Onenote for Mac のスペルをチェックします。

重要:  この記事は機械翻訳されています。機械翻訳についての「免責事項」をお読みください。この記事の英語版を参照するには、ここをクリックしてください。

Microsoft OneNote for Mac では、検出して、入力中にスペル ミスを修正できます。これは、できれば、時間と労力しながら、ノート エラーのないです。

入力時にスペル チェックと文章校正を行う

OneNote への入力時に、スペル ミスの可能性が自動的にチェックされ、確認が必要な単語には赤色の波線が引かれます。

OneNote では、スペルミスの可能性が自動的に確認されます

スペル ミスを確認するには、Ctrl キーを押しながら下線が引かれた単語をクリックし、適切なオプションを選びます。

Ctrl キーを押しながら下線が引かれた単語をクリックし、スペル ミスを確認します

次のいずれかの操作を実行できます。

  • 修正候補がある場合は、いずれかをクリックすると、スペル ミスした単語と置き換えられます。

  • [無視] をクリックすると、エラーの検出が拒否されます。

  • [辞書に追加] をクリックすると、今後、OneNote でその単語が誤りとして検出されなくなります。

  • [スマート検索] をクリックすると、単語について Bing 検索を簡単に実行できます。


ページ全体のスペル チェックを行う

ページ全体のスペル チェックを行うには、次のようにします。

  1. [ツール​​]、[スペル ​​チェック] の順にクリックします。

  2. 右側の [スペル チェック] ウィンドウで、次のいずれかを実行します。

    • [無視] をクリックすると、現在選択されているテキストをスキップして、次の項目に移動します。

    • [追加] をクリックすると、現在選択されているテキストが辞書に追加され、今後、OneNote でその単語が誤りとして検出されなくなります。

    • リストで修正用の単語を選び、[変更] をクリックします。


自動スペル チェックのオンとオフを切り替える

  1. メニュー バーで、[OneNote]、[環境設定] の順にクリックします。

  2. [OneNote 環境設定] ダイアログ ボックスで、[スペルチェック] をクリックします。

  3. [スペル チェックとオートコレクト] で、[入力時にスペル チェックを行う] チェック ボックスのオン/オフを切り替えます。


別の言語でノートのスペル チェックを行う

  1. メニュー バーの [ツール]、[校正言語の設定] の順にクリックします。

  2. [言語] リストで、自動スペル チェック時に OneNote で使用する言語を選びます。

  3. [OK] をクリックします。

注: 機械翻訳についての免責事項: この記事の翻訳はコンピューター システムによって行われており、人間の手は加えられていません。マイクロソフトでは、英語を話さないユーザーがマイクロソフトの製品、サービス、テクノロジに関するコンテンツを理解するのに役立てるため、こうした機械翻訳を提供しています。記事は機械翻訳されているため、用語、構文、文法などに誤りがある場合があります。

スキルを磨く
トレーニングの探索
新機能を最初に入手
Office Insider に参加する

この情報は役に立ちましたか?

ご意見をいただきありがとうございます。

フィードバックをお寄せいただき、ありがとうございます。Office サポートの担当者におつなぎいたします。

×