Open Document Format (ODF) をライブラリの既定のファイル テンプレートに設定する

重要:  この記事は機械翻訳されています。機械翻訳についての「免責事項」をお読みください。この記事の英語版を参照するには、ここをクリックしてください。

Open Document Format (ODF) ファイルを、ドキュメント ライブラリの既定のファイル テンプレートとして設定できます。この設定では、ユーザーがライブラリ内で新しいファイルを作成すると、そのファイルは ODF ファイルとして開かれ保存されます。ユーザーは任意のプログラムを使用して新しいファイルを編集できます。

その他の設定を指定したり、すべての新規ファイルに表示する既定のコンテンツ (マーケティング キャンペーンの提案書の推奨素案、ページ フッターに表示する公式の免責条項など) を設定したりすることもできます。

ライブラリのテンプレートを複数設定するには、ライブラリの既定のテンプレートを使用するのでなく、サイト コンテンツ タイプを作成し、それらをライブラリに接続する必要があります。

注: ドキュメント ライブラリのテンプレートを設定するには、フル コントロール権限が必要です。サイト コンテンツ タイプを設定するには、サイトのフル コントロール権限が必要です。

目的に合ったトピックをクリックしてください

ドキュメント ライブラリのファイル テンプレートについて

ライブラリ内のファイル テンプレートの格納場所

コンテンツ タイプを使ったドキュメント ライブラリのテンプレートの設定

ドキュメント ライブラリの作成

ODF テンプレートの作成

ドキュメント ライブラリの既定のファイル テンプレートの変更

既定のファイル テンプレートの編集

カスタム ファイル テンプレートの指定

サイト コンテンツ タイプを使った複数のライブラリ カスタム テンプレートの設定

ODF サイト コンテンツ タイプの作成

サイト コンテンツ タイプへの ODF ドキュメント テンプレートの関連付け

ライブラリでの複数のコンテンツ タイプの有効化

ライブラリへの ODF コンテンツ タイプの追加

サイト コンテンツ タイプとライブラリの詳細

ドキュメント ライブラリのファイル テンプレートについて

ライブラリ内のファイル テンプレートの格納場所

ドキュメントに既定のファイル テンプレートを作成すると、そのテンプレートは、ライブラリの [フォーム] フォルダーに格納されます。

エクスプローラーでライブラリを開くと、ライブラリのファイル テンプレートが含まれている [フォーム] フォルダーを確認できます。エクスプローラーで隠しファイルが表示されていることを確認します (エクスプローラーで、[表示]、[隠しファイル] の順にクリックします)。

ドキュメント ライブラリの [フォーム] フォルダーの内容

既定では、ドキュメント ライブラリには template.dotx という名前のファイル テンプレートが格納されていますが、このファイルは必要に応じて変更できます。独自のテンプレートを指定するには、最初に、SharePoint 互換のプログラム (Word など) でテンプレートを作成し、それをライブラリの [フォーム] フォルダーに保存しておく必要があります。その後、カスタム テンプレートのアドレスをライブラリの詳細設定で指定します。

コンテンツ タイプを使ったドキュメント ライブラリのテンプレートの設定

1 つのカスタム テンプレートを 1 つのライブラリで使用するだけなら、コンテンツ タイプは必ずしも必要はありません。この場合は、既存のライブラリに合わせて既定のファイル テンプレートを変更します。ただし、同じテンプレートを複数のライブラリで再利用する場合は、サイト コンテンツ タイプの使用を検討してください。

既存のライブラリで、複数のコンテンツ タイプが既に有効になっていて、それらのコンテンツ タイプに対してテンプレートが指定されている場合、そのライブラリのサイト コンテンツ タイプをカスタマイズする必要があります。ライブラリでは、既定のファイル テンプレートを使用するのでなく、コンテンツ タイプで指定されたテンプレートを使用するからです。

同じライブラリで複数のテンプレートを使用する場合は、コンテンツ タイプを使用する必要があります。新しいライブラリの場合は、ライブラリを作成し ([設定]、[アプリの追加]、[ドキュメント ライブラリ] の順にクリック)、ライブラリの複数のカスタム テンプレートをセットアップします

ページの先頭へ

ドキュメント ライブラリの作成

ドキュメント ライブラリをまだ持っていない場合は、以下の手順に従って作成します。

  1. ライブラリを作成するサイトで、[設定] 設定: プロファイルを更新し、ソフトウェアをインストールし、クラウドに接続します 、[アプリの追加] の順にクリックします。

  2. [ドキュメント ライブラリ] をクリックし、ライブラリの名前を入力します。

    注: ライブラリ名は必須であり、ライブラリ ページの上部に表示され、ライブラリ ページのアドレスの一部として使用されるほか、ユーザーがライブラリを簡単に探して開くことができるように、ナビゲーション要素にも表示されます。

    ドキュメント ライブラリ

ページの先頭へ

ODF テンプレートの作成

ODF ファイルは、ODF と互換性のある任意のプログラムで作成することができます。Microsoft Office プログラムで ODF テンプレートを作成するには、ファイルを作成または開いて、そのファイルを OpenDocument ファイルの種類として保存します。たとえば、ファイルが Word で開いている場合は、[ファイル]、[名前を付けて保存] の順にクリックし、ファイルの保存場所を選び、[ファイルの種類] を [OpenDocument テキスト (*.odt)] に設定します。

ページの先頭へ

ドキュメント ライブラリの既定のファイル テンプレートの変更

既定のテンプレートを変更するには、次の 2 つの方法があります。

  • ドキュメント ライブラリに SharePoint と互換性のあるプログラムの既定のファイル テンプレートがある場合は、既定のテンプレートを編集できます。

  • その他のプログラムの場合、既定のテンプレートを直接編集することはできませんが、ライブラリの [フォーム] に新しいテンプレート ファイルをコピーし、カスタム テンプレートを指定できます。

既定のファイル テンプレートの編集

  1. 既定のテンプレートを編集するライブラリで、[ライブラリ]、[ライブラリの設定] の順にクリックします。

  2. [全般設定] で [詳細設定] をクリックします。

  3. [ドキュメント テンプレート] セクションの [テンプレートの URL] フィールドで [テンプレートの編集] をクリックします。

    テンプレートは、SharePoint と互換性があり、かつ、現在のテンプレートのファイル タイプに関連付けられたアプリケーションで表示されます。たとえば、既定のテンプレートが Word テンプレートである場合は Word で、既定のテンプレートが Excel スプレッドシートである場合は Office Excel で表示されます。

    テンプレートの編集フィールドが表示される、[詳細設定] の [ライブラリの設定]

    注: サイトが Office365 サブスクリプションの一部である場合は、Office365 サブスクリプションのユーザー名とパスワードの入力を求められることがあります。

  4. 必要な変更を行い、テンプレートを保存します。サイトに切り替えるか、プログラムを開いておく必要がない場合はプログラムを終了します。

  5. サイトのドキュメント ライブラリの [詳細設定] ページの一番下で [OK] をクリックします。

ページの先頭へ

カスタム ファイル テンプレートを指定する

  1. SharePoint 互換のプログラムでカスタム テンプレートを作成し、保存します。 保存場所をメモしておき、SharePoint に切り替えます。

  2. カスタム テンプレートを指定するライブラリに移動します。

  3. [ライブラリ]、[エクスプローラーで開く] の順にクリックします。

    重要: ファイル エクスプ ローラーを開けないまたはするエラー メッセージを表示する、ブラウザーの設定で信頼済みサイトとしてサイトを追加する必要があります。詳細については、「 "Explorer で開く"のコマンドを使用する方法と SharePoint Online for Office 365 では、このオプションに関する問題のトラブルシューティングに」を参照してください。

  4. 別のエクスプローラーを開いて、作成したカスタム テンプレートがある場所に移動します。

  5. カスタム テンプレートを指定するサイト ライブラリに対して開いているエクスプローラー ウィンドウにカスタム テンプレートをコピーまたはドラッグします。

  6. エクスプローラーを閉じ、サイトのライブラリに戻ります。

  7. [ライブラリ]、[ライブラリの設定] の順にクリックします。

  8. [全般設定] で [詳細設定] をクリックします。

  9. [ドキュメント テンプレート] セクションの [テンプレートの URL] ボックスに、カスタム テンプレートのアドレスを入力します。ここには、サイトにおけるテンプレートの Web アドレスを、サイト名に対する相対パスで指定します。たとえば、ODT_Document.odt という名前のテンプレートを [共有ドキュメント] の [フォーム] に追加する場合は、次のように入力します。

    Shared Documents/Forms/ODT_Document.odt

    注:  [ドキュメント テンプレート] ボックスの設定が利用できない場合、管理者によって複数のコンテンツ タイプが設定されている可能性があります。複数のコンテンツ タイプが有効になっているかどうかを確認するには、[ドキュメントのテンプレート] セクションのすぐ上にある [コンテンツ タイプ] 内の [コンテンツ タイプの管理を許可する] で [はい] が選ばれていることを確認します。この場合は、テンプレートのコンテンツ タイプを編集してください。

ページの先頭へ

サイト コンテンツ タイプを使った複数のライブラリ カスタム テンプレートの設定

ほとんどのライブラリには、複数のコンテンツ タイプを追加できます。ライブラリに対して複数のコンテンツ タイプを定義しておくと、種類が異なるドキュメントを一元的に保管するライブラリを簡単に構築できます。たとえば、ライブラリには、プロジェクトに関係するドキュメントと画像の両方を格納できます。ライブラリの一覧では、画像ファイルは画像コンテンツ タイプに割り当てられた情報を含む列を持ち、ドキュメントはドキュメント コンテンツ タイプに割り当てられた列を持ちます。

サイト コンテンツ タイプを使うと、そのコンテンツがサイト全体で一貫性を持つようにすることができます。サイト所有者は、ある種のテンプレートや特定のメタデータなど、必要な特性が含まれるコンテンツ タイプを設定します。次に、ユーザーが [新しいドキュメント] メニューからアイテムを選ぶ際に、定義されたコンテンツ タイプを使うように、サイト コンテンツ タイプをライブラリに関連付けます。

カスタム テンプレートを備えたライブラリの [新規ドキュメント] コマンド

ODF ドキュメントのコンテンツがサイトとそのサブサイトで一貫性を確実に保てるように、.odt、.ods、または .odp テンプレートをサイト コンテンツ タイプに関連付けることができます。

ページの先頭へ

ODF サイト コンテンツ タイプの作成

作成するサイト コンテンツ タイプごとに、次の手順を繰り返します。

重要: サイトのサイト コンテンツ タイプを作成するには、そのサイトに対するフル コントロール権限が必要です。また、サイト コレクションのトップレベル サイトのサイト コンテンツ タイプを作成するには、サイト コレクションの管理者である必要があります。

  1. サイト コンテンツ タイプを作成するサイトに移動します。

  2. [設定] Office 365 の [設定] ボタン 、[サイトの設定] の順にクリックします。

  3. [Web デザイナー ギャラリー] で、[サイト コンテンツ タイプ] をクリックします。

    SharePoint Online の [サイトの設定] ページの [Web デザイナー ギャラリー] のオプション

    サイト コンテンツ タイプのギャラリーに、既存のすべてのサイト コンテンツ タイプが、分類項目別に表示されます。[グループごとに表示] ボックスの一覧を使って、コンテンツ タイプのビューをフィルター処理します。

  4. [作成] をクリックします。

  5. [新しいサイト コンテンツ タイプ] ページで、新しいコンテンツ タイプの名前 (ODT_Document など) と説明を入力します。

  6. [親コンテンツ タイプ] セクションの [親コンテンツ タイプ フォームの選択] で、[ドキュメント コンテンツ タイプ] を選択し、次に [親コンテンツ タイプ] で [ドキュメント] を選択します。

  7. [グループ] セクションで、[既存のグループ] ボックスの一覧から [ドキュメント コンテンツ タイプ] を選択します。

  8. [OK] をクリックします。

    [サイト コンテンツ タイプ] ページが開きます。次の手順として、先ほど作成したサイト コンテンツ タイプに ODF ドキュメント テンプレートを関連付けします。

ページの先頭へ

サイト コンテンツ タイプへの ODF ドキュメント テンプレートの関連付け

ODF コンテンツ タイプを作成したら、作成した ODF テンプレートをサイト コンテンツ タイプに関連付けできるようになります。テンプレートをまだ作成していない場合は、「ODF テンプレートの作成」を参照してください。

  1. [サイト コンテンツ タイプ] ページの [設定] で、[詳細設定] をクリックします。

    [サイト コンテンツ タイプ] ページをまだ開いていない場合は、[設定]、[サイトの設定]、[サイト コンテンツ タイプ] の順にクリックして開きます。

  2. テンプレートの場所を入力します。

    • テンプレートがサイト上に格納されている場合は、[既存のドキュメント テンプレートの URL を入力する] をクリックし、使うテンプレートの URL を入力します。

    • ドキュメント テンプレートがローカル コンピューター上に格納されている場合、[新しいドキュメント テンプレートをアップロードする] をクリックし、[参照] をクリックします。 [ファイルの選択] ダイアログ ボックスで、使うファイルを探して選び、[開く] をクリックします。

      コンテンツ タイプの [詳細設定] ページ上の [テンプレートの追加] テキスト ボックス

  3. このコンテンツ タイプから継承するすべてのコンテンツ タイプをドキュメント テンプレートで更新する場合は、[このタイプを継承するすべてのコンテンツ タイプを更新する] で [はい] をクリックします。

  4. [OK] をクリックします。

ページの先頭へ

ライブラリで複数のコンテンツ タイプを有効にする

1 つのライブラリにさまざまな種類のコンテンツ タイプを追加するには、複数のコンテンツ タイプに関するサポートを事前に有効にしておく必要があります。コンテンツ タイプを使用するライブラリごとに、この操作を 1 回行います。

注:  1 つの Wiki ライブラリで複数のコンテンツ タイプを有効にすることはできません。

  1. 複数のコンテンツ タイプを有効にするライブラリで、[ライブラリ]、[ライブラリの設定] の順にクリックします。

  2. [設定] ページで、[全般設定] の [詳細設定] をクリックします。

  3. [詳細設定] ページの [コンテンツ タイプ] セクションで、[コンテンツ タイプの管理を許可する] に対して [はい] をクリックします。

    これで、[ドキュメント テンプレート] セクションの [テンプレートの URL] が淡色表示になり、ライブラリでは既定のテンプレートの代わりにサイト コンテンツ タイプが使用されるようになります。

  4. 必要に応じてその他の設定を変更し、[OK] をクリックします。

ページの先頭へ

ライブラリへの ODF コンテンツ タイプの追加

最後の手順として、ODF コンテンツ タイプをライブラリに追加します。ライブラリに複数のコンテンツ タイプをすべて同時に追加できます。

  1. コンテンツ タイプを追加するライブラリで、[ライブラリ]、[ライブラリの設定] の順にクリックします。

  2. [設定] ページの [コンテンツ タイプ] で、[既存のサイト コンテンツ タイプから追加] をクリックします。

  3. [コンテンツ タイプの選択] セクションの [サイト コンテンツ タイプの選択元] ボックスの一覧で、[ドキュメント コンテンツ タイプ] を選択します。

  4. [利用可能なサイト コンテンツ タイプ] ボックスの一覧でコンテンツ タイプの名前をクリックし、[追加] をクリックします。選んだコンテンツ タイプが [追加するコンテンツ タイプ] ボックスの一覧に移動します。

  5. 追加するコンテンツ タイプをすべて選んだら、[OK] をクリックします。

ページの先頭へ

サイト コンテンツ タイプとライブラリの詳細

コンテンツ タイプの詳細と、ライブラリでコンテンツ タイプを使用する方法については、次のリンクを参照してください。

ページの先頭へ

注: 機械翻訳についての免責事項: この記事の翻訳はコンピューター システムによって行われており、人間の手は加えられていません。マイクロソフトでは、英語を話さないユーザーがマイクロソフトの製品、サービス、テクノロジに関するコンテンツを理解するのに役立てるため、こうした機械翻訳を提供しています。記事は機械翻訳されているため、用語、構文、文法などに誤りがある場合があります。

スキルを磨く
トレーニングの探索
新機能を最初に入手
Office Insider に参加する

この情報は役に立ちましたか?

ご意見をいただきありがとうございます。

フィードバックをお寄せいただき、ありがとうございます。Office サポートの担当者におつなぎいたします。

×