカスを移動します。

  2. Alt キーを押しながら O キーを押し、L キーを押します。[スタイル] 選択が開きます。

  3. 方向キーを使用して、オブジェクト間を移動します。移動するたびに、スクリーン リーダーによってフォント オプションが読み上げられます。

  4. 使用する見出しスタイルで Enter キーを押します。テキストの一部が選択されている場合は、そのテキストに見出しスタイルが適用されます。新しい見出しを挿入する場合は、ここで見出しを入力できます。

関連項目

Outlook でスクリーン リーダーを使用して箇条書きリストまたは番号付きリストを作成する

Outlook でスクリーン リーダーを使用してスペル チェックと文章校正を行う

Outlook のキーボード ショートカット

Outlook のメール内を移動するためのキーボード ショートカット

Outlook のメールでスクリーン リーダーを利用する基本的な作業

Office 365 のアクセシビリティ機能を使用するためのデバイスのセットアップ

アクセシビリティ機能を利用して Outlook を操作する方法

Outlook for Mac ではキーボードと VoiceOver (Mac の組み込みスクリーン リーダー) を使って、メール メッセージ内のテキストを追加または変更できます。たとえば、フォントやフォント サイズを変更したり、太字、斜体、下線など、他の書式設定オプションを適用したりできます。

注記: 

この記事の内容

テキストを追加または編集する

  1. メール メッセージを作成しているときに、必要に応じて、Tab キーを繰り返し押し、メッセージ本文に移動します。フォーカスがメッセージ本文に移動すると、"ドキュメント、テキスト" と読み上げられます。

  2. 新しいメッセージを作成する場合は、入力を開始します。

    変更する、または作成を続けるテキストがある場合、方向キーを使用してメッセージ テキスト内を移動し、Shift キーを押しながら方向キーを押し、テキストを選択します。テキストを追加するか、置き換えます。

フォントを変更する

  1. メール メッセージを作成しているときに、変更するテキストの一部を選択するか、メッセージ本文にフォーカスを移動します (テキストがない場合)。フォーカスがメッセージ本文に移動すると、"ドキュメント、テキスト" と読み上げられます。

  2. Command キーを押しながら D キーを押します。"フォント" と読み上げられます。

  3. 下方向キーまたは上方向キーを押して、フォント オプション間を移動します。使用するフォントが読み上げられたら Enter キーを押します。新しいフォントが適用されます。

フォントのサイズを変更する

  1. メール メッセージを作成しているときに、変更するテキストの一部を選択するか、メッセージ本文にフォーカスを移動します (テキストがない場合)。

  2. 2 ポイントずつフォント サイズを変更するには、次の操作を行います。

    • サイズを大きくするには、Command キーを押しながら正符号 (+) を押します。

    • サイズを小さくするには、Command キーを押しながら負符号 (-) を押します。

太字、斜体、下線の書式を適用する

  1. メール メッセージを作成しているときに、書式を設定するテキストの一部を選択するか、メッセージ本文にフォーカスを移動します。

  2. 書式設定オプションを選択します。

    操作内容

    キー

    太字の設定を適用する。

    Command + B

    斜体の書式を適用する。

    Command + I

    下線の書式を適用する。

    Command + U

関連項目

Outlook でスクリーン リーダーを使用して箇条書きリストまたは番号付きリストを作成する

Outlook でスクリーン リーダーを使用してスペル チェックと文章校正を行う

Outlook for Mac のキーボード ショートカット

Outlook のメールでスクリーン リーダーを利用する基本的な作業

Office 365 のアクセシビリティ機能を使用するためのデバイスのセットアップ

アクセシビリティ機能を利用して Outlook を操作する方法

iOS 版 Outlook では VoiceOver (iOS の組み込みスクリーン リーダー) を使って、メール メッセージ内のテキストを追加または変更できます。

注記: 

  • Office 365 の新しい機能は Office 365 サブスクライバーに段階的にリリースされるため、お使いのアプリではこれらの機能をまだ使用できない可能性があります。より早く新機能を入手するための方法については、「Office 2016 for Office 365 の最新機能を入手できる時期」を参照してください。

  • このトピックでは、組み込みの iOS スクリーン リーダーである VoiceOver を使っていることを前提としています。VoiceOver の使用の詳細については、「Apple accessibility」 (Apple のアクセシビリティ) をご覧ください。

  • このトピックでは、iPhone を使っていることを前提としています。一部のナビゲーションとジェスチャは、iPad では異なる場合があります。

この記事の内容

新しいメール メッセージにテキストを追加する

  1. 新しいメール メッセージの作成を開始するとき、フォーカスは [宛先] フィールドにあります。"宛先、テキスト フィールド" と読み上げられます。メッセージ本文に移動するには、"複数行テキスト フィールド" と読み上げられるまで右にスワイプします。

  2. 画面をダブルタップし、スクリーン キーボードを使用して、入力を開始します。

メール メッセージでテキストを編集する

  1. メール メッセージを作成しているとき、必要に応じて、右または左にスワイプし、メッセージ本文に移動します。フォーカスがメッセージ本文に移動すると、"複数行テキスト フィールド" と読み上げられます。

  2. 画面をダブルタップします。テキストを編集または追加する場所に移動するまで、上または下に繰り返しスワイプし、テキストを 1 文字ずつ移動します。

  3. 右にスワイプしてスクリーン キーボードに移動し、そのキーボードを使用してテキストを編集します。完了後、スクリーン キーボードを非表示にするには、画面を 1 回タップします。

関連項目

Outlook でスクリーン リーダーを使用してスペル チェックと文章校正を行う

Outlook のメールでスクリーン リーダーを利用する基本的な作業

Office 365 のアクセシビリティ機能を使用するためのデバイスのセットアップ

アクセシビリティ機能を利用して Outlook を操作する方法

Android 版 Outlook では TalkBack (Android の組み込みスクリーン リーダー) を使って、メール メッセージ内のテキストを追加または変更できます。

注記: 

  • Office 365 の新しい機能は Office 365 サブスクライバーに段階的にリリースされるため、お使いのアプリではこれらの機能をまだ使用できない可能性があります。より早く新機能を入手するための方法については、「Office 2016 for Office 365 の最新機能を入手できる時期」を参照してください。

  • このトピックでは、組み込みの Android スクリーン リーダーである TalkBack を使っていることを前提としています。TalkBack の使用の詳細については、「Android accessibility」 (Android のアクセシビリティ) をご覧ください。

  • このトピックでは、Android スマートフォンでこのアプリを使っていることを前提としています。一部のナビゲーションとジェスチャは、Android タブレットでは異なる場合があります。

この記事の内容

新しいメール メッセージにテキストを追加する

  1. メール メッセージを作成しているときに、"メッセージ本文" と読み上げられるまで右にスワイプします。

  2. 画面をダブルタップして、フォーカスをメッセージ本文に移動します。

  3. スクリーン キーボードを使用して、入力を開始します。

メール メッセージでテキストを編集する

  1. メール メッセージを作成しているときに、最初に編集するテキストの一部を特定します。たとえば、"単語"、"行" など、目的に合った最適なナビゲーション モードが読み上げられるまで、上にスワイプできます。

  2. 編集する、または作成を続けるテキストの一部が読み上げられるまで、左または右にスワイプします。フォーカスは、読み上げられた単語または行の直前にあります。

  3. スクリーン キーボードを使用して、テキストを編集します。

関連項目

Outlook でスクリーン リーダーを使用して図または画像を挿入する

Outlook でスクリーン リーダーを使用してメール アカウントを設定する

Outlook のメールでスクリーン リーダーを利用する基本的な作業

Office 365 のアクセシビリティ機能を使用するためのデバイスのセットアップ

アクセシビリティ機能を利用して Outlook を操作する方法

Outlook メール ではナレーター (Windows の組み込みスクリーン リーダー) を使って、メール メッセージ内のテキストを追加または変更できます。たとえば、フォントやフォント サイズを変更したり、見出しを使用して、メッセージの読みやすさを向上させたりできます。

注記: 

  • Office 365 の新しい機能は Office 365 サブスクライバーに段階的にリリースされるため、お使いのアプリではこれらの機能をまだ使用できない可能性があります。より早く新機能を入手するための方法については、「Office 2016 for Office 365 の最新機能を入手できる時期」を参照してください。

  • このトピックでは、組み込みの Windows スクリーン リーダーであるナレーターを使っていることを前提としています。ナレーターの使用の詳細については、「ナレーターの概要」をご覧ください。

  • このトピックでは、Windows Phone でこのアプリを使っていることを前提としています。一部のナビゲーションとジェスチャは、タブレットまたは PC では異なる場合があります。

この記事の内容

新しいメール メッセージにテキストを追加する

  1. メール メッセージを作成しているとき、右または左に繰り返しスワイプし、メッセージ本文に移動します。フォーカスがメッセージ本文に移動すると、"メッセージ、編集可能なテキスト" と読み上げられます。

  2. 画面をダブルタップし、スクリーン キーボードを使用して、入力を開始します。

メール メッセージでテキストを編集する

  1. メール メッセージを作成しているときに、フォーカスをメッセージ本文のテキストに移動し、編集するテキストの一部を特定します。たとえば、"単語"、"行" など、目的に合った最適なナビゲーション モードが読み上げられるまで、上にスワイプできます。

  2. 編集する、または作成を続けるテキストの一部が読み上げられるまで、左または右にスワイプします。

  3. スクリーン キーボードを使用して、テキストを編集します。

フォントを変更する

  1. メール メッセージを作成しているときに、メッセージ本文に移動するまで右にスワイプします。"メッセージ、編集可能なテキスト" と読み上げられます。画面をダブルタップします。

  2. "その他のオプション、ボタン" と読み上げられるまで右にスワイプします。画面をダブルタップします。

  3. "書式ボタン折りたたみ" と読み上げられるまで右にスワイプします。画面をダブルタップします。

  4. [書式] メニューが開きます。フォーカスは現在のフォント選択にあります。画面をダブルタップし、[フォント] メニューを開きます。

  5. 右または左にスワイプし、オプション間を移動します。移動するたびに、ナレーターによってオプションが読み上げられます。

  6. 使用するフォントで画面をダブルタップします。

フォントのサイズを変更する

  1. メール メッセージを作成しているときに、メッセージ本文に移動するまで右にスワイプします。ナレーターによって "メッセージ、編集可能なテキスト" と読み上げられます。画面をダブルタップします。

  2. "その他のオプション、ボタン" と読み上げられるまで右にスワイプします。画面をダブルタップします。

  3. "書式、ボタン折りたたみ" と読み上げられるまで右にスワイプします。画面をダブルタップします。

  4. [書式] メニューが開きます。右にスワイプします。ナレーターによって "フォント サイズ ボタン" と読み上げられます。画面をダブルタップします。

  5. 左または右にスワイプし、オプション間を移動します。移動するたびに、ナレーターによってオプションが読み上げられます。

  6. 使用するフォント サイズで画面をダブルタップします。

太字、斜体、下線の書式を適用する

  1. メール メッセージを作成しているときに、メッセージ本文に移動するまで右にスワイプします。ナレーターによって "メッセージ、編集可能なテキスト" と読み上げられます。画面をダブルタップします。

  2. "その他のオプション、ボタン" と読み上げられるまで右にスワイプします。画面をダブルタップします。

  3. "書式ボタン折りたたみ" と読み上げられるまで右にスワイプします。画面をダブルタップします。

  4. [書式] メニューが開きます。使用する書式設定が読み上げられるまで右にスワイプします。画面をダブルタップします。

  5. メッセージに戻るには、右にスワイプします。"ナビゲーション バー、戻るボタン" と読み上げられます。画面をダブルタップして選択します。

    フォーカスがメッセージ本文に移動します。画面をダブルタップし、スクリーン キーボードを使用して、テキストを入力します。

見出しを追加する

  1. メール メッセージを作成しているときに、メッセージ本文に移動するまで右にスワイプします。"メッセージ、編集可能なテキスト" と読み上げられます。画面をダブルタップします。

  2. "その他のオプション、ボタン" と読み上げられるまで右にスワイプします。画面をダブルタップします。

  3. "書式ボタン折りたたみ" と読み上げられるまで右にスワイプします。画面をダブルタップします。

  4. [書式] メニューが開きます。"スタイル ボタン" と読み上げられるまで右にスワイプします。画面をダブルタップします。

  5. 左または右にスワイプし、オプション間を移動します。移動するたびに、ナレーターによってオプションが読み上げられます。

  6. 使用する見出しスタイルで画面をダブルタップします。

  7. メッセージに戻るには、右にスワイプします。"ナビゲーション バー、戻るボタン" と読み上げられます。画面をダブルタップして選択します。

    フォーカスがメッセージ本文に移動します。画面をダブルタップし、スクリーン キーボードを使用して、見出しを入力します。

関連項目

Word でスクリーン リーダーを使用してスペル チェックと文章校正を行う

Outlook のメールでスクリーン リーダーを利用する基本的な作業

アクセシビリティ機能を利用して Outlook を操作する方法

Outlook on the web ではキーボードとナレーター (Windows の組み込みスクリーン リーダー) を使って、メール メッセージ内のテキストを追加または変更できます。たとえば、フォント、フォント サイズを変更したり、太字、斜体、下線など、他の書式設定オプションを適用したりできます。

注記: 

  • Office 365 の新しい機能は Office 365 サブスクライバーに段階的にリリースされるため、お使いのアプリではこれらの機能をまだ使用できない可能性があります。より早く新機能を入手するための方法については、「Office 2016 for Office 365 の最新機能を入手できる時期」を参照してください。

  • キーボード ショートカットについては、「Outlook on the web のショートカット キー」をご覧ください。

  • このトピックでは、組み込みの Windows スクリーン リーダーであるナレーターを使っていることを前提としています。ナレーターの使用の詳細については、「ナレーターの概要」をご覧ください。

  • このトピックでは、PC でこのアプリを使っていることを前提としています。一部のナビゲーションとジェスチャは、Windows Phone またはタブレットでは異なる場合があります。

  • Outlook on the web を使用する場合は、Web ブラウザーとして Microsoft Edge を使用することをお勧めします。Outlook on the web は Web ブラウザーで実行されるため、キーボード ショートカットは、デスクトップ プログラムのキーボード ショートカットとは異なります。たとえば、コマンド内を移動するには、F6 キーではなく、Ctrl + F6 キーを使用します。また、F1 (ヘルプ) キーや Ctrl + O キー (開く) などの Web ブラウザーに適用される一般的なショートカットは、Outlook on the web には適用されません。

この記事の内容

新しいメール メッセージにテキストを追加する

  1. 新しいメールの作成を開始するとき、フォーカスは [宛先] フィールドにあります。メッセージ本文に移動するには、"メッセージ本文、編集" と読み上げられるまで Tab キーを押します。

  2. メッセージを入力します。

メール メッセージで既存のテキストを編集する

  1. 既存のメール メッセージを編集する、または作成を続けるには、Tab キーまたは Shift + Tab キーを使用して、メッセージ本文に移動します。

  2. 目的のテキストの一部が読み上げられるまで、たとえば、方向キーを使用して、メッセージ テキスト内を移動します。

  3. テキストの一部を選択するには、Shift キーを押しながら方向キーを押します。

  4. テキストを追加するか置き換えるには、そのテキストを入力します。

フォントを変更する

  1. メール メッセージを作成しているときに、変更するテキストを選択するか、メッセージ本文にフォーカスを移動します (テキストがない場合)。

  2. Tab キーを 1 回押します。"オフ、フォント チェックボックス" と読み上げられます。

  3. CapsLock キーを押しながら Enter キーを押します。[フォント] メニューが開きます。

  4. 上方向キーまたは下方向キーを押して、フォント オプション間を移動します。オプションを選択するには、Enter キーを押します。

フォントのサイズを変更する

  1. メール メッセージを作成しているときに、変更するテキストを選択するか、メッセージ本文にフォーカスを移動します (テキストがない場合)。

  2. Tab キーを押し、"オフ、フォント サイズ チェックボックス" と読み上げられるまで右方向キーまたは左方向キーを押します。

  3. CapsLock キーを押しながら Enter キーを押します。[フォント サイズ] メニューが開きます。

  4. 上方向キーまたは下方向キーを押して、フォント サイズ オプション間を移動します。オプションを選択するには、Enter キーを押します。

太字、斜体、下線の書式を適用する

  1. メール メッセージを作成しているときに、変更するテキストを選択するか、メッセージ本文にフォーカスを移動します (テキストがない場合)。

  2. Tab キーを 1 回押し、"オフ、太字チェック ボックス" など、目的の書式設定オプションが読み上げられるまで右方向キーまたは左方向キーを押します。

  3. CapsLock キーを押しながら Enter キーを押して、書式設定を適用します。

関連項目

Outlook でスクリーン リーダーを使用してスペル チェックと文章校正を行う

Outlook on the web のショートカット キー

Outlook のメールでスクリーン リーダーを利用する基本的な作業

アクセシビリティ機能を利用して Outlook を操作する方法

障碍のある方向けのテクニカル サポート

Microsoft は、すべてのお客様に最適な操作性を提供することを目指しています。障碍のある方、およびアクセシビリティに関してご質問がある方が技術サポートをご希望の場合は、Microsoft Disability Answer Desk までご連絡ください。Disability Answer Desk サポート チームは、一般的なユーザー補助技術を駆使するトレーニングを受けており、英語、スペイン語、フランス語、および米語の手話でサポートを提供することができます。お住まいの地域での連絡先の詳細については、Microsoft Disability Answer Desk サイトを参照してください。

政府機関、商用、または法人ユーザーの場合は、法人向け Disability Answer Desk までお問い合わせください。

スキルを磨く
トレーニングの探索
新機能を最初に入手
Office Insider に参加する

この情報は役に立ちましたか?

ご意見をいただきありがとうございます。

フィードバックをお寄せいただき、ありがとうございます。Office サポートの担当者におつなぎいたします。

×