OneNote 2016 for Windows でノートにフォローアップのためのフラグを設定する

重要:  この記事は機械翻訳されています。機械翻訳についての「免責事項」をお読みください。この記事の英語版を参照するには、ここをクリックしてください。

OneNote 2016 内に忘れたくない重要なノートがある場合は、それらにフォローアップのためのフラグを設定し、Outlook でタスクとして表示することができます。

注記: 

  • ノートを Outlook タスクとしてフラグ付けするには、正規ライセンス版の Outlook 2016 を OneNote と同じコンピューター上にインストールする必要があります。

  • ノートを Outlook タスクにリンクする必要はないが、後からすばやく検索した場合は、シールをノートに適用することができます。 シールは重要なノートをマークするために適した方法で、それらは Outlook にはリンクされません。

ノートを Outlook タスクにリンクすると、チーム内のメンバーへのタスクの割り当て、アラームの設定、Outlook でのタスクの管理を行えます。

  1. OneNote で、Outlook タスクとしてフラグを設定するテキスト行の先頭にカーソルを置きます。

  2. [ホーム]、[Outlook タスク] の順にクリックします (このボタンが表示されない場合は、Outlook がインストールされていません)。

    OneNote 2016 の [Outlook タスク] ボタンのスクリーンショット

  3. 表示されたメニューで、フラグを設定されたノートの期限を選びます。Outlook タスク フォームを開き、利用可能なすべてのフォローアップ/履歴管理オプションを表示する場合は、[ユーザー設定] をクリックします。

  4. 赤色の Outlook タスクのフラグが OneNote のページのノートの横に表示されると、ノートは Outlook へフォローアップのためにリンクされています。

    注記: 

    • フラグの設定後にタスクを変更するには、タスクの横の赤いフラグを右クリックします。

    • タスク フラグを削除するには、OneNote ページでそのタスク フラグを右クリックして、[Outlook タスクの削除] をクリックします。

ページの先頭へ

注: 機械翻訳についての免責事項: この記事の翻訳はコンピューター システムによって行われており、人間の手は加えられていません。マイクロソフトでは、英語を話さないユーザーがマイクロソフトの製品、サービス、テクノロジに関するコンテンツを理解するのに役立てるため、こうした機械翻訳を提供しています。記事は機械翻訳されているため、用語、構文、文法などに誤りがある場合があります。

スキルを磨く
トレーニングの探索
新機能を最初に入手
Office Insider に参加する

この情報は役に立ちましたか?

ご意見をいただきありがとうございます。

フィードバックをお寄せいただき、ありがとうございます。Office サポートの担当者におつなぎいたします。

×