OneDrive for Business でスクリーン リーダーを使用する基本タスク

OneDrive for Business でスクリーン リーダーを使用する基本タスク

[スクリーン リーダー コンテンツ] というラベルが表示された、読み上げの記号。 このトピックでは、Office でスクリーン リーダーを使用する方法について説明します。

この記事は、Office アクセシビリティ コンテンツ セットの一部であり、Office 製品でスクリーン リーダー プログラムを使用する、視覚に障碍のある方を対象としています。 一般的なヘルプについては、Office サポート ホームをご覧ください。

キーボードとスクリーンリーダーを使用して、コンピューター上の OneDrive for Business フォルダーにファイルを保存して共有します。 ナレーターと JAWS を使ってテストしましたが、一般的なアクセシビリティ標準やガイドラインに従っている限り、他のスクリーンリーダーと連携している可能性があります。 オンラインのときは常に、 OneDrive for Business に保存されているファイルがこのフォルダーに自動的に同期されます。

注: 

この記事の内容

OneDrive for Business を開く

OneDrive アプリは Windows 10に組み込まれており、[ OneDrive ] フォルダーが自動的にエクスプローラーに表示されます。

エクスプローラーを使用して OneDrive for Business フォルダーに接続するには、最初に OneDrive をコンピューターに同期する必要があります。 OneDrive for Business フォルダー名には、 OneDrive-ContosoまたはOneDrive@Contoso.comなどの Office 365 組織名が含まれています。

詳細については、「スクリーンリーダーを使用して OneDrive For business を同期する」を参照してください。

Cortana 検索を使用して OneDrive を開く

  1. [Cortana の検索] ボックスに移動するには、Windows ロゴキーを押します。 "検索ボックス" と読み上げられます。

  2. OneDrive」と入力します。 "OneDrive、デスクトップアプリ" と読み上げられます。 Enter キーを押します。

エクスプローラーから OneDrive を開く

  1. エクスプローラーを開くには、Windows ロゴ キーを押しながら E キーを押します。 エクスプローラーは、[アイテム] ビューにフォーカスがある状態で開きます。

  2. ナビゲーションウィンドウに移動するには、Shift キーを押しながら F6 キーを押します。 "ツリービュー" と読み上げられます。

  3. "OneDrive" と読み上げられるまで方向キーを押し、enter キーを押します。

OneDrive for Business にサインインする

OneDrive を初めて開いたときは、サインインするように求められたら、自分のコンピューター上の OneDrive フォルダーの場所を選択し、同期するファイルとフォルダーを選びます。

  1. 上で説明したように、Cortana 検索またはエクスプローラーを使用して OneDrive を開きます。

  2. "Microsoft OneDrive" と読み上げられます。 メールアドレスを入力してください。 フォーカスは [メールアドレス] フィールドにあります。 組織のアドレスを入力して、Enter キーを押します。

  3. OneDriveの個人用アカウントと会社アカウントの両方がある場合は、次のように聞こえます。 "このメールアドレスは、OneDrive と OneDrive for business の両方で使用されます。 最初にサインインする相手を選択してください。 "職場または学校、ボタン" と読み上げられるまで Tab キーを押し、Space キーを押します。

  4. 組織のサインインダイアログが開きます。 フォーカスは [パスワード] フィールドにあります。 パスワードを入力します。 完了したら、"サインイン" と読み上げられるまで Tab キーを押し、Space キーを押します。

  5. [ OneDrive フォルダーの選択] ダイアログが開きます。 既定では、 OneDrive フォルダーは C:\Users.... 次のいずれかの操作を行います。

    • 現在の場所を承諾して続行するには、"次へ" と読み上げられるまで Tab キーを押し、Space キーを押します。

    • フォルダーの場所を変更するには、"場所の変更" と読み上げられるまで Tab キーを押し、聞こえたら Enter キーを押します。

  6. [ OneDrive のファイルをこの PC と同期] ダイアログが開きます。 既定では、 OneDrive for Business 内のすべてのファイルとフォルダーを同期するように選択します。 同期しない場合は、このダイアログでファイルとフォルダーを選ぶことができます。

    次のいずれかの操作を行います。

    • すべての OneDrive for Business のファイルとフォルダーをコンピューターと同期するには、"次へ" と読み上げられるまで Tab キーを押し、enter キーを押します。

    • 特定の OneDrive for Business ファイルやフォルダーを選択してコンピューターを同期するには、このダイアログでファイルとフォルダーを定義します。 ダイアログ内の領域間を移動するには、Tab キーを押すか、Shift キーを押しながら Tab キーを押します。 "フォルダーにないファイル" など、 OneDrive for Businessの最初の項目が読み上げられた場合、 OneDrive for Businessのフォルダーとファイルの一覧に到達したことになります。 リスト内を移動するには、下方向キーを押します。 アイテムまたはチェックボックスの選択をオンまたはオフにするには、Space キーを押します。 選択が完了したら、Tab キーを押して[次へ] ボタンに移動し、space キーを押します。

    現在 OneDrive for Businessに接続しています。 [ OneDrive へようこそ] ダイアログが開きます。

  7. OneDrive for Businessを同期して開くには、最初に [ようこそ] ダイアログボックスを表示します。 Tab キーを 1 回押します。 "次へ" と読み上げられます。 Enter キーを3回押してページ間を移動します。 次に、Shift キーを押しながら Tab キーを1回押します。 "OneDrive フォルダーを開く" と読み上げられます。 Enter キーを押します。 (選択された) OneDrive for Business フォルダーとファイルが同期され、 OneDrive フォルダーがエクスプローラーで開きます。

OneDrive for Business でアイテムを開く

エクスプローラーで、開きたいアイテムを参照し、Space キーを押して選択し、Enter キーを押して開きます。

ヒント: アイテムを開くために使用するアプリを選択するには、Alt キーを押しながら H キーを押し、P + E キーを押します。 オプションの一覧を移動するには、下方向キーを押します。 目的のアプリに移動したら、Enter キーを押します。

OneDrive for Business にアイテムをアップロードする

ファイルまたはフォルダーを OneDrive for Business するには、ファイルまたはフォルダーをエクスプローラーの OneDrive フォルダーにコピーまたは移動するか、該当する Office アプリを使用して OneDrive for Business に直接ファイルを保存します。

エクスプローラーを使ってアイテムをアップロードする

  1. エクスプローラーを開くには、Windows ロゴ キーを押しながら E キーを押します。

  2. コピーまたは OneDrive for Businessに移動するフォルダーまたはファイルに移動します。

  3. ファイルまたはフォルダーをコピーするには、Ctrl キーを押しながら C キーを押します。 ファイルまたはフォルダーを切り取るには、Ctrl キーを押しながら X キーを押します。

  4. Tab キーと方向キーを使用して、目的の場所に移動し、Enter キーを押します。

  5. Ctrl キーを押しながら V キーを押して、コピーまたは切り取ったアイテムを貼り付けます。 アイテムが OneDrive for Businessにアップロードされます。

OneDrive for Business にファイルを直接保存する

Office アプリでファイルの作業を行っている場合は、そのファイルを OneDrive for Businessに直接保存することができます。そのため、個別にアップロードする必要はありません。

  1. 該当する Office アプリでファイルを開いた状態で、Alt キーを押しながら F キーを押し、A キーを押します。"名前を付けて保存" と読み上げられます。

  2. OneDrive for Businessを選択するには、S キーを押します。"選択、OneDrive" と読み上げられ、その後に組織の名前が表示されます。

  3. 右方向キーを 1 回押します。 "フォルダーを選択してください" と読み上げられます。 [ファイル名] フィールドに移動するには、下方向キーを押します。 必要に応じて、ファイルの名前を入力するか、変更します。 保存するには、次のいずれかのオプションを選択します。

    • ファイルをメインの OneDrive for Business フォルダーに保存するには、Tab キーを押して [保存] ボタンに移動し、enter キーを押します。

    • OneDrive for Business内の特定のサブフォルダーにファイルを保存するには、"名前で並べ替え" と読み上げられるまで Tab キーを押し、下方向キーを押してファイルを保存するフォルダーに移動し、Enter キーを押します。 フォルダー内の最初のファイルの名前が読み上げられた場合 (または、フォルダー内にファイルがない場合は、"ここに表示するものが見つかりませんでした" と読み上げられます)、"保存、ボタン" と読み上げられるまで Tab キーを押し、enter キーを押します。

OneDrive for Business からアイテムをダウンロードする

既定では、 OneDrive for Business フォルダー内のすべてのフォルダーとファイルは、コンピューターでオンラインおよびオフラインで使用できますが、個別にアイテムをダウンロードすることもできます。

  1. エクスプローラーで、 OneDrive for Businessからダウンロードするアイテムに移動します。 アイテムが表示されたら、Ctrl キーを押しながら C キーを押します。

  2. コンピューター上のアイテムを保存するフォルダーに移動し、Ctrl キーを押しながら V キーを押して貼り付けます。

OneDrive for Business からアイテムを共有する

OneDrive for Businessから直接アイテムを共有できます。 共有相手は、 OneDrive for Businessで共有コンテンツを表示および編集するための招待メールを受信します。

  1. エクスプローラーで OneDrive for Business フォルダーに移動します。 共有するフォルダーまたはファイルを選択し、Shift キーを押しながら F10 キーを押します。

  2. コンテキストメニューが開き、"コンテキストメニュー" と読み上げられます。 S キーを押してから、Enter キーを押します。 "ブラウザービュー" と読み上げられます。 JAWS では、"共有" と読み上げられ、その後にファイル名と "Browser view" と読み上げられます。 [リンクの送信] ダイアログが開きます。

  3. "共有相手" と読み上げられるまで、Tab キーを押します。 Enter キーを押します。 共有する相手のメールアドレスを入力して、enter キーを押します。 他のユーザーを招待するには、メールアドレスを入力して、enter キーを押します。

  4. 招待状を使って送信するメモを入力する場合は、"メッセージの追加" と読み上げられるまで Tab キーを押します。 JAWS では、"編集" と読み上げられます。

  5. Tab キーを押して [送信] ボタンに移動し、enter キーを押してリンクを送信します。

アイテムの共有を停止する

  1. エクスプローラーで OneDrive for Business フォルダーに移動します。 共有を停止するアイテムを選択します。

  2. Alt キーを押しながら S キーを押し、SS キーを押します。 ダイアログが開き、[共有の停止] オプションにフォーカスが設定されます。 全員との共有を停止するには、enter キーを押します。

OneDrive for Business の同期を一時停止する

コンピューターとの OneDrive for Business の同期を一時的に停止する場合は、同期を一時停止するだけで、選択した期間後に再開することができます。

  1. コンピューターのデスクトップで、タスクバーの OneDrive for Business アイコンに移動します。 アイコンは、コンピューター画面の一番下にあるバーの右下隅の近くにあります。 タスクバーに移動するには、"通知のシェブロン" と読み上げられるまで Tab キーを押し、次に "OneDrive" と読み上げられるまで右方向キーを押し、その後に組織の名前と現在の同期状態を表示します。

    ヒント: タスクバーに [ OneDrive for Business ] アイコンが見つからない場合は、[通知] メニューで非表示になっている可能性があります。 メニューを開くには、通知のシェブロンボタンが聞こえたら Enter キーを押し、矢印キーを使用してメニュー内の項目間を移動します。

  2. Enter キーを押して OneDrive for Business メニューを開きます。 "その他、ボタン" と聞こえるまで Tab キーを繰り返し押し、読み上げられたら enter キーを押します。

  3. Tab キーを押して、オプションの一覧を下に移動します。 "同期の一時停止" という音声が聞こえたら、enter キーを押します。

  4. オプションを聞くには、下方向キーを押します。 目的のオプションに移動したら、enter キーを押します。

関連項目

Windows でスクリーン リーダーを使用して OneDrive for Business を同期する

Windows の OneDrive for Business のキーボード ショートカット

Office 365 のアクセシビリティ機能を使用するためのデバイスのセットアップ

OneDrive for Business でアクセシビリティ機能を使用して移動する方法

VoiceOver、Os 内蔵のスクリーンリーダー、およびキーボードショートカットを使って、コンピューター上の OneDrive for Business フォルダーにファイルを保存して共有します。 オンラインのときは常に、 OneDrive for Business に保存されているファイルがこのフォルダーに自動的に同期されます。

注: 

  • 新しい Office 365 の機能は Office 365 サブスクリプションをご利用の方に段階的にリリースされるため、ご使用のアプリではこれらの機能をまだ使用できない可能性があります。 より早く新機能を入手するための方法については、Office Insider プログラムにご参加ください

  • このトピックでは、組み込みの macOS スクリーン リーダーである VoiceOver を使っていることを前提としています。 VoiceOver の使用の詳細については、「VoiceOver スタートアップガイド」をご覧ください。

この記事の内容

OneDrive を開き、OneDrive for Business をセットアップする

まだインストールしていない場合は、App Store から OneDrive アプリをダウンロードします。

  1. Mac で OneDrive アプリに移動し、Control キーと Option キーを押しながら Space キーを押してアプリを開きます。

  2. [ OneDrive の設定] ダイアログが開きます。 フォーカスは [メールアドレス] フィールドにあります。 組織のメールアドレスを入力して、Return キーを押します。

  3. OneDrive と OneDrive for Business の両方を使用している場合は、[アカウントの選択] ビューが開き、"個人用、既定、ボタン" と読み上げられます。 Tab キーを押して [職場または学校] ボタンに移動し、Return キーを押します。

  4. 組織のサインインダイアログが開きます。 フォーカスは [パスワード] フィールドにあります。 パスワードを入力し、Return キーを押してサインインします。

  5. [ OneDrive フォルダーの選択] ダイアログが開きます。 フォーカスは、 [OneDrive フォルダーの場所の選択] ボタンにあります。 Return キーを押して選択します。

  6. Finder ウィンドウが開きます。 Tab キーと方向キーを使用して、 OneDrive for Business フォルダーを追加する場所を参照します。 場所が選択されたら、"この場所、ボタン" と読み上げられるまで Tab キーを繰り返し押し、読み上げられたら Return キーを押します。

  7. Finder ウィンドウが閉じて、[ OneDrive フォルダーの選択] ダイアログに戻ります。 フォーカスは [次へ] ボタンに移動します。 Return キーを押して選択します。

  8. [OneDrive からファイルを同期する] ダイアログが開きます。 このダイアログボックスでは、Mac の OneDrive for Business フォルダーにダウンロードするフォルダーとファイルを選択できます。 既定では、すべての OneDrive for Business のファイルとフォルダーが同期対象として選択され、フォーカスは [次へ] ボタンにあります。

    次のいずれかの操作を行います。

    • すべての OneDrive for Business のファイルとフォルダーを Mac に同期するには、Return キーを押します。

    • Mac と同期する OneDrive for Business ファイルとフォルダーを選択するには、このダイアログでファイルとフォルダーを定義します。 ダイアログでアイテム間を移動するには、Control + Option + 左/右方向キーを押します。 テーブルに移動するには、Control + Option + Shift キーを押しながら下方向キーを押します。 アイテムまたはチェックボックスの選択をオンまたはオフにするには、Space キーを押します。 テーブルから離れるには、Control + Option + Shift キーを押しながら上方向キーを押します。 選択が完了したら、Control + Option + 右方向キーを押して[次へ] ボタンに移動し、Return キーを押します。

  9. [ OneDrive の準備ができました] ダイアログボックスが開きます。 [ Onedrive を開く] ボタンがフォーカスされているときに、"組織の Onedrive <名前を開く>、既定、ボタン" と読み上げられます。

    ヒント: コンピューターの電源を入れたときに、ファイルを自動的に開いて同期する場合 OneDrive for Business は、ctrl + Option + 左方向キーを押します。 "ログイン時にファイルを自動的に同期する、オフになっているチェックボックス" と読み上げられます。 Control キーと Option キーを押しながら Space キーを押して、チェックボックスをオンにします。 [ OneDrive を開く] ボタンに戻るには、Control + Option + 右方向キーを押します。

    Return キーを押して、ファイルとフォルダーを Mac と同期し、Finder で OneDrive for Business フォルダーを開きます。

OneDrive for Business でアイテムを開く

  1. Finder で OneDrive for Business フォルダーを参照し、Command キーを押しながら下方向キーを押してフォルダーを開きます。

  2. フォルダーの内容に移動するには、Control + Option + Shift + ↓キーを押します。

  3. 右方向キーまたは左方向キーを押して、開くアイテムに移動し、Command + O キーを押します。

OneDrive for Business にアイテムをアップロードする

ファイルまたはフォルダーを、Finder の OneDrive for Business フォルダーにコピーまたは移動して OneDrive for Business にアップロードするか、または該当する Microsoft Office アプリを使用して OneDrive for Business に直接ファイルを保存することができます。

Finder を使用してアイテムをアップロードする

  1. Finder ウィンドウを開き、 OneDrive for Businessにアップロードするフォルダーまたはファイルに移動します。 たとえば、[ホーム] フォルダーを Finder で開くには、Shift + Command + H キーを押すか、[ドキュメント] フォルダーを開くには、Shift + Command + O キーを押します。

  2. フォルダーまたはファイルを選択した状態で、Command + C キーを押してコピーするか、Command + X キーを押して切り取ります。

  3. Finder で、[ OneDrive for Business ] フォルダーに移動し、Command キーを押しながら V キーを押して、ファイルまたはフォルダーを貼り付けます。 アイテムが OneDrive for Businessにアップロードされます。

OneDrive for Business にファイルを直接保存する

Microsoft Office アプリでファイルの作業を行っている場合は、そのファイルを OneDrive for Business に直接保存することで、個別にアップロードする必要はありません。

  1. 該当する Office アプリでファイルを開いた状態で、Shift + Command キーを押しながら S キーを押します。 [名前を付けて保存] ダイアログ ボックスが開きます。

  2. フォーカスはファイル名フィールドにあります。 必要に応じて、ファイル名を追加または変更します。

  3. 完了したら、"場所、テーブル、SharePoint" という音声が聞こえるまで Tab キーを押します。 方向キーを使用して、適切な場所に移動します。

    OneDrive for Business の場所が読み上げられず、"オンラインの場所、ボタン" と読み上げられない場合は、現在の場所が Mac に保存されています。 OneDrive for Businessに移動するには、次の手順を実行します。

    1. "オンラインの場所、ボタン" と読み上げられたら、Control キーと Option キーを押しながら Space キーを押して、場所の一覧を開きます。

    2. Control + Option + 右方向キーを押して [場所] セクションに移動し、ctrl + Option + Shift + 下方向キーを押して、表に入力します。

    3. 表内で、方向キーを使用して場所を移動します。 OneDrive for Business フォルダー内の適切な場所が見つかったら、Control + Option + Space キーを押します。

  4. "保存、既定値、ボタン" と読み上げられるまで Tab キーを繰り返し押し、enter キーを押します。 ファイルが OneDrive for Business フォルダーに保存され、[自動保存] オプションがオンになります。 ファイルが開かれている Office アプリに戻ります。

OneDrive for Business からアイテムをダウンロードする

既定では、 OneDrive for Business フォルダー内のすべてのフォルダーとファイルは、コンピューターでオンラインおよびオフラインで使用できますが、個別にアイテムをダウンロードすることもできます。

  1. Finder で、 OneDrive for Businessでダウンロードするアイテムに移動します。 アイテムが表示されたら、Command + C キーを押します。

  2. コンピューター上のアイテムを保存するフォルダーに移動し、Command + V キーを押して貼り付けます。

OneDrive for Business からアイテムを共有する

[メール]、[メッセージ]、[放映] ドロップなどを使用して、 OneDrive for Businessから直接アイテムを共有できます。 メールを使用してアイテムを添付ファイルとして共有するには、次の手順を実行します。

  1. Finder で、 OneDrive for Business フォルダーに移動します。 共有するフォルダーまたはファイルを選択し、Control + Option + Shift + M キーを押してコンテキストメニューを開きます。 "メニュー、> アイテム数を <しています" と読み上げられます。

  2. "共有、サブメニュー" と読み上げられるまで下方向キーを繰り返し押し、右方向キーを押します。 "共有、サブメニュー、<アイテム数>、メール" と読み上げられます。

  3. Ctrl + Option + Space キーを押します。 新しいメールメッセージが作成され、共有するように選択したアイテムが添付されます。 "メール、新規メッセージ、ウィンドウ、テキストの編集" と読み上げられます。 フォーカスは、宛先のアドレスを入力できる [宛先] フィールドにあります。

  4. 件名を追加するには、"件名、テキストの編集" と読み上げられるまで Tab キーを押し、件名を入力します。

  5. メッセージを追加するには、"オブジェクトの置換文字、テキストの編集" と読み上げられるまで Tab キーを押し、ctrl + Option + Shift + 下方向キーを押します。 フォーカスは、テキスト領域の先頭に、添付ファイルまたはフォルダーが続いています。 メッセージのテキストを入力します。

  6. 完了したら、Command + Shift + D キーを押してメッセージを送信します。

OneDrive for Business の同期を一時停止する

Mac への OneDrive for Business の同期を一時的に停止する場合は、同期を一時停止するだけで、選択した期間後に再開することができます。

  1. Mac では、メニューバーの最初の [状態] メニューに移動するには、Control + Option + M + M キーを押します。 "メニューエクストラ、<アプリ名>、メニューエクストラ" と読み上げられます。 必要に応じて、"OneDrive" と読み上げられるまで Control + Option + 右方向キーを押します。

    ヒント: "OneDrive" という音声が聞こえない場合は、アプリが実行されていない可能性があります。最初にアプリを起動する必要があります。

  2. メニューを開くには、Ctrl キーと Option キーを押しながら Space キーを押します。 "OneDrive、現在の同期状態> <、組織の名前 <> ます。

  3. "その他のオプション、ボタン" と読み上げられるまで Control + Option + 右方向キーを押し、ctrl + Option + Space キーを押します。

  4. メニューが開きます。 "同期の一時停止" と読み上げられるまで下方向キーを押し、ctrl キーと Option キーを押しながら Space キーを押します。

  5. オプションを聞くには、下方向キーを押します。 目的のオプションで、ctrl + Option + Space キーを押します。 選択された期間、同期が一時停止されます。

関連項目

Windows でスクリーン リーダーを使用して OneDrive for Business を同期する

Office 365 のアクセシビリティ機能を使用するためのデバイスのセットアップ

スクリーンリーダーを使用して OneDrive for Business を検索して移動する

IOS の組み込みのスクリーンリーダーである VoiceOver を使用して、iPhone の OneDrive for Business にファイルを保存して共有します。

注: 

  • 新しい Office 365 の機能は Office 365 サブスクリプションをご利用の方に段階的にリリースされるため、ご使用のアプリではこれらの機能をまだ使用できない可能性があります。 より早く新機能を入手するための方法については、Office Insider プログラムにご参加ください

  • このトピックでは、組み込みの iOS スクリーン リーダーである VoiceOver を使っていることを前提としています。 VoiceOver の使用の詳細については、「Apple accessibility」 (Apple のアクセシビリティ) をご覧ください。

この記事の内容

OneDrive を開き、OneDrive for Business にサインインする

電話にまだインストールされていない場合は、App Store から Microsoft OneDrive アプリをダウンロードします。 OneDrive アプリを使用して、 OneDrive for Businessでのサインインとコンテンツへのアクセスを行うことができます。

  1. OneDrive アプリのあるホーム画面に移動します。 "OneDrive" と聞こえるまで右にスワイプし、読み上げられたら画面をダブルタップします。

  2. [サインイン] ウィンドウが開きます。 "OneDrive、ヘルプボタン" と読み上げられます。 "メールまたは電話、テキストフィールド" と読み上げられるまで右にスワイプし、画面をダブルタップします。

  3. スクリーンキーボードが開き、組織のメールアドレスを入力できます。 完了したら、"移動" と読み上げられるまで右にスワイプし、読み上げられたら画面をダブルタップします。

  4. OneDrive と OneDrive for Business の両方が使用されている場合は、[アカウントの選択] ビューが開きます。 "OneDrive for Business にサインイン、ボタン" と読み上げられるまで、右にスワイプし、画面をダブルタップします。

  5. "キャンセル、ボタン" と読み上げられ、組織のログインウィンドウが開きます。 "パスワード、セキュリティで保護されたテキストフィールド" と読み上げられるまで右にスワイプし、読み上げられたら画面をダブルタップします。

  6. スクリーンキーボードが開き、パスワードを入力することができます。 完了したら、"移動" と読み上げられるまで右にスワイプし、読み上げられたら画面をダブルタップします。

    OneDrive for Business が [ファイルビューで開きます。

OneDrive for Business にファイルをアップロードする

IPhone にローカルに保存されている Office ファイルがある場合は、そのファイルを OneDrive for Business にアップロードして、あらゆるデバイスから安全にアクセスし、簡単にアクセスできます。 電話で作成または編集したファイルを OneDrive for Businessに直接保存することもできます。

電話に保存されているファイルをアップロードする

ローカルに保存されている Office ファイルを OneDrive for Business に移動して、あらゆるデバイスから簡単にアクセスできるようにすることができます。

  1. OneDrive アプリで OneDrive for Business にサインインしていることを確認します。 次に、ファイルを作成したアプリ ( Word、 Excel、 PowerPoint など) を開き、ファイルに移動します。

    ヒント: 最近ファイルを編集したことがある場合は、[最近] ビューに表示されます。

  2. アップロードするファイルにフォーカスが置かれたら、右にスワイプします。 "ファイル、ボタン、操作が可能です" と読み上げられます。 画面をダブルタップします。

  3. [オプション] メニューが開きます。 "クラウドに移動、ボタン" と読み上げられるまで、右にスワイプします。 画面をダブルタップします。

  4. [場所] ダイアログが開きます。 フォーカスはファイル名にあります。 保存場所として OneDrive for Business を選択するには、"OneDrive" と組織の名前が読み上げられるまで左または右にスワイプします。 画面をダブルタップします。

  5. [名前を付けて保存] ダイアログ ボックスが開きます。 フォーカスはファイル名にあります。

    ファイル名を変更する場合は、スクリーンキーボードを使用して新しい名前を入力します。 完了したら、"完了" と読み上げられるまで右にスワイプし、読み上げられたら画面をダブルタップします。 スクリーン キーボードが閉じます。

    現在のファイル名が適切な場合は、次の手順に進みます。

  6. 右にスワイプして移動します。 フォルダーを開くには、画面をダブルタップします。 保存先の場所に到達したら、"移動、ボタン" と読み上げられるまで左にスワイプし、読み上げられたら画面をダブルタップします。

    ファイルが OneDrive for Businessに保存され、Office アプリの同じビューに戻ります。

OneDrive for Business にファイルを直接保存する

Microsoft Office アプリで新しいファイルを作成する場合は、 OneDrive for Business に直接保存することで、個別にアップロードする必要はありません。

  1. OneDrive for Businessに保存する Word、 Excel、または PowerPoint ファイルの操作が完了したら、"ファイルを閉じる、ボタン" と読み上げられるまで左または右にスワイプし、読み上げられたら画面をダブルタップします。

  2. "通知、ドキュメント> の名前 <への変更を保存しますか?" と読み上げられます。 "保存、省略記号、ボタン" と読み上げられるまで右にスワイプし、読み上げられたら画面をダブルタップします。

  3. [名前を付けて保存] ダイアログ ボックスが開きます。 フォーカスはファイル名にあります。

    ファイル名を変更する場合は、スクリーンキーボードを使用して新しい名前を入力します。 完了したら、"完了" と読み上げられるまで右にスワイプし、読み上げられたら画面をダブルタップします。 スクリーン キーボードが閉じます。

    現在のファイル名が適切な場合は、次の手順に進みます。

  4. 左または右にスワイプして移動します。 フォルダーを開くには、画面をダブルタップします。 保存先の場所に到達したら、"保存、ボタン" と読み上げられるまで左にスワイプし、読み上げられたら画面をダブルタップします。

    ファイルが OneDrive for Businessに保存され、アプリの最近使用したビューに戻ります。

OneDrive for Business からファイルを共有する

OneDrive for Business に保存されているファイルを組織内の他のユーザーと共有することができます。

  1. スマートフォンの OneDrive アプリで、共有するファイルに移動し、画面をダブルタップします。

  2. "その他のアクション、ボタン" と読み上げられるまで右にスワイプし、読み上げられたら画面をダブルタップします。

  3. "共有、ボタン" と読み上げられるまで右にスワイプし、読み上げられたら画面をダブルタップします。

  4. 共有に使用するオプションが読み上げられるまで右にスワイプし、画面をダブルタップします。

    今後のダイアログは、選んだ共有方法によって異なります。 移動するには、右または左にスワイプします。 選択するには、画面をダブルタップします。

ファイルの共有を停止する

  1. スマートフォン上のOneDrive アプリで共有ファイルに移動します。 ファイルに到達すると、VoiceOver によってファイルの名前、タイムスタンプ、ファイルのサイズ、共有の状態 (この場合は、"共有") が読み上げられます。 画面をダブルタップします。

  2. "その他のアクション、ボタン" と読み上げられるまで右にスワイプし、読み上げられたら画面をダブルタップします。

  3. 表示されるメニューで、"詳細、ボタン" と読み上げられるまで右にスワイプし、画面をダブルタップします。 詳細表示が開きます。

  4. 右にスワイプします。 "共有相手" という音声が聞こえたら、そのファイルが共有されている相手のリストに到達しました。 ファイルの共有を停止するユーザーの名前が読み上げられるまで、右にスワイプします。 画面をダブルタップします。

  5. "アクセスの削除" と読み上げられるまで、繰り返し右にスワイプします。 共有を停止するには、画面をダブルタップします。

OneDrive for Business からサインアウトする

  1. OneDrive アプリで、"自分、タブ、5/5" と読み上げられるまで右にスワイプし、画面をダブルタップします。

  2. "このアカウントからサインアウトする" と読み上げられるまで左にスワイプし、読み上げられたら画面をダブルタップします。

    注: 複数のアカウントを使用している場合は、正しいアカウントからサインアウトしていることを確認してください。 [自分] ビューでは、アカウントを切り替えることができます。 アカウントを選択するには、ビューの一番上に表示されている正しいアカウントに到達するまで、繰り返し左にスワイプし、画面をダブルタップします。

  3. [サインアウト] ダイアログが開き、"通知、サインアウト" と読み上げられます。 "OK、ボタン" と読み上げられるまで右にスワイプし、画面をダブルタップしてサインアウトを終了します。

関連項目

Office 365 のアクセシビリティ機能を使用するためのデバイスのセットアップ

OneDrive for Business でアクセシビリティ機能を使用して移動する方法

スマートフォンでは、Android の組み込みスクリーンリーダーである TalkBack を使用して、 OneDrive for Businessにファイルを保存し、共有することができます。

注: 

  • 新しい Office 365 の機能は Office 365 サブスクリプションをご利用の方に段階的にリリースされるため、ご使用のアプリではこれらの機能をまだ使用できない可能性があります。 より早く新機能を入手するための方法については、Office Insider プログラムにご参加ください

  • このトピックでは、Android の組み込みのスクリーン リーダーである、TalkBack を使用していることを前提としています。 TalkBack の使用の詳細については、「Android accessibility」 (Android のアクセシビリティ) をご覧ください。

この記事の内容

OneDrive を初めて開いて、OneDrive for Business アカウントを追加する

電話にまだインストールされていない場合は、Play ストアから Microsoft OneDrive アプリをダウンロードしてください。 OneDrive アプリを使用して、 OneDrive for Businessでのサインインとコンテンツへのアクセスを行うことができます。

  1. OneDrive アプリのあるホーム画面に移動します。 "OneDrive" と聞こえるまで右にスワイプし、読み上げられたら画面をダブルタップします。

  2. "OneDrive" と読み上げられ、[ようこそ] 画面が開きます。 "サインイン" と読み上げられるまで右にスワイプし、読み上げられたら画面をダブルタップします。

  3. [有料サービスへ移動] ダイアログボックスが表示されたら、右にスワイプします。 "上に移動、ボタン" と読み上げられます。 画面をダブルタップします。 "OneDrive Basic は十分ですか?" と読み上げられたら、"基本的な操作、ボタン" と読み上げられるまで右にスワイプし、画面をダブルタップします。

  4. 次の [ようこそ] 画面で、カメラのアップロードを開始するように選択できます。 右にスワイプしてから、画面をダブルタップします。

    OneDrive が [ファイルビューで開きます。

  5. OneDrive for Businessを開くには、"アカウントスイッチャー、ボタン" と読み上げられるまで右にスワイプし、画面をダブルタップします。

  6. "アカウントの追加、ボタン" と読み上げられるまで右にスワイプし、画面をダブルタップします。

  7. サインインのダイアログが開きます。 フォーカスは [メールアドレス] フィールドにあります。 画面をダブルタップしてスクリーンキーボードを表示し、組織のアドレスを入力します。 完了したら、右にスワイプして[次へ] ボタンを表示し、画面をダブルタップします。

  8. 組織のサインインページが開きます。 "パスワード、編集ボックス" と読み上げられるまで右にスワイプし、読み上げられたら画面をダブルタップします。 スクリーンキーボードを使用してパスワードを入力します。 完了したら、"サインイン" と読み上げられるまで右にスワイプし、読み上げられたら画面をダブルタップします。

  9. [ Account スイッチャー ] ボタンに右にスワイプし、画面をダブルタップします。

  10. 使用する OneDrive for Business アカウントが読み上げられるまで右にスワイプし、画面をダブルタップします。

    OneDrive for Business が [ファイルビューで開きます。

OneDrive for Business にファイルを保存する

電話にローカルに保存されている Office ファイルを使用している場合、またはスマートフォンで新しいファイルを作成した場合は、どのデバイスからでも、安全で簡単にアクセスできるように OneDrive for Business に保存します。

  1. OneDrive アプリで OneDrive for Business アカウントにサインインしていることを確認します。 次に、ファイルを作成した Office アプリ ( Word、 Excel、 PowerPointなど) でファイルを開きます。

    ヒント: 最近ファイルを編集したことがある場合は、[最近] ビューに表示されます。

  2. "ファイル、ボタン"、"ファイル、ボタン"、または "メニュー" と読み上げられるまで左または右にスワイプし、読み上げられたら画面をダブルタップします。 メニューが開きます。

  3. "名前を付けて保存、ボタン" と読み上げられるまで右にスワイプし、読み上げられたら画面をダブルタップします。 [名前を付けて保存] ダイアログ ボックスが開きます。

  4. OneDrive for Businessが読み上げられるまで左にスワイプし、画面をダブルタップします。

  5. OneDrive for Business内を移動するには、左にスワイプします。 フォルダーを開くには、画面をダブルタップします。 目的の場所に移動したら、"保存、ボタン" と読み上げられるまで右にスワイプし、読み上げられたら画面をダブルタップします。 OneDrive for Businessで選択した場所にファイルが保存されるようになります。

OneDrive for Business からファイルをダウンロードする

  1. スマートフォンで OneDrive アプリを開き、 OneDrive for Business からダウンロードするファイルを携帯電話に参照します。 ファイル名が読み上げられたら、右にスワイプします。 "ファイルコマンド、ボタン" と読み上げられます。 画面をダブルタップしてメニューを開きます。

  2. "保存" と読み上げられるまで右にスワイプし、読み上げられたら画面をダブルタップします。 既定の保存場所は、ダウンロードフォルダーです。 承諾するには、"保存" と読み上げられるまで右にスワイプし、画面をダブルタップして保存します。

    別の場所に保存する場合は、"上に移動、ボタン" と読み上げられるまで左にスワイプし、読み上げられたら画面をダブルタップします。 次に、目的の保存先が読み上げられるまで右にスワイプし、画面をダブルタップしてフォルダーを開きます。 保存するには、[保存] ボタンに右にスワイプし、画面をダブルタップします。

    ファイルがデバイスにダウンロードされます。

OneDrive for Business からファイルを共有する

  1. 電話の OneDrive for Business で共有するファイルを参照します。 ファイル名が読み上げられたら、右にスワイプします。 "ファイルコマンド、ボタン" と読み上げられます。 画面をダブルタップしてメニューを開きます。

  2. "共有" と読み上げられるまで右にスワイプし、読み上げられたら画面をダブルタップします。 オプションの一覧が開きます。 オプションを読み上げるには、右にスワイプします。 オプションを選ぶには、画面をダブルタップします。

    今後のダイアログは、選んだ共有方法によって異なります。 移動するには、右または左にスワイプします。 選択するには、画面をダブルタップします。

ファイルの共有を停止する

  1. OneDrive for Businessで、共有を停止するファイルを参照します。 ファイル名が読み上げられたら、右にスワイプします。 "ファイルコマンド、ボタン" と読み上げられます。

  2. "詳細、ボタン" と読み上げられるまで右にスワイプし、読み上げられたら画面をダブルタップします。

  3. "共有相手" と読み上げられるまで、右にスワイプします。 ファイルを現在共有しているユーザーのリストに到達しました。 右にスワイプして一覧内を移動します。

  4. 共有を停止するユーザーが聞こえたら、画面をダブルタップします。 ダイアログ ボックスが開きます。 "共有の停止" と読み上げられるまで右にスワイプし、画面をダブルタップして選択します。

  5. "OK、ボタン" と読み上げられるまで右にスワイプし、読み上げられたら画面をダブルタップします。 選択したユーザーとのファイルの共有を停止しました。

OneDrive for Business からサインアウトする

  1. スマートフォンの OneDrive アプリで、"自分、ピボット" と読み上げられるまで右にスワイプし、画面をダブルタップします。

    注: OneDriveに複数のアカウントがある場合は、現在サインインしているアカウントにサインアウトが適用されます。 使用しているアカウントを変更するには、 OneDriveで、画面の左上隅にある [アカウントスイッチャー ] ボタンに到達するまで左または右にスワイプし、画面をダブルタップします。 アカウントを一覧表示するメニューが開きます。 右にスワイプしてメニュー内を移動し、画面をダブルタップして選択します。

  2. [自分] メニューが開きます。 "サインアウト" と読み上げられるまで右にスワイプし、読み上げられたら画面をダブルタップします。 [サインアウト] ダイアログが開きます。 "OK、ボタン" と読み上げられるまで右にスワイプし、画面をダブルタップしてサインアウトを完了します。 OneDrive for Business からサインアウトして、[ファイル] ビューに戻ります。

関連項目

Office 365 のアクセシビリティ機能を使用するためのデバイスのセットアップ

OneDrive for Business でアクセシビリティ機能を使用して移動する方法

スマートフォンでは、Windows の組み込みスクリーンリーダーであるナレーターを使用して、 OneDrive for Businessのコンテンツを保存および共有します。

注: 

この記事の内容

OneDrive を初めて開いて、OneDrive for Business アカウントを追加する

既定では、電話の OneDrive アプリは、電話のセットアップに使用した個人用 Microsoft アカウントに接続されています。 OneDrive for Business コンテンツにアクセスするには、 OneDrive アプリに組織アカウントを追加します。

  1. スマートフォンのホーム画面で、2本の指で左にスワイプして、アプリケーションの一覧に移動します。 左にスワイプして検索を使用するか、"OneDrive" と読み上げられるまで右にスワイプし、画面をダブルタップします。

  2. [すべてのファイルビューに OneDrive のコンテンツが表示された状態でアプリが開きます。 "メニュー" と読み上げられるまで左にスワイプし、読み上げられたら画面をダブルタップします。

  3. メニューが開き、「アカウントと設定メニュー」と読み上げられます。 "アカウント設定" と読み上げられるまで、右にスワイプします。 アカウントを追加または削除して、画面をダブルタップします。

  4. 現在使用中のアカウントが読み上げられます。 "アカウントの追加" と読み上げられるまで右にスワイプし、読み上げられたら画面をダブルタップします。 "サインインしてもらえます" と読み上げられます。

  5. 利用可能なアカウントの一覧が開きます。 リスト内を移動するには、右にスワイプします。

    組織のアカウントをこの電話に既に追加している場合は、リストからそのアカウントを選ぶことができます。 選択するには、アカウントが聞こえたら画面をダブルタップします。 次に、"続行" と読み上げられるまで右にスワイプし、読み上げられたら画面をダブルタップします。 [すべてのファイルビューで OneDrive for Business が開きます。

    組織アカウントでまだサインインしていない場合は、次の手順に進みます。

    1. "職場または学校のアカウント" と読み上げられるまで、繰り返し右にスワイプします。 組織によって割り当てられました。 " 画面をダブルタップします。

    2. "続行" と読み上げられるまで右にスワイプし、読み上げられたら画面をダブルタップします。 "アカウントにサインインしてください" と読み上げられます。

    3. スクリーンキーボードを使用して、組織のメールアドレスを入力します。 完了したら、右にスワイプして、キーボードの右下隅にあるEnterキーに移動し、画面をダブルタップします。

    4. 「アカウントにサインインする」と読み上げられます。 パスワードを入力してください。 " スクリーン キーボードを使って、パスワードを入力します。 完了したら、右にスワイプして、キーボードの右下隅にあるEnterキーに移動し、画面をダブルタップします。

      "アカウントの追加" と読み上げられ、[すべてのファイル] ビューで OneDrive for Business が開きます。

OneDrive for Business にファイルをアップロードする

Windows Phone にローカルに保存されている Office ファイルを使用している場合は、そのファイルを OneDrive for Business にアップロードすると、あらゆるデバイスから安全かつ簡単にアクセスできます。 電話で作成または編集したファイルを OneDrive for Businessに直接保存することもできます。

電話に保存されているファイルをアップロードする

ローカルに保存されている Office ファイルを OneDrive for Business に移動して、あらゆるデバイスから簡単にアクセスできるようにすることができます。

  1. OneDrive アプリで OneDrive for Business アカウントを使用していることを確認します。 次に、[アプリケーション] リストから、または固定されている場合は電話のホーム画面からエクスプローラーアプリを開きます。

  2. "このデバイス" と読み上げられるまで右にスワイプし、読み上げられたら画面をダブルタップします。

    ヒント: 最近ファイルを編集したことがある場合は、[最近使用したファイル] タブにも表示されます。

  3. フォルダーやファイルを移動するには、右または左にスワイプします。 フォルダーを開くには、画面をダブルタップします。 アップロードするアイテムが読み上げられたら、2本の指で画面をダブルタップします。 コンテキスト メニューが開きます。

  4. "共有" と読み上げられるまで、繰り返し右にスワイプします。 画面をダブルタップします。

  5. [共有] ページが開きます。 保存場所として OneDrive for Business を選択するには、"OneDrive" と読み上げられるまで右にスワイプし、画面をダブルタップします。

  6. OneDrive が開きます。 フォーカスは最初のコンテンツ項目にあります。 "追加、アプリバーボタン" と読み上げられるまで左にスワイプし、読み上げられたら画面をダブルタップします。 ファイルが OneDrive for Businessにアップロードされます。

OneDrive for Business にファイルを直接保存する

OneDrive for Businessに保存する前に、お使いの携帯電話で OneDrive for Business にサインインしていることを確認してください。

  1. OneDrive for Businessに保存する Word、 Excel、または PowerPoint ファイルの編集が完了したら、"クイックアクセスコマンド、ファイル" と読み上げられるまで左または右にスワイプし、読み上げられたら画面をダブルタップします。

  2. "保存" と読み上げられるまで右にスワイプし、読み上げられたら画面をダブルタップします。

  3. [保存ビューを開きます。 目的に応じて、"このファイルのコピーを保存する" または "このファイルをエクスポートする" と読み上げられるまで、右にスワイプします。 次に、画面をダブルタップします。

  4. [アプリの選択]ビューが開きます。 OneDriveを右にスワイプし、画面をダブルタップします。

  5. [すべてのファイルビューで OneDrive アプリが開きます。 ファイルを保存する場所に移動します。 次に、"次へ" と読み上げられるまで右にスワイプし、読み上げられたら画面をダブルタップします。

  6. 同じファイル名とファイルの種類でファイルを保存するには、画面をダブルタップするだけで、ファイルが保存されます。 ファイル名または種類を変更するには、次の手順に進みます。

  7. ファイル名を変更するには、"ファイル名" と読み上げられるまで右にスワイプし、読み上げられたら画面をダブルタップします。 スクリーン キーボードを使用して新しいファイル名を入力します。

    ファイルの種類を変更するには、"ファイルの種類" の後に現在のファイルの種類と "コンボボックス" と読み上げられるまで右にスワイプし、画面をダブルタップします。 他のオプションを使用できる場合は、右にスワイプしてリストの下に移動します。 画面をダブルタップして選択します。

  8. 完了したら、"コピーの保存" または "エクスポート" と読み上げられるまで左にスワイプし、読み上げられたら画面をダブルタップします。

    ファイルが OneDrive for Businessに保存されます。

OneDrive for Business からファイルをダウンロードする

  1. スマートフォンで OneDrive アプリを開き、 OneDrive for Business からダウンロードするファイルを携帯電話に参照します。 ファイル名が読み上げられたら、2本の指で画面をダブルタップします。 コンテキスト メニューが開きます。

  2. "ダウンロード" と聞こえるまで右にスワイプし、読み上げられたら画面をダブルタップします。

  3. エクスプローラーが開きます。 フォルダー内を移動するには、右または左にスワイプします。 フォルダーを開くには、画面をダブルタップします。 保存先の場所に移動したら、"完了" と読み上げられるまで右にスワイプし、画面をダブルタップします。

    電話の選択した場所にファイルが保存されます。

OneDrive for Business からファイルを共有する

  1. スマートフォンで OneDrive アプリを開き、 OneDrive for Businessから共有するファイルを参照します。 ファイル名が読み上げられたら、2本の指で画面をダブルタップします。 コンテキスト メニューが開きます。

  2. "メニュー、ポップアップウィンドウ、共有" と読み上げられます。 画面をダブルタップします。 オプションの一覧が開きます。 オプションを読み上げるには、右にスワイプします。 オプションを選ぶには、画面をダブルタップします。

    今後のダイアログは、選んだ共有方法によって異なります。 移動するには、右または左にスワイプします。 選択するには、画面をダブルタップします。

ファイルの共有を停止する

  1. スマートフォンで OneDrive アプリを開き、 OneDrive for Businessで共有を停止するファイルを参照します。 ファイル名が読み上げられたら、2本の指で画面をダブルタップします。 コンテキスト メニューが開きます。

  2. "メニュー、ポップアップウィンドウ、共有" と読み上げられます。 画面をダブルタップします。 オプションの一覧が開きます。 "共有しているユーザーの表示" と読み上げられるまで右にスワイプし、画面をダブルタップします。

  3. ファイルが共有される最初のユーザーの名前と、現在のアクセス許可レベルが読み上げられます。 他のユーザーがいる場合は、右にスワイプして一覧を下に移動できます。 共有を停止するユーザーの名前とアクセス許可レベルが聞こえたら、画面をダブルタップします。

  4. "未選択、アクセス許可の削除" と読み上げられるまで右にスワイプし、画面をダブルタップして選択します。 [OK ] ボタンに右にスワイプし、画面をダブルタップします。 アクセス許可が更新され、選択したユーザーとのファイルの共有が停止しました。

OneDrive for Business からサインアウトする

  1. スマートフォンで OneDrive アプリを開きます。 "メニュー" と読み上げられるまで左にスワイプし、読み上げられたら画面をダブルタップします。

  2. メニューが開き、「アカウントと設定メニュー」の後にサインインしているアカウントが読み上げられます。 複数のアカウントでサインインしている場合は、アカウントの数が読み上げられます。 "アカウント設定" と読み上げられるまで、右にスワイプします。 アカウントを追加または削除して、画面をダブルタップします。

  3. フォーカスは、サインインしているアカウントにあります。 複数のアカウントでサインインしている場合、フォーカスは最初のアカウントにあります。

    最初のアカウントからサインアウトするには、右にスワイプします。 "サインアウト" と読み上げられます。 画面をダブルタップします。

    別のアカウントからサインアウトするには、アカウント名が読み上げられるまで右にスワイプし、画面をダブルタップします。 右にスワイプします。 "サインアウト" と読み上げられます。 画面をダブルタップします。

関連項目

OneDrive for Business でアクセシビリティ機能を使用して移動する方法

キーボードとスクリーンリーダーを使用して、ファイルを保存して OneDrive for Businessに共有します。 これはナレーターでテストしましたが、一般的なアクセシビリティ標準やガイドラインに従う限り、他のスクリーンリーダーと連携する可能性があります。

注: 

  • 新しい Office 365 の機能は Office 365 サブスクリプションをご利用の方に段階的にリリースされるため、ご使用のアプリではこれらの機能をまだ使用できない可能性があります。 より早く新機能を入手するための方法については、Office Insider プログラムにご参加ください

  • スクリーン リーダーの詳細については、「Microsoft Office でのスクリーン リーダーの機能」を参照してください。

  • Web ブラウザーで OneDrive for Business を使用する場合、キーボードショートカットはデスクトップでの使用とは異なります。 たとえば、コマンド内を移動するには、F6 キーではなく、Ctrl + F6 キーを押します。 また、F1 (ヘルプ) や Ctrl + O (開く) などの一般的なショートカットは、web ブラウザーにも適用されます。 OneDrive for Businessには適用されません。

この記事の内容

OneDrive for Business を開く

  1. ブラウザーで、 Office ログインページに移動し、組織の資格情報でサインインします。

  2. "アプリ、OneDrive for Business に移動します" という音声が聞こえるまで Tab キーを押し、enter キーを押します。 OneDrive for Business が新しいブラウザータブで開きます。

OneDrive for Business でアイテムを開く

  1. OneDrive for Businessで、"フォルダーとファイルの一覧" という音声が聞こえるまで Tab キーを押します。 Tab キーと上下の方向キーを使用して、開きたいアイテムに移動します。

  2. アイテムの名前が読み上げられたら、Enter キーを押して開きます。

OneDrive for Business にアイテムをアップロードする

自分のコンピューターからファイルまたはフォルダーをアップロードして OneDrive for Businessします。

  1. OneDrive for Businessで、アイテムのアップロード先に移動します。

  2. "コマンド" と読み上げられるまで Shift キーを押しながら Tab キーを押します。 "アップロード" と読み上げられるまで右方向キーを押し、enter キーを押します。

  3. メニューが開き、"メニュー" または "アップロード" と読み上げられます。 アイテム間を移動するには、下方向キーを押します。 アップロードするアイテムの種類が読み上げられたら、enter キーを押します。

  4. ファイルエクスプローラーウィンドウが開きます。 フォーカスは [ファイル名] フィールドにあります。 Tab キーまたは方向キーを使用してアップロードするファイルに移動するか、フィールドにファイルの名前を入力します (現在開いているフォルダーにファイルがある場合)。 Enter キーを押してアップロードします。 [ファイルエクスプローラー] ウィンドウが閉じて、ファイルが OneDrive for Businessにアップロードされます。

OneDrive for Business からアイテムをダウンロードする

OneDrive for Business からコンピューターにファイルまたはフォルダーをダウンロードします。

  1. OneDrive for Businessで、ダウンロードするアイテムに移動し、Enter キーを押して、まだ選択されていない場合はアイテムを選択します。

  2. "コマンド" と読み上げられるまで Shift キーを押しながら Tab キーを押します。 "ダウンロード" と読み上げられるまで右方向キーを押し、enter キーを押します。

  3. ダウンロードしているアイテムに対して実行する操作を選択するように通知テキストが読み上げられます。 "保存" と読み上げられるまで Tab キーを押し、enter キーを押します。

  4. アイテムがコンピューターにダウンロードされます。 アイテムまたはそのフォルダーの場所を開くには、目的のオプションが読み上げられるまで Shift キーを押しながら Tab キーを押し、読み上げられたら enter キーを押します。

OneDrive for Business からアイテムを共有する

OneDrive for Businessから直接アイテムへのリンクを送信するなど、組織内の他のユーザーと OneDrive for Business に保存されているファイルやフォルダーを共有できます。 リンクがメールで送信されます。

  1. OneDrive for Businessで、共有するアイテムに移動し、Enter キーを押して項目がまだ選択されていない場合は、そのアイテムを選択します。

  2. "コマンド" と読み上げられるまで Shift キーを押しながら Tab キーを押します。 最初のコマンドが共有の場合は、enter キーを押します。 最初のコマンドがそれ以外の場合は、"共有" と読み上げられるまで右方向キーを押し、enter キーを押します。

  3. [リンクの送信] ダイアログが開きます。 フォーカスは [メールアドレス] フィールドにあります。 共有する相手のメールアドレスを入力して、enter キーを押します。 他のユーザーを招待する場合は、別のメールアドレスを入力し、enter キーを押します。

  4. リンクを使って送信するメッセージを追加するには、"メッセージの追加、オプション" と読み上げられるまで Tab キーを押し、enter キーを押します。 メッセージを入力します。 完了したら、Tab キーを押して [送信] ボタンに移動します。 Enter キーを押して送信します。

アイテムの共有を停止する

  1. OneDrive for Businessで、共有を停止するアイテムに移動し、Enter キーを押して項目がまだ選択されていない場合は、そのアイテムを選択します。

  2. "ボタン、共有列、共有、列ヘッダー共有" と読み上げられるまで右方向キーを押し、enter キーを押します。

  3. [詳細情報] ウィンドウが開きます。 "アクセス許可の表示" と読み上げられるまで Tab キーを押し、enter キーを押します。

  4. [アクセスの管理] ダイアログが開きます。 "共有の停止" という音声が聞こえるまで Tab キーを押し、enter キーを押します。

  5. [共有の停止] ダイアログが開きます。 Tab キーを押します。 "共有の停止" と読み上げられます。 Enter キーを押して、共有を選択して停止します。 [アクセスの管理] ダイアログボックスを閉じるには、Esc キーを押します。

OneDrive for Business からサインアウトする

OneDrive for Businessからサインアウトすると、 Office 365 アカウントからサインアウトされます。

  1. OneDrive for Businessで、"ユーザー設定" と読み上げられるまで、Tab キーを押すか、Shift キーを押しながら Tab キーを押します。 Enter キーを押します。

  2. [マイアカウント] ウィンドウが開きます。 "サインアウト" と聞こえるまで Tab キーを押し、読み上げられたら enter キーを押します。

関連項目

OneDrive for Business でアクセシビリティ機能を使用して移動する方法

障碍のある方向けのテクニカル サポート

Microsoft は、すべてのお客様に最適な操作性を提供することを目指しています。 障碍のある方、およびアクセシビリティに関してご質問がある方が技術サポートをご希望の場合は、Microsoft Disability Answer Desk までご連絡ください。 Disability Answer Desk サポート チームは、一般的なユーザー補助技術を駆使するトレーニングを受けており、英語、スペイン語、フランス語、および米語の手話でサポートを提供することができます。 お住まいの地域での連絡先の詳細については、Microsoft Disability Answer Desk サイトを参照してください。

政府機関、商用、または法人ユーザーの場合は、法人向け Disability Answer Desk までお問い合わせください。

注:  このページは、自動翻訳によって翻訳されているため、文章校正のエラーや不正確な情報が含まれている可能性があります。 私たちの目的は、このコンテンツがお客様の役に立つようにすることです。 情報が役に立ったかどうか、ご意見をお寄せください。 参考までに、こちらから英語の記事をお読みいただけます。

Office のスキルを磨く
トレーニングの探索
新機能を最初に入手
Office Insider に参加する

この情報は役に立ちましたか?

ご意見をいただきありがとうございます。

フィードバックをお寄せいただき、ありがとうございます。Office サポートの担当者におつなぎいたします。

×