OpenDocument スプレッドシート (.ods) 形式と Excel (.xlsx) 形式の相違点

重要:  この記事は機械翻訳されています。機械翻訳についての「免責事項」をお読みください。この記事の英語版を参照するには、ここをクリックしてください。

.xlsx と .ods のような 2 つのファイル形式を扱う場合、書式設定が違うことがあり、すべての機能を使えるとは限りません。データやコンテンツの変換は可能ですが、コンテンツの作業方法は、使う形式によって異なることがあります。

既定のファイル形式を切り替える

  1. Microsoft Office ボタン Office ボタンの画像 をクリックして、[Excel のオプション] をクリックします。

    Microsoft Office 2013 以降では、[ファイル] をクリックして >オプション

  2. [保存] をクリックします。

  3. [ブックの保存] の下の [標準のファイル保存形式] ボックスの一覧で、既定で使うファイル形式をクリックします。

OpenDocument スプレッドシート形式で Excel ワークシートを保存するときにサポートされる動作

下記の表は、Excel の機能が OpenDocument スプレッドシート (.ods) 形式でも完全にサポートされるか、部分的にサポートされるか、まったくサポートされないかをまとめたものです。

  • サポートされます   : Excel と OpenDocument スプレッドシート形式の両方がこの機能をサポートしています。コンテンツ、書式設定、ユーザビリティが失われることはありません。

  • 部分的にサポートされます   : Excel と OpenDocument スプレッドシート形式の両方がこの機能をサポートしますが、書式設定とユーザビリティが異なる場合があります。テキストやデータが失われることはありませんが、書式設定とテキストやグラフィックの操作方法が異なる場合があります。

  • サポートされません   : Excel の機能は OpenDocument スプレッドシート形式ではサポートされていません。Excel ワークシートを OpenDocument スプレッドシート形式で保存する予定の場合は、この機能を使わないでください。使うと、その部分のコンテンツ、書式設定、ユーザビリティが失われるおそれがあります。

グラフィック機能の詳細については、この記事の最後にあるグラフィック要素の一覧を参照してください。

注: Microsoft Excel Starter 2010 を使っている場合は、記載されている Excel 2010 の機能がすべて Excel Starter でサポートされるわけではないことに注意してください。Excel Starter で使える機能の詳細については、「Excel Starter 機能のサポート」を参照してください。

領域

サブ領域

サポートのレベル

Excel 2007

Excel 2010

書式設定

行の高さ/列の幅

サポートされます

同じような外観になります。

サポートされます

同じような外観になります。

書式設定

セル

サポートされます

サポートされます

ハイパーリンク

サポートされます

ハイパーリンクのスタイルに問題が発生する場合があります。

サポートされます

ハイパーリンクのスタイルに問題が発生する場合があります。

書式設定

セルのスタイル

サポートされます

サポートされます

日付

1900-01-01 より前の日付

サポートされません

1900 年 1 月 1 日より前の日付のブックを .ods 形式で保存した場合、1900 年より前の日付が正しく保存されません。

サポートされません

1900 年 1 月 1 日より前の日付のブックを .ods 形式で保存した場合、1900 年より前の日付が正しく保存されません。

印刷

印刷範囲

サポートされます

サポートされます

印刷

行/列の繰り返し

サポートされません

サポートされません

印刷

ページ区切り

サポートされます

サポートされます

印刷

ヘッダー/フッター

部分的にサポートされます

ファイルを .ods 形式で保存してから、そのファイルをもう一度 Excel で開くと、画像、先頭ページ、または偶数ページ/奇数ページのオプションはサポートされません。

部分的にサポートされます

ファイルを .ods 形式で保存してから、そのファイルをもう一度 Excel で開くと、画像、先頭ページ、または偶数ページ/奇数ページのオプションはサポートされません。

数式

サポートされます

サポートされます

数式

名前

部分的にサポートされます

ファイルを .ods 形式で保存してから、そのファイルをもう一度 Excel で開くと、ローカル名、名前付き式、非連続範囲の名前はサポートされません。

部分的にサポートされます

ファイルを .ods 形式で保存してから、そのファイルをもう一度 Excel で開くと、ローカル名、名前付き式、非連続範囲の名前はサポートされません。

セルのコメント

部分的にサポートされます

コンテンツがあるコメントはラウンドトリップされます。ファイルを .ods 形式で保存してから、そのファイルをもう一度 Excel で開くと、コメントの書式設定はサポートされない場合があります。

部分的にサポートされます

コンテンツがあるコメントはラウンドトリップされます。ファイルを .ods 形式で保存してから、そのファイルをもう一度 Excel で開くと、コメントの書式設定はサポートされない場合があります。

データ ツール

グループとアウトライン

サポートされます

サポートされます

OLE オブジェクト

サポートされます

サポートされます

設定

ウィンドウ設定

サポートされません

サポートされません

設定

シート/ブックの設定

サポートされません

サポートされません

保護

シートの保護

部分的にサポートされます

ファイルを .ods 形式で保存してから、そのファイルをもう一度 Excel で開くと、パスワードを使わない保護はサポートされます。ただし、パスワードで保護されたシートがあるファイルは、保存したり開いたりできません。

部分的にサポートされます

ファイルを .ods 形式で保存してから、そのファイルをもう一度 Excel で開くと、パスワードを使わない保護はサポートされます。ただし、パスワードで保護されたシートがあるファイルは、保存したり開いたりできません。

保護

Information Rights Management (IRM)

サポートされません

IRM が有効なファイルは保存できません。

サポートされません

IRM が有効なファイルは保存できません。

保護

暗号化

サポートされません

このタイプの保護が設定されたファイルは保存できません。

サポートされません

このタイプの保護が設定されたファイルは保存できません。

データ ツール

データの入力規則

部分的にサポートされます

ファイルを .ods 形式で保存してから、そのファイルをもう一度 Excel で開くと、数式タイプのデータの入力規則の一部は保存できません。

部分的にサポートされます

ファイルを .ods 形式で保存してから、そのファイルをもう一度 Excel で開くと、数式タイプのデータの入力規則の一部は保存できません。

外部データ

Web クエリ

サポートされます

サポートされます

外部データ

クエリ テーブル

部分的にサポートされます

一部の設定 (挿入された列など) はサポートされません。

部分的にサポートされます

一部の設定 (挿入された列など) はサポートされません。

テーブル

集計行

サポートされません

サポートされません

テーブル

テーブル スタイル

サポートされません

サポートされません

データ ツール

並べ替え

部分的にサポートされます

一部の詳細設定はサポートされません。

部分的にサポートされます

一部の詳細設定はサポートされません。

データ ツール

小計

部分的にサポートされます

ファイルを .ods 形式で保存してから、そのファイルをもう一度 Excel で開くと、数式自体はサポートされますが、再適用の設定はサポートされません。

部分的にサポートされます

ファイルを .ods 形式で保存してから、そのファイルをもう一度 Excel で開くと、数式自体はサポートされますが、再適用の設定はサポートされません。

データ ツール

フィルター

部分的にサポートされます

基本フィルターはサポートされますが、Excel 2007 で追加されたフィルター機能はサポートされません。

部分的にサポートされます

基本フィルターはサポートされますが、Excel 2010 で追加されたフィルター機能はサポートされません。

ピボットテーブル

スタイル

サポートされません

サポートされません

ピボットテーブル

レイアウト

部分的にサポートされます

ファイルを .ods 形式で保存してから、そのファイルをもう一度 Excel で開くと、一部のレイアウト (コンパクトな軸など) はサポートされません。

部分的にサポートされます

ファイルを .ods 形式で保存してから、そのファイルをもう一度 Excel で開くと、一部のレイアウト (コンパクトな軸など) はサポートされません。

ピボットテーブル

集計フィールド

サポートされません

サポートされません

ピボットテーブル

グループ化

部分的にサポートされます

部分的にサポートされます

ピボットテーブル

IMBI ピボットテーブル

ピボットテーブル

OLAP ピボット

サポートされません

サポートされません

データ ツール

統合

サポートされません

サポートされません

共有ブック] ボタン ([校閲] タブ)

サポートされません

サポートされません

グラフ

データ ラベル

部分的にサポートされます

ファイルを .ods 形式で保存してから、そのファイルをもう一度 Excel で開くと、一部のデータ ラベルはサポートされません。

部分的にサポートされます

ファイルを .ods 形式で保存してから、そのファイルをもう一度 Excel で開くと、一部のデータ ラベルはサポートされません。

グラフ

データ テーブル

サポートされません

サポートされません

グラフ

近似曲線

部分的にサポートされます

ファイルを .ods 形式で保存してから、そのファイルをもう一度 Excel で開くと、一部の近似曲線はサポートされません。

部分的にサポートされます

ファイルを .ods 形式で保存してから、そのファイルをもう一度 Excel で開くと、一部の近似曲線はサポートされません。

グラフ

誤差範囲

部分的にサポートされます

ファイルを .ods 形式で保存してから、そのファイルをもう一度 Excel で開くと、一部の誤差範囲はサポートされません。

部分的にサポートされます

ファイルを .ods 形式で保存してから、そのファイルをもう一度 Excel で開くと、一部の誤差範囲はサポートされません。

グラフ

降下線

サポートされません

サポートされません

グラフ

高低線

サポートされません

サポートされません

グラフ

データ ラベルの引き出し線

サポートされません

サポートされません

グラフ

塗りつぶしレーダー チャート

サポートされません

サポートされません

グラフ

凡例

部分的にサポートされます

ファイルを .ods 形式で保存してから、そのファイルをもう一度 Excel で開くと、一部の設定はサポートされません。

部分的にサポートされます

ファイルを .ods 形式で保存してから、そのファイルをもう一度 Excel で開くと、一部の設定はサポートされません。

グラフ

ピボットグラフ

サポートされません

サポートされません

グラフ

グラフ シート

サポートされません

サポートされません

グラフ

補助円グラフ付き円グラフまたは補助縦棒グラフ付き円グラフ

サポートされません

サポートされません

OLAP 式

サポートされません

サポートされません

グラフ

グラフ上の図形

サポートされません

サポートされません

グラフィック要素

下の表は、Excel のグラフィック機能が OpenDocument (.ods) 形式でも完全にサポートされるか、部分的にサポートされるか、まったくサポートされないかをまとめたものです。

  • サポートされます   : Excel 形式と OpenDocument 形式の両方がこの機能をサポートします。この機能を使用するグラフィックの外観と動作は、基本的にどちらの形式でも同じです。

  • 部分的にサポートされます   : Excel 形式と OpenDocument 形式がこの機能をサポートしますが、グラフィックの外観が異なる場合があります。データは基本的に、ファイル形式が変わっても失われることはありませんが、書式設定およびグラフィックの操作方法は異なる場合があります。

  • サポートされません   : Excel 形式と OpenDocument 形式との間で機能および実装が異なるため、この機能は OpenDocument 形式ではサポートされません。ワークシートを OpenDocument 形式で保存する予定がある場合は、この機能を使わないでください。

基本図形

サポートのレベル

Excel 2007

Excel 2010

図形

サポートされます

サポートされます

テキスト ボックス

サポートされます

テキスト ボックス内のオブジェクトを除き、サポートされます。OpenDocument ファイルを開くと、テキスト ボックス内のオブジェクトは削除されます。

サポートされます

テキスト ボックス内のオブジェクトを除き、サポートされます。OpenDocument ファイルを開くと、テキスト ボックス内のオブジェクトは削除されます。

ワードアート

部分的にサポートされます

ODF では Excel のワードアート オプションはサポートされません。その結果、保存時にワードアートはテキスト ボックスに変換されます。テキストと基本のテキストの色は維持されますが、ワードアート効果と書式設定は失われます。

部分的にサポートされます

ODF では Excel のワードアート オプションはサポートされません。その結果、保存時にワードアートはテキスト ボックスに変換されます。テキストと基本のテキストの色は維持されますが、ワードアート効果と書式設定は失われます。

3D 図形オプション

サポートされません

サポートされません

写真

サポートされます

ODF でサポートされない挿入とリンクのオプションを除き、サポートされます。

サポートされます

ODF でサポートされない挿入とリンクのオプションを除き、サポートされます。

SmartArt の図

サポートされます

図形のグループに変換されます。

サポートされます

図形のグループに変換されます。

ActiveX コントロール

サポートされません

サポートされません

Excel フォーム コントロール

サポートされません

サポートされません

グラフ内のオブジェクト

サポートされます

グラフとオブジェクトが含まれるグループに変換されます。

サポートされます

グラフとオブジェクトが含まれるグループに変換されます。

署名欄オブジェクト

サポートされません

サポートされません

カメラ ツール/図として貼り付けリンク オブジェクト

サポートされません

サポートされません

インク注釈

サポートされます

インク注釈はフリーフォーム図形に変換されます。

サポートされます

インク注釈は拡張メタファイル (EMF) 画像に変換されます。

オブジェクトのグループ

サポートされます

Excel 2007 では一部のオブジェクトはグループ化できないので、OpenDocument ファイルを開くと、そのようなオブジェクトのグループ化は解除されます。 OLE オブジェクトと共にグループ化されたグラフ、図、図形、またはテキスト ボックスなどです。

サポートされます

Excel 2010 では一部のオブジェクトはグループ化できないので、OpenDocument ファイルを開くと、そのようなオブジェクトのグループ化は解除されます。OLE オブジェクトと共にグループ化されたグラフ、図、図形、またはテキスト ボックスなどです。

オブジェクトの表示

サポートされません

非表示オブジェクトは、ファイルを .ods で保存してから Excel 2007 でもう一度開くと表示されるようになります。

サポートされません

非表示オブジェクトは、ファイルを .ods で保存してから Excel 2010 でもう一度開くと表示されるようになります。

オブジェクトの枠線

サポートされます

一部の枠線スタイルはサポートされません。サポートされない枠線スタイルは、既定の枠線スタイル (黒の実線) として保存されます。

サポートされます

一部の枠線スタイルはサポートされません。サポートされない枠線スタイルは、既定の枠線スタイル (黒の実線) として保存されます。

オブジェクトの塗りつぶし

サポートされます

3 つ以上の分岐点のあるグラデーションの塗りつぶしで、最初の 2 つの後のすべての分岐点が失われることを除き、サポートされます。

サポートされます

3 つ以上の分岐点のあるグラデーションの塗りつぶしで、最初の 2 つの後のすべての分岐点が失われることを除き、サポートされます。

線の書式設定

サポートされます

ODF では、一部の線のスタイルおよび線の端点のスタイルはサポートされません。サポートされないスタイルは、それぞれ既定の黒い実線および開いた矢印として保存されます。

サポートされます

ODF では、一部の線のスタイルおよび線の端点のスタイルはサポートされません。サポートされないスタイルは、それぞれ既定の黒い実線および開いた矢印として保存されます。

図のトリミング

サポートされます

図の標準のトリミングはサポートされます。ただし、図形による図のトリミングはサポートされません。

サポートされます

図の標準のトリミングはサポートされます。ただし、図形による図のトリミングはサポートされません。

図の色変更

部分的にサポートされます

黒や白など一部の図の色変更は、ODF に対応する色があります。その他の図の色変更は対応する色がないため、単調化されます。図は同じように表示されますが、色変更は実行されないか削除されます。

部分的にサポートされます

黒や白など一部の図の色変更は、ODF に対応する色があります。その他の図の色変更は対応する色がないため、単調化されます。図は同じように表示されますが、色変更は実行されないか削除されます。

3D 図のオプション

サポートされません

サポートされません

図のスタイル

部分的にサポートされます

枠線は部分的にサポートされますが、同じようには表示されないことがあります。

部分的にサポートされます

枠線は部分的にサポートされますが、同じようには表示されないことがあります。

テーマ

サポートされません

サポートされません

図形上のハイパーリンク

サポートされません

サポートされません

ページの先頭へ

注: 機械翻訳についての免責事項: この記事の翻訳はコンピューター システムによって行われており、人間の手は加えられていません。マイクロソフトでは、英語を話さないユーザーがマイクロソフトの製品、サービス、テクノロジに関するコンテンツを理解するのに役立てるため、こうした機械翻訳を提供しています。記事は機械翻訳されているため、用語、構文、文法などに誤りがある場合があります。

スキルを磨く
トレーニングの探索
新機能を最初に入手
Office Insider に参加する

この情報は役に立ちましたか?

ご意見をいただきありがとうございます。

フィードバックをお寄せいただき、ありがとうございます。Office サポートの担当者におつなぎいたします。

×