OneNote for Mac でページ、セクション、ノートブックを作成する

OneNote のノートブックは、セクションとページで構成されています。ページには、実際のノートが含まれ、セクションには関連ページのコレクションが含まれます。各ノートブックにはセクションを好きなだけ作成でき、セクションにはページを好きなだけ作成できます。同様に、ページが “紙” を使い果たすことはありません。スペースが必要になったら、いつでも好きなページにスペースを追加し続けることができます。

必要に応じて、1 つのノートブックを使用して時間の経過とともにセクションやページを追加することも、追加のノートブックをいくつか作成して生活の中の情報を個別に管理することもできます。たとえば、家庭で、職場で、学校で関心の事柄について別々のノートブックを作成できます。OneNote でノートブックを整理するのに間違った方法はありません。すべてはあなた次第です。

新しいページを作成する

ノートブックのスペースをさらに作成する場合は、必要な分だけページを追加できます。

  1. さらにページを追加するセクションのタブをクリックし、次のいずれかの操作を実行します。

    • メニュー バーで、[ファイル]、[新しいページ] の順にクリックします。

    • 縦方向ページ リストの下部で、[+ ページ] をクリックします。

    • キーボードで、Command キーを押しながら N キーを押します。

  2. 新しいページが表示されたら、ページ タイトルを適用します。そのためには、ページの上部にあるページ作成の日付と時刻のタイムスタンプの上に表示される行をクリックし、ページに含めるノートの説明を入力して、Return キーを押します。

ヒント: 新しいページが自動的に現在のセクションのページ リストの下部に追加されます。ページの順番を変更するには、ページ名をリスト内の新しい位置にドラッグします。


新しいセクションを作成する

OneNote のセクションは、一般的な 5 科目用の紙製ノートブックの色タブのようなもので、ページの個別のコレクションが含まれています。ただし、OneNote では好きな数だけセクションを作成できます。

  1. 必要に応じて、次の操作を行います。

    • メニュー バーで、[ファイル]、[新しいセクション] の順にクリックします。

    • 縦方向セクション リストの下部で、[+ セクション] をクリックします。

    • キーボードで、Command キーを押しながら T キーを押します。

  2. 新しいセクションに名前を入力して、Return キーを押します。

新しいセクションには、空白の新しいページが必ず含まれます。このページからノートの書き込みを開始することもできますが、独自に作成したり、別のセクションのページを使用したりもできます。


新しいノートブックを作成する

作業とプロジェクトを別々に整理するために、いつでも追加のノートブックを作成することができます。ノートブックが複数あれば、個人用のノートを非公開のままにしつつ、プロジェクトまたは計画の共同作業に必要になったら、選択したノートブックを他のユーザーと共有することも簡単になります。

新しいノートブックを作成するには、次の操作を行います。

  1. 必要に応じて、新しい OneNote ノートブックを作成するアカウントにサインインします。

  2. [ノートブックを表示します] アイコン [ノートブックを表示します] ボタン をクリックします。

  3. [ノートブック] リストの下部で、[+ ノートブック] をクリックします。

  4. 新しいノートブックの色を選択して (省略可能)、わかりやすい名前を [名前] ボックスに入力します。

  5. [作成] をクリックします。

    ヒント: 

    • OneNote で新しいノートブックが作成されるとすぐに、自動的に開きます。開いているノートブックがすべて表示され、[ノートブックを表示します] ボタン [ノートブックを表示します] ボタン をクリックすることで、簡単にノートブックを切り替えることができます。

    • 既定では、現在サインインしている OneDrive アカウントで新しいノートブックが作成されます。手順 1 をスキップして別のアカウントでノートブックを作成する場合は、まず目的のアカウントにサインインしてから、前の手順の残りを実行します。

スキルを磨く
トレーニングの探索
新機能を最初に入手
Office Insider に参加する

この情報は役に立ちましたか?

ご意見をいただきありがとうございます。

フィードバックをお寄せいただき、ありがとうございます。Office サポートの担当者におつなぎいたします。

×