OneDrive for Business に既知のフォルダーをリダイレクトする

重要:  この記事は機械翻訳されています。機械翻訳についての「免責事項」をお読みください。この記事の英語版を参照するには、ここをクリックしてください。

この記事は、IT 管理者が Active Directory ドメイン サービスを使用している Windows Server エンタープライズ環境でOneDrive同期クライアントを管理します。(IT 管理者ではないOneDriveで、[ドキュメント] フォルダーを自動的に同期する場合、参照を OneDrive とドキュメント] フォルダーの同期)。

リダイレクトOneDrive for Businessの同期場所、ドメイン内のユーザーのための (ドキュメント) などのフォルダー ウィンドウの 2 つの主な利点があります。

  • ユーザーが自分のドキュメント フォルダーや他の同様のフォルダーを使い続けることができます。OneDrive を使用するために、日常業務の習慣を変える必要がありません。

  • ドキュメントに OneDrive を使用すると、クラウドにデータをバックアップしたり、あらゆるデバイスからドキュメントにアクセスしたりできます。

そのような理由から、大規模な企業または組織であれば、フォルダー リダイレクトの設定が推奨されます。中小企業でも役に立つことがありますが、以下の手順を進めるには、グループ ポリシーとデータ移行の経験がある程度必要になります。

メカニズム

この記事で構成する内容の概要は以下のようになります。

  1. OneDrive 同期クライアントをインストールしたとき、ユーザー全員が同じフォルダーに同期するように、ドメイン レベルでポリシーを設定します。

  2. その同期場所にドキュメント フォルダーをリダイレクトするために、追加のポリシーを設定します。

ユーザーがコンピューターにサインインすると、OneDrive フォルダーが指定の場所にあるかどうかがグループ ポリシーにより検出されます。該当するフォルダーがない場合 (たとえば、ユーザーが同期クライアントをまだ設定していない場合やコンピューターに初めてサインインした場合)、ドキュメント フォルダーはリダイレクトされません。該当するフォルダーがある場合、ドキュメント フォルダーは OneDrive フォルダーにリダイレクトされます。

ドキュメント フォルダーがリダイレクトされると、ドキュメントのショートカット (File Explorer のショートカットなど) は新しい場所を指すようになります。ただし、元のフォルダーとそのコンテンツは元の場所である %userprofile%\Documents に残ります。元のフォルダーから OneDrive にファイルを移行し、必要であれば、元のフォルダーを削除できます。

始める前に

既知のフォルダーを OneDrive にリダイレクトすることが組織にとってよいソリューションであるかどうかを判断するとき、さまざまな項目を考慮する必要があります。

  • OneDrive には、ファイルの命名規則、ファイルのサイズ、ファイルの種類に関していくつかの制限があります。新しい OneDrive の同期クライアント を展開する前にそれを考慮する必要があります。ユーザーが OneDrive でこの種類のファイルを使用しようとしたり、ユーザーのドキュメント フォルダーをリダイレクトしたとき、OneDrive 同期クライアントで同期が試行されたりする可能性があることを念頭に置いてください。

  • ユーザーが古いアプリケーションのインストール場所としてドキュメント フォルダーを使用していた場合、フォルダーのリダイレクト後、そのアプリケーションが機能しなくなることがあります。フォルダー リダイレクトに対応するように記述されていない古いアプリケーションを組織で使用している場合、OneDrive にフォルダーをリダイレクトする前にテストしてください。

  • ユーザーのドキュメント フォルダーに、データベース、Web サーバー、Outlook OST ファイルなど、更新頻度が非常に高いアイテムが含まれている場合、そのようなフォルダーは OneDrive にリダイレクトしないことが推奨されます。そのようなファイルは正常に機能しますが、ファイルが常に変更され、同期の頻度が高くなると、ネットワークやパフォーマンスの問題が発生することがあります。

既知のフォルダーを、ネットワーク共有など、別の場所に既にリダイレクトしている場合、または 新しい OneDrive の同期クライアント を既に展開している場合、計画に関連して他にも考慮するべき項目があります。

  • 現在、既知のフォルダーをネットワーク共有やその他の場所にリダイレクトしている場合、既知のフォルダーを OneDrive にリダイレクトした後に、データを新しい OneDrive に移行する必要があります。

  • この記事の手順に従って OneDrive に既知のフォルダーをリダイレクトすると、既知のフォルダーの既存のファイルはユーザーのコンピューター上に残り、ユーザーの OneDrive フォルダーに手動で移行する必要があります。ユーザーのためにファイルを自動的に移動する方法として XCopy または Robocopy スクリプティングを利用することが推奨されます。

  • 既知のフォルダーを OneDrive にリダイレクトするには、ユーザーは自分の OneDrive ファイルを既定の場所 (%userprofile%\OneDrive - <TenantName>) に同期する必要があります。既知のフォルダーを別の場所にリダイレクトすることはできません。

  • ユーザーが大量のデータを OneDrive にアップロードする場合、展開を段階分けし、ネットワークに与える影響を抑える方法も推奨されます。

前提条件と基準環境

この記事の手順を実行するには、特別な構成を用意する必要があります。始める前に前提条件を確認してください。

  • ドメインに OneDrive for Business グループ ポリシー オブジェクトをインストールし、テナント ID で ADMX ファイルを更新していることを確認します。

  • 組織の既存の OneDrive ユーザーがファイルを既定の同期場所 (%userprofile%\OneDrive - <TenantName>) に同期していることを確認します。ファイルを別の場所に同期しているユーザーの既知のフォルダーは OneDrive にリダイレクトされません。

  • この記事のすべての手順はドメイン グループ ポリシー エディターで実行されます。これらの手順を実行するには、ドメインの管理者である必要があります。

OneDrive に既知のフォルダーをリダイレクトする

既知のフォルダーを OneDrive にリダイレクトする最初の手順は、ユーザーが同期クライアントを設定するとき、自分の OneDrive を既定の場所に同期するように設定することです。これはドメイン ポリシーで実行します。

ユーザーの OneDrive フォルダーの場所を変更できないようにするには

  1. ドメイン グループ ポリシー エディターの User Configuration\Policies\Administrative Templates\OneDrive で、[ユーザーの OneDrive フォルダーの場所を変更できないようにします] をダブルクリックします。

  2. [有効] オプションを選択し、[OK] をクリックします。

次の手順は、OneDrive フォルダーの環境変数を作成することです。グループ ポリシーは、既知のフォルダーを %userprofile% 下の別の場所にリダイレクトすることを許可しません。そのため、%userprofile% 下にフォルダーの場所を含む新しい環境変数を作成する必要があります。

この環境変数で項目レベルのターゲットを設定し、フォルダーが同期クライアントにより作成されなければフォルダーがリダイレクトされないようにします。

OneDrive フォルダーの環境変数を作成するには

  1. ドメイン グループ ポリシー エディターの User Configuration\Preferences\Windows Settings で、[環境] を右クリックし、[新規] をクリックし、[環境変数] をクリックします。

  2. [名前] ボックスに、「OneDriveSync」と入力します。

  3. [] ボックスに「%userprofile%\<SyncFolder>」と入力します。

    <SyncFolder> は既定のフォルダーの名前です。たとえば、OneDrive - Contoso    となります。

  4. [共通] タブで、[項目レベルでターゲットを設定する] チェック ボックスを選択し、[ターゲット設定] をクリックします。

  5. ターゲット エディターで、[新しい項目] をクリックし、[ファイルの一致] をクリックします。

  6. [一致の種類] ドロップ ダウン リストから [フォルダーが存在します] を選択します。

  7. [パス] ボックスに「%userprofile%\<SyncFolder> (手順 3 で使用したパス)」と入力します。

  8. [OK] をクリックします。

  9. [OK] をクリックします。

次に、既知のフォルダーのリダイレクト自体を構成します。

既存のコンテンツをグループ ポリシーで OneDrive フォルダーに自動的に移行する機能はありません (下の手順の注意書きを参照してください)。ファイルの自動移行では、両方の場所にファイル名が一致するファイルがある場合、データが失われる可能性があります。

OneDrive にドキュメント フォルダーをリダイレクトするのには

  1. ドメイン グループ ポリシー エディターの User Configuration\Policies\Windows Settings\Folder Redirection で、[ドキュメント] を右クリックし、[プロパティ] をクリックします。

  2. [設定] ドロップ ダウン リストから [基本 - 全員のフォルダーを同じ場所にリダイレクトする] を選択します。

  3. [ターゲット フォルダーの場所] で [以下の場所にリダイレクトする] を選択します。

  4. [ルート パス] ボックスに、「%OneDriveSync%\Documents」と入力します。

  5. [設定] タブで、[新しい場所にドキュメントのコンテンツを移動する] チェック ボックスの選択を解除します。

    警告: この設定を有効にしておくと、ドキュメント フォルダーと OneDrive フォルダーでコンテンツを結合するとき、両方の場所に同じ名前のファイルがある場合、データが失われる可能性があります。

  6. [OK] をクリックします。

これで OneDrive フォルダーにリダイレクトするドキュメント フォルダーが設定されました。ドキュメント フォルダーのリダイレクトに従うように設定することで、ピクチャ、ミュージック、ビデオといった関連既知フォルダーも簡単にリダイレクトできます。これは次の手順で実行できます。

OneDrive フォルダーに関連するフォルダーをリダイレクトするのには

  1. ドメイン グループ ポリシー エディターの User Configuration\Policies\Windows Settings\Folder Redirection で、リダイレクトする関連フォルダー (ピクチャミュージックビデオ) を右クリックし、[プロパティ] をクリックします。

  2. [設定] ドロップ ダウン リストで、[ドキュメント フォルダーの指示に従う] を選択します。

  3. [OK] をクリックします。

これでフォルダー リダイレクトが構成されました。OneDrive 同期クライアントが設定されると、ユーザーの既知のフォルダーがその OneDrive フォルダーにリダイレクトされます。リダイレクトを設定したら、ローカル ディスクの元の場所から OneDrive フォルダーにユーザーのデータを移行する必要があります。

時間の経過と共に、新しいユーザーやコンピューターがオンラインに現れます。新しいユーザーは OneDrive 同期クライアントを設定する前に自分のドキュメント フォルダーにファイルを保存するかもしれません。そのようなファイルは、リダイレクト後、OneDrive フォルダーに移行する必要があります。

注: 機械翻訳についての免責事項: この記事の翻訳はコンピューター システムによって行われており、人間の手は加えられていません。マイクロソフトでは、英語を話さないユーザーがマイクロソフトの製品、サービス、テクノロジに関するコンテンツを理解するのに役立てるため、こうした機械翻訳を提供しています。記事は機械翻訳されているため、用語、構文、文法などに誤りがある場合があります。

関連項目

Robocopy

スキルを磨く
トレーニングの探索
新機能を最初に入手
Office Insider に参加する

この情報は役に立ちましたか?

ご意見をいただきありがとうございます。

フィードバックをお寄せいただき、ありがとうございます。Office サポートの担当者におつなぎいたします。

×