OpenTable マクロ アクション

Access デスクトップ データベースで OpenTable マクロ アクションを使用すると、データシート ビュー、デザイン ビュー、または印刷プレビューで、テーブルを開くことができます。また、テーブルのデータ入力モードを選択することもできます。

設定

OpenTable アクションの引数は次のとおりです。

アクションの引数

説明

テーブル名

開くテーブルの名前です。[マクロ ビルダー] ウィンドウの [アクションの引数] セクションの [テーブル名] ボックスには、現在のデータベース内のすべてのテーブルが表示されます。これは必須の引数です。

ライブラリ データベースで OpenTable アクションに定義されたマクロを実行すると、Access によって、この名前を持つテーブルが最初にライブラリ データベースで検索され、次に現在のデータベースで検索されます。

ビュー

テーブルを開くときのビューを指定します。[ビュー] ボックスで [データシート]、[デザイン]、[印刷プレビュー]、[ピボット テーブル]、または [ピボット グラフ] をクリックします。既定値は [データシート] です。

データ モード

テーブルのデータ入力モードを指定します。これは、データシート ビューで開かれたテーブルにのみ適用されます。[追加] (ユーザーは新規レコードを追加できるが、既存のレコードを編集することはできない)、[編集] (ユーザーは既存のレコードを編集でき、新規レコードを追加できる)、または [読み取り専用] (ユーザーはレコードを表示することしかできない) をクリックします。既定値は [編集] です。

解説

このアクションは、ナビゲーション ウィンドウでテーブルをダブルクリックする操作、またはナビゲーション ウィンドウでテーブルを右クリックし、ビューを選択する操作と同様です。

ヒント

ナビゲーション ウィンドウからマクロ アクション行 にテーブルをドラッグできます。こうすると、そのテーブルをデータシート ビューで開く OpenTable アクションが自動的に作成されます。

Visual Basic for Applications (VBA) モジュールで OpenTable マクロ アクションを実行するには、DoCmd オブジェクトの OpenTable メソッドを使用します。

スキルを磨く
トレーニングの探索
新機能を最初に入手
Office Insider に参加する

この情報は役に立ちましたか?

ご意見をいただきありがとうございます。

フィードバックをお寄せいただき、ありがとうございます。Office サポートの担当者におつなぎいたします。

×