OneNote を同期できないときの問題を解決する

OneNote で同期エラーが発生したことについてお詫びいたします。

Microsoft では、問題を修正し、OneNote の同期の操作性を改善した製品更新プログラムを継続的にリリースしているため、OneNote のコピーを常に最新に保つことをお勧めします。製品更新プログラムは無料でダウンロードして使用することができます。この記事で推奨するトラブルシューティングを試す前に、「Office の更新プログラムをインストールする」に記載の手順に従って OneNote の最新の更新プログラムをインストールすることをお勧めします。

OneNote を更新しても同期の問題が解決しない場合は、発生している問題に最も近い同期の問題をクリックするか、このページの一番下までスクロールして OneNote 製品チームに同期の問題の内容をご連絡ください。


同期しないノートブックが OneDrive または新しいバージョンの SharePoint に格納されている場合、OneDrive Online (www.onenote.com) のノートブックが開くかどうかを試してください。これは、サーバーまたは OneNote のいずれが問題を引き起こしたのかを判断するうえで役立ちます。

  1. OneNote で、[ファイル]、[情報] の順にクリックします。

  2. 影響を受けたノートブックの名前の下に示された URL を右クリックし、次に [コピー] をクリックします。

  3. Web ブラウザーで、[アドレス] ボックスをクリックし、Ctrl キーを押しながら V キーを押してコピーした URL を貼り付けます。

  4. Enter キーを押して OneNote Online のノートブックを読み込みます。

OneNote Online でノートブックを正常に開くことができ、変更内容も表示される場合、問題はデスクトップ版の OneNote により引き起こされた可能性があります。通常、ノートブックを閉じてもう一度開くと、接続が解除されて正常にリセットされます。以下の手順を実行してください。

  1. OneNote で、[ファイル]、[情報] の順にクリックします。

  2. 影響を受けたノートブックの名前の横で、[設定]、[閉じる] の順にクリックします。

  3. ブラウザーの OneNote Online のノートブックに切り替え、次にリボンの [OneNote で開く] をクリックします。

重要: ノートブックのサイズと使用しているインターネット接続の種類によっては、ノートブックのコンテンツがデスクトップ版の OneNote に完全に同期するまでしばらく時間がかかる場合があります。

OneNote Online でノートブックを開いて表示できなかった場合、同期に関する問題の原因はサーバーにある可能性があります。ノートブックが OneDrive に格納されている場合、既知の中断または停止がないかを「サービスの状態」のページでご確認ください。ノートブックが SharePoint に格納されている場合、管理者に問い合わせ、問題を報告してトラブルシューティングを行う必要があります。

警告: データが失われる可能性があるため、トラブルシューティングの際に OneNote にサインインまたはサインアウト (またはアプリを削除および再インストール) することはお勧めしません。

OneNote Online でノートブックを開いて表示することはできるものの変更内容を確認できない場合は、情報がまだ反映されていません。以下の手順を実行することで、特定のエラーについて、同期ステータスを確認することができます。

  1. OneNote で、[ファイル]、[情報] の順にクリックします。

  2. [同期状態の表示] ボタンをクリックします。

  3. ダイアログ ボックスでエラーを確認し、エラー コードとメッセージをメモし、この記事のエラー コードの一覧で内容を調べてください。

    注: エラーの横に [ヘルプの表示] ボタンが表示される場合があります。ボタンが表示された場合、それをクリックすると、エラーに固有のトラブルシューティング記事が開きます。

共有ノートブックが 1 つのセクションを除いて正常に同期されることがあります。次の操作を実行して検証することができます。

  1. OneNote で、[ファイル]、[情報]、[同期状態の表示] の順にクリックします。

  2. [共有ノートブックの同期] ダイアログ ボックスで、黄色の三角の警告付きのいずれかのノートブック アイコンをクリックして同期の問題を引き起こしているセクションの名前を表示します。

  3. セクションを含むノートブックの横の [今すぐ同期] をクリックします。

ノートブックの各セクションは必要に応じて適切に同期を停止できます。1 つのセクションだけが最新のノートブックと同期していない場合、次の回避策を試すことができます。

  1. そのノートブックに新しいセクションを作成します。

  2. 作成した新しいセクションに古いセクションからすべてのページをコピー (移動ではありません) します。各ページを右クリックして [移動またはコピー] をクリックすると、この操作を実行できます。

  3. 新しいセクションにすべてのページをコピーしたら、Shift キーを押しながら F9 キーを押して手動でノートブックを同期します。進行状況バーが表示されたら、完了を待ちます。

これらの手順どおりに作成した新しいセクションのページを正常に同期すると、古いセクションを安全に削除して新しいセクションで作業を続けられます。古いセクションを削除したら、新しいセクションの名前を削除したセクションと同じ名前に変更できます。

この手順でうまくいかない場合、[ノートブックのごみ箱] にある破損したセクションが原因でセクション同期のエラーまたは問題が発生している可能性もあります。このセクションが今後必要ない場合は、エラーを停止するため、次のようにしてごみ箱から削除することができます。

  1. OneNote のノートブックで、[履歴] タブをクリックして、[ノートブックのごみ箱] をクリックします。

  2. セクション (またはページ) を右クリックして [移動またはコピー] を選択します。

  3. ページまたはセクションの内容を別のページまたはセクションにコピーして貼り付けることもできます。完了したら、元のセクションまたはページを削除することができます。

他のユーザーと同時にページの同じ部分の編集を試みると (ノートの同じパラグラフの変更など)、通常、バージョン競合に関するメッセージが表示されます。この場合、OneNote ではデータの損失を防ぐためにページのコピーを複数作成し、黄色の情報バーにエラー メッセージを表示します。競合が発生しているページにアイコンが表示されます。

競合の反映を解決するには、次の操作を行います。

  1. ページの上部にある黄色の情報バーをクリックします。競合している変更 (赤色で強調表示) を一覧表示するページが表示されます。

  2. 必要に応じて、そのページから競合の反映エラーに関する情報をコピーし、変更内容をメイン ページに貼り付けます。

  3. 変更内容の取り込みが完了したら、そのページ タブを右クリックし、ショートカット メニューの [削除] をクリックします。

将来的な同期の競合を避けるには、2 人以上のユーザーが同じページで行う作業の量を最小限に抑えるようにします。

SharePoint、SharePoint Online、または OneDrive for Business にノートブックを保存すると、通常、"サーバーがビジー状態です" エラーが表示されます。同期エラーが発生しているように見えるかもしれませんが、実際には、ほとんどの場合が認証エラーであり、次のいずれかの方法で解決することができます。

  • OneNote からサインアウトし、再度サインインします。

  • ノートブックを閉じてから再度開きます

  • OneNote Online (www.onenote.com)、SharePoint、または SharePoint Online を介してノートブックにアクセスする権限があることを確認します。

0xE00015E0 など、一部のエラーは、セクションを同期するための十分な空き領域がデバイスまたはノートブック上にないことを示します。このエラーの原因として、大きなバックアップ ファイルが考えられます。このような同期の問題を解決するには、既存のノートブックのバックアップを最適化または削除します。

OneNote ノートブックを最適化する

  1. OneNote で、[ファイル]、[オプション] の順にクリックします。

  2. [オプション] ダイアログ ボックスで、[保存とバックアップ] をクリックします。

  3. [すべてのファイルを最適化する] をクリックします。ファイルの最適化には、しばらく時間がかかる場合があります。

同じ [保存とバックアップ] 場所の [保持するバックアップの数] オプションを調整してバックアップ数を減らし、領域を節約することもできます。

既存のバックアップを削除する

  1. エクスプローラーを開きます。

  2. ウィンドウの上部付近にあるナビゲーション バーで、「%localappdata%」と入力し、Enter キーを押します。

  3. [Microsoft] フォルダーを開き、[OneNote] フォルダーを開きます。

  4. OneNote 2016 をご使用の場合は [16.0] フォルダーを、OneNote 2013 をご使用の場合は [15.0] フォルダーを開いてから、[バックアップ] フォルダーを開きます。

  5. [バックアップ] フォルダーに格納する必要のなくなったファイルまたはフォルダーを削除します。

これらのエラーのいずれかが発生した場合は、関連する記事の手順を実行する必要があります。

ここでは、発生する可能性が高い "サービスが利用できません" エラーをいくつか取り上げ、これらのエラーのトラブルシューティング記事へのリンクも示します。

正しく配置されなかったセクションは、OneNote でノートブックのセクションに変更を同期しようとしたがセクションのファイルが見つからないときにノートブックで表示されます。この問題を解決するには、セクションをノートブックから削除したり、別のノートブックに移動します。詳細については、次の記事を参照してください。

OneNote の正しく配置されなかったセクションを解決する

SharePoint 上に OneNote ノートブックがある場合、ノートブックは通常ドキュメント ライブラリに保存されていることがわかります。使用している SharePoint ライブラリで特定のプロパティが有効になっている場合、同期エラーが発生する可能性があります。詳細については、次の記事を参照してください。

共同作業スペースの同期に関する問題は、大勢の学生が同じページの場所を同時に編集しようとしている場合、または編集されたページに大きな添付ファイルが追加された場合に発生する可能性があります。これらの同期の問題を回避するためのベスト プラクティスがいくつかあります。

  • 学生を最大 6 名の小規模なグループに分ける。

  • 学生のグループごとに個別の "セクション タブ" を作成する。たとえば、6 名の学生のグループが 4 つある場合は、4 つのタブを作成します。

  • 学生に各自のページを作成させる、またはページ上の異なる場所で編集させる。

  • 大きな添付ファイルを追加しないようにする。

OneNote ノートブックを同期するためのベスト プラクティス

サポート チームでは、将来的に同期エラーを回避するために役立つヒントの一覧を保持しています。

詳細については、「OneNote の同期に関するベスト プラクティス」を参照してください。

OneNote の同期の問題を OneNote チームに報告する

まだ同期に関する問題が解決されない場合、お詫び申し上げます。

OneNote の同期機能の改善に常に取り組んでおります。より速やかに新しい問題を特定して解決できるように、同期に関する問題を「Microsoft Answers の OneNote フォーラム」に報告することをお考えいただけると幸いです。

OneNote 診断ツール を使用すると、インストールされている OneNote 2016 for Windows のバージョンに関する診断情報を収集し、トラブルシューティングを目的として情報を安全に Microsoft に送信することができます。

注: OneNote 診断ツールは、現在、英語のみでのご提供となります。他の言語が利用可能になった場合には、このページを更新する予定です。

ありがとうございます。

ページの先頭へ

スキルを磨く
トレーニングの探索
新機能を最初に入手
Office Insider に参加する

この情報は役に立ちましたか?

ご意見をいただきありがとうございます。

フィードバックをお寄せいただき、ありがとうございます。Office サポートの担当者におつなぎいたします。

×