Outlook ではできない操作

重要:  この記事は機械翻訳されています。機械翻訳についての「免責事項」をお読みください。この記事の英語版を参照するには、ここをクリックしてください。

誰にでも起こることですが、コンピューターで作業中、突然、大事な作業ができないといった事態に遭遇することがあります。何が起こったかしばらく考えてから、モニターをにらみ「何でできないんだ?」と非難してみたくもなります。

ほとんどの場合、問題は手順の間違いです。ですが、場合によっては単純にそれが実行できない操作だということもあります。

Outlook では多くの操作を実行できます。世の中には、Outlook の機能だけで、コミュニケーションとスケジュール管理をすべて済ませてしまっている人がいます。しかし、Outlook にも実行できない操作があります。それが仕様の場合もありますし、 他は完璧でも Outlook の設計者や計画者が予想できなかったこともあります。そのようなケースは多くはありませんが、いくつか見てみることにしましょう。

会議

Outlook は組織での使用を前提としているため、会議の参加者と開催者の双方からの操作を想定しています。

  • 開催者の役割は譲渡できません。

    誰かが定期的な会議を開催すると、定期的な会議のすべてのインスタンスが終了するまでその人物は開催者になります。元の開催者が参加できなくなっても、別の人が会議の開催者の役割を引き継ぐことはできません。唯一の対応策は、元の会議を削除し、新しい開催者が出席依頼を送信することです。

  • 会議は開催者の予定表に残ります。

    会議の情報 (場所、開始時間、必須出席者、任意出席者など) を変更できるのは開催者だけなので、開催者が参加できない場合でも、開催者の予定表から会議を削除することはできません。

  • 辞退した会議は存在しません。

    会議を辞退すると、予定表から消えます。会議に参加するつもりがなくとも予定表に表示しておきたい場合は、[仮承諾] をクリックすると、会議が予定表に残り、その時間は [予定あり] になりません。

ビューとフォルダー

Outlook では多くの部分をカスタマイズできますか、変更できない個所もいくつかあります。

  • To Do ウィンドウの予定表ビューと予定表プレビューには、選択した日の予定表アイテムのみが表示されます。

    別の日をクリックすると、その日のアイテムが表示されます。複数の日を同時に表示するには、予定表のフル スクリーン表示を使います。

  • 各フォルダーには専用のビューがあります。

    ビューはフォルダーごとに変更することができます。受信トレイの表示を、[送信済みアイテム] フォルダーや個人用フォルダーとは異なる表示にすることができます。ただし、一度に表示を変更できるのは 1 つのフォルダーのみです。複数のフォルダーに同時に変更を適用することはできません。

  • フォルダー ウィンドウのフォントは変更できません。

    フォルダー一覧とフォルダー ウィンドウのスタイル、サイズ、色は変更できません。ご了承ください。

連絡先グループと電子メール

Outlook は電子メール ソフトとしては非常に高機能ですが、常に改善の余地はあります。

  • 連絡先グループは [連絡先] から作成します。

    電子メールの差出人を連絡先グループに直接追加すると便利です。たとえば、電子メール ニュースレターの特典に返信するユーザーなどを追加します。しかし、Outlook では連絡先グループは既存の連絡先からのみ作成されるので、最初に差出人を連絡先に追加する必要があります。連絡先を混在させたくない場合は、[連絡先] フォルダー内に連絡先グループに追加する差出人用のフォルダーを作成します。

  • 連絡先は個人です。

    差出人のグループをまとめて連絡先に追加できると便利かもしれませんが、残念ながらそれはできません。連絡先に追加できる電子メールの差出人は一度に 1 人のみです。

  • 各メッセージは 1 回だけ送信されます。

    定期的に送信するメッセージ (レポートの期限を毎月知らせるメッセージなど) を自動的に設定したいことがあります。Outlook ではこの処理はできません。

お客様の不便さへの Microsoft の対応

Microsoft では、こうした不都合によるお客様のストレスを理解しながら、お客様のご意見やご不満を積極的に受け入れ、そして真摯に受け止めたいと考えています。ご意見をいだだくことで、Microsoft はそれらを評価する機会をいただき、将来のバージョンの Outlook で解決することも可能になります。同時に、この資料がお客様の将来の苛立ちの解消に役立てば幸いです。

注: 機械翻訳についての免責事項: この記事の翻訳はコンピューター システムによって行われており、人間の手は加えられていません。マイクロソフトでは、英語を話さないユーザーがマイクロソフトの製品、サービス、テクノロジに関するコンテンツを理解するのに役立てるため、こうした機械翻訳を提供しています。記事は機械翻訳されているため、用語、構文、文法などに誤りがある場合があります。

スキルを磨く
トレーニングの探索
新機能を最初に入手
Office Insider に参加する

この情報は役に立ちましたか?

ご意見をいただきありがとうございます。

フィードバックをお寄せいただき、ありがとうございます。Office サポートの担当者におつなぎいたします。

×