OpenFunction マクロ アクション

Access プロジェクト (*.adp) で、“OpenFunction/関数を開く“ マクロ アクションを使用して、データシート ビューでユーザー定義の関数を開くか、インライン関数デザイン ビュー、SQL テキスト エディター ビュー (スカラーのテーブルのユーザー定義関数)、または印刷プレビューを開きます。このアクションによって、データシート ビューで開いたときにユーザー定義関数が実行されます。ユーザー定義関数のデータ入力モードを選択し、ユーザー定義関数によって表示されるレコードを制限することもできます。

注: このアクションは、データベースが信頼されていない場合は許可されません。

注: Access 2010 は、Access データ プロジェクトをサポートする最新バージョンです。

設定

“OpenFunction/関数を開く“ マクロ アクションの引数は次のとおりです。

アクションの引数

説明

関数名

開くユーザー定義関数の名前。[関数名] ボックスには、現在のデータベース内のすべてのユーザー定義関数が表示されます。これは必須の引数です。

ライブラリ データベースで関数アクションが含まれたマクロを実行すると、Access によって最初にライブラリ データベースでこの名前のオブジェクトが検索され、次に現在のデータベースで検索されます。

表示

ユーザー定義関数を開くビュー。[ビュー] ボックスで [データシート]、[デザイン]、[印刷プレビュー]、[ピボット テーブル]、または [ピボット グラフ] を選択します。既定値は [データシート] です。

データ モード

ユーザー定義関数のデータ入力モード。これは、データシート ビューで開かれたユーザー定義関数にのみ適用されます。[追加] (ユーザーは新規レコードを追加できるが、既存のレコードを表示または編集することはできない)、[編集] (ユーザーは既存のレコードを表示または編集でき、新規レコードを追加できる)、または [読み取り専用] (ユーザーはレコードを表示することしかできない) を選択します。既定値は [編集] です。

解説

このマクロ アクションは、ナビゲーション ウィンドウでユーザー定義関数をダブルクリックする操作、またはナビゲーション ウィンドウで関数を右クリックし、ビューを選択する操作と同様です。

ユーザー定義関数が開いているときにデザイン ビューに切り替えると、ユーザー定義関数の [データ モード] 引数設定が削除されます。ユーザーがデータシート ビューに戻っても、この設定は有効になりません。

ヒント   

  • ナビゲーション ウィンドウでユーザー定義関数を選択し、マクロ デザイン ウィンドウまでドラッグできます。これにより、OpenFunction アクションが自動的に作成されます。このアクションは、データシート ビューでユーザー定義関数を開きます。

  • ユーザー定義関数の実行時に通常表示されるシステム メッセージ (これがユーザー定義関数であることと、影響を受けるレコード数を示す) を表示しないようにするには、“SetWarnings/メッセージの設定“ マクロ アクションを使用します。これにより、これらのメッセージは表示されなくなります。

Visual Basic for Applications (VBA) モジュールで OpenFunction マクロ アクションを実行するには、DoCmd オブジェクトの OpenFunction メソッドを使用します。

スキルを磨く
トレーニングの探索
新機能を最初に入手
Office Insider に参加する

この情報は役に立ちましたか?

ご意見をいただきありがとうございます。

フィードバックをお寄せいただき、ありがとうございます。Office サポートの担当者におつなぎいたします。

×