OneNote 2016 for Mac 用 Class Notebook ツール (プレビュー)

重要:  この記事は機械翻訳されています。機械翻訳についての「免責事項」をお読みください。この記事の英語版を参照するには、ここをクリックしてください。

OneNote 2016 for Mac 用 Class Notebook ツールを使用すると、時間が節約され、教師はより効率的に Class Notebook で作業ができるようになります。

次の機能が含まれます。

  • ページや新しいセクションをクラスの学生にすばやく簡単に配布する

  • 複数のノートブックのセクションをコンテンツ ライブラリにすばやく簡単にコピーする

  • 学生の作業 (課題やテストなど) を順番に添削する

  • 学生一覧から学生のノートブックに簡単に移動して参照する

  • Class Notebook アプリの機能を起動する

  • 役立つ専門能力開発とコミュニティ リソースを提供する


Class Notebook タブ

クラスのノートブックに対する管理者権限がある場合は、そのノートブックを開くと [Class Notebook] タブが表示されます。


リボンに表示される Class Notebook 管理ツール


ページを配布する

この機能を使用して、クラスの学生全員にページを簡単に配布します。

  1. 配布するページに移動します。コンテンツ ライブラリ、共同作業スペース、または Class Notebook のセクションにあるページを配布できます。

  2. [ページの配布] をクリックします。

  3. ページのコピー先の学生セクションを選択すると、そのセクションが含まれるすべての学生用プライベート ノートブックにページがコピーされます。


[ページの配布] ダイアログ ボックス


ヒント: 

  • 学生がそのセクションを持っていない場合 (または削除してしまった場合) は、セクションが自動的に作成され、ページが挿入されます。

  • 複数のページを選択するには、1 つのページをクリックして、Shift キーまたは Command キーを押しながら、他のページをクリックします。


新しいセクションを配布する

この機能を使用して、新しい空白のセクションを学生全員に配布します。たとえば、各学生のノートブックに新しい [演習] セクションを作成に使用します。

  1. [新しいセクションの配布] をクリックします。

  2. 学生に配布する新しいセクションの名前を入力します。[配布] をクリックすると、新しい空のセクションが各学生のノートブックに表示されます。


[新しいセクションの配布] ダイアログ ボックス


ヒント: 各学生のプライベート ノートブックに新しいセクションを作成し、前に説明した [ページの配布] 機能を使用して、ページ セットをプッシュします。


コンテンツ ライブラリにコピーする

この機能を使用して、既存のセクション (Master Curriculum セクションなど) を 1 つ以上の Class Notebook にコピーできます。

  1. 既定で、現在のセクションが選択されます。左側のパネルで、選択済みセクションを変更できます。

  2. セクションのコピー先となるノートブックを選択します。


[コンテンツ ライブラリにコピー] ダイアログ ボックス


ヒント: この機能は、学期の始めまたは学年の年度始めに役立ちます。


学生の課題を添削する

この機能により、教師は以前に配布した学生の課題を迅速に添削することができます。

  1. [学生の課題を添削] をクリックします。

  2. セクション (たとえば、宿題) を選択すると、そのセクションに配布したすべてのページの一覧が表示されます。

  3. ページを選択し、課題を添削する学生の一覧内を移動します。


    [添削] 作業ウィンドウ


    ヒント: 学生を名前または姓で並べ替えることができます。


学生のノートブックを表示する

すべての学生と各学生のセクションの一覧を表示してすばやく簡単に移動し、学生のノートブックのアクティビティを参照できます。

  1. [学生のノートブックを表示] をクリックします。

  2. 学生とセクションを選択して移動し、参照します。


    [学生のノートブックを表示] 作業ウィンドウ


    ヒント: 学生を名前または姓で並べ替えることができます。


管理する

[管理] ドロップダウンの各ボタンにより、Office 365 で Class Notebook アプリにアクセスするブラウザーが起動します。その後、Class Notebook の各機能をオンラインで管理できます。


[管理] ボタン メニュー


リソース

専門能力開発

このボタンは、便利なリソースをはじめ、その他の情報やヒントを集めます。


[リソース] ボタン メニュー


フィードバックの送信

リボンの [フィードバックの送信] ボタンを使用して、開発チームに直接フィードバックを送信できます。クリックすると、既定のメール クライアントが開き、メールを送信できます。


[フィードバックの送信] ボタン

注: 機械翻訳についての免責事項: この記事の翻訳はコンピューター システムによって行われており、人間の手は加えられていません。マイクロソフトでは、英語を話さないユーザーがマイクロソフトの製品、サービス、テクノロジに関するコンテンツを理解するのに役立てるため、こうした機械翻訳を提供しています。記事は機械翻訳されているため、用語、構文、文法などに誤りがある場合があります。

スキルを磨く
トレーニングの探索
新機能を最初に入手
Office Insider に参加する

この情報は役に立ちましたか?

ご意見をいただきありがとうございます。

フィードバックをお寄せいただき、ありがとうございます。Office サポートの担当者におつなぎいたします。

×