OneNote の 0xE0000025 (ファイルが大きすぎる) エラーを解決する

0xE0000025 というエラー コードが表示された場合は、現在のサイズ制限を超えていることが原因で、OneNote で 1 つまたは複数のファイルを同期できないことを示しています。

同期先が OneDrive の場合は、ファイル 1 つあたりの上限は 2 GB です。SharePoint では、この制限は組織のサーバーによって異なります。SharePoint での制限を確認するための権限がない場合は、サーバー管理者に連絡して確認してください。

大きすぎるファイルを除去したり、サイズを小さくしたりするだけでは、この問題は完全には解決されません。このエラー メッセージが表示されないようにするには、さらにいくつかの手順が必要になる場合があります。

重要: 次に示す手順を実行すると、ノートブックの古いバージョンやバックアップがすべて削除されるので、これらの古いファイルを残しておく必要がないことを確認してください。この手順を完了すると、ノートブックを以前のバージョンに戻せなくなります。ほとんどのユーザーにとっては問題ないはずですが、OneNote によって自動的に作成されるバックアップを使用している場合は、そのファイルのコピーを安全な場所に保管してください。

手順 1

ノートブックからページまたはセクションを削除すると、そのページやセクションは "ノートブックのごみ箱" に移動されます。この機能は、誤って削除してしまったデータを復旧できるようにするためのものです。ただし、大きなファイルを長期間ノートブックのごみ箱に入れたままにしておくと、同期エラーの原因となることがあります。このことを解決するには、ノートブックのごみ箱を空にしてください。

お使いの OneNote のバージョンに応じて、次のいずれかの操作を行います。

  • OneNote 2013 では、[履歴]、[ノートブックのごみ箱]、[ごみ箱を空にする] の順にクリックします。

  • OneNote 2010 では、[共有]、[ノートブックのごみ箱]、[ごみ箱を空にする] の順にクリックします。

メモ: OneNote の "ノートブックのごみ箱" は、Windows デスクトップに表示されるごみ箱とは別のものです。

手順 2

OneNote にはページのキャッシュ バージョンを保存する機能があり、ページの古いバージョンを取り出せるようになっています。大きなファイルを削除した後も、そのファイルはページの古いバージョンの中に残っていることがあります。このことを解決するには、ノートブックの履歴を削除します。

お使いの OneNote のバージョンに応じて、次のいずれかの操作を行います。

  • OneNote 2013 では、[履歴]、[ページのバージョン]、[すべてのバージョンを削除] の順にクリックします。

  • OneNote 2010 では、[共有]、[ページのバージョン]、[すべてのバージョンを削除] の順にクリックします。

両方の手順を完了したら、OneNote を再起動し、その後でもう一度ノートブックを同期してみてください。

その他のヘルプ

トラブルシューティングの後でもこのエラー メッセージが表示される場合は、Microsoft で原因を調査して解決方法を特定できるように、この問題を Microsoft Answers の OneNote フォーラムでお知らせください。

ページの先頭へ

スキルを磨く
トレーニングの探索
新機能を最初に入手
Office Insider に参加する

この情報は役に立ちましたか?

ご意見をいただきありがとうございます。

フィードバックをお寄せいただき、ありがとうございます。Office サポートの担当者におつなぎいたします。

×