OneNote Web App の概要

重要:  この記事は機械翻訳されています。機械翻訳についての「免責事項」をお読みください。この記事の英語版を参照するには、ここをクリックしてください。

Microsoft OneNote Web App では、Microsoft OneNote の機能を Web ブラウザーでも使用できるようになり、ノートブックが保存されている Web サイト上で直接ノートブックを編集することができます。

OneNote とのシームレスな統合

Microsoft OneNote 2010 でノートブックを作成したとします。 それを Web サイトに投稿し、他のユーザーが読んで、さらに投稿もできるようにしたいと考えています。 異なるバージョンの OneNote を使用しているユーザーと共同で作業する場合、 Web サイト上で直接作業できれば便利です。 OneNote Web App なら、こんなシナリオが現実になります。

OneNote 2010 では、SharePoint ライブラリにノートブックを保存することで OneNote Web App の使用を開始できます。 [ファイル] タブの [共有] をクリックして、[共有場所] で [ネットワーク] をクリックします。

[共有] タブ

これで、ノートブックをブラウザーで表示および編集したり、OneNote で再度開いたりできるようになりました。

ノートブックをブラウザーで開く

SharePoint に保存されたノートブックを開くと、OneNote Web App によりブラウザーでノートブックが開きます。

OneNote Web App

通常どおりテキストの入力や書式設定を行ったり、コピー/貼り付けコマンド、元に戻す/やり直しなどのコマンドを使用したりできます。 テキストの書式設定は、リボンに表示されているスタイルやテキストの書式設定のすべての項目を適用して実行できます。 表、画像、クリップ アート、ハイパーリンクも追加できます。 クリップ アートとは、Office.com で公開されているさまざまな画像のことです。 これらを追加するには、[挿入] タブに移動します。

OneNote Web App OneNote Web App では、作業中に自動的にノートブックが保存されます。 変更内容を保存する必要はありません。 変更内容を保存しない場合は、[元に戻す] コマンドを使用するか、Windows の場合は Ctrl キーを押しながら Z キーを、Mac の場合は ⌘ キーを押しながら Z キーを押します。

変更がノートブックの外観に与える影響について確認する場合は、閲覧表示に切り替えます。[表示] タブの [閲覧表示] をクリックします。

ノートブックをブラウザーで表示する

OneNote Web App

閲覧表示では、ノートブックのさまざまなセクションおよびページを表示したり、ナビゲーション ウィンドウでセクションを展開および縮小したりできます。他のユーザーがこのノートブックで作業した場合、[作成者の表示] コマンドをクリックして、作業を行ったユーザーを表示できます。

ノートブックに変更を加える場合は、[ブラウザーで編集をを追加して、コンテンツ、テキストの書式設定、ノートにノート シールを削除する] をクリックします。

他のユーザーと作業する

ノートブックを他のユーザーが編集できるようにすると、友人または同僚が、自身と同時にノートブックで作業できます。これは、ブレーンストーミング セッションやグループ プロジェクトなどの、ノートブックでユーザー グループから情報を収集する場合に役立ちます。ノートブックは、あらゆるユーザーが寄稿する wiki のように機能し、操作を行ったユーザーと操作の内容を確認でき、必要に応じてページを前のバージョンに戻すことができます。

コラボレーション

他のユーザーも OneNote 2010 を使用していれば、自分は OneNote デスクトップ アプリケーションで作業し、他のユーザーは同じノートブックの作業を OneNote Web App で行うことができます。

  1. チームの SharePoint ライブラリなど、同僚がアクセスできる Web サイト上にノードブックを保存します。

  2. ノートブックの作業ができるように他のユーザーを招待します。

  3. SharePoint で、ブラウザーに表示されたノートブックの Web アドレスをコピーし、メッセージにその Web アドレスを貼り付けます。

  4. OneNote 2010 で、[ファイル] タブをクリックし、[情報] タブで、ノートブックの名前の下の [他のユーザーをこのノートブックに招待します] をクリックします。

  5. ノートブックを編集します。閲覧表示で、または編集表示の [表示] タブで、[作成者の表示] をクリックして、同僚による変更を確認できます。

ページに加えられた変更を確認するには、[表示] タブの [ページのバージョン] をクリックします (または、閲覧表示で、ナビゲーション ウィンドウに移動し、ページ名を右クリックして、[バージョンの表示] をクリックします)。

OneNote でシームレスに編集する

迅速な変更や、他のユーザーとの共同作業が必要な場合は、OneNote Web App での編集が最適です。 OneNote のすべての機能が必要な場合は、[ファイル] タブをクリックし、[OneNote で開く] をクリックします。

OneNote Web App により、ノートブックが直接 OneNote デスクトップ アプリケーションで開かれ、より多彩な作業をできるようになります (オーディオ ノートを使用する場合や、ノート シールをカスタマイズする場合など)。 変更は Web サイトに自動的に保存されます。

注: OneNote Web App で [OneNote で開く] 機能を使用するには、OneNote 2010 を実行している必要があります。 Internet Explorer または Firefox も必要です。

注: 機械翻訳についての免責事項: この記事の翻訳はコンピューター システムによって行われており、人間の手は加えられていません。マイクロソフトでは、英語を話さないユーザーがマイクロソフトの製品、サービス、テクノロジに関するコンテンツを理解するのに役立てるため、こうした機械翻訳を提供しています。記事は機械翻訳されているため、用語、構文、文法などに誤りがある場合があります。

スキルを磨く
トレーニングの探索
新機能を最初に入手
Office Insider に参加する

この情報は役に立ちましたか?

ご意見をいただきありがとうございます。

フィードバックをお寄せいただき、ありがとうございます。Office サポートの担当者におつなぎいたします。

×