Outlook から Visio カレンダーに予定をインポートする

重要:  この記事は機械翻訳されています。機械翻訳についての「免責事項」をお読みください。この記事の英語版を参照するには、ここをクリックしてください。

Outlook 予定表の予定を新規または既存の Visio カレンダーにインポートできます。インポートすると、Visio カレンダーのカスタマイズ、配布、Web への発行、個人用の印刷などを行うことができます。

Visio の Outlook データのインポート ウィザードでは、日付と時刻の範囲を指定したり、件名に基づいて予定をフィルター処理することができます。その後、Visio の 1 週、複数週、または 1 か月のカレンダーに Outlook のデータをインポートし、フォントのスタイルと色の変更、カレンダー アートの追加を行うことで Visio カレンダーの外観をカスタマイズし、イベントおよび予定を表すことができます。

注: この機能を使用するには、Outlook がインストールされている必要があります。

  1. [ファイル] タブをクリックします。

  2. [新規作成] をクリックし、[テンプレート カテゴリ] で [スケジュール] をクリックします。

  3. [カレンダー] をクリックします。

  4. [カレンダー] タブの [Outlook データのインポート] をクリックします。

    注: Outlook がインストールされていない場合、このコマンドは使用できません。

  5. ウィザードの最初のページで、Outlook の予定表データのインポート先として、新規の Visio カレンダーか選択した既存の Visio カレンダーを指定し、[次へ] をクリックします。

    注: [選択したカレンダー] オプションを選択できるのは、ウィザードを起動する前に図面ページでカレンダーを選択した場合だけです。

  6. ウィザードの 2 ページ目で、予定表のデータからインポートする日付と時刻の範囲を指定します。

  7. 件名を指定してその条件に一致する予定だけを選択するには、[フィルター] をクリックします。[Outlook データのフィルター] ダイアログ ボックスで、インポートする件名のテキストを入力して、[OK] をクリックします。

  8. [次へ] をクリックします。

  9. ウィザードの 3 ページ目で、インポートしたデータを基に作成するカレンダーの種類を選択します。次に、週末を灰色で表示するかどうかを指定します。また週の始まりの曜日を選択し、日付の書式に使用する言語を選択して、[次へ] をクリックします。

    注: このページが表示されるのは、ウィザードの 1 ページ目で [新しい Visio カレンダー] を選択した場合だけです。

  10. ウィザードの最終ページで、カレンダーのプロパティを確認し、[完了] をクリックします。

    注: インポートした予定の数が多く、特定の日付に収まらない場合、予定は重なって表示されます。すべての予定を表示するには、カレンダーのサイズを変更する必要があります。

注: 複数の個人のスケジュールを比較または結合することができます。まず、自分の予定をインポートして、カレンダー ファイルを送信するか、共有します。次に、各個人が Outlook データのインポート ウィザードを実行して、自分の予定をそのカレンダーに追加します。

ページの先頭へ

注: 機械翻訳についての免責事項: この記事の翻訳はコンピューター システムによって行われており、人間の手は加えられていません。マイクロソフトでは、英語を話さないユーザーがマイクロソフトの製品、サービス、テクノロジに関するコンテンツを理解するのに役立てるため、こうした機械翻訳を提供しています。記事は機械翻訳されているため、用語、構文、文法などに誤りがある場合があります。

スキルを磨く
トレーニングの探索
新機能を最初に入手
Office Insider に参加する

この情報は役に立ちましたか?

ご意見をいただきありがとうございます。

フィードバックをお寄せいただき、ありがとうございます。Office サポートの担当者におつなぎいたします。

×