OneDrive for Business とは

OneDrive for Business とは

OneDrive for Business は Office 365 または SharePoint Server の重要な一部で、クラウド内に作業ファイルの保存、共有、同期を行うことができる場所を提供しています。OneDrive for Business に保存したファイルの更新と共有は、どのデバイスからでも可能です。さらに、Office ドキュメントでは他のユーザーと同時に作業することもできます。

注: OneDrive for Business は、OneDrive とは異なります (OneDrive は職場での使用を前提としない、個人向けのストレージです)。 OneDrive for Business は、チームまたはプロジェクト関連のドキュメントを保存するための Office 365 チーム サイトとも異なります。 小規模な企業では、OneDrive for Business および Office 365 のチーム サイトを両方使用するようにファイル ストレージを設定することをお勧めします。

お使いのブラウザーではビデオがサポートされていません。 Microsoft Silverlight、Adobe Flash Player、Internet Explorer 9 のいずれかをインストールしてください。

Office 365 を使用している場合、OneDrive for Business 用にクラウドで 1 TB の領域を利用できます。OneDrive for Business ライブラリが組織の SharePoint サーバー上にホストされている場合、組織の管理者は使用可能な記憶領域を決定します。

OneDrive for Business に保存するすべてのファイルは、共有する設定にしていない限り、保存したユーザーのみが参照できます。たとえば、ファイルを [全員と共有] フォルダーに配置すると、組織内のすべてのユーザーとファイルを簡単に共有できます。また、プロジェクトで共同作業ができるように、指定した仕事仲間とファイルを共有することもできます。Office 365 にサインインしていれば、会社で許可されているレベルに応じて、組織外部のパートナーと共有することもできます。

ヒント: Outlook Web App からメールを送信する場合は、OneDrive for Business ファイルを添付ファイルではなくリンクとして添付できます。リンクとしてファイルを添付した場合、メッセージの送信相手にそのファイルの編集権限が自動的に与えられます。また、送信相手のメールボックス領域の節約にもなり、OneDrive for Business で同じコピーを共同で編集することもできます。

次の手順に従って、OneDrive for Business にアクセスします。

  1. お使いの 職場や学校のアカウント で Office 365 または SharePoint サイトにサインインします。

    Office 365 ポータルのサインイン画面

  2. ページの上部で、アプリ起動ツール Office 365 アプリ起動ツール アイコン をクリックしてから、[OneDrive] をクリックします。

    Office 365 のナビゲーション オプション

OneDrive for Business は、Office 365 の SharePoint Online に対する組織のサブスクリプションまたは SharePoint Server のオンプレミス インストールを通じて提供されます。

OneDrive for Business とローカル コンピューターを同期するには、OneDrive for Business 同期アプリが必要です。このアプリを利用すると、OneDrive for Business ライブラリまたは他の SharePoint サイト ライブラリとローカル コンピューターを同期できます。この同期アプリは、Office 2013 または Office 2016、あるいは Office 2016 アプリケーションが含まれている Office 365 サブスクリプションで使用することができます。Office を利用していない場合は、OneDrive for Business 同期アプリを無料でダウンロードすることもできます。常に最新バージョンを使う必要があるので、詳細情報については、「OneDrive for Business の同期アプリを更新する」を参照してください。

OneDrive for Business を同期するには、

Office 365 または SharePoint にサインインし、ページの一番上にある [OneDrive] を選び、[同期] をクリックします。

SP2013 でのページ上部にある同期リンク

OneDrive for Business を検索するには、次のいずれかの操作を行います。

  • エクスプローラーの [クイック アクセス] パネルに、同期したファイルがあります。Office 365 の OneDrive for Business ライブラリを同期している場合、同期したファイルは、OneDrive@organization、OneDrive - organization、または OneDrive for Business フォルダーに表示されます。

    エクスプローラーでの同期した OneDrive for Business フォルダー ファイル エクスプローラーのお気に入りにある同期した onedrive for business フォルダー SP2016 でのお気に入り一覧の OneDrive for Business
  • 通知トレイで OneDrive アイコン OneDrive 通知トレイ アイコン/ボタン をクリックし、[OneDrive for Business フォルダーを開く] をクリックします。

ローカルでファイルの作業を行って、OneDrive フォルダーに保存することもできます。オンラインになると、変更内容が自動的に OneDrive for Business ライブラリと同期されます。

Microsoft は、OneDrive というもう 1 つのストレージ サービスを提供しています。ドキュメントや他のコンテンツをクラウドに保存するのに使う OneDrive と OneDrive for Business は、以下の点で異なります。

  • OneDrive は、Microsoft アカウントまたは Outlook.com で設定できるオンライン個人用記憶域です。OneDrive を使って、ドキュメント、写真、その他のファイルをクラウドに保存したり、友人と共有したり、コンテンツで共同作業を行うこともできます。どのように使うかは自由に決められます。

  • OneDrive for Business は、業務用のオンライン記憶域です。OneDrive for Business は組織によって管理され、同僚と作業ドキュメントの共有や共同作業を行うことができます。組織のサイト コレクション管理者がライブラリの使い方を管理します。

個人用の OneDrive を Office 365 ビジネス アカウントに関連付けることはできませんが、ファイルのコピーや移動はできます。個人用の OneDrive アカウントと OneDrive for Business の間でファイルを移動するには、次の手順に従ってください。

個人用の OneDrive と OneDrive for Business の間でファイルをコピーする
  1. 両方のバージョンの OneDrive をローカル コンピューターと同期します。詳細については、「OneDrive for Business またはサイト ライブラリをコンピューターと同期する」を参照してください。

  2. コンピューターで両方のフォルダーを開き、フォルダー間でファイルのコピーまたはドラッグを行います。

  3. 両方のフォルダーを OneDrive ともう一度同期します。

注: SharePoint または Office 365 サイト上のヘッダーなどの場所では、より簡潔にするために ‘OneDrive’ が OneDrive for Business の省略形として表示されます。

関連項目

Office トレーニング センター

スキルを磨く
トレーニングの探索
新機能を最初に入手
Office Insider に参加する

この情報は役に立ちましたか?

ご意見をいただきありがとうございます。

フィードバックをお寄せいただき、ありがとうございます。Office サポートの担当者におつなぎいたします。

×