OpenArgs プロパティ

重要:  この記事は機械翻訳されています。機械翻訳についての「免責事項」をお読みください。この記事の英語版を参照するには、ここをクリックしてください。

対象

Form オブジェクト

Report オブジェクト

フォームを開いた OpenForm メソッドの引数 OpenArgs によって指定された文字列式を示します。値の取得および設定が可能です。バリアント型 (Variant) の値を使用します。

expression.OpenArgs

expression 必ず指定します。このトピックの [対象] の一覧のオブジェクトのうちの 1 つを返すオブジェクト式を指定します。

解説

このプロパティはのマクロを使うか、 DoCmdオブジェクトのOpenFormメソッドを使用して for Applications (VBA) コード Visual Basic を使用して使用します。このプロパティの設定とは、すべてのビューでは読み取り専用です。

OpenArgs プロパティを使うには、DoCmd オブジェクトの OpenForm メソッドを使ってフォームを開き、引数 OpenArgs を目的の文字列式に設定します。その結果、Open イベント プロシージャなど、フォームのコードの中で OpenArgs プロパティの設定値を使用できるようになります。また、OpenArgs プロパティの設定値は、マクロ (Open マクロなど) や式 (フォームのコントロールの "ControlSource/コントロールソース" プロパティを設定する式など) の中で参照することもできます。

たとえば、開いたフォームにクライアントの帳票フォームのリストがあるとします。フォームを開くときに、特定のクライアントのレコードに移動するフォーカスする場合は、顧客名、 OpenArgsプロパティを設定し、開いているマクロで指定した名前とクライアントのレコードにフォーカスを移動するレコードの検索アクションを使用できます。

使用例

次の使用例では、[社員] フォームを開き、特定の社員レコードを表示します。OpenForm メソッドによって OpenArgs プロパティがどのように設定されるかがわかります。このプロシージャは、社員についての新しい情報を入力するために使う独自のダイアログ ボックスで AfterUpdate イベントが発生するときなどに実行できます。

Sub OpenToCallahan()
DoCmd.OpenForm "Employees", acNormal, , , _
acReadOnly, , "Callahan"
End Sub
Sub Form_Open(Cancel As Integer)
Dim strEmployeeName As String
' If OpenArgs property contains employee name, find
' corresponding employee record and display it on
' form. For example,if the OpenArgs property
' contains "Callahan", move to first "Callahan"
' record.
strEmployeeName = Forms!Employees.OpenArgs
If Len(strEmployeeName) > 0 Then
DoCmd.GoToControl "LastName"
DoCmd.FindRecord strEmployeeName, , True, , _
True, , True
End If
End Sub

次の使用例では、FindFirst メソッドを使って、OpenArgs プロパティに指定されている社員を検索します。

Private Sub Form_Open(Cancel As Integer)
If Not IsNull(Me.OpenArgs) Then
Dim strEmployeeName As String
strEmployeeName = Me.OpenArgs
Dim RS As DAO.Recordset
Set RS = Me.RecordsetClone
RS.FindFirst "LastName = '" & _
strEmployeeName & "'"
If Not RS.NoMatch Then
Me.Bookmark = RS.Bookmark
End If
End If
End Sub

注: 機械翻訳についての免責事項: この記事の翻訳はコンピューター システムによって行われており、人間の手は加えられていません。マイクロソフトでは、英語を話さないユーザーがマイクロソフトの製品、サービス、テクノロジに関するコンテンツを理解するのに役立てるため、こうした機械翻訳を提供しています。記事は機械翻訳されているため、用語、構文、文法などに誤りがある場合があります。

スキルを磨く
トレーニングの探索
新機能を最初に入手
Office Insider に参加する

この情報は役に立ちましたか?

ご意見をいただきありがとうございます。

フィードバックをお寄せいただき、ありがとうございます。Office サポートの担当者におつなぎいたします。

×