OneNote でノートを検索する

従来のノートではなく OneNote を使う主な利点の 1 つは、収集したすべての情報をすばやく検索し、指定した条件に基づいて重要なノートを取得できることです。紙のページをめくって探さなくても、メモしたすべての情報をすばやく取得できます。また、OneNote を使用すると、最新のノートを参照し、録音したオーディオ ノートの音声を検索することもできます。

テキストの検索

複数のノートブックにわたって、すべてのノートでキーワードや語句を検索するには、次の操作を行います。

  1. セクション タブの右端にある検索ボックスで、虫眼鏡アイコンの右側にある矢印を選んで、表示される一覧から [すべてのノートブック] を選びます。

    注: キーボード ショートカットを使用したい場合は、Ctrl + E を押して、検索の範囲をすべてのノートブックに広げます。

  2. 検索ボックスにキーワードまたは語句を入力します。

    [検索] を使って OneNote のどこかにあるノートを探します。

  3. 入力すると、検索する単語や語句に一致する結果のページが返されます。 検索結果を選ぶと、一致するノートが表示されます。

  4. 検索が終了したら、Esc キーを押します。

注記: 

  • 検索範囲を絞り込むには、拡大鏡アイコンの右にある矢印を選び、表示されたリストで、検索を限定する方法を [このページの検索]、[このセクション、[このセクション グループ]、[このノートブック]、[すべてのノートブック] から選びます。

  • 膨大な数の検索結果を見やすく表示したり、検索範囲の調整や検索結果の並べ替えを行ったりするため、検索結果ウィンドウをピン留めすることができます。Alt キーを押しながら、O キーを押すだけです。

オーディオ クリップやビデオ クリップ内の言葉を検索する

オーディオ検索機能を有効にしている場合、OneNote は、オーディオ録音やビデオ録画内の話し言葉を認識できます。このオプションを有効にすると検索の速度が低下するので、既定では無効になっています。

オーディオ検索を有効にするには、次の操作を実行します。

  1. [ファイル]、[オプション]、[オーディオおよびビデオ] の順に選びます。

  2. [オーディオ検索] の下にある [オーディオやビデオに対する語句検索を有効にする] チェック ボックスをオンにし、[OK] をクリックします。

注: Windows デスクトップ検索 (WDS) コンポーネントをインストールすると、Office OneNote 2007 の検索機能を大幅に強化できます。WDS をインストールすると、OneNote のノート検索速度が向上し、録音されたオーディオ ノートの情報も検索できるようになります。OneNote でメッセージが表示されたとき、または OneNote のオプションで選択することで、WDS をダウンロードし、インストールすることができます。[ツール] メニューの [オプション] をクリックします。[オプション] ダイアログ ボックスの [その他] をクリックし、[クイック検索のインストール] をクリックします。

目的に合ったトピックをクリックしてください

ノートを検索する

最近作成したノートを検索する

最近表示したノートを参照する

ノートの検索のヒント

ノートを検索する

注: ノートブックにパスワードで保護されたセクションがあり、そのセクションのノートを検索する場合、検索を開始する前にそのセクションのパスワードを入力する必要があります。

  1. [検索] ボックスに、検索するテキストを入力します。

  2. [検索] 記号の横にある [検索範囲の変更] の矢印をクリックし、次のいずれかを実行します。

    • 現在のセクションでのみ、指定したテキストを検索するには、[このセクション] をクリックします。

    • 開いているすべてのセクションで、指定したテキストを検索するには、[このセクション グループ] をクリックします。

    • 現在のノートブックに含まれるすべてのセクションとページで、指定したテキストを検索するには、[このノートブック] をクリックします。

    • すべてのノートブックに含まれるすべてのセクションとページで、指定したテキストを検索するには、[すべてのノートブック] をクリックします。

  3. [検索] ボタンをクリックします。

    1 つ以上のテキストが見つかると、ツールバー エリアに合計ページ数が表示されます。

  4. テキストのインスタンスを切り替えるには、[前の検索結果] または [次の検索結果] の矢印をクリックします。

  5. テキストを含むページ リストを表示するには、[リストの表示] をクリックし、[ページ リスト] 作業ウィンドウで次のいずれかを実行します。

    • テキストを含む特定のページを開くには、そのページのタイトルをクリックします。

    • ページ リストを別の方法で並べ替えるには、[並べ替え] リストで目的のオプションをクリックします。

    • 検索範囲を変更するには、[検索] リストで目的のオプションをクリックします。

      注: [ページ リスト] 作業ウィンドウの検索結果を管理しやすいように、OneNote ではページごとに 1 つの一致のみが表示されます。[ノートの検索結果] リストで任意のページをクリックすると、そのページのその他の該当個所が表示されます。

  6. 検索を終了するには、赤色の [検索を終了して検索結果の強調表示をオフにします] ボタンをクリックします。

注: 

  • 検索範囲を選ぶと、以降すべてのノート検索に自動的に適用されます。たとえば、[このセクション] を選んでノートを検索した後で、すべてのノートのテキストを検索する場合は、範囲を変更してから (たとえば、[すべてのノートブック] など)、次の検索を実行する必要があります。

  • ノートのテキストを検索するときに、OneNote で記録したオーディオ ファイルまたはビデオ ファイル (.wma と .wmv) に含まれる一致する音声も検索対象にすることができます。[ツール] メニューの [オプション] をクリックし、[カテゴリ] リストの [オーディオと​​ビデオ] をクリックします。[オーディオやビデオに対する語句検索を有効にする] チェック ボックスをオンにし、[OK] をクリックします。

ページの先頭へ

最近作成したノートを検索する

  1. [表示] メニューの [ページ (日付別)] をクリックします。

  2. [ページ リスト] 作業ウィンドウで、[並べ替え] リストの [日付] を選びます。

  3. [検索] リストで、[すべてのノートブック] をクリックします。

  4. 特定のページを開くには、結果リストでそのページのタイトルをクリックします。

ページの先頭へ

最近表示したノートを参照する

[標準] ツールバーで、次のいずれかの操作を行います。

  • 最後に表示していたページを開くには、[戻る] ボタン イメージ をクリックします。

  • [戻る] ボタン イメージ をクリックする前に表示していたページを開くには、[進む] ボタン イメージ をクリックします。

  • 最近表示していたページのいずれかを開くには、[戻る] ボタン イメージ または [進む] ボタン イメージ の横にある矢印をクリックし、目的のページのタイトルをクリックします。

ページの先頭へ

ノートの検索のヒント

ノートで最適な検索結果を得るには、次のヒントを参考にしてください。

  • 正確なフレーズを検索するには引用符を使用する    正確なフレーズを検索するには、引用符でフレーズを囲みます。たとえば、 "Frank Lee" と入力し、Frank Miller、Oliver Lee、Frank Lee という名前が含まれるノートがある場合、正確なフレーズの Frank Lee が含まれるノートのみが検索されます。

  • いずれかの単語を含むページを検索するには "OR" を使用する    複数の単語のいずれかを含むノートを検索するには、単語間に「OR」と入力します。たとえば、「Frank OR Lee OR Oliver」と入力すると、3 つの単語のいずれかが含まれるノートが検索されます。

  • 大文字と小文字を区別せずに使用する    AND、OR、NEAR を除き、検索で大文字と小文字は区別されません。たとえば、「Monday」と入力すると、monday または Monday が含まれるノートが検索されます。

  • "オーディオ録音開始日時" または "ビデオ録画開始時刻" を使用してオーディオ ノートまたはビデオ ノートを検索する    オーディオ ノートまたはビデオ ノートを記録すると、記録の種類に応じて "オーディオ録音開始日時" または "ビデオ録画開始時刻" というテキストが自動的に挿入されます。オーディオ ノートを検索するには、「オーディオ録音開始日時」と入力します。ビデオ ノートを検索するには、「ビデオ録画開始時刻」と入力します。

  • 単語の先頭数文字のみを入力して検索結果を展開する    単語の先頭数文字を入力すると、その数文字を含む単語が検索されます。たとえば、「Tim」と入力し、time という単語が含まれるノートがある場合、Tim または time が含まれるノートが検索されます。両方が検索されないようにするには、引用符を使用して、正確な単語またはフレーズを検索します。

ページの先頭へ

スキルを磨く
トレーニングの探索
新機能を最初に入手
Office Insider に参加する

この情報は役に立ちましたか?

ご意見をいただきありがとうございます。

フィードバックをお寄せいただき、ありがとうございます。Office サポートの担当者におつなぎいたします。

×