OneDrive for Business と SharePoint サイトの間でファイルとフォルダーをコピーする

OneDrive for Business と SharePoint サイトの間でファイルとフォルダーをコピーする

重要:  この記事は機械翻訳されています。機械翻訳についての「免責事項」をお読みください。この記事の英語版を参照するには、ここをクリックしてください。

人、さまざまなチームでファイルを共有するか、他のチームの所有権をも他する場合は、 OneDrive for BusinessとSharePointサイト間でファイルをコピーすることができます。SharePoint、 OneDrive、 SharePointサイトまたはサイト間にSharePointからにOneDriveからファイルとフォルダーをコピーすることができます。独自のOneDriveにからOneDriveを他のユーザーのファイルをコピーすることもできます。

詳細についてOneDrive for Business または SharePoint にドキュメントを保存する場合または内またはサイト間でファイルをコピーするについて説明します。

  1. コピーするアイテムを選択し、[コピー先] を選択します。

    OneDrive for Business でのコピー コマンドのスクリーンショット

    注: ]、[コピー ] コマンドが表示されない場合は、クラシックOneDrive for BusinessまたはOneDrive for Businessの内部設置型インスタンスを使用している可能性があります。必要な場合は、 SharePoint 2016の手順に従ってファイル内で、またはサイト間で移動またはコピーします。

  2. [Choose destination] (コピー先の選択) で、コピー先とする場所を選択します。サイトが組織の名前 (この例では Contoso など) の下に表示されます。

    OneDrive for Business から SharePoint サイトにファイルをコピーする際の宛先の選択に関するスクリーンショット

    お客様の場所に応じて、異なる場所が表示されます。たとえば、SharePoint サイトにいる場合、現在のライブラリ、OneDrive、およびその他のサイトが表示されます。[サイトの参照] を選択して、目的のサイトを確認することが必要な場合もあります。

  3. アイテムをコピーする場所を選択し、[ここへコピー] を選択してアイテムのコピーを開始します。

    SharePoint にファイルをコピーするときに場所を選ぶスクリーンショット

コピー コマンドに関する制限事項

コピー コマンドおよび関連するコマンドについては将来のリリースで機能を向上させる予定であり、その作業を開始したところです。ただし、現時点で、コピー コマンドには次の制限があります。

  • 500 MB ファイルの制限現時点では、ファイルとフォルダーを一度に 1 つのコピーのサイズは、500 MB に制限されます。

  • カスタム スクリプトの設定を個人用サイト向けに設定する必要がある 組織内の個人用サイトのカスタム スクリプトの設定を設定しない限り、[コピー先] コマンドでは OneDrive または現在のライブラリ内へのコピーを制限します。

個人用サイトでカスタム スクリプト機能を設定する (管理者のみ)

コピー機能を使用するために、カスタム スクリプト機能をオフにする必要があるという要件がなくなりました。ただし、セキュリティ対策のため、カスタム スクリプト機能をオフにすることを強くお勧めします。カスタム スクリプト機能を必要とするシナリオの場合、SharePoint サイトへの移行をお勧めします。

個人用サイトでスクリプト機能がオンになっているかどうかを確認する場合、または設定を変更する場合は、次の手順を参照してください。

  1. Sign in to Office 365 with your work or school account.

  2. アプリ起動ツールのアイコン Office 365 アプリ起動ツール アイコン を選択し、管理を選択します。

    ヒント: [管理] タイルは Office 365 管理者にのみ表示されます。SharePoint 管理センターを開くには、全体管理者または SharePoint Online 管理者である必要があります。

  3. ナビゲーションで、管理センター] を展開し、 SharePointします。

  4. [設定] を選びます。

  5. [カスタム スクリプト] で、[Prevent users from running custom script] (個人用サイトでユーザーがカスタム スクリプトを実行できないようにする) を選択します。

    SharePoint Online 管理センターでのカスタム スクリプト設定のスクリーンショット

  6. [OK] をクリックします。

    注: 変更が有効になるには 24 時間ほどかかります。

スクリプト機能と、それに関係する機能を無効にする方法の詳細については、「スクリプト機能のオン/オフの切り替え」を参照してください。

注: 機械翻訳についての免責事項: この記事の翻訳はコンピューター システムによって行われており、人間の手は加えられていません。マイクロソフトでは、英語を話さないユーザーがマイクロソフトの製品、サービス、テクノロジに関するコンテンツを理解するのに役立てるため、こうした機械翻訳を提供しています。記事は機械翻訳されているため、用語、構文、文法などに誤りがある場合があります。

スキルを磨く
トレーニングの探索
新機能を最初に入手
Office Insider に参加する

この情報は役に立ちましたか?

ご意見をいただきありがとうございます。

フィードバックをお寄せいただき、ありがとうございます。Office サポートの担当者におつなぎいたします。

×