OneNote でスクリーン リーダーを使用して基本的な作業

OneNote でスクリーン リーダーを使用して基本的な作業

重要:  この記事は機械翻訳されています。機械翻訳についての「免責事項」をお読みください。この記事の英語版を参照するには、ここをクリックしてください。

ラベルのスクリーン リーダー コンテンツ付きの読み上げシンボル。このトピックでは、Office でスクリーン リーダーを使用する方法について説明します。

この記事は、Office アクセシビリティ コンテンツ セットの一部であり、Office 製品でスクリーン リーダー プログラムを使うユーザーを対象としています。一般的なヘルプについては、Office サポート ホームをご覧ください。

Windows の組み込みスクリーン リーダーであるナレーターを使用して、OneNote デジタル ノートブックを使用すると、ノートブックを開く、ページやセクションを追加する、テキストを入力するなどの基本的なメモ作成作業を行うことができます。作成後、テキストに書式を追加したり、スペルチェックの実行やページの印刷を行うこともできます。

注記: 

  • Office 365 の新しい機能は Office 365 サブスクライバーに段階的にリリースされるため、お使いのアプリではこれらの機能をまだ使用できない可能性があります。より早く新機能を入手するための方法については、「Office 2016 for Office 365 の最新機能を入手できる時期」を参照してください。

  • キーボード ショートカットについては、「OneNote for Windows のキーボード ショートカット」を参照してください。

  • このトピックでは、組み込みの Windows スクリーン リーダーであるナレーターを使っていることを前提としています。ナレーターの使用の詳細については、「ナレーターの概要」をご覧ください。

  • このトピックでは、JAWS の機能についても説明します。JAWS for Windows の詳細については、「JAWS for Windows クイック スタート ガイド」をご覧ください。

  • このトピックでは、PC でこのアプリを使っていることを前提としています。一部のナビゲーションとジェスチャは、Windows Phone またはタブレットでは異なる場合があります。

この記事の内容

OneNote を開く

OneNote を開くには、Windows ロゴ キーを押しながら Shift キーと N キーを押します。

OneNote にサインインします。

OneNoteを開いた後は、サインインする必要があります。

  1. [ファイル] メニューに移動し、Alt + F キーを押します。ナレーターでは、次のように読み上げられます。“[ファイル] メニュー。” JAWS では、次のように読み上げられます。“Backstage ビュー。[ファイル情報] タブ。”

  2. [アカウント] メニューに移動し、Y2 キーを押します。ナレーターでは、次のように読み上げられます。“選択済み。[アカウント] タブの項目。” JAWS では、次のように読み上げられます。“ファイル。[アカウント] タブ。”

  3. 自分のアカウントにサインインするには、S キーを押します。ナレーターでは、次のように読み上げられます。“[アカウント] ウィンドウ。メール アドレスまたは電話番号を入力します。” JAWS では、次のように読み上げられます。“[アカウント]。Office にサインインします。”

  4. メール アドレスまたは電話番号を入力し、Enter キーを押します。ナレーターでは、次のように読み上げられます。“PIN でサインインします。パスワード、テキストの編集。” JAWS では、次のように読み上げられます。“パスワード、編集。テキストを入力します。”

  5. パスワードを入力し、Enter キーを押します。

OneNote でノートブックを開く

  1. OneNote で Ctrl + G キーを押してノートブックのナビゲーションを開きます。

  2. ノートブック間を移動するには、上下の方向キーを使用します。ノートブックを選択するには、Enter キーを押します。

    ヒント: 新しいノートブックを作成するには、ノートブックのナビゲーションで、次の音声が聞こえるまで、Shift キーを押しながら Tab キーを繰り返し押します: "[ノートブックの追加] ボタン"。

セクションを作成する

  1. ノートブックに新しいセクションを作成するには、Ctrl キーを押しながら T キーを押します。

  2. セクションが作成され、セクションのタブにカーソルが置かれ、セクションの名前を入力することができます。

  3. 入力し終わったら、Enter キーを押します。

    セクションに名前が設定され、カーソルがページ タイトル フィールドに移動します。

ページを追加する

  1. ノートブックに複数のセクションがある場合は、Ctrl キーと Shift キーを押しながら G キーを押してセクションのナビゲーションに移動します。セクション間を移動するには、方向キーを使用します。移動するたびにナレーターがセクション名を読み上げます。セクションに移動するには、Enter キーを押します。

  2. セクションの最後にページを追加するには、Ctrl キーを押しながら N キーを押します。

  3. 新しいページが作成され、ページ タイトル フィールドにカーソルが置かれ、タイトルを入力することができます。

テキストを追加する

ノートブックでセクションまたはページを追加するか開いて、入力を開始します。

ヒント: ノートブックのナビゲーションを開くには、Ctrl + G キーを押します。セクションのナビゲーションを開くには、Ctrl + Shift + G キーを押します。ページのナビゲーションを開くには、Ctrl + Alt + G キーを押します。方向キーを使って項目間を移動し、Enter キーを押して選びます。

テキストを編集する

書式設定されたテキストには多くの情報が含まれ、多くの場合、プレーン テキストよりも読みやすくなります。以下の作業では、OneNote の基本的なテキスト書式設定オプションの使い方、テキストのスペル ミスを修正する方法、基本的なテキスト編集作業にどのキーボード コマンドを使用するかについて説明します。

テキストの書式を設定する

  1. OneNote で、書式設定するテキストの一部を選びます。

  2. Alt キーを押しながら H キーを押して [ホーム] メニューを開きます。

  3. 次のような書式設定オプションを選択します。

    • フォントには FF

    • フォント サイズには FS

    • フォントの色には FC

    • テキストの配置や間隔のオプションなど、段落書式には P

    • 太字には 1

    • 斜体には 2

    • 下線には 3

    • 段落または見出しスタイルには L

    オプションを参照するには、方向キーを使用します。オプションを選択するには、Enter キーを押します。

操作を元に戻す、やり直す

操作を元に戻すには、Ctrl キーを押しながら Z キーを押します。

取り消した操作をやり直すには、Ctrl キーを押しながら Y キーを押します。

コンテンツをコピーして貼り付ける

  1. OneNote で、コピーするコンテンツの一部を選びます。

  2. コピーするには、Ctrl キーを押しながら C キーを押します。

  3. コピーしたコンテンツを貼り付けるには、Ctrl キーを押しながら V キーを押します。

スペル ミスを修正する

  1. OneNote で、Alt + R キーを押して [校閲] メニューを開いた後、S キーを押してスペル チェック ウィンドウを開きます。

  2. [スペル チェック] ウィンドウで、スペル チェック修正候補が読み上げられるまで、Shift キーを押しながら Tab キーを繰り返し押します。

  3. 方向キーを使用してスペルの修正候補を参照します。移動するたびにナレーターが修正候補を読み上げます。

  4. オプションを選択するには、Enter キーを押します。スペル ミスの単語が修正され、次のスペル ミスの単語があれば、その単語に移動します。

  5. スペル チェック完了後、スペル チェックを実行するテキストがまだある場合、ナレーターは "Microsoft OneNote ダイアログ、[はい] ボタン" と読み上げます。または、スペル チェックが完了した場合は、"Microsoft OneNote ダイアログ、[OK] ボタン" と読み上げます。Space キーを押して選択します。

ページを印刷する

  1. 印刷するページで、Ctrl キーを押しながら P キーを押します。

  2. [印刷] ダイアログ ボックスが開き、ナレーターが現在のプリンターのオプションを読み上げます。プリンターを変更するには、方向キーを使用します。

    ヒント: 両面印刷や印刷レイアウト、印刷の向きなどの印刷設定を変更するには、Alt キーを押しながら R キーを押して [印刷設定] ダイアログを開きます。

  3. 印刷を開始するには、[印刷] ダイアログで Alt キーを押しながら P キーを押します。

    プリンター デバイスを選択した場合、ページが印刷されます。

    ファイルへの出力を選択した場合、[印刷結果を名前を付けて保存] ダイアログが開きます。カーソルは [ファイル名] フィールドに置かれています。

    • 印刷出力のファイル名を入力します。

    • 印刷出力の保存場所を変更する場合、ダイアログ内で前に戻るには Shift キーを押しながら Tab キーを押し、次に移動するには Tab キーを押します。

      ダイアログ内でフォルダーを開くか、場所やボタンを選択するには、Enter キーを押します。

    • 準備ができたら、Alt キーを押しながら S キーを押して保存します。ページがファイルに印刷されます。

関連項目

スクリーン リーダーを使って OneNote のノートブックにコンテンツを挿入する

スクリーン リーダーを使用して、OneNote のノートブックを共有し共同作業を行う

Windows の OneNote のキーボード ショートカット

Office 365 のアクセシビリティ機能を使用するためのデバイスのセットアップ

OneNote のアクセシビリティ

OneNote for Mac デジタル ノートブックと、Mac OS の組み込みスクリーン リーダーである VoiceOver スクリーン リーダーを使用して、ノートブックを開く、ページやセクションを追加する、テキストを入力するなどの基本的なメモ作成作業を行うことができます。作成後、テキストに書式を追加したり、スペルチェックを実行したり、ページを印刷したりすることもできます。

OneNote for Mac は、スクリーン リーダーを使用するユーザーに特化して設計されました。外観が更新され、より簡単かつ効率的にノートブック、セクション、ページを操作できるようになりました。

注記: 

この記事の内容

OneNote を開く

  1. OneNote を開くには、Command + F キーを押して、「onenote」と入力します。

  2. Tab キーを押します。"Microsoft OneNote アプリケーション" と読み上げられます。

  3. Command キーを押しながら下方向キーを押して、アプリケーションを開きます。

    注: キーボードに複数の言語レイアウトがある場合に OneNote にアクセスするには、Command + Shift + A キーを押します。[アプリケーション] で、M キーを押した後、"Microsoft OneNote" と読み上げられるまで Tab キーを押します。聞こえたら、Command キーを押しながら下方向キーを押してアプリを開きます。

  4. メニュー バーに移動するには、Ctrl + Option + M キーを押します。"メニュー バー Apple" と読み上げられます。

  5. "OneNote メニュー" と読み上げられるまで、右方向キーを押します。"サインイン" と読み上げられるまで下方向キーを押し、聞こえたら Enter キーを押します。

  6. メール アドレスまたは電話番号を入力し、Enter キーを押します。"パスワード、安全なテキストの編集" と読み上げられます。

  7. パスワードを入力し、Enter キーを押します。"OneNote の使用開始ボタン" と読み上げられます。

  8. Space キーを押します。OneNote が編集モードで開きます。

    注: Microsoft アカウントではない組織のアカウントを使う場合は、サインインの手順が若干異なることがあります。たとえば、暗証番号 (PIN) またはスマートカードの使用が必要になる場合があります。

OneNote でノートブックを開く

  1. OneNote で、Ctrl + G キーを押してノートブックのナビゲーションを開きます。

  2. ノートブックの間を移動するには、下方向キーを押してノートブックの一覧に入ります。その後、Ctrl + Option + Shift キーを押しながら上下の方向キーを押して、一覧内を移動します。ノートブックを選ぶには、Enter キーまたは Ctrl + Option + Space キーを押します。

    ヒント: 新しいノートブックを作成するには、Ctrl + Command + N キーを押します。

セクションを作成する

  1. ノートブックで新しいセクションを作成するには、Command + T キーを押します。

  2. セクションが作成されます。セクション タイトル フィールドにカーソルが置かれ、セクションの名前を入力することができます。

  3. 終了したら、Enter キーを押します。セクションに名前が設定されます。

ページを追加する

  1. ノートブックに複数のセクションがある場合は、Ctrl + Shift + G キーを押してセクションのナビゲーションに移動します。

  2. セクション間を移動するには、上下の方向キーを使います。移動に合わせて、セクション名が読み上げられます。

    注: ページを追加するセクションがセクション グループ内にある場合は、Space キーを押してセクション グループを展開します。次に、上下の方向キーを使って、右のセクションに移動します。

  3. 目的のセクションに移動した後、ページを追加するには、Command + N キーを押します。

  4. 新しい無題のページが作成されます。カーソルはページ タイトル フィールドに移動し、ページのタイトルを入力することができます。

テキストを追加する

ノートブックでセクションまたはページを追加するか開いて、入力を開始します。

注: ページの編集可能なテキスト領域は [OneNote ページの領域] という名前で、[ページ タイトル] が含まれ、タイトルの下には [ページの日付] と [コンテンツ ブロック] があります。

ヒント: ノートブックのナビゲーションを開くには、Ctrl + G キーを押します。セクションのナビゲーションを開くには、Ctrl + Shift + G キーを押します。ページのナビゲーションを開くには、Ctrl + Command + G キーを押します。ノートブック間およびページ間を移動するには、下方向キーを押してノートブックまたはページの一覧に入り、Ctrl + Option + Shift キーを押しながら上下の方向キーを押して一覧内を移動します。セクション間を移動するには、上下の方向キーで移動した後、Enter キーを押して選びます。

テキストを編集する

書式設定されたテキストには多くの情報が含まれ、多くの場合、プレーン テキストよりも読みやすくなります。以下の作業では、OneNote の基本的なテキスト書式設定オプションの使い方、テキストのスペル ミスを修正する方法、基本的なテキスト編集作業にどのキーボード コマンドを使用するかについて説明します。

テキストの書式を設定する

  1. OneNote で、書式設定するテキストの一部を選びます。テキストを選ぶには、Shift キーを押しながら方向キーを押してカーソルを移動します。

  2. メニュー バーに移動するには、Ctrl + Option + M キーを押します。

  3. "書式" と読み上げられるまで、右方向キーを押します。

  4. 選択するオプションが読み上げられるまで上方向キーまたは下方向キーを押し、聞こえたら Ctrl + Option + Space キーを押します。

  5. ページに戻るには、"ページ キャンバス、<ページの詳細>、現在はスクロール可能な領域にいます" と読み上げられるまで Esc キーを押します。

ヒント: すばやくテキストの書式を設定するには、テキストを選択した後でキーボード ショートカットを使います。たとえば、次のようなショートカットを使います。

  • 太字の書式設定を適用するには、Command + B キーを押します。

  • 斜体の書式設定を適用するには、Command + I キーを押します。

  • 下線の書式設定を適用するには、Command + U キーを押します。

  • テキストを左揃えにするには、Command + L キーを押します。

  • テキストを右揃えにするには、Command + R キーを押します。

ヒント: 選んだテキスト部分のすべての書式設定をクリアするには、メニュー バーで、"編集" と読み上げられるまで右方向キーを押した後、Ctrl + Option + Space キーを押します。"すべての書式​​をクリア" と読み上げられるまで下方向キーを押し、聞こえたら Ctrl + Option + Space キーを押します。

操作を元に戻す、やり直す

  • 操作を元に戻すには、Command + Z キーを押します。

  • 操作をやり直すには、Command + Y キーを押します。

コンテンツをコピーして貼り付ける

  1. OneNote で、コピーするコンテンツの一部を選びます。

  2. コピーするには、Command + C キーを押します。

  3. コピーした内容を貼り付けるには、Command + V キーを押します。

スペル ミスを修正する

  1. ページ全体のスペル チェックを行うには、Shift + Command + L キーを押して [スペル ​​チェック] 作業ウィンドウを開きます。

  2. [スペル チェック] ウィンドウで、Tab キーを押してオプション間を移動し、次のいずれかの操作を行います。

    • 現在選択されているテキストをスキップして次の項目に移動するには、[無視] を選びます。

    • 現在選択されているテキストを辞書に追加し、今後 OneNote でその単語が誤りとして検出されないようにするには、[追加] を選びます。

    • [単語候補] テーブルで、スペルの修正候補のいずれかを選びます。上下の方向キーを使って、スペルの修正候補を参照します。移動するたびに VoiceOver が修正候補を読み上げます。使う候補が読み上げられたら、Tab キーを押します。"変更ボタン" と読み上げられます。

  3. オプションを選ぶには、Space キーを押します。スペル ミスの単語が修正され、次のスペル ミスの単語があれば、その単語に移動します。

  4. スペル チェックが完了すると、"スペル チェックが完了しました" と読み上げられます。

  5. ノートの入力を続けるには、Enter キーを押します。

    注: 単語を入力すると、入力した単語が読み上げられます。OneNote がスペル ミスを検出した場合は、単語の前に "入力の誤り" と読み上げられます。

ページを印刷する

  1. 印刷するページで、Command + P キーを押します。

  2. [印刷] ダイアログ ボックスが開き、"印刷" と読み上げられます。フォーカスは現在のプリンター オプションに設定されます。プリンターを変更するには、上下の方向キーを使います。Space キーを押して選びます。

  3. 両面印刷ページの向きの反転など、印刷の設定を変更するには、"詳細の表示" と読み上げられるまで Tab キーを押します。聞こえたら、Space キーを押します。オプション間を移動するには、目的のオプションが読み上げられるまで Tab キーを押します。選択するには、Space キーを押します。

  4. 印刷を始めるには、"印刷の既定ボタン" と読み上げられるまで Tab キーを押します。聞こえたら、Space キーを押します。

  5. PDF を印刷する場合は、[印刷] ダイアログ ボックスで、"PDF メニュー ボタン" と読み上げられるまで Tab キーを押します。聞こえたら Space キーを押してメニューを展開します。下方向キーを使って、[PDF として保存...] に移動します。ダイアログ ボックスが開きます。カーソルはファイル名フィールドに設定されます。保存場所を選ぶには、[場所] ポップアップ ボタンに移動します。保存するには、Command + S キーを押します。

関連項目

スクリーン リーダーを使って OneNote のノートブックにコンテンツを挿入する

OneNote でスクリーン リーダーを使用して、ノートブック、セクション、ページを整理する

OneNote for Mac のキーボード ショートカット

Office 365 のアクセシビリティ機能を使用するためのデバイスのセットアップ

OneNote のアクセシビリティ

iOS の組み込みスクリーン リーダーである VoiceOver を使用して、OneNote for iOS を調べたり使ったりすることができます。ノートを持ち歩き、思いついたよいアイデアを書き留めます。

OneNote for iOS は、スクリーン リーダーを使用するユーザーに特化して設計されています。外観が更新され、より簡単かつ効率的にノートブック、セクション、ページを操作できるようになりました。

注記: 

  • Office 365 の新しい機能は Office 365 サブスクライバーに段階的にリリースされるため、お使いのアプリではこれらの機能をまだ使用できない可能性があります。より早く新機能を入手するための方法については、「Office 2016 for Office 365 の最新機能を入手できる時期」を参照してください。

  • このトピックでは、組み込みの iOS スクリーン リーダーである VoiceOver を使っていることを前提としています。VoiceOver の使用の詳細については、「Apple accessibility」 (Apple のアクセシビリティ) をご覧ください。

この記事の内容

OneNote を開く

  1. スマートフォンのホーム画面で、"OneNote" と読み上げられるまで 1 本の指で左または右にスワイプします。

  2. アプリを開くには、画面をダブルタップします。"OneNote、設定ボタン" と読み上げられます。フォーカスは、[ノートブック] リストの [設定] ボタンにあります。

注: OneNote にサインインする必要がある場合は、資格情報が表示されたらを指定します。

OneNote for iOSでノートブックを開く方法については、ノートブック、セクション、および OneNote のページを整理するために、スクリーン リーダーを使用するを参照してください。

ヒント: ブラウザーを使って OneNote Online から OneNote クライアントでノートブックを開く場合は、"OneNote で編集ボタン" と読み上げられるまで左または右にスワイプします。その後、画面をダブルタップし、画面に表示される指示に従います。

ページを追加する

アイデア用に新しいページを追加し、ノートブックのコンテンツの作成を開始します。

注: ページ キャンバスから [ページ] 一覧に移動するには、"<セクション名> のページ一覧に戻る、戻るボタン" と読み上げられるまで左にスワイプします。次に、画面をダブルタップします。フォーカスが [ページ] リスト ビューの [戻る] ボタンに移動します。

書式設定されていないページを追加する

  1. セクションの [ページ] 一覧で、"新しいページ ボタン" と読み上げられるまで右にスワイプします。

  2. 画面をダブルタップします。"新しいページ、ページ タイトル、アウトライン、テキスト フィールド" と読み上げられます。

  3. 画面をダブルタップし、ページ名を入力します。

  4. "戻る" と読み上げられるまで右にスワイプし、画面をダブルタップします。フォーカスがページ キャンバスに移動します。"コンテンツ ブロック" と読み上げられます。

リストが表示されたページを追加する

  1. セクションの [ページ] 一覧で、"リストが表示された新しいページ ボタン" と読み上げられるまで右にスワイプします。フォーカスは、ページの最初のリスト項目のテキスト フィールドにあります。

  2. ページに名前を付けるには、"無題リスト見出し" と読み上げられるまで左にスワイプし、画面をダブルタップします。

  3. ページ名を入力し、"完了" と読み上げられるまで右にスワイプします。画面をダブルタップします。

写真が表示されたページを追加する

  1. セクションの [ページ] リストで、"写真が表示された新しいページ ボタン" と読み上げられるまで右にスワイプし、画面をダブルタップします。[画像の挿入] ウィンドウが開きます。

  2. 次のいずれかの操作を行います。

    フォト アプリから画像を追加する

    1. "ライブラリからボタン" と読み上げられるまで右にスワイプします。次に、画面をダブルタップします。

    2. [写真] で、選びたいアルバム オプションが読み上げられるまで右にスワイプし、画面をダブルタップします。

    3. 写真のリストで、選びたい写真が読み上げられるまで右にスワイプし、画面をダブルタップします。

    4. "完了ボタン" と読み上げられるまで左にスワイプします。画面をダブルタップします。

    5. "使用ボタン" と読み上げられるまで右にスワイプします。画面をダブルタップします。フォーカスが新しいページに移動します。

    6. 新しいページに名前を付けるには、"ページ タイトル" と読み上げられるまで右にスワイプし、画面をダブルタップします。

    7. 名前を入力し、"戻る" と読み上げられるまで右にスワイプし、画面をダブルタップします。

    写真を撮影して追加する

    1. 携帯のカメラから直接新しい画像を追加するには、"写真の撮影ボタン" と読み上げられるまで右にスワイプします。

    2. 画面をダブルタップします。カメラ アプリが開きます。

    3. 写真を撮影するには、"写真の撮影ボタン" と読み上げられるまで右にスワイプし、画面をダブルタップします。

    4. "使用ボタン" と読み上げられるまで右にスワイプし、画面をダブルタップします。フォーカスが新しいページに移動します。

    5. 新しいページに名前を付けるには、"ページ タイトル" と読み上げられるまで右にスワイプし、画面をダブルタップします。名前を入力します。"戻る" と読み上げられるまで右にスワイプし、画面をダブルタップします。

セクションを作成する

コンテンツを整理したり、ノートブックに新しいノート ブロックを作成する場合は、新しいセクションを作成できます。

  1. ノートブックの [セクション] 一覧で、"新しいセクション ボタン" と読み上げられるまで右にスワイプします。次に、画面をダブルタップします。

  2. 新しいセクションの名前を入力し、"完了" と読み上げられるまで右にスワイプします。次に、画面をダブルタップします。

注: [ページ] 一覧またはページ キャンバスから [セクション] 一覧に移動するには、"<前のリスト ビュー> に戻る、戻るボタン" と読み上げられるまで左にスワイプします。次に、画面をダブルタップします。"<ノートブック名>、ノートブック リストに戻る、戻るボタン" と読み上げられるまでこの操作を繰り返します。フォーカスは [セクション] リスト ビューの [戻る] ボタンにあります。前のリスト ビューに移動するには、2 本指で Z 字形にスワイプします。

テキストを追加して編集する

テキストを入力するか、予測テキスト入力を使って、すばやくメモを取るかまたはテキストを編集します。

  1. ページで、"コンテンツ ブロック、アウトライン、新しい行、テキスト フィールド" と読み上げられるまで左または右にスワイプします。画面をダブルタップします。コンテンツ ブロックでテキストを追加または編集できるようになります。

  2. 入力を終えた後、"キーボードを隠す" と読み上げられるまで左にスワイプします。

テキストの書式を設定する

テキストを読みやすくするには、クイック操作メニュー バーの基本的なテキスト書式設定オプションを使うことができます。たとえば、箇条書きや順序付きリストの追加、太字、斜体、下線の書式設定の適用、ハイパーリンクと添付ファイルの追加などを行うことができます。

  1. テキストを編集するコンテンツ ブロックに移動し、画面をダブルタップします。コンテンツ ブロックが選択され、クイック操作メニュー バーを含むキーボードがポップアウトします。

    ヒント: テキストを選ぶには、次のいずれかのようにします。

    • 2 本の指で画面をダブルタップします。"選択" または "すべて選択" と読み上げられるまで右にスワイプし、1 本の指で画面をダブルタップします。

    • VoiceOver ローターを [編集] に回した後、"選択" または "すべて選択" と読み上げられるまで上または下にスワイプして、画面をダブルタップします。

  2. コンテンツ ブロックで、選択する書式設定オプションが読み上げられるまで ("太字ボタン" など)、右にスワイプします。次に、画面をダブルタップします。

既定のフォントの種類やサイズを変更する

  1. ノートブック、セクション、および OneNote のページを整理するために、スクリーン リーダーの使用中の指示に従って、ノートブックの一覧に移動します。フォーカスは、ノートブックのリスト ビューで、[設定] ボタンに移動します。

  2. 画面をダブルタップします。[設定] メニューが開きます。

  3. "編集および表示ボタン" と読み上げられるまで右にスワイプし、聞こえたら画面をダブルタップします。

  4. 次のいずれか、または両方の操作を行います。

    既定のフォントの種類を変更する

    1. "既定のフォント <現在の既定のフォントの種類>" と読み上げられるまで右にスワイプし、画面をダブルタップします。

    2. フォントの一覧で、選択するフォントの種類が読み上げられるまで左右にスワイプし、画面をダブルタップします。"選択済み、<フォントの種類>" と読み上げられます。

    3. フォントの一覧を終了するには、"戻るボタン" と読み上げられるまで左にスワイプした後、画面をダブルタップします。

    既定のフォント サイズを変更する

    1. "既定のサイズ <現在の既定のサイズ>" と読み上げられるまで右にスワイプします。

    2. サイズを調節するには、1 本の指で上または下にスワイプします。

  5. [編集と表示] の設定を終了するには、"戻るボタン" と読み上げられるまで左にスワイプします。画面をダブルタップします。フォーカスが [設定] メイン メニューに移動します。

  6. [設定] を終了するには、"閉じるボタン" と読み上げられるまで左にスワイプした後、画面をダブルタップします。フォーカスは、[ノートブック] リスト ビューの [設定] ボタンに移動します。

スペル ミスを修正する

OneNote では、スペル エラーをすばやく探して修正し、ページが他のユーザーと共有できる状態であることを確認できます。スペル チェック機能を有効にすると、コンテンツ ブロックを入力したり呼んだりしているときに、スペル ミスが読み上げられます。

スペル チェック機能を有効にする

  1. ノートブック、セクション、および OneNote のページを整理するために、スクリーン リーダーの使用中の指示に従って、ノートブックの一覧に移動します。ノートブックのリスト ビューでは、[設定] にフォーカスが移動します。

  2. 画面をダブルタップします。[設定] メニューが開きます。

  3. "編集および表示ボタン" と読み上げられるまで右にスワイプし、聞こえたら画面をダブルタップします。

  4. "スペル チェック、スイッチ ボタン、オフ" と読み上げられるまで右にスワイプします。

    注: スペル チェック機能が既にオンになっている場合は、"スペル チェック、スイッチ ボタン、オン" と読み上げられます。最後の手順に進むことができます。

    画面をダブルタップします。"オン" と読み上げられます。

  5. "戻るボタン" と読み上げられるまで左にスワイプした後、画面をダブルタップします。"閉じるボタン" と読み上げられます。画面をダブルタップします。フォーカスは、[ノートブック] リスト ビューの [設定] ボタンに戻ります。

スペル ミスを探して修正する

  1. 入力時には、スペル チェック機能がスペル ミスを通知します。"<入力した単語>、つづりが間違っています" と読み上げられます。

    ヒント: VoiceOver ローターを [単語] に回し、コンテンツ ブロック内を下方にスワイプしてスペル ミスのある単語を探すこともできます。

  2. 2 本の指で画面をダブルタップします。コンテキスト メニューが開きます。

  3. "選択メニュー項目" と読み上げられるまで右にスワイプし、1 本の指で画面をダブルタップします。スペル ミスのある単語が選択されます。

  4. "他の項目を表示" と読み上げられるまで右にスワイプし、1 本の指で画面をダブルタップします。

  5. "省略記号を置き換え" と読み上げられるまで左にスワイプし、1 本の指で画面をダブルタップします。修正候補の一覧が開きます。

  6. 一覧を参照するには、選択する修正が読み上げられるまで左右にスワイプし、1 本の指で画面をダブルタップします。

    ヒント: コンテキスト メニューを閉じるには、2 本の指で画面を前後にスクラブします。

操作を元に戻す、やり直す

テキストを書式設定しただけであり、考え直す場合は、携帯電話をシェイクして操作を元に戻すかやり直します。

  1. 携帯電話をシェイクすると、"通知、元に戻す" と読み上げられます。

  2. 次のいずれかの操作を行います。

    • 操作を元に戻すには、"元に戻す" と読み上げられるまで右にスワイプし、聞こえたら画面をダブルタップします。

    • 操作をやり直すには、"やり直し" と読み上げられるまで右にスワイプし、聞こえたら画面をダブルタップします。

コンテンツをコピーして貼り付ける

テキストの一部を別の場所に移動する必要がある場合は、テキストをコピーして、別の場所に貼り付けます。

テキストをコピーして貼り付ける

  1. テキストのコピー元のコンテンツ ブロックで、2 本の指で画面をダブルタップします。コンテキスト メニューが開きます。

  2. テキストを選択するには、"選択" または "すべて選択" と読み上げられるまで左または右にスワイプし、1 本の指で画面をダブルタップします。

  3. "コピー" と読み上げられるまで左または右にスワイプし、1 本の指で画面をダブルタップします。

  4. コピーした内容を貼り付けるコンテンツ ブロックに移動し、画面をダブルタップします。

  5. "貼り付け" と読み上げられるまで左または右にスワイプし、1 本の指で画面をダブルタップします。

    ヒント: コンテキスト メニューを閉じるには、2 本の指で画面をスクラブします。

画像をコピーして貼り付ける

  1. コンテンツ ブロックで、VoiceOver が画像を読み上げるまで左または右にスワイプします。

  2. 2 本の指で画面をダブルタップします。コンテキスト メニューが開きます。

  3. "コピー" と読み上げられるまで左または右にスワイプします。聞こえたら、1 本の指で画面をダブルタップします。

  4. コピーした内容を貼り付けるコンテンツ ブロックに移動し、画面をダブルタップします。

  5. "貼り付け" と読み上げられるまで左または右にスワイプし、1 本の指で画面をダブルタップします。

関連項目

スクリーン リーダーを使用して、OneNote のノートブックを共有し共同作業を行う

スクリーン リーダーを使って OneNote のノートブックにコンテンツを挿入する

Office 365 のアクセシビリティ機能を使用するためのデバイスのセットアップ

OneNote のアクセシビリティ

OneNote デジタル ノートブックでは、Windows の組み込みスクリーン リーダーであるナレーターを使用して、ノートブックを開く、ページやセクションを追加する、テキストを入力するなどの基本的なメモ作成作業を行うことができます。また、テキストに書式を追加したり、ページの印刷を行うこともできます。

注記: 

  • Office 365 の新しい機能は Office 365 サブスクライバーに段階的にリリースされるため、お使いのアプリではこれらの機能をまだ使用できない可能性があります。より早く新機能を入手するための方法については、「Office 2016 for Office 365 の最新機能を入手できる時期」を参照してください。

  • キーボード ショートカットについては、「OneNote for Windows 10 のキーボード ショートカット」を参照してください。

  • このトピックでは、組み込みの Windows スクリーン リーダーであるナレーターを使っていることを前提としています。ナレーターの使用の詳細については、「ナレーターの概要」をご覧ください。

  • このトピックでは、PC でこのアプリを使っていることを前提としています。一部のナビゲーションとジェスチャは、Windows Phone またはタブレットでは異なる場合があります。

この記事の内容

OneNote を開く

  1. デバイスで Microsoft アカウントにサインインします。

  2. OneNote for Windows 10を開くには、Windows ロゴ キーを押してonenoteを入力します。方向キーを押してか聞くまで、↓ キー:"OneNote します。信頼できるMicrosoft Storeアプリ。"Enter キーを押します。

ノートブックを開く

  1. OneNote で Ctrl + G キーを押してノートブックのナビゲーションを開きます。

  2. ノートブック間を移動するには、上下の方向キーを使用します。ノートブックを選択するには、Enter キーを押します。

    ヒント: 新しいノートブックを作成するには、ノートブックのナビゲーションで、"新しいノートブック ボタン" と聞こえるまで、Shift + Tab キーを繰り返し押します。

セクションを作成する

  1. ノートブックに新しいセクションを作成するには、Ctrl + G キーを押してノートブックのナビゲーションを開き、続いて Ctrl + T キーを押します。

  2. セクションが作成されます。カーソルは、新しいセクションの名前フィールドにあります。ナレーターでは、"[セクション名] テキスト ボックス" と読み上げられます。JAWS では、"[セクション名] テキスト ボックス、編集" と読み上げられます。

  3. セクションの名前を入力します。

  4. 入力し終わったら、Enter キーを押します。セクションに名前が設定され、カーソルがページ ナビゲーションに移動します。

ページを追加する

  1. ノートブックに複数のセクションがある場合は、Ctrl + Shift + G キーを押してセクションのナビゲーションに移動します。セクションの名前が聞こえるまで、Tab キーを押します。次に、上下の方向キーを使ってセクション間を移動します。移動すると、セクション名が読み上げられます。

  2. セクションの最後にページを追加するには、Ctrl + N キーを押します。新しい無題のページが作成されます。

  3. ページ タイトル フィールドに移動してページ タイトルを入力するには、Enter キーを 2 回押します。ナレーターでは、"ページ タイトル、編集" と読み上げられます。JAWS では、ページ タイトルに続けて "ページ タイトル" と読み上げられます。

テキストを追加する

ノートブックでセクションまたはページを追加するか開いて、入力を開始します。

注: ページでは、タイトルは "ページ タイトル" と呼ばれ、下のノートは "コンテンツ ブロック" と呼ばれます。

ヒント: ノートブックのナビゲーションを開くには、Ctrl + G キーを押します。セクションのナビゲーションを開くには、Ctrl + Shift + G キーを押します。ページのナビゲーションを開くには、Ctrl + Alt + G キーを押します。上下方向キーを使用して項目間を移動し、Enter キーを押して選択します。また、F6 キーを使用して OneNote ウィンドウの領域間を移動できます。

テキストを編集する

書式設定されたテキストには多くの情報が含まれ、多くの場合、プレーン テキストよりも読みやすくなります。以下の作業では、OneNote for Windows 10 の基本的なテキスト書式設定オプションの使い方、基本的なテキスト編集作業にどのキーボード コマンドを使用するかについて説明します。

テキストの書式を設定する

  1. OneNote で、書式設定するテキストの一部を選びます。テキストを選ぶには、Shift キーを押しながら方向キーを押してカーソルを移動します。

  2. Alt キーを押しながら H キーを押して [ホーム] メニューを開きます。

  3. 書式設定オプションを選ぶには、↓ キーを押し、方向キーを使ってオプションを参照します。オプションを展開するか選ぶには、スペース キーを押します。

    • [フォント]: 使用できるフォントが一覧表示されます

    • [フォント サイズ]: 適用できるフォント サイズが一覧表示されます

      • サイズを大きくするには、Ctrl + Shift + > キーを押します

      • サイズを小さくするには、Ctrl + Shift + < キーを押します

    • [太字]: テキストを太字にします (Ctrl + B)

    • [斜体]: テキストを斜体にします (Ctrl + I)

    • [下線]: テキストに下線を引きます (Ctrl + U)

    • [強調表示]: テキストを黄色で強調表示します (Ctrl + Shift + H)

    • [フォントの色]: テキストの色を書式設定します

    • [フォントの書式設定]: [下付き]、[上付き] (Ctrl + Shift + =)、[取り消し線] の書式を適用します

    • [段落書式]: 段落の配置の書式を設定します ([左揃え] (Ctrl + L)、[中央揃え]、[右揃え] (Ctrl + R))

ヒント: 選択したテキスト部分のすべての書式をクリアするには、Ctrl + Shift + N キーを押します。

操作を元に戻す

操作を元に戻すには、Ctrl キーを押しながら Z キーを押します。

コンテンツをコピーして貼り付ける

  1. OneNote で、コピーするコンテンツの一部を選びます。

  2. コピーするには、Ctrl キーを押しながら C キーを押します。

  3. コピーしたコンテンツを貼り付けるには、Ctrl キーを押しながら V キーを押します。

ページを印刷する

  1. 印刷するページで、Ctrl キーを押しながら P キーを押します。

  2. [印刷] ダイアログ ボックスが開き、現在のプリンターのオプションが読み上げられます。プリンターを変更するには、上下方向キーを使います。

  3. 印刷の向きを変更するには ([] または [])、Tab キーを押してから、上下方向キーを使います。

  4. 印刷を始めるには、[印刷] ダイアログ ボックスで、"印刷ボタン" と聞こえるまで Tab キーを押します。聞こえたら、Space キーを押します。

  5. プリンター デバイスを選択した場合、ページが印刷されます。

    ファイルへの出力を選択した場合、[印刷結果を名前を付けて保存] ダイアログが開きます。カーソルは [ファイル名] フィールドに置かれています。

    • 印刷出力のファイル名を入力します。

    • 印刷出力の保存場所を変更する場合、ダイアログ内で前に戻るには Shift キーを押しながら Tab キーを押し、次に移動するには Tab キーを押します。ダイアログ内でフォルダーを開くか、場所やボタンを選択するには、Enter キーを押します。

    • 準備ができたら、Alt キーを押しながら S キーを押して保存します。ページがファイルに印刷されます。

関連項目

スクリーン リーダーを使用して共有し、OneNote でノートブックで共同作業を行う

スクリーン リーダーを使用して、OneNote のノートブックにコンテンツを挿入するには

Windows 10 の OneNote のキーボード ショートカット

アクセシビリティの高い機能を使用して OneNote を移動する方法について説明します。

任意のデバイスの Web ブラウザーで OneNote Online を使って、クラウド サーバー上に OneNote ノートブックを作成したり、ノートブックを開いて編集および書式設定したりすることができます。組織や学校に Office 365 プランまたは SharePoint サイトがある場合は、サイト上のライブラリでノートブックを作成または共有することにより、OneNote Online の使用を開始します。

OneNote Online は、スクリーン リーダーを使用するユーザーに特化して設計されています。外観が更新され、より簡単かつ効率的にノートブック、セクション、ページを操作できるようになりました。

注記: 

  • Office 365 の新しい機能は Office 365 サブスクライバーに段階的にリリースされるため、お使いのアプリではこれらの機能をまだ使用できない可能性があります。より早く新機能を入手するための方法については、「Office 2016 for Office 365 の最新機能を入手できる時期」を参照してください。

  • キーボード ショートカットについては、「OneNote Online のショートカット キー」を参照してください。

  • このトピックでは、組み込みの Windows スクリーン リーダーであるナレーターを使っていることを前提としています。ナレーターの使用の詳細については、「ナレーターの概要」をご覧ください。

  • このトピックでは、PC でこのアプリを使っていることを前提としています。一部のナビゲーションとジェスチャは、Windows Phone またはタブレットでは異なる場合があります。

  • OneNote Online を使う場合は、Web ブラウザーとして Microsoft Edge を使うことをお勧めします。OneNote Online は Web ブラウザーで実行されるため、キーボード ショートカットは、デスクトップ プログラムのキーボード ショートカットとは異なります。たとえば、コマンド内を移動するには、F6 キーではなく、Ctrl + F6 キーを押します。また、F1 (ヘルプ) キーや Ctrl + O キー (開く) などの Web ブラウザーに適用される一般的なショートカットは、OneNote Online には適用されません。

  • コマンドへのショートカットとして、Alt + Q キーを押して [操作アシスト] 検索に移動し、目的のコマンドを入力します ([編集] ビューでのみ使用可能)。検索結果一覧内を移動するには上または下方向キーを押し、コマンドを選ぶには Enter キーをします。

この記事の内容

OneNote を開く

OneNote Online でノートを持ち歩き、思いついたよいアイデアを書き留めます。

  1. OneNote Online を開くには、ブラウザーで onenote.com に移動します。

  2. サインイン ページで、"サインイン" と読み上げられるまで Tab キーを押し、聞こえたら Enter キーを押します。職場または学校の資格情報でサインインするか、Microsoft アカウントを使います。

  3. Microsoft アカウントでサインインするには、Alt + A キーを押します。職場または学校アカウントでサインインするには、Alt + N キーを押します。

ノートブックを開く

最近使ったノートブックをすばやく開き、中断したところから作業を続けることができます。プライベート ノートブックおよび共有ノートブックを探して開くこともできます。

OneNote Online にサインインすると、ノートブック ビューでアプリが開き、最近使ったノートブックの一覧が表示されます。

  • 最近使ったノートブックを開くには、開きたいノートブックの名前が読み上げられるまで、CapsLock キーを押しながら右または左方向キーを押します。聞こえたら Enter キーを押します。

  • 共有ノートブックを開くには、"自分と共有" と読み上げられるまで CapsLock キーを押しながら右または左方向キーを押します。聞こえたら Enter キーを押します。

  • プライベート ノートブックを開くには、"マイ ノートブック" と読み上げられるまで CapsLock キーを押しながら右または左方向キーを押します。聞こえたら Enter キーを押します。

ヒント: 新しいノートブックを作成するには、[ノートブック] ビューで、"マイ ノートブック" と読み上げられるまで CapsLock キーを押しながら右または左方向キーを押し、聞こえたら Enter キーを押します。[マイ ノートブック] で、"新しいノートブックを追加する" と読み上げられるまで CapsLock キーを押しながら右または左方向キーを押します。聞こえたら Enter キーを押します。

[編集] ビューで、[ノートブック] ビューに移動するには、"ノートブック" と読み上げられるまで CapsLock キーを押しながら右または左方向キーを押し、聞こえたら Enter キーを押します。

セクションを作成する

コンテンツを整理したり、ノートブックに新しいノート ブロックを作成する場合は、新しいセクションを作成できます。

  1. ノートブックで、"ノートブック" と読み上げられるまで Ctrl + F6 キーを押します。

  2. "新しいセクションを追加する" と読み上げられるまで、CapsLock キーを押しながら右または左方向キーを押します。聞こえたら Enter キーを押します。"ダイアログのフォーカスはセクション名の入力、編集中" と読み上げられます。

  3. 新しいセクションの名前を入力し、"OK ボタン" と読み上げられるまで Tab キーを押します。聞こえたら Enter キーを押します。

    セクションに名前が設定され、カーソルは新しいページのタイトルに移動します。"デスクトップ編集領域、編集中” と読み上げられます。

ページを追加する

新しいアイデアやノートを書き留めるには、そのためのページを追加できます。

  1. 新しいページを追加するセクションに移動するには、"ノートブック" と読み上げられるまで Ctrl + F6 キーを押します。

  2. 新しいページを追加するセクションの名前が読み上げられるまで、CapsLock キーを押しながら右または左方向キーを押します。聞こえたら Enter キーを押します。

  3. セクションで、"新しいページを追加する" と読み上げられるまで CapsLock キーを押しながら右または左方向キーを押し、聞こえたら Enter キーを押します。新しい無題のページが作成され、ページ タイトルのフィールドにフォーカスが移動します。

  4. 新しいページのタイトルを入力します。

テキストを追加する

ページを表示するとき、ナレーターでは、タイトルは "ページ タイトル" と読み上げられ、その下のコンテンツは "コンテンツ ブロック" と読み上げられます。

  1. テキストを追加するページに移動するには、"ノートブック" と読み上げられるまで Ctrl + F6 キーを押します。

  2. ページ名が読み上げられるまで、CapsLock キーを押しながら右または左方向キーを押します。聞こえたら Enter キーを押します。

  3. "編集領域、編集中、主要なランドマーク" と読み上げられるまで Ctrl + F6 キーを押し、聞こえたらテキストを入力します。

テキストの編集および書式設定を行う

テキストを読みやすくするには、OneNote Online の基本的なテキスト書式設定オプションをキーボードで使うことができます。

  1. 書式設定するテキストを選ぶには、Shift キーを押しながら方向キーを押してカーソルを移動します。

  2. 書式設定オプションをすばやく適用するには、次のキーボード ショートカットを使います。

    • 太字の書式設定を適用するには、Ctrl + B キーを押します。

    • 斜体の書式設定を適用するには、Ctrl + I キーを押します。

    • 下線の書式設定を適用するには、Ctrl + U キーを押します。

    • 箇条書きを作成するには、Ctrl + . (ピリオド) キーを押します。

    • 番号付きリストを作成するには、Ctrl + / キーまたは Ctrl + Shift + O キーを押します。

    • テキストを左揃えにするには、Ctrl + L キーを押します。

    • テキストを右揃えにするには、Ctrl + R キーを押します。

    • テキストのインデントを大きくするには、Alt + Shift + → キーを押します。

    • テキストのインデントを小さくするには、Alt + Shift + ← キーを押します。

  3. 他の書式設定オプションを見るには、"ホーム タブの項目" と読み上げられるまで F6 キーを押します。聞こえたら Enter キーを押します。[ホーム] タブが開きます。

    タブのオプションを参照するには、CapsLock キーを押しながら右または左方向キーを押します。ナレーターがオプションを読み上げます。サブメニューのあるオプションを展開するには、Alt + ↓ キーを押します。オプションのサブメニュー内を移動するには、CapsLock キーを押しながら右または左方向キーを押します。

    たとえば、[ホーム] タブでは、フォントの種類やフォントの色を変更したり、テキストに書式設定済みのスタイルを追加したりできます。

操作を元に戻す、やり直す

キーボードを使って、操作を簡単に元に戻したり、やり直したりできます。たとえば、テキストを書式設定しただけであり、考え直す場合は、Ctrl + Z キーを押して書式設定を元に戻します。取り消した操作をやり直すには、Ctrl + Y キーを押します。

コンテンツをコピーして貼り付ける

テキストの一部を別の場所に移動する必要がある場合は、テキストをコピーして、別の場所に貼り付けます。

  1. テキストの編集および書式設定を行う」の説明に従って、OneNote のページでコピーするコンテンツの部分を選びます。

  2. 選択範囲をコピーするには、Ctrl + C キーを押します。

  3. コピーしたコンテンツを貼り付けるには、Ctrl キーを押しながら V キーを押します。

スペル チェックを行う

スペル エラーをすばやく探して修正し、ページが他のユーザーと共有できる状態であることを確認できます。

  1. OneNote のページで、Alt + F7 キーを押します。スペル ミスのある単語がテキストで強調表示されます。フォーカスは、正しいスペルの候補のコンテキスト メニューに移動します。

  2. 修正候補一覧内を移動するには、Tab キーを押します。使用する候補が読み上げられたら、Enter キーを押します。

    現在のスペルを変更しない場合は、"無視" と読み上げられるまで Tab キーを押し、聞こえたら Enter キーを押します。

  3. スペル ミスのある次の単語に移動するには、Alt + F7 キーを押します。

ページを印刷する

ページのハード コピーが必要な場合は、ページを印刷することができます。ページをファイルに印刷し、デバイスにファイルを保存することもできます。

  1. 印刷するページで、Ctrl キーを押しながら P キーを押します。

  2. [印刷] ダイアログ ボックスが開き、現在のプリンターのオプションが読み上げられます。プリンターを変更するには、上または下方向キーを押します。

  3. ページの向きを [] または [] に変更するには、"印刷の向き" と読み上げられるまで Tab キーを押し、聞こえたら Alt + ↓ キーを押します。

    選びたいオプションが読み上げられるまで、上または下方向キーを押します。

  4. 印刷を始めるには、[印刷] ダイアログ ボックスで、"印刷ボタン" と読み上げられるまで Tab キーを押します。聞こえたら、Enter キーを押します。

    プリンター デバイスを選択した場合、ページが印刷されます。

    ファイルへの出力を選択した場合、[印刷結果を名前を付けて保存] ダイアログが開きます。カーソルは [ファイル名] フィールドに置かれています。印刷出力のファイル名を入力します。印刷出力の保存場所を変更するには、ダイアログ内で Shift + Tab キーおよび Tab キーを押して前後に移動します。ダイアログ内でフォルダーを開くか、場所やボタンを選択するには、Enter キーを押します。準備ができたら、Alt キーを押しながら S キーを押して保存します。ページがファイルに印刷されます。

関連項目

スクリーン リーダーを使って OneNote のノートブックにコンテンツを挿入する

スクリーン リーダーを使用して、OneNote のノートブックを共有し共同作業を行う

OneNote Online のショートカット キー

OneNote のアクセシビリティ

障碍のある方向けのテクニカル サポート

Microsoft は、すべてのお客様に最適な操作性を提供することを目指しています。障碍のある方、およびアクセシビリティに関してご質問がある方が技術サポートをご希望の場合は、Microsoft Disability Answer Desk までご連絡ください。Disability Answer Desk サポート チームは、一般的なユーザー補助技術を駆使するトレーニングを受けており、英語、スペイン語、フランス語、および米語の手話でサポートを提供することができます。お住まいの地域での連絡先の詳細については、Microsoft Disability Answer Desk サイトを参照してください。

政府機関、商用、または法人ユーザーの場合は、法人向け Disability Answer Desk までお問い合わせください。

注: 機械翻訳についての免責事項: この記事の翻訳はコンピューター システムによって行われており、人間の手は加えられていません。マイクロソフトでは、英語を話さないユーザーがマイクロソフトの製品、サービス、テクノロジに関するコンテンツを理解するのに役立てるため、こうした機械翻訳を提供しています。記事は機械翻訳されているため、用語、構文、文法などに誤りがある場合があります。

スキルを磨く
トレーニングの探索
新機能を最初に入手
Office Insider に参加する

この情報は役に立ちましたか?

ご意見をいただきありがとうございます。

フィードバックをお寄せいただき、ありがとうございます。Office サポートの担当者におつなぎいたします。

×