OneNote 2016 for Windows におけるファイル形式の変更

OneNote 2016 は、OneNote 2010 および 2013 で最初に導入されたファイル形式を基に構築されています。OneNote 2016 ファイル形式は "OneNote 2010-2016 ノートブック形式" と呼ばれ、その名のとおり OneNote 2010 および 2013 ファイル形式と互換性があります。

OneNote 2016 ファイル形式について

OneNote 2016 でノートブックを作成すると、自動的に新しい 2010-2016 ファイル形式で保存されます。 数式やリンクされたノートなど OneNote 2016 のすべての機能を正常に動作させるには、この形式が必要です。

注記: 

  • OneNote 2007 では、2010-2016 のファイル形式で作成したファイルを読むことができませんが、OneNote 2016 では、以前の 2007 ファイル形式で保存されているノートブック ファイルを開いて表示できます。2007 のノートブックを編集するには、2010-2016 形式にアップグレードする必要があります。

  • OneNote の最新バージョンへのアップグレードについては、「OneNote 2016 for Windows でノートブックを他の形式に変換する」を参照してください。

下位互換性

OneNote 2007 から OneNote 2016 にアップグレードしても、OneNote 2007 形式の既存のノートブックは、自動では変換されません。これは、作業しているすべてのノートに OneNote 2016 を使用できることを保証するためです。これで、前の形式で保存されている共有ノートブックを使用するユーザーが参加する共同プロジェクトにも対応できます。OneNote 2007 を使用しているユーザーとまだノートを共有している場合は、他のすべてのユーザーが OneNote 2010 以降にアップグレードするまで、ノートブックのファイル形式のアップグレードを延期します。

ノートブックが保存されているファイル形式を確認するには、次の操作を行います。

  • OneNote 2016 で、ノートブックを開き、OneNote ウィンドウのタイトル バーを確認します。ノートブック名の横に [互換モード] と表示される場合、ノートブックは前の OneNote 2007 形式で保存されています。

  • OneNote 2010 で、[ファイル]、[情報] の順に選びます。確認するノートブック名の横にある [設定] ボタンを選び、[プロパティ] を選びます。[ノートブックのプロパティ] ダイアログ ボックスの [既定の形式] でノートブックが保存されている形式を確認します。

ページの先頭へ

スキルを磨く
トレーニングの探索
新機能を最初に入手
Office Insider に参加する

この情報は役に立ちましたか?

ご意見をいただきありがとうございます。

フィードバックをお寄せいただき、ありがとうございます。Office サポートの担当者におつなぎいたします。

×