OneDrive for Business ファイルをオンプレミスの SharePoint 2013 から Office 365 に移行する

OneDrive for Business は、組織内のユーザーが社内作業ドキュメントを保存および共有するために使用する SharePoint Server 個人用ライブラリです。これらのドキュメントを Office 365 テナント内の OneDrive for Business に移動することで、組織のユーザーはこれらのドキュメントにネットワークの外からアクセスできるようになります。

オンプレミスの SharePoint Server ユーザーを Office 365 の OneDrive for Business に接続したら、まず、ユーザーのファイルをクラウドにどのような方法で移動するかを計画します。この記事では、ユーザーのファイルを移動するための方法について説明します。

OneDrive for Business の詳細については、「OneDrive for Business とは」を参照してください。

移行オプション

オンプレミスの SharePoint ServerOneDrive for Business ドキュメント ライブラリから Office 365 の OneDrive for Business にユーザーのファイルを移行する場合、次の 2 つの方法があります。

  • セルフサービスの移行:ユーザーが移行するドキュメントを選び、それを Office 365 に移動します。

  • ツールベースの移行:コンテンツを移動するための移行ツールを IT 管理者が作成または購入します。

セルフサービスの移行

この方法の場合は、組織内のユーザーが自分のファイルを、オンプレミスの OneDrive for Business ドキュメント ライブラリから Office 365 の OneDrive for Business ドキュメント ライブラリに移行します。移行する必要のあるユーザーのファイルの数が少ない場合に、このオプションを使用します。

セルフサービスの移行を行う場合、次に示す利点と欠点があります。

利点

欠点

使用する IT リソースが少ない: ユーザーは自分のファイルを個人用サイトに移動します。

ユーザーからの抵抗: ユーザーが自分のファイルを移動する作業を行う必要があります。

コストが安い: サード パーティの移行ツールを購入するよりもコストをかなり低く抑えられます。

ファイルのプロパティが移行されない: 移行されるファイルは新しいファイルとして認識され、ファイルのメタデータは保持されません。

ツールベースの移行

特定の状況では、"セルフサービスの移行" は最適なオプションとなりません。そのような場合は、Microsoft パートナーの移行ツールを使用して移行を行うことができます。

ツールベースの移行を行う場合、次に示す利点と欠点があります。

利点

欠点

大量のデータを移行する: ユーザーが持つファイルの数が多く、データ量が大きい場合に有効です。

複雑である: ツールベースの移行は、複雑である可能性があります。IT リソースは、移行プロセスをテストおよび監視する必要があります。

ファイルのメタデータを移行する: 一部の移行ツールでは、メタデータも移行されます。

パフォーマンスの監視: 大量のデータを移動するので、ネットワークのパフォーマンスに影響を及ぼす可能性があります。移行中には、ネットワークのパフォーマンスを監視する必要があります。

移行ツールを選択する際の考慮事項

オンプレミス ユーザーの OneDrive for Business ドキュメント ライブラリを Office 365 の OneDrive for Business に移行するためのサードパーティ ツールを選択する場合は、次のことを考慮してください。

  • ツールの機能: ツールで何ができるかを理解します。移行対象がユーザー ファイルにとどまらない場合、オンプレミスのドキュメント ライブラリ以外のもの (SharePoint サイト コレクションなど) も移動できるツールが多数あります。

  • コスト: コストとライセンスの要件は、ベンダーによって異なる場合があります。

Office 365 でユーザーの個人用サイトを作成する

ユーザーのドキュメントを Office 365 の OneDrive for Business に移動する場合の他の要件として、Office 365 に各ユーザーの個人用サイトを作成する必要があります。個人用サイトを作成する方法には、次の 2 つがあります。

  • セルフ移行: ユーザーが自分でドキュメントを移行する場合 (セルフ移行)、ユーザーはヘッダーの OneDrive リンクをクリックすることにより、Office 365 に独自の個人用サイトを作成することができます。サーバーの全体管理の [ユーザー プロファイルの管理] ページでは、ユーザーが独自の個人用サイトを作成できるように、[個人用サイトの作成] アクセス許可を有効にしておく必要があります。

  • 事前のプロビジョニング: 移行ツールを使用する場合は、Windows PowerShell の ProfileLoader.CreatePersonalSiteEnqueueBulk コマンドレットを使用してユーザーの個人用サイトを事前にプロビジョニングします。このコマンドレットでは、Office 365OneDrive for Business の複数のユーザーの個人用サイトを事前にプロビジョニングすることができます。

セルフサービスの移行で移行する方法

セルフサービスの移行シナリオの場合、ユーザーは次のいずれかの方法を使って自分のファイルを移行できます。

  • OneDrive for Business 同期クライアント: ユーザーが OneDrive for Business 同期クライアントを使用して、Office 365 の OneDrive for Business ドキュメント ライブラリに自分のファイルを移行します。

  • ドラッグ アンド ドロップ: ユーザーがドラッグ アンド ドロップ操作によって、自分のドキュメントをエクスプローラーから Office 365 の OneDrive for Business ドキュメント ライブラリに移行します。

ドラッグ アンド ドロップ方法を使用する場合は、必要なファイルのみを選ぶことができます。これとは対照的に、OneDrive for Business 同期クライアントを使用する場合は、同期フォルダーの場所から Office 365 の OneDrive for Business ドキュメント ライブラリにすべてのファイルが移行されます。

OneDrive for Business 同期クライアントを使用した移行

OneDrive for Business 同期クライアントは Office 2013 または Office 2016 で利用できます。または、無料でダウンロードできます。これにより、Office 365 の OneDrive for Business ドキュメント ライブラリをローカル コンピューターに同期することができます。

この方法では、次の 2 つの手順を実行します。まず、オンプレミスの OneDrive for Business ドキュメント ライブラリをローカル コンピューター上にバックアップします。次に、Office 365 の OneDrive for Business 同期クライアントを使用してバックアップ フォルダーのコンテンツをオンライン環境にコピーします。

SharePoint Server に同期ライブラリ フォルダーのバックアップを作成する
  1. SharePoint Server 個人用サイトで、OneDrive for Business ドキュメント ライブラリに移動します。

  2. このドキュメント ライブラリをローカル コンピューターに同期します。

  3. 同期されたライブラリ フォルダーのバックアップ コピーを自分のコンピューター上に作成します。

  4. ドキュメント ライブラリの同期を停止します。

ローカルのライブラリ フォルダーを Office 365 の個人用サイト ドキュメント ライブラリに同期する
  1. Office 365 で、ナビゲーション バーの OneDrive を選択します。

  2. これによって、Office 365 の OneDrive for Business が表示されます。

  3. このライブラリをローカル コンピューターに同期します。

  4. 作成したバックアップ ライブラリ フォルダーの内容を、同期されたライブラリ フォルダーにコピーします。

注: このような手順の詳細については、「SharePoint Server 2013 OneDrive for Business ファイルを Office 365 に移行する」を参照してください。

制限に関する考慮事項

OneDrive for Business 同期クライアントでは、ドキュメント ライブラリと同期できるアイテムの合計数に制限があります。制限の内容と制限が設定されている場所については、「OneDrive for Business を介して SharePoint ライブラリをコンピューターに同期するときの制限事項」を参照してください。

ドラッグ アンド ドロップを使用して移行する

もう 1 つのセルフサービスの移行オプションとしては、ユーザーが個々のファイルをエクスプローラーから Office 365OneDrive for Business ドキュメント ライブラリにドラッグ アンド ドロップしてもらう方法があります。

ドラッグ アンド ドロップを使用してファイルを移行する
  1. Office 365 個人用サイトで、[OneDrive] をクリックして OneDrive for Business ドキュメント ライブラリを開きます。

  2. コンピューター上のエクスプ ローラーでアップロードするドキュメントを検索し、それらのドキュメントを、ドキュメントの移行先である Office 365 ドキュメント ライブラリ ウィンドウ内の特定の場所にドラッグします。

注記: 

  • ドラッグ アンド ドロップを使用する代わりに、Office 365 の OneDrive for Business ドキュメント ライブラリで [アップロード] をクリックすることにより、ローカル コンピューターからファイルを選択してアップロードすることもできます。

  • 詳細については、「ファイルをライブラリにアップロードする」を参照してください。

スキルを磨く
トレーニングの探索
新機能を最初に入手
Office Insider に参加する

この情報は役に立ちましたか?

ご意見をいただきありがとうございます。

フィードバックをお寄せいただき、ありがとうございます。Office サポートの担当者におつなぎいたします。

×