OneDrive for Business のストレージ クォータを設定する

重要:  この記事は機械翻訳されています。機械翻訳についての「免責事項」をお読みください。この記事の英語版を参照するには、ここをクリックしてください。

各ユーザーの OneDrive ユーザーの既定の記憶域の容量は 1 TB です。次のいずれかの Office 365 プランを使用している場合、記憶域を最大で 5 TB 増やすことができます。

  • Office 365 Enterprise E3 および E5

  • Office 365 Government E3 および E5

  • Office 365 Education と Office 365 Education E5

  • OneDrive for Business Plan 2 と SharePoint Online Plan 2

注記: 

  • 組織に複数の 5 つのユーザーがある場合は、5 TB 以上に記憶域を変更できます。Microsoft のサポートに問い合わせて、ニーズに問い合わせてください。各プランに付属している記憶域の詳細については、 OneDrive for Business のサービスの説明を

  • 既定の OneDrive 記憶域を増やすには、ユーザーに少なくとも 1 つのライセンスを割り当てる必要があります。

OneDrive ユーザーの既定の記憶域を変更する

新しい OneDrive 管理センターで既定の記憶域を設定するには、「OneDrive for Business の既定の記憶領域を設定する」を参照してください。Windows PowerShell を使用して既定の記憶域を設定するには、Set-SPOTenant Windows PowerShell コマンドレットを使用します。

Windows PowerShell を使用して Office 365 に接続し、次の構文を使用します。

Set-SPOTenant -OneDriveStorageQuota <quota>

<quota> には、記憶域の値を MB 単位で指定します。たとえば、1 TB の場合は 1048576、5 TB の場合は 5242880 です。任意の値を指定できますが、ユーザーのライセンスで許可されている容量を超える値を指定しても、そのユーザーの記憶域はライセンスで許可されている最大値までとなります。

既存のユーザーの OneDrive を新しい既定の記憶域に再設定する場合は、次の Windows PowerShell 構文を使用します。

Set-SPOSite -Identity <siteURL> -StorageQuotaReset

特定のユーザーの OneDrive の記憶域を変更する

特定のユーザーの記憶域を設定するには、Set-SPOSite Windows PowerShell コマンドレットを使用します。

Windows PowerShell を使用して Office 365 に接続し、次の構文を使用します。

Set-SPOSite -Identity <siteURL> -StorageQuota <quota>

<quota> には、記憶域の値を MB 単位で指定します。たとえば、1 TB の場合は 1048576、5 TB の場合は 5242880 です。任意の値を指定できますが、ユーザーのライセンスで許可されている容量を超える値を指定しても、そのユーザーの記憶域はライセンスで許可されている最大値までとなります。

(複数のサイトの記憶域を変更する場合に、OneDrive for Business サイト コレクションの一覧を表示する機能を利用できます)。

注: 機械翻訳についての免責事項: この記事の翻訳はコンピューター システムによって行われており、人間の手は加えられていません。マイクロソフトでは、英語を話さないユーザーがマイクロソフトの製品、サービス、テクノロジに関するコンテンツを理解するのに役立てるため、こうした機械翻訳を提供しています。記事は機械翻訳されているため、用語、構文、文法などに誤りがある場合があります。

スキルを磨く
トレーニングの探索
新機能を最初に入手
Office Insider に参加する

この情報は役に立ちましたか?

ご意見をいただきありがとうございます。

フィードバックをお寄せいただき、ありがとうございます。Office サポートの担当者におつなぎいたします。

×